So-net無料ブログ作成
検索選択

村上春樹とイラストレーター ほか [本]

最近読んでた本です。

村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-

村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-

  • 作者: 村上春樹
  • 出版社/メーカー: ナナロク社
  • 発売日: 2016/07/03
  • メディア: 単行本

村上春樹の本を彩ったイラストの数々が載っている本で、芸術の秋にピッタリの本でした。村上春樹ファンなら結構楽しめると思います。佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸の4人のイラストが、懐かしくもほのぼのとしました。特に私は「羊をめぐる冒険」から春樹ワールドの虜になったので、この本の羊男を描いた佐々木マキのイラストが大好き。羊男の絵本とかも懐かしく思いました。また何といっても安西水丸が圧倒的に村上春樹と組んでたくさんのイラストを描いてきたので、そして本当に可愛らしい絵なので、見ているだけで楽しい気分になる。イラストレーターのそれぞれの思いや、対談なんかも書かれてある本でした。

奇跡の生還へ導く人―極限状況の「サードマン現象」

奇跡の生還へ導く人―極限状況の「サードマン現象」

  • 作者: ジョン ガイガー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: 単行本

角幡唯介の本の中でも度々出てくるこの本のことや、いわゆる「サードマン現象」のこと。今回やっと読んでみました。探検家の多くが生命のぎりぎりのところで生きていた時、しばしば「サードマン現象」が起こると言われています。いるはずのない第三者がすぐそこにいる、というのです。海に出て遭難した7人の乗組員が人数を数えたら8人いたとか、自分一人で骨折し凍傷になりながら下山する時、確かに自分に寄り添って一緒に下山し的確なアドバイスのようなものをもらえたとか、それはそれは多くの人たちが体験しているサードマン現象。日常生活においても医学部に入るための勉強を猛烈に行い、ほとんど寝ていず、夢の中でも勉強するくらいに根を詰めてやっていた時、サードマン現象を体験したと著者の友人がまえがきにも書いています。

脳のある特定部を刺激すれば同じようにサードマン現象を作れるという実験が行われたり、それは守護天使であるとか、幽霊ではないか、あるいは極度の疲労に苦痛、欠乏があったとき、あるいは単調さと隔離、できれば一人という条件にストレスが加わったときなどサードマン現象が起こりやすいといっています。それは激しい体力消耗や単調さで感覚上の幻影や幻覚ではないか、そして血糖の濃度低下や高所脳浮腫、低温ストレスのよる症状ではないか、あるいは窮地に立たされた人しか使えない普段は隠された力を引き出すもの(心理学では補完的存在というらしい)なのか、依然として謎ですが、たくさんの経験談も書かれていてとても面白いと思いました。

何よりこのサードマンは皆、好意的で、時に予言めいたものまでしてくれ、いい方向に導いてくれ、出会った人は皆全く怖くはなかったと言います。

腕を切ってしまったのにまだ腕があると思ってしまう幻肢体験や、金縛り体験にも似通ったことかも知れません。体が疲れているのにもう起きないといけないと思って起きれないときに、私は良く金縛りになっていました。特に学生の時、夏休みで水泳を思いっきりした後、昼寝していた時は特に。こういう本は本当に興味深く大好きな種類の本だなあと思いました。

そういえば角幡さん、先日たまたま見たNHKで取材を受けていました。北極圏への単独冒険に出かける何日か前の様子の取材だったのですが、自分でチョコレートときな粉とごま(だったかな?)を入れた高カロリーですぐに食べることのできる食べ物を自宅で作っていました。GSPなどの文明の利器を使うことなく、六分儀という天体の位置によって自分の位置を割り出すものを使って冒険をするとのことで、今ごろ、これを使いながら冒険の真っ最中だろうなと思います。可愛らしい奥さんとお子さんのためにも無事に戻って、わたしたち読者をまた楽しませてほしいなあと思います。それにしても縁あるものとか人には、たまたまかけるテレビでもこうして出会ってしまうのが、やはり楽しいなと思った出来事でした。

海外旅行熱、急上昇して急降下 つれづれノート 30 (角川文庫)

海外旅行熱、急上昇して急降下 つれづれノート 30 (角川文庫)

  • 作者: 銀色 夏生
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/09/22
  • メディア: 文庫



2016年の1月から6月までのつれづれ。今回は、ベトナム(フエやホイアンなど)ニュージーランド(ワイタハ族のセレモニー)、スリランカ(仏像と寺院巡り)、ベトナム(再びのホイアン)、インドラダック(アンズの桃源郷)の旅行記と、ジムでの運動、英語の短期授業、宮崎に戻って温泉に入り、整理整頓に火がつき、ものを片付けたり、アロマに凝ったりの日々。

個人的には旅行ではニュージーランドとインドは私も行っているので雰囲気はわかったけど、ニュージーランドの彼女の旅は結構スピリチュアルな旅だったので、ちょっと知らない世界だったので面白かった。インドラダックは、だいたい彼女と観てきてるものは一緒かなあと思ったけれど、私自身は全部個人で廻りしかも長期なので(ニュージーランドも2か月くらい、インドに至ってはラダックだけで1か月、他のインドの地域も含めると一番長くいたときで半年、他にも3か月とか、2か月とかいろいろなので)彼女が半年の間によくもまあこんなにいろんなところに、一つの国に1週間くらいで行っているというのが何となくもったいないかなと思ってしまいました。でも思い立ってすぐに実行できるというのは、やはり恵まれていて、自由を手に入れている彼女ならではなんだなあと感心してしまいます。こんなにも時間的にも金銭的にも周りの状況に自由にあるのは羨ましい。

彼女のこのつれづれに期待するのは、普通の日常生活なんだなあと今回のこのつれづれを読んで強く思いました。でも彼女の感じ方、物の見方など共感したりホッとすることが多く、やはり新刊が出るたびにワクワクして読む本の一冊です。

そういえばこの本ではシンクロがあり楽しかったです。彼女が出会ったおばあちゃんが、「60歳の時は楽しかった、70歳はもっと楽しいはず」みたいなことを言っている文章があったのですが、つい先日新聞で見た記事に「65歳から75歳までは至福の時よ」と言われたと読者の方の投稿記事を目にしたばかりだったし、また「100歳の世界」というつい先日観たテレビ番組では、100歳以上生きているお年寄りが身体能力も何もかもが劣ってきているにも関わらず「今が一番幸せ」と言っているというのを観て長生きするのも悪くないかも、100歳まで生きてその境地を覗いてみたいと思ったばかりだったでした。つれづれノートはやはり、私にとっては読むべき本なんだなあと思ったのでした。


おまけ: 

1か月以上もブログ更新せずにいました。特に理由はないのですが、書く気分になれなかったというのが一番です。かなりストレスが溜まっていて、そのストレスを発散させる手段に有効だというちょっとした運動を再開し、またマインドフルネス=いまここにいる、気づき(瞑想、呼吸法)も再開させました。本当は日記もつけるといいらしいので、時々気が向いたら書いてます。こんなことは若い時バックパッカーをして世界旅行していたときは普通にやっていたことでした。そしてストレスの発散の仕方も良く知っているし、自分ではそういうことのコントロールがとってもうまいと思っていたのですが、どうもそうではなかったようです。

既に旅行中に学んでいて知っていたのに、すっかり忘れていた自分がちょっとショックでした。でもそこは昔取った杵柄とばかり、やり始めると楽しくなってます。皆さん、運動+マインドフルネス+日記はすごくいいです。ストレス軽減にお勧めです。特にマインドフルネスは、ストレスを軽減するだけでなく、睡眠の質も高まり(たった10分ほどの瞑想で2時間ほどのレム睡眠に匹敵するらしい)記憶力、集中力もアップします。海馬も大きくなるとか。お勧めです。


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 1

naonao

>niceをいただき、皆様ありがとうございます。
by naonao (2016-11-11 22:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る