So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

50年後のボクたちは [ドイツ映画]

東京ドイツ文化センターで「50年後のボクたちは」を観てきました。


公式映画サイト:http://www.bitters.co.jp/50nengo/





ドイツ国内で220万以上を売り上げ、26か国で翻訳されているなった小説「14歳、ぼくらの疾走」が原作。様々な賞を総なめにし、舞台も大人気になった作品を映画化。14歳のマイクと風変わりな転校生チックの夏休みの冒険物語。ロードムービーです。


マイク(トリスタン・ゲーベル)はクラスではみ出し者。父は浮気をし、母はアル中。好きなタチアナには見向きもされず、誕生会にも招待されず。そんな時、一風変わったチック(アナンド・バドビレグ・チョローンバードル)がロシアから転校してくる。夏休みに二人は急激に仲を縮め、チックが調達してきた車でチックの祖父が住むワラキアという街へ行くことになるのですが…。


風力発電の下に寝袋を敷きたくさんの星を見ながら寝たり、トウモロコシ畑に車が突っ込みあとからグーグルで見てわかるようにとtschick(チック)とスペルを綴り、スピードを出し過ぎて放牧している牛に取り囲まれる場所に出て牧場主に怒られたり。子だくさんの農家で食事をご馳走になりすいかまで頂き、警察官に未成年が運転しているのがバレて追いかけられるもマイクとチックが離れ離れとなり、また元の安全な風力発電のある場所へと戻り見事二人が再会したり。ガソリンが無くなりガソリンが未成年で買えないので停車してる車からガソリンを盗もうとホースを探しているときに、イザ(メルセデス・ミュラー)と出会い、マイクは淡い恋を経験したりと、本当に大冒険でした。最後は交通事故まで起こしてしまって、その後始末が大変だったと思いますが、こういう体験は本当に貴重で一生の財産だなあと思いました。


「2人に誰よりも会いたい」とマイクはその冒険を終えて思います。そして見晴らしのいい場所で50年後の何月何日にその場所での再会を約束しています。その後50年の月日が過ぎ、64歳になって出会う彼らは一体どんな人生を送っているのでしょうか。仲良くなって別れがたい人と出会った時、こんな約束を取り付けられたらどんなに素敵でしょう。そんな約束ができる彼らがちょぴり羨ましくも思えたロードムービーでした。


近くでドイツ人女性二人が鑑賞していたのですが、笑うポイントがずれていたのが何とも印象的でした。アメリカ人とかイギリス人、インド人、タイ人、ネパール人などともやはりちょっと見てる場所が違う、笑いのポイントも違うなあと感じたことがありますが、今回もそう思いました。

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

脊柱管狭窄症は99%完治する [本]

  • 腰が悪く、何年か前に整形外科に行ったとき下された病名は「腰椎脊柱管狭窄症」でした。整形外科に通うもののたいして良くもならず、その時から、自分で運動しないといけないことに気づき腰のストレッチなどやり始めました。でも調子よくなるとすぐに止めてしまい、痛くなってはまたストレッチを始め…を繰り返していたのですが、今回ばかりはこの痛みがそのストレッチでもなかなか引かず、困りました。


そんなとき、たまたまかけていたラジオからこの本の紹介があり、これはと思いこの本を取り寄せ読み始めました。


脊柱管狭窄症は99%完治する “下半身のしびれ

脊柱管狭窄症は99%完治する “下半身のしびれ"も“間欠性跛行"も、あきらめなくていい!

  • 作者: 酒井 慎太郎
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/04/06
  • メディア: 単行本

この中にある、硬式テニスボールを使ってのマッサージが何とも良く利きました。尾てい骨の上に1個のボールを乗せ、その上に2個のボールを横に乗せ1個のボールは取り去って2個のボールで腰(仙腸関節)に充てたままフローリングの上で1~3分寝そべる。たったそれだけです。


また、痛みのあるところやおしりなどにもテニスボールを押し当て、痛気持ちいいくらいの感じでフローリング上で押し当てながらマッサージすると、不思議と痛みが無くなってしまうのです。


言葉ではわかりずらいので、腰痛、テニスボールで検索をかけ、ネット動画を探すとすぐ出てくると思います。

このテニスボールすごい威力を発揮するなあと思いました。


また姿勢が悪いことからもこの腰痛が来るのかもと思い、ヨガポール(ストレッチポール)を買ってみました。ジムではお馴染の品。このポールの上に寝そべってゆらゆらするだけで、本来の正しい姿勢ができてきます。本家本元のストレッチポールは高いので、ここのメーカーに卸しているという元のメーカーが作ってるアクシスフォーマ―を買ってみました。通常のものより少しポールが細身でソフトなので(ソフトロングを買いました)全然痛くありません。このソフトロングは女性や高年齢者向けらしいのですが、なかなかいいです。猫背が楽に矯正され姿勢が良くなってきた感じ。毎日やろうと思います。

腰の悪い方や姿勢の悪い方にお勧めです。





BRIDGESTONE(ブリヂストン) NX1 テニスボール (4個入り) BBANX1

BRIDGESTONE(ブリヂストン) NX1 テニスボール (4個入り) BBANX1

  • 出版社/メーカー: BRIDGESTONE(ブリヂストン)
  • メディア: スポーツ用品






Axis Former(アクシスフォーマー) ストレッチ用 フォームローラー ソフトロング T0999 021 アイボリー

Axis Former(アクシスフォーマー) ストレッチ用 フォームローラー ソフトロング T0999 021 アイボリー

  • 出版社/メーカー: Axis Former(アクシスフォーマー)
  • メディア: スポーツ用品

nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

しあわせはどこにある [イギリス映画]

「しあわせはどこにある」を観ました。


しあわせはどこにある [Blu-ray]

しあわせはどこにある [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray

2014年イギリス映画。フランス人の精神科医フランソワ・ルロールの著作「幸福はどこにある~精神科医ヘクトールの旅」が原作。何不自由なく生きてい入る精神科医のヘクタールは、ある時「しあわせと何か」と疑問を抱きます。恋人クララと一時的に離れ、精神科医の仕事も休み、上海、チベット、アフリカ、ロサンゼルスと旅の駒を進めます。そんな中様々な経験をして、幸せとはどんなことかを探ってノートに書き留め、自分の幸せを見出していくのです。


飛行機の中で出会った大金持ちの招待で中国ではディスコで会った中国の若い女性と恋に落ちそうになったり、チベットではスカイプを使ってるラマ僧に会ったり、またアフリカでは学生時代の親友マイケルに会い一緒に人々の治療にあたったり。またそこで裏世界の大物に会いペンを借りっぱなしにしていたことが幸いし、後に誘拐され匿われたときに解放してもらえることになったり。そして最後の地ロスでは学生時代の恋人であったアグネスと会い、幸せを研究する学者の講義を一緒に聞きに行き、頭にヘッドギアをつけて幸せの状態を診るのでした。


日常生活から非日常の世界、旅へ。この映画はジュリア・ロバーツ主演の「食べて、祈って、恋をして」やベン・スティラー主演の「Life!」を思い出させてくれる映画でした。旅している場所も違うし、目的も違うし、映画のテイストも違うのですが、共通して言えるのはどの映画にも出てくる旅の出来事は、こういうことはあるな、と思えることでした。日常生活と同じで旅先であれども、いいことも悪いことも色々あるし、でもそれがまた楽しいのだと。そして人は自分が一番納得できる地点にたどり着き、また新たなスタートを切るのです。旅はいいなあと思わせてくれる映画にまた出会えました。


「スター・トレック」シリーズのサイモン・ぺグ、「ゴーンガール」に出ていたロザムンド・パイクが出演してます。

nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

最強のふたり [フランス映画]

「最強のふたり」を観ました。


最強のふたり スペシャル・プライス [Blu-ray]

最強のふたり スペシャル・プライス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフト
  • メディア: Blu-ray








2011年のフランス映画。セザール賞主演男優賞(オマール・シー)受賞、リュミエール賞最優秀男優賞受賞、グローブ・ドゥ・クリスタル賞最優秀作品賞、最優秀男優賞受賞、フランス映画祭観客賞受賞、東京映画祭東京サクラグランプリ、最優秀男優賞(オマール・シー、フランソワ・クルゼ)受賞、日本アカデミー賞最優秀外国作品賞受賞。


重度の障害を持つフィリップ(フランソワ・クルゼ)とスラム街に住む無職のドリス(オマール・シー)の真実に基づく物語。同情されることにうんざりしていた障害者のフィリップは、自分の介護人に不作法で本音で生きるドリスを雇うことになる。雇ってみると思いのほか二人の相性が良く、フィリップにとってドリスはなくてはならない存在に。二人の世界はまるっきり違うがそれがまたお互いに新鮮で、絶えず笑いが絶えない生活になっていく…。


この映画の評判は知っていましたが、観る機会を失っていました。やっと観れて良かったです。フランスではこの年の観客動員数の1位の作品。日本でもフランス映画ではずっと1位だった「アメリ」を抜き、この映画が見事1位に。それだけ人気の高さを伺えます。


障害者とそれを看護する人の物語ですが、全然暗さがなく看護するドリスが陽気なので、その陽気さが映画に出ています。そしてドリスは障害者に対して何の偏見もなく障害者のフィリップにも普通に接するため、それが二人の関係をフィフティフィフティにして観ているこちらも気分いいです。アースウィンド&ファイアーのセプテンバーとかブギーワンダーランドなど、何だかとってもノリが良くてそして懐かしかったです。

評価の高い映画であることが、とっても良くわかる映画でした。観れて良かったです。

nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

草原に黄色い花を見つける [ベトナム映画]

ベトナム映画「草原に黄色い花を見つける」を渋谷ユーロライブで観てきました。


 



映画公式サイト:http://yellow-flowers.jp/


とっても可愛らしくて、まるでおとぎ話のような世界。とっても癒され、ベトナム版「小さな恋のメロディ」みたいでもありました。ベトナムの田舎、田園風景の緑が美しく、子供たちの無邪気でしかも初恋の切なさみたいなもの、忘れてしまっていた何かを思い出させてくれるような映画でした。


ビクター・ブー監督がベストセラー小説を原作に手がけ、ベトナムでは大ヒットした映画。西安シルクロード国際映画祭の最優秀作品賞受賞、トロント国際児童映画祭の審査員賞受賞、ハワイ国際映画祭やアカデミー賞外国映画部門の出品作品、ノミネート作品となっています。


兄ティエウ(ティン・ビン)と弟ティオン(チョン・カン)は大の仲良しでいつも一緒に遊んでいます。兄のティエウが幼なじみのムー(タイン・ミー)のことが気になり、その思いをうまく伝えられずにいる中、ムーの家が火事になり、一時ムーがティエウの家にやって来て身を寄せ、その後両親が迎えに来てどこか他の地へと引っ越してしまうのです。弟のティオンとムーがいつも一緒にいて笑っていて、ままごとごっこをしていているのに、自分に隠れて美味しいものを食べたと勘違いした兄ティエウはいきなり弟ティオンの背中に鞭打ちます。


弟が大事にしていたカエルが連れ去られて食べられてしまって弟ティオンは大泣きします。そして、背中をけがしてずっと寝ていた時、お姫様が来て少しずつ弟ティオンのカラダを良くしてくれ、ある日そのお姫様の住処を探すため、黄色い花が落ちたほうへと森の中へと進むと…。


子供たちが皆大人顔負けの演技をして、そして可愛かったです。何だか絵本を読んでいるような、独特の世界観がありました。ベトナムは行ったことがないのですが、いつか行ってみたいなあと思いました。


映画上映後、この映画を撮ったベトナムのビクター・ブ―監督のトークショーが予定されていましたが、急遽来日できなくなり、その代りにベトナムで映画を撮ってる落合賢監督がトークショーにピンチヒッターとして登壇。ベトナムの監督もこの落合監督も同じ年でそれぞれにアメリカの大学で映画を専攻して勉強したらしく、またこの落合監督はベトナムの役者さんを使ってアクションコメディ映画「サイゴン・ボディガード」をベトナムで撮影し近日公開とのこと。予告だけ見せてもらいましたが何だか香港映画みたい。ベトナムではアクションコメディ映画が大人気とのことで、この日観た「草原に黄色い花を見つける」はアクションでもコメディでもないので珍しいとのこと。



おまけ:友人と京橋駅と東京駅の近くにある南インド料理「ダバインディア」でランチをしました。インドカレーを不定期に食べようと言っている友人で(もう22,3年前にインドのムスリ―で会いマナリーまで一緒に旅行しました)、今回でこの企画は既に2回目(1回目は町屋駅の近くのカレー店で、名前はもう忘れてしまったのですが、インド帰りのご主人という感じの店でした)せっかくなのでこれからはそのインドカレーの写真を撮って記録に残そうと思いました。


「ダバインディアのランチ」

こちらが今日のランチ。いくつかあって選べます。


001.JPG 002.JPG



nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -
メッセージを送る