So-net無料ブログ作成

Life! [Sean Penn]

「Life!」を観ました。

LIFE!/ライフ [Blu-ray]

LIFE!/ライフ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



2013年アメリカ映画。ダニー・ケイ主演で映画化した「虹を掴む男」(1947)を、ベン・スティラーの監督・主演でリメイクした映画。原作はジェームズ・サーバーの短編小説。アメリカのグラフ誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター(ベン・スティラー)が、LIFE誌の最終号の表紙を飾る大切な写真がないことに気付き、その写真を撮ったカメラマンのショーン(ショーン・ペン)を探して、グリーンランド、アイスランド、アフガニスタンへと旅をする物語。

この映画を観たいと思っていましたが、観るのが今になってしまいました。素晴らしい映画で良かったです。生きているっていいなあ、と思えました。そして今またすごく海外旅行に出たくなりました。グリーンランド、アイスランド、アフガニスタン(アフガンからヒマラヤに行った設定)の広大な自然が素晴らしかったし、ストーリーも勇気をもらえるものでした。

雑誌Lifeのモットーが「世界を見よう 危険でも立ち向かおう 壁の裏側を覗こう お互いを知ろう そして感じよう」というものらしいのですが、空想癖のあるウォルターは、雁字搦めの現実を空想の中でついつい考える癖を持っています。初めはそれが観ていて一体何が現実で何が空想なのかわからなくなるんじゃないかと危惧して観ていましたが(いきなり彼の空想でビルを飛び降りたり、空中を舞ったりするわけですから…)、物語が進むにつれて現実の中で彼が生きていくようになり、そうした危惧は無用でした。平々凡々な彼の生活は、一枚の写真の紛失=カメラマンを探すということを機に、一変します。ヘリコプターからボートにジャンプし見事海に投げ出されサメに襲われそうになったり、自然の中を自転車で走り、スケボーで走り、シェルパのようなガイドを雇って雪山に登り珍しいヒョウを見たり、空港で捕まり取調室で尋問を受け電話で親しくなっていた出会い系サイトの主催者の人に助けてもらったり…。残りの写真を手掛かりに謎解きをするような感じも面白かったし、カメラマンのショーンが「大切な瞬間はカメラを通してでなく。今を楽しむこと」という言葉もそのシーンも印象に残るシーンでした。久々に観るショーン・ぺーンの演技はやっぱり格好良かった。また何とシャーリー・マクレーンがウォルターのお母さん役で出演しているのも、嬉しかったです。しわしわになっちゃったけど、シャーリー・マクレーンはいつ見てもチャーミングだなあと思います。昔彼女が書いたたくさんの精神世界の本を読んで感化されていたことを思い出します。

ネタバレをしてしまうと、実はウォーターが探し求めた写真はショーンからプレゼントされた財布に入っていて、それを不意に捨ててしまったわけですが、ウォルターのお母さんがちゃんと取っておいてくれてそれが無事最後のLife誌の表紙を飾ります。その写真がまた憎い!泣かせます。Life誌を支えてくれた普通の人々ということで、ウォルターが会社の外に座って仕事をしている写真でした。実際のLife誌を飾った最後の写真がどんなものが気になったので調べたら、実際はサウスダコタ州の公園にあるJFKの銅像の写真でした。この映画と同じだったら夢があったけれどやはり現実は違ってました。

そして会社で知り合ったシェリル(クリステン・ウィグ)ともこれから付き合いが始まることを予感させるところで映画は終わりました。好きな人ができると、ちょっとしたことがその好きな人に見えたりするように、この映画でも空に飛ぶ鳥が気になる彼女の顔に見えたり、いきなり彼女が異国のバーでギター片手に歌ったり、すべては空想の産物ですが、そういうシーンも結構楽しめました。最終的には二人はリストラされてしまったけれど、新たな人生がまた始まるという感じで、観終わって爽快感が残りました。この映画はこの映画で素晴らしかったけれど、スピルバーグ監督やロン・ハワード監督もこの映画を作ろうとしていたらしく、またウォルター役もジム・キャリーの可能性もあったとのこと。それも良かったかもなあと思いました。


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 1

naonao

>nice!をいただき、皆様ありがとうございます。
by naonao (2017-04-08 10:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る