So-net無料ブログ作成
検索選択

カリエール展  [絵画・美術館展・博物館展]

損保ジャパン日本興亜美術館で「没後110年 カリエール展~セピア色の想い」を観てきました。絵画展は本当に久々なので、嬉しく、また楽しかったです。

20160910_poster 

公式サイト:http://www.sjnk-museum.org/program/current/4196.html

19世紀フランス象徴主義を代表する画家ウジェーヌ・カリエールの絵画展。「セピア色の想い」と副題にしているように、カリエールの絵はほとんどセピア色で、題材も彼の奥さんや子供たちが多く、彼の絵を観続けているとどこか不思議にホッとし心の奥が癒され、そして次第に気持ちも落ち着いて穏やかになる、そんな感じになりました。今回展示された80点近い彼の作品は、白黒写真がどこか趣があって素敵なように、この絵画もとっても趣があり素敵で、派手な色使いの絵も魅力的だけれど、セピア色の絵も魅力的だなあと改めて思いました。

この展覧会で彼のことを始めて知り、今回観れて良かったです。絵画の所蔵先をみるとほとんどがフランスの個人所有のものばかりで、わずか数点のみが新潟市美術館所蔵のものでした。道理で、あまり目に触れることもなく、知らないはずだ、とも思いましたが。ルノアールがモデルにした女の子の家族を描いたり、生前親しかったらしい彫刻家のロダンの肖像画があったり、ゴーギャンが亡くなったときにオマージュとしてピエタを描いたり…と、印象派の時代の人たちの名前が出てくると、つながりが見えて楽しくなりました。

また常設展のゴッホやセザンヌ、ルノワール、ゴーギャンも良かったけれど、私はいつもこの美術館に行くとグランマ・モーゼスの絵が楽しみです。行くたびに違ったグランマ・モーゼスの絵が飾ってあるのが嬉しい。係りの人に聞くと30点くらいこの美術館には所蔵されているとのこと。まるで大草原の小さな家の世界を描いているような絵なので、本当に気分がアップします。

やっぱり美術館行くのいいなあと思いました。


nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 13

コメント 3

naonao

>nice!をいただき、皆様ありがとうございます。
by naonao (2016-11-04 22:45) 

りゅう

カリエールのセピア色いいですよね♪
観に行きたいけどちょっと厳しいなぁ。。。
by りゅう (2016-11-06 00:43) 

naonao

>りゅうさん、コメントありがとうございます。
もう10年も前にロダンとカリエール展がやっていて、りゅうさんはすでに観に行っていたんですね!さすがです。
私はこのカリエール展で初めてカリエールを知り、ロダンと親交もあったことを知りました。
セピア色、魅力的でした♡
by naonao (2016-11-11 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る