So-net無料ブログ作成

グランド・マスター [台湾・香港映画]

よみうりホールで、「グランド・マスター」を観てきました。

グランド・マスターの場面カット画像

映画公式サイト:http://grandmaster.gaga.ne.jp/

香港・中国・フランス合作映画。構想17年、撮影に3年。トニー・レオン、チャン・ツィイー、チャン・チェン出演。ブルース・リーの師として知られる伝説の武道家・葉問(イップマン)の物語。1930年代の中国。引退を決意した北の八卦掌の宗師(グランドマスター)・宮宝森(ゴン・バオセン)は、一番弟子の馬三(マーサン)と、南の詠春拳の宗師・葉門(イップ・マン)を後継者の候補と考えていたが、バオセンの奥義を受け継ぐ娘の宮若梅(ゴン・ルオメイ)も自ら名乗りを上げる。しかしマーサンはバオセンを殺害。ルオメイは、父の復讐を果たす。

40歳までは結婚して子供もできて武道家としても名を轟かし、裕福に暮らしていたイップマン(トニー・レオン)。しかし戦争がはじまり、財産のすべてを没収され、妻子とも離れ離れとなる。バオセンの娘であり、小さなときから武道を教えこまれたルオメイ(チャン・ツィイー)は、グランド・マスターの地位をイップマンと争いながらも、ひそかに彼に片思いをする。そして戦争に巻き込まれ、いつしか武道家の道を極めることを諦め、イップマンとの最後の逢瀬にルオメイはこう言う。

「自分を知ることは、できた。世間を知ることも、少しはできた。でも私は、人生を知ることはできなかった。あなたは武道を最後まで極めてください」

このシーンはステキでした。またルオメイがイップマンに、好きだったと告白するシーンもステキでした。

最後にさまざまな昔のシーンとともに、まるで死ぬ前に人生を振り返るときに見るという走馬灯のように、昔のシーンがパンパンと映し出され「ニューシネマパラダイス」の曲が流れるのですが、これがほろりとしました。「ニューシネマパラダイス」の曲は大好きですが、こういう回顧シーンとこの曲は本当によく合うのです。戦争に巻き込まれ、また立場の違いから、また状況から、いろんな人の人生が思い通りにならず、あっという間に人生の幕切れとなる。だからやりたいことは早くやり遂げないとダメだよ、と言われてるようでした。芸術は長く人生短しなのです。道は険しく達成することは難しいのです。この映画にニューシネマパラダイスの曲を使うとは監督さんはひょっとしてニューシネマパラダイスのファンなのかなと思いました。

この映画はカンフーの映画なのでカンフーでの戦いのシーンが目白押し。カンフー自体を何度も見るのはちょっと殴り合いのようであまり好きではなかったけれど、映像の取り方や色遣いなどが美しくてアート面では二重丸。雨の中だったり、雪の中であったり、重厚できらびやかな建物の中であったりのカンフー。単なるカンフーだけにとどめず、人生哲学のようなものを織り込み、こういった美術面での画像の美しさが加わって、そしてニューシネマパラダイスの素敵な曲も加わって、この映画を格調高いものにしていました。

トニー・レオン演じるイップマンの奥さん役の女優さんがきれいだったので、誰だろうと思って調べたら韓国の女優さんのソン・ヘギョでした。チャ・テヒョンが出た「僕の世界の中心は、君だ」(2006年)の女優さんであったことが判明(「世界の中心で、愛を叫ぶ」の韓国版)。この映画が香港、台湾、韓国、中国の俳優さんたちが集っての映画であることがわかりました。お勧め映画です。

おまけ: 懐かしいのでこの映画に使われてたニューシネマ・パラダイスのCinema Paradiso~YouTubeから拝借。

ついでに同じエンニオ・モリコーネ作曲のワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカのDeborah's Theme。

エンニオ・モリコーネの曲は心にしみます。何だか懐かしすぎて涙が出そうです。


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 4

たいちさん

製作国にフランスが入っているのは、なぜなんでしょうね。
by たいちさん (2013-05-23 23:41) 

よし

撮影監督がフランス人です。関係あるかも。
フランス人が好きそうな芸術映画なので投資した?
チャン・ツィイーやトニー・レオンはヨーロッパでも人気があります。
フランスでは現在公開中です。この後ヨーロッパ各地(ロシア、東欧も含め)で公開されます。
北米は8月公開で、アカデミー賞狙いの匂いがします。
by よし (2013-05-24 05:46) 

chihiro2

ドニーイェンのイップマンは去年観ました。
なんと今度はトニーレオン!チャンチェンも出てる!!
観なければ!!
ドニーイェンは「HERO」チャンチェンは「グリーンデスティニー」
良かったですね♡
by chihiro2 (2013-05-24 09:03) 

naonao

>nice!をいただき皆様、ありがとうございました。

>たいちさん、ありがとうございます。
よしさんが、たいちさんの下に回答となるものを書いていただいているので、答えのよくわからない私はこれを回答とさせていただきます(笑い)。
私が中国旅行してたときにも白人の中ではフランス人に一番多く会ったので、フランス人は中国にとても関心ある人たちなのかも!?なんて本気で思ってます。

>よしさん、ありがとうございます。
たいちさんの疑問に答えていただきありがとうございます。
なるほど~とその回答に私は感心しました。
お答えいただき助かりました。
素晴らしい映画だったのでアカデミー賞狙ってほしいですね。

>chihiro2さん、ありがとうございます。
カンフー映画をよく観られていらっしゃいますね。
トニー・レオン恰好良かったです。「インファナル・アフェア」のトニー・レオンも恰好良かったけれど、この映画でも恰好良かった!
チャン・チェンは「レッド・クリフ」に出てたようですが、全然わからず、この映画で初めて認識した俳優さんです。ドニー・イェンに至っては全く分からず。映画観てもっと勉強しま~す。
by naonao (2013-05-26 15:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る