So-net無料ブログ作成
検索選択

シンデレラ イタリア版 [イタリア映画]

「シンデレラ」(イタリア版)を観ました。

シンデレラ ≪2枚組/完全版≫ [DVD]

シンデレラ ≪2枚組/完全版≫ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アメイジングD.C.
  • メディア: DVD

2011年のイタリア作品。イタリア国営放送局製作。原作童話「シンデレラ」を基に、戦後のイタリアを舞台に描く。ピアニストを目指すオーロラ(ヴァネッサ・ヘスラー)は、父が亡くなると生活が一変。ピアノも弾くこともできなくなり、継母が経営し始めるホテルで召使のように働くようになりますが、いつでも夢を諦めずにいます。幼い時出会った隣の名前も知らない男の子に淡い恋心を描き、20歳になって隣の家のパーティーデリバリーで家に出入りするようになると、果たしてその人が恋心を描いてきたその初恋の人だったのか、疑心暗鬼になります。ある日、クーパーという富豪の老女がホテルのスイートルームに無期限で宿泊するようになると、彼女から隣の家の舞踏会の招待状を渡され、彼女の計らいでパーティーに参加することになります。これが前編です。

そして後編は、オーロラはパーティに参加して隣の家の息子セバスチャン(フラヴィオ・ヴァレンティ)の気を引くことになりますが、仮面舞踏会であり、12時まで急いで帰らなければならず、片方の靴を残したままその場を立ち去ります。その後セバスチャンは仕事上の付き合いから会社の令嬢と結婚するように事を進めなければならない状況でしたが、パーティで出会った名も知らぬ女性が忘れられず、靴を手掛かりに女性を探します。そしてオーロラは自分の正体をセバスチャンに明かそうとするもなかなか勇気がなくて明かせず、そのうちセバスチャンは社長令嬢と結婚を発表。一方傷心のオーロラはピアニストの夢を諦めきれずにピアノの学校に入りたいと願い、その試験を受け合格。初の公での演奏会に出席することになりますが、その日は奇しくもセバスチャンが社長令嬢との結婚式の日でありました。二人の運命やいかに!?…。

メチャクチャ素敵な映画でした。もちろん衣装や家、調度品も素敵。10億円を超える総製作費ですから頷けます。また次から次へと話の展開も速くてどんどんこの映画に引き込まれました。何よりオーロラ役のイタリアのスーパーモデルというヴァネッサ・ヘスラーが美しかった!彼女の出演する映画をもっと観たくなりました。そしてシンデレラのストーリーを現代版に仕立てているのも二重丸。王子様は現代の青年実業家で、魔法使いのおばあさんは財産家で実業家。しかもオーロラの実の祖母で亡くなった母を勘当してしまい孫がいることを会うまで知らずにいたという設定。二人の継母の娘たちはオーロラがせっかく自分で縫ったドレスを当日になって引き裂き着れないようにしてしまい、でも祖母がコネですぐにチネチッタ映画撮影所で彼女に合うドレスを見つけ出し、着れるようにしてくれ美しい靴も作ってくれるのです。またかぼちゃの馬車は乗っていた車が途中で故障し、たまたま通りにあった馬車に乗せてもらいことになり馬場に12時まで戻らなければならないという設定でした。

オーロラとセバスチャンの初めての出会いが緑濃い迷路の庭で、しかもオスカー・ワイルドの「幸福の王子」の本(この話個人的に大好きです)をセバスチャンがオーロラに貸してあげてキスして別れるという素敵なものでした。またオーロラは子供の時の夢のピアニストになることを諦めません。そしてセバスチャンも兄の亡きあと自分が父親の期待を一手に背負い実業家になろうと努力しますが、実は空想することが好きで、ものを書くことが好きで、それを大人になってすっかり忘れ、オーロラに再会し何度か会うことで、本当に好きだったことを思い出します。ついには父の期待する人物でなく自分がなりたい本当の自分になるという物語でもありました。

オーロラの弾くショパンの曲も素敵でしたし、オーロラとセバスチャンの二人がスクーターに乗ってローマの街をデートするシーンが「ローマの休日」を彷彿とさせるのも素敵でした。もちろん仮面舞踏会の華やかなパーティーも。そして極めつけは花婿(セバスチャン)が結婚式当日ドタキャンして花嫁を泣かせ、本当に好きな人(オーロラ)の元に走り、自分の生き方を選んだこと。それとこじれかけた祖母と孫の関係が最終的にはこちらも修復しますが、関係がぎくしゃくしてた時に祖母が孫(オーロラ)に「許してくれなくてもいい。でも私はあなたに幸せになってもらいたい」という言葉にはグッときました。

良くできていました。難を言えばセバスチャンのちょっと優柔不断さにイラッと来ましたが、まあそれでも素敵なハッピーエンドストーリーで、安定感のあるいい映画でした。時間を置いてもう一度観たいくらいに良かったです。

驚いたのは「大聖堂」に出ていたエディ・レッドメインが演じるジャックの母親エレンを演じてたナタリア・ヴォルナーが今回のこの映画では継母役ですごくはまっていたこと。どこかで観たことある顔と思っていて「大聖堂」に出ていたと思い出せてすっきりしました。こういうのも楽しかったです。

夢がある女性好みの物語でした。


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 1

naonao

>niceをいただき、皆様ありがとうございます。
by naonao (2017-04-16 17:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る