So-net無料ブログ作成

ミュージカル手紙 2017 [観劇・踊り・イベント・ライブ]

「ミュージカル手紙 2017」を新国立劇場で観てきました。

メインチラシ画像

公式サイト:http://no-4.biz/tegami2/

東野圭吾原作の「手紙」をミュージカル仕立てにしたもの。去年もやっていたらしく今年はまた新たなものに仕上げたとか。ミュージカルというより音楽劇でしたが、心にグッとくる途中泣けてくる場面が散りばめられ、見ごたえのある2時間15分でした。

映画「手紙」をかなり昔に観ていて、沢尻エリカがとってもうまく演じていたのをよく覚えており、芸人になって刑務所の慰問に訪れた弟(山田孝之)と刑務所にいる兄(玉山鉄二)の再会場面が今でも涙無くして観られなかったことを思い出します。細部は忘れているのですが、ただただ泣けた映画であったことを思い出しました。このミュージカルでは細かな設定が映画とは違っていて、むしろどちらが原作に忠実なのかわかりませんが、弟と兄の再会の場面よりも、働いている家電メーカーで配置転換されることを聞いた将来妻になる女性が抗議文をそのメーカーの社長宛に書いて、「本人には言わないでほしい」と言われたが社長は「このことを知る必要が君にはあるし、そういう女性を大切にするところから始めないか?」といった場面や、殺人者の弟というレッテルを張られて社会から制裁を受けてることにうんざりし、兄に手紙を書くのをこれで最後にすると言って手紙を書いた弟が、殺してしまった被害者の家族の家へお線香をあげに伺うと、兄からの手紙が10年間毎月途切れず届いていて、弟からの最後の手紙で兄の自分が弟家族にまで迷惑をかけていることを知り、手紙を書くということが単なる自己満足にしか過ぎなかったのではと思い、殺してしまった被害者の家族にも最後の手紙にしたいと手紙に書かれてあるのを弟は知り、涙する場面など、胸に突き刺さりました。

また若手の俳優人さんたちがうまくてすごく安定感あり、好感持てました。中には劇団四季に所属していた人もいて納得です。

原作は読んでないけれど、映画とこのミュージカルが全く違ったテイストになっていたように、原作ともまた違ったテイストになっているかもしれませんが、内容あるものはこうしてたくさんの作品になっていくのだなあと思います。個人的には華やかでおちゃらけたコメディタッチの作品のほうが好きですが、こういうのもたまにはいいなあと思いました。


nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 17

コメント 1

naonao

>nice!をいただき、皆様ありがとうございました。
by naonao (2017-02-03 18:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る