So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

私を離さないで [イギリス映画]

「私を離さないで」を観ました。

わたしを離さないで [Blu-ray]

わたしを離さないで [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


2010年のイギリス映画。カズオ・イシグロの原作を映画化。同じ寄宿学校ヘールシャムで育ったキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)。そこで育った子供たちは大人になると臓器提供をしなければならない。そして臓器提供まではその提供者の介護者となって働いている。大人になってバラバラだった3人がまたある時に再会を果たします。淡い恋、三角関係であった3人の物語です。

寄宿舎のおかしな風景にも、臓器提供していずれは死が待っているというそのシステムにもかなり違和感を持って映画を観て、今も消化しきれずにいます。寄宿舎で育った子供たちはどうやら孤児たちで、社会に出たときに普通の人たちの臓器移植の提供者となることが最大の目的で育てられているようなのです。そんな社会って何なのだろう?すごい違和感以外何物でもありません。そして本当に愛し合っている者たちは臓器提供を延長し待ってもらえるという噂があり、実際に愛し合っていたキャシーとトミーはへーシャムの元学長のところへそのことを伝えに行くと、「これまでも臓器提供の延長をしたことがないし、これからもそれは同じ」ときっぱりと言われてしまうのです。何と酷い宣告。キャシーが愛するトミーも臓器提供で最後は若くして亡くなり、自分のもとにも臓器提供をしなければならない通知がやってきます。まるで戦時中の赤紙みたいだと、思ってしまいました。

ディカプリオ主演の「華麗なるギャッツビー」を観たとき、相手役の女優さんキャリー・マリガンが愛らしく彼女の出ていたこの映画を観たいと思いながら観る機会を長らく失っていました。キャリー・マリガンはかつてエディ・レッドメインのガールフレンドでもあった人だったので気になってもいたのです。しかし今回は気になっているドーナル・グリーソンが出ているということでこの映画を再発見し、出演者の中にドーナル・グリーソンやキャリー・マリガンが出てるだけでも嬉しかったのですが、インディペンド映画「BOY A」の主役だったアンドリュー・ガーフィールドもいることを知り二重三重と得をした気分になりました。「BOY A」の主役を演じたアンドリュー・ガーフィールドが間違いなく素晴らしい演技力だったので、その後どんな俳優さんになっているんだろうかと思っていました。だからこの映画で期せずして彼の演技も観れて大満足でした。

また近頃スコセッシ監督の新作映画「沈黙」にも彼が出ており、スコセッシ監督の映画も遠藤周作の「沈黙」も大好きなので、今この時期にまたいろいろ繋がった感じです。「沈黙」も是非観たいです。また好きな村上春樹がカズオ・イシグロの大ファンらしく、そういう意味でもこの映画を観れて良かったです。好きなものは磁力を持ち、皆集まってくるような感じがしましたが、私にとってはこの映画、ちょっとハードルが高かったです。本当に違和感だらけの映画。テーマがテーマだけに気分も落ち込み、辛すぎでした。カズオ・イシグロの世界は厳しすぎだと思いました。


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

カーテンコールをもう一度 [観劇・踊り・イベント・ライブ]

チケットをいただき、Theレビュー「カーテンコールをもう一度」を天王洲銀河劇場で観てきました。

もともとミュージカルが好きなので、歌と踊りのあるレビューもいいなあと再確認しました(ただし、筋書がないけれど)。それでも観れて良かったです。華やかで生バンドが素晴らしく、歌も良く、衣装やアクセサリーもキラキラで。ただ踊りはやや年配の人たちなので今一つだったけど…!?

curtaincall360

前田美波里、中尾ミエ、金井克子、尾藤イサオ出演。西城秀樹やミッツ・マングローブ、マルシアなどから出演者へ花が贈られたくさん飾ってありました。

ライザミネリのCabaret、コーラスラインのOne、ダイアナロス&スプリームズのStop!In the name of love、プレスリーのJailhouse Rock、マリリンモンローのDiamonds are a girl's best friends、フレッド・アステアの Dancing in the dark、 That's the entertainmentなど有名な楽曲がずらり。曲名が今一つわからないものもあり、家に戻ってから曲名をチェックしたけどわからなかったものもあります。世代がドンぴしゃりの人にとってはより楽しめただろうなあと思います。またタップダンスのショーがフレッド・アステアとジーン・ケリーを真似たものを披露していたことがあとからわかり、昔のミュージカルなどももっと観てみたいなあと思いました。

この公演が始まる前にワインのプレゼントがあり、飲んだのでちょっといい加減にほろ酔い気分でした。ネックレスやイヤリング、ブレスレットやアンクレット、もちろん衣装も出演者は皆キラキラ光るものを身につけていて、それがとっても美しくうっとりしました。またやはり何といっても生バンド。いいですね~。生の歌も素敵。華やかで煌びやかで、こんな世界をちょっと忘れていたなあと思いました。「人生はエンターテインメント。舞台で演じればいい」「他の人は関係がない。大切なのはあなた」みたいなフレーズが妙に心に響き、人生は基本いいものだよ、人生は悪くないよ、と思ったりしました。ここ1,2年体調が良くなく、仕事も行き詰っている感があり、ちょっと迷っていましたが(いつものことですが)、気分転換になり、肩の力をフッと抜くことができました。ニューヨークでミュージカルを観ていた頃が懐かしい。生のミュージカル観たいなあとムクムクと思ってしましました。


nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブルックリン [アイルランド映画]

明けましておめでとうございます。

今年も皆様よろしくお願いいたします。

さて、年始に最初に観た映画は「ブルックリン」です。

ブルックリン 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

ブルックリン 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

映画公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie/

アイルランド・イギリス・カナダ合作です。2016年のアカデミー賞で作品賞、主演女優賞(シアーシャ・ローナン)、脚色賞がノミネートされました。シアーシャ・ローナンの存在がずーっと気になっていて、やっと観れました。観れて本当に良かったです。鑑賞後も素敵な余韻が残る私好みの映画でした。

1950年代のアイルランドの小さな町からニューヨークのブルックリンに渡った少女エイリッシュ(シアーシャ・ローナン)の成長と恋の物語。ホームシックになりながらも、仕事をし夜学に通い会計の資格を取り、イタリア系移民のトニー(エモーリ・コーエン)と恋に落ちる。そんなとき手紙のやり取りをしていた姉が急死し、一人残された母のいるアイルランドに戻ることにするのですが…。

主役のシアーシャ・ローナンが「つぐない」に出ていたあの少女だったなんて本当にびっくりです。「つぐない」を観るとわかりますが、「つぐない」では大変重要な役を担っていて今でも強烈に印象に残っています。そしてもうこんなに大きくなっちゃんたんだなあという感慨もあります。そしてまたシアーシャ・ローナン演じる主人公のエイリッシュがアイルランドに戻ってジムという好青年と恋仲になり、そのままいたら結婚しそうなのですが、そのジム役がドーナル・グリーソンだというのもびっくり。というか、嬉しい偶然でその偶然が嬉しすぎる。彼の映画をもっと観たいと思っているけれど、なかなかまとめて観れずにいて、それでもこうして期せずして偶然にも観れてしまうというのが本当に嬉しい。ディカプリオの「レヴァナント」やアリシア・ヴィキャンデルの「エクス・マキナ」を観た時も、それぞれディカプリオやアリシアを観るために観た映画だったのに、ドーナル・グリーソンが出ていることを知らずに観て後からビックリ!こんな偶然が3度も続くなんて凄すぎます。そしてこんな偶然楽しすぎます。

映画のストーリーに戻ると、ニューヨークを立つ直前に二人だけの秘密で役所に結婚届けだけを提出していたエイリッシュとトニーでしたが、姉の急死で一度エイリッシュがアイルランドに戻ることになります。友人の結婚式があり、誰もが憧れるジムと自然と恋仲に。ニューヨークでも仕事があり愛する人がいて、アイルランドでも姉の後釜に仕事をして欲しいと乞われ、街の噂になるほどの相手ジムがいて。この二つ選択に迷うエイリッシュ。この揺れる思いは短いショットでしか描かれていませんでしたが、端的にうまく表現されていました。彼女の選択はいかに…。(いつもネタバレしてるのですが、今回はしません)もし私が彼女だったら、今の私はアイルランドに戻ることを選択していて、たぶん若い時の私はニューヨークに戻る選択をしていると思います。選択はその時々で違ってくるなあと。でもその時にそれを選んだというのが、やはりベストな選択なんだろうなあと思います。

今年も素敵な映画に出会えますように。


nice!(14)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アイ・イン・ザ・スカイ [イギリス映画]

ニッショーホールで「アイ・イン・ザ・スカイ」を観てきました。

 ポスター画像

映画公式サイト:http://eyesky.jp/

実際の戦場からは遠く離れた安全な会議室でドローンを見ながら決定を行う現代の戦争。その闇をリアルにあぶり出し、正義とは?モラルとは?を問うサスペンス映画。映画全編を通してハラハラして画面から目が離せませんでした。ロッテントマトの評価は95という驚異の満足度作品。私も大大満足の映画でした。

イギリスの諜報機関で働くパウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、大規模な自爆テロを事前に見つけます。ちょうどアメリカとイギリスのドローンを使った合同訓練を行っており、ドローンをカイロ上空まで飛ばしていたのです。テロリストで指名手配となっていた何人かが一気に一つ屋根の下に集まることがわかり、現地のスタッフに鳥型や、昆虫型(カナブンみたい)のドローンを操作させ、テロリストが集う部屋まで映像を映させています。さっそくアメリカネバダ州にいるドローン・パイロットのスティーブ(アーロン・ポール)に直接ドローン攻撃をさせるため、国防相のベンソン中将(アラン・リックマン)に連絡を取り許可を得ます。しかし爆破地近くの殺傷圏内にパン売りの女の子がパンが売り始めその場所を動かないのです。その女の子の命を取るか、はたまたこれから80人ほどの命を奪うであろうこのテロリストを即座に殺すのか。アメリカ、イギリス両政府の閣僚たちに次々に連絡を取りますが、まるで誰も責任を取らないようなたらい回しの状態…。

よく湾岸戦争の時に、「画面を見て爆弾を落とすのがまるでゲームのようだ」と聞いたことがありましたが、この映画にもそんなゲーム感覚があるのだろうと思ってましたが少し違ってました。今は技術の進歩で画像がはっきりくっきりと映り、爆弾が落とされる人たちの表情のひとつひとつまでわかり、さらにはコンピューターによってその人物の特定まで瞬時にされてしまいます。それだけに余計、ドローンを操縦して爆弾を落とすパイロットは、ボタンを押したその何十秒後かに、殺傷圏内に民間人が入り込むと気が気でありません。映画の中のパイロットが特にそうであったように心労が大変なものだとわかりました。こんな心労の伴う仕事は決してやりたくないなと私自身は思いました。

また現地のスタッフが危ない地域に入り込み、標的となる家の近くまで行って、小型の鳥や昆虫の型をしたドローンを駆使し、中の人にも気づかれないように家の中にドローンを侵入させ、その部屋の中で行われていることをはっきりと映し出します。その小型のドローン。今はここまですごくなっているのだとやはり感心してしまいました。それと同時に、こんなものを普通に誰でもが使えるようになったら怖いなとも思いました。プライベートも何もあったものではありません。また、偉い人たちは本当に完璧なほど安全な場所で命令を下すだけですが、現地のスタッフはそれこそ命がけで任務を遂行しなければなりません。実際映画の中でも、小型昆虫型ドローンを扱う現地スタッフは命からがらでした。そういったことがとっても不条理でやるせない感じでした。

そして一番重い選択。一人の女の子の命を救うか?はたまたこれから80人の人をテロに巻き込もうとしているテロリストたちを一気に殺すか?あなたならどうしますか?と迫るこの映画。映画の中では民間の女の子の殺傷率は本当は65%くらいだと出しているのに上部から50%以下(45%だったかな?)でなければ爆弾を落としてはいけないと言われたため、無理に50%以下と部下に言わせて、それを上部に報告して無理に爆弾を落とす命令を下すパウエル大佐。その結果女の子は亡くなり、テロリストは皆殺し。女の子の人命を犠牲にすることが良いことなのか、たぶん意見はいろいろ分かれると思います。この重いテーマはハーバード大の超人気なマイケル・サンデル先生の講座でも扱っているテーマだったなあと思い出しました。すべてがウィンウィンにならない重いテーマ。だからこそ永遠にこの問題にはこれといった答えが出ないのでしょう。考えさせられます。

それにしても空の目=ドローンがここまで既に来ているのか、と驚かされた映画でした。


nice!(15)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

探検家、40歳の事情ほか [本]

最近読んだ本です。

探検家、40歳の事情 (Sports graphic Number books)

探検家、40歳の事情 (Sports graphic Number books)

  • 作者: 角幡 唯介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: 単行本

結婚して子供ができて4年前にエッセイを出したときとは、また状況も変わっている角幡さん。奥さんやお子さんのことがちらちらとでてきて楽しかったです。「指輪をはずすくらいなら凍傷になって指がなくなったほうがいいわ」みたいな奥さんのセリフは何だか凄い!の一言。でもそれくらいじゃなければ冒険家の奥さんなんて務まりませんね、と思いました。北極での牛を殺してその牛の写真が全く開けない牛の怨念の話とか、北極圏で牛やらウサギやら鳥のようなものを食べてるから体臭がすごくなって帰国の度に奥さんから毎回「野生のニオイ」と言われる話とか、小さい時から忘れ物が酷く、冒険している間も結構忘れ物をするということや(それでも知恵を使って何とか乗り切ってしまうのがすごいです)また若き日のマラリアの思い出など、旅のこぼれ話的なこのシリーズ(「探検家、36歳の憂鬱」に続く本)はこれからももっと読みたいと思いました。

TRANSIT(トランジット)18号  美しきチベットの未来 (講談社MOOK)

TRANSIT(トランジット)18号? 美しきチベットの未来 (講談社MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: ムック

このシリーズは他にもアンデス、ヒマラヤ、インド、メキシコ、タイ、イギリス、イタリア、中国など出していて、ほかもちょっと覗いてみたいと思いました。チベット好きな私としてはたまにこういう本を見ると楽しくなってきます。

ふなふな船橋

ふなふな船橋

  • 作者: 吉本ばなな
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/10/07
  • メディア: 単行本

15歳で両親の離婚。叔母と一緒に船橋で暮らすようになった花。何よりも本が好きでふなっしーが好きでいつもふなっしーに支えれられて来た。花と同じような花子という女の子が亡くなって花は夢の中で花子と対話をする。そしてそれがまたこの現実世界と繋がって、色んなことを知っていく花。その間恋人と別れてもう一度復縁の話になったとき、もうすでに自分の歩むべき道はこの恋人とはないことに気づく花。

いつものばななワールドで心がふんわり温かく、そして優しい気持ちになれる小説でした。夢とのつながりが現実世界に投影され、私はその手の話が大好きなので余計に楽しく読めました。また仕事で時々行く船橋が舞台だったので、その雰囲気とかわかって余計にいい。そういえばいつだったか船橋に仕事で行ったとき、アランとサヘルのテレビ取材が駅のコンコースであって、皆スマホで彼らの写真をパチパチ撮っていたのを思い出しました。アランもサヘルもテレビで見るより小さくて細かった。そして太宰治が定宿にしていた旅館が船橋にあるとかで、そこへ今度はちょっと行ってみたいと思いました。あとは川村美術館。ロスコの真っ赤な絵、確かに強烈な印象で私の中にも残っているなあと思いました。川村美術館はすごく素敵な美術館だったのでまた出かけてみたいです。

「ふなふなふなっしー♪」(こんな歌があるのか)に素敵な言葉が並んでいて、この本の冒頭に載っていたので記しておきます。

投げられたっても蹴られたっても また立ち上がればいいなっしー♪

誰に相手にされなくっても 自分の道を進めなっしー♪

どんなに汚れてしまったっても 君さえ笑えばいいなっしー♪

君が悲しんでいる時は すぐに笑顔にさせるなっしー♪

下北沢について

下北沢について

  • 作者: 吉本 ばなな
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: 単行本

吉本ばななのエッセイ。特に下北沢の思い出について。子供が生まれての生活や、下北沢にあるお店のこと、ご近所さんのことなど。下北沢には個人的にはそれほど足を運んだことがないけれど(本多劇場で劇団東京ヴォードヴィルショーの劇とか、島田歌穂さんの音楽劇とか、沖縄出身の人たちが出るショーを観に行ったことがあるくらい)、街自体としては何となく可愛らしくて好きな街だなあと思っています。売れっ子になって知名度も上がり、ある程度の収入が入っても、それでも必死になって書いていた吉本ばなな。傍から見たらとっても羨ましい存在ではあるけれど、やはりそれなりの努力もあるし、色んな困難もあるし、どんな人でも人生にはいろいろあるんだなと思いました。



nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -
メッセージを送る