So-net無料ブログ作成

シークレット・オブ・モンスター [フランス映画]

ニッショーホールで「シークレット・オブ・モンスター」を観てきました。

イギリス、ハンガリー、フランス映画です。

ポスター画像

映画公式サイト:http://secret-monster.jp/

結構怖い映画でした。特に音楽が心臓に悪くて、音楽だけでも十分怖い映画でした。サルトルの短編小説「一指導者の幼年時代」から着想を得て、脚本を完成させたコーベットは監督業も兼任。ヒットラーの幼少期もこんな風に形成されていったのかと思わせるような映画でした。

第一次世界大戦終結後にアメリカからフランスへと送り込まれた政府高官の一家。数か国語を操る信心深い妻と息子がいたが、政府高官の夫は家庭の一切を妻に任せきりにしていた。家にはたくさんのお手伝いさんがいて、中の一人が息子を溺愛していたが、息子の教育にならないと母親はこのお手伝いを解雇。また息子にはフランス語を学ばせるために家庭教師を雇ていたが、そのうち息子は自分一人で学んでいけるといい出し、家庭教師も来なくなる。

息子はある時は教会で人々に石を投げつけたり、ベッドの上で飛び跳ねたり、また家に客をもてなしているときに裸で家の中をうろうろしたり、食事の前のお祈りを母親からお願いされると「そんなの信じてたことない」と大声で何度も何度も客の前で騒ぎ…、と色んな事件を起こします。よくある子供のさもない事件と思いがちですが、最終的にはヒットラーのような独裁者になってしまいましたとさ、という結末。ぞっとしました。

映像も古くて大きな由緒正しき家が舞台で、とっても荘厳な家が舞台ですが、 暗く重苦しい雰囲気がまるでこの子供の人生をがんじがらめにしているかのよう。重苦しさが映画全体を覆って、かなり気の滅入る映画でした。

また子育てはいったい何が正解で、一体何がダメなのか、難しいのだなあと思った作品です。 


おまけ:

久々の試写会でした。他にも「湯をわかすほどの熱い愛」「ぼくの妻と結婚してください」の試写会もありましたが、予定が合わず観に行けませんでした。両方とも涙なしには観れない映画らしいので、また泣きたい気分になったら観てみたいと思います。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 1

naonao

>nice!をいただき、皆様ありがとうございます。

by naonao (2016-11-13 14:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る