So-net無料ブログ作成
検索選択

奈良の旅 その3 [日本の旅]

[ぴかぴか(新しい)]明けましておめでとうございます[ぴかぴか(新しい)]

[かわいい]今年もよろしくお願いいたします[かわいい]

気ままなブログになっていますが、よろしくお付き合いの程を。 


奈良の旅の続き・・・3日目です。

滞在中毎日そばを通っていた猿沢の池↓。

DSC01235.JPG

3日目は近鉄奈良線に乗って飛鳥へと出かけ、自転車で廻ってみました。

まずは高松塚古墳↓へ向かいます。

DSC01236.JPG DSC01238.JPG

DSC01239.JPG DSC01240.JPG

肝心の高松塚古墳の壁画は壁画館というところで展示されていて本物でなく模写や模造品ばかりだったのでちょっとがっかりでした。カビが生えたとかニュースになっていたこともあったので今もまだ修理が続いているのでしょうね。

こちらは↓奇岩の鬼の雪隠(セッチン=トイレ)、鬼のまな板、亀石、二面石(左から順番に)。結構大きく特に亀石は人の背丈ほどの大きさでした。

DSC01244.JPG DSC01246.JPG DSC01248.JPG DSC01249.JPG

そしてこちらは橘寺↓。(ただし上の二面石も橘寺にあります)聖徳太子の生まれた寺として有名です。高校のときに訪れて以来ですが、やはり個人で大人になって行ったほうが数段良いと思いました。入り口で案内のお坊さんに寺の説明をしていただき、「鐘をついてもいいですよ」「美しい天井画を畳の上に寝転んで是非眺めていってくださいね」というお言葉に甘えてそのようにさせてもらいました。

DSC01254.JPG DSC01256.JPG

DSC01250.JPG DSC01252.JPG

DSC01253.JPG

そしてこちらが石舞台古墳↓。蘇我馬子の墓とする説が有力。結構な大きさで中はがらんどうでした。

DSC01262.JPG DSC01261.JPG

DSC01258.JPG

こちらは日本最古の大仏がある飛鳥寺↓。仏様のお顔を眺めていると住職が来て、「ここは何でも写真撮ってもいいですよ。右から眺めるお顔は厳しいお顔、左から眺めるお顔は微笑んでいらっしゃいます。すこしまがって座っているのは生まれた橘寺のほうを向いているからです」と説明してくださったので、喜んで日本最古のこの飛鳥大仏の写真を撮らせていただきました(ついでに曼荼羅があったので曼荼羅も)大仏の後ろのほうを見たらかなりぼろぼろになっていて崩れ落ちそうな感じがしました。ここも高校のとき来てますが、今回訪ねたことで印象がまったく違うものになりました。

DSC01268.JPG DSC01267.JPG

DSC01265.JPG DSC01264.JPG

DSC01266.JPG

伝飛鳥板蓋宮跡↓。飛鳥の時代にあった宮跡と伝えられている場所です。

DSC01272.JPG DSC01271.JPG

DSC01270.JPG DSC01269.JPG

飛鳥駅にはいくつかサイクリングショップがあり自転車を借りて廻るのがお勧め。駅近くの観光案内所で飛鳥王国パスポートなるものを購入して廻ると、いろんなところで入場券を割り引いてくれるのでお得でした。

しかしながら日本各地の観光案内所に行くとたいていこんなものは無料でおいてあり、わんさと無料冊子があり、その中には割引券などがついていて観光の助けになることがよくあるのですが、残念ながら奈良にはそういったものが全くなかったのが残念でした。遷都1300年でイベント目白押しで観光客が自然と来たから廃止してしまったのか、それとももともとやはり存在しなかったのかは定かではありませんが・・・。

オフシーズンだったので観光客もほとんどいず、静かな飛鳥路を楽しみ最高でした。

奈良・飛鳥 (ことりっぷ)

奈良・飛鳥 (ことりっぷ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本

拝んでしあわせ 奈良の仏像100

拝んでしあわせ 奈良の仏像100

  • 作者: 田中 ひろみ
  • 出版社/メーカー: 西日本出版社
  • 発売日: 2009/10/19
  • メディア: 単行本
サライの奈良 (サライムック)

サライの奈良 (サライムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 大型本
続・サライの奈良 (サライムック)

続・サライの奈良 (サライムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/04/20
  • メディア: ムック

nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 15

コメント 6

miffy

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

私も飛鳥は自転車で回りました。
何回か行ったのですが、オンシーズンでも石舞台以外ではあまり人に出会ったことがありません。
こんなに素敵な所なのになぜなんでしょうね。
by miffy (2011-01-03 22:40) 

こころん

ご無沙汰です。
今年もよろしくお願いします ^^
私も京都にいた頃、夫とこの辺りを回りました。
懐かしいぃ~!
また行きたくなっちゃいました。
naonaoさん、最近は日本を回ってるんですね!
by こころん (2011-01-03 23:31) 

たいちさん

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
今回のコースを、数年前に歩いて回りました。いいコースですね、また行きたくなりましたね。
by たいちさん (2011-01-04 22:01) 

りゅう

あけましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いいたします。(^_^)
自転車があるとアクティブに動けますよね♪
おっ、何かと話題の高松塚古墳!
修復後の一般公開(されるのかな?)が待ち遠しいです。(^_^)
by りゅう (2011-01-05 00:22) 

こころん

またまた、こころんです。
訪問&たっくさんのナイス&コメントありがとうございますぅ!
ビックリしました ^^
今年は、マメに更新していく・・・つもりなので
よろしくお願いします!
つぶやきも楽しみにしてますよぉ~!
by こころん (2011-01-05 21:16) 

naonao

>nice!をくださった皆様、ありがとうございます。

>miffyさん、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
そうですか。オンシーズンでもそれほど観光客は行っていないのですね。
ただ奈良だけで3泊4日くらいしないと飛鳥まではなかなか足を運ぶのは難しいかもしれません。周りにはたくさん観るものがあるので。

>こころんさん、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。2回もコメントありがとうございます。こころんさん、ブログを更新していないと思っていたら私が見落としていただけでした。もっと更新してね♪とか言ってたけど、記事がたくさんあるので嬉しくなって一気に読んでコメントしたのでした。私もなるべくつぶやいてブログも更新するよう頑張ります~。

>たいちさん、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
たいちさんは地元といってもいいくらい近いので羨ましいです。
私は神社仏閣大好き人間なので、京都奈良が近いたいちさんが羨ましいです。

>りゅうさん、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
高松塚古墳の壁画の色彩は本来とっても美しいですが、今はボロボロで修復中。いつになったら修復完了して一般公開されるのか!?
本物は観られるのかな?どうでしょうね。

by naonao (2011-01-05 21:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る