So-net無料ブログ作成
検索選択

ビフォア・サンセット [アメリカ映画 ドラマ]

「ビフォア・サンセット」を観ました。



ビフォア・サンセット [DVD]

ビフォア・サンセット [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



2004年のアメリカ映画。1995年の「ビフォア・サンライズ 恋人たちの距離(ディスタンス)」の続編。その9年後を描く。ヨーロッパの長距離電車で知り合い、ウィーンで下車して朝まで一緒に街を歩き回った二人。そしてその半年後に再び会う約束をした二人。一体その後どうなったのか?半年後の約束は果たして果たせたのか?


ジェシー(イーサン・フォーク)はセリーヌ(ジュリー・デルピー)との出会いを描いた本を出版し、作家としてパリを訪れ、書店でイベントに出席します。その会場にセリーヌが現れ、9年ぶりの再会を果たすのです。祖母が約束の日に亡くなり、約束のウィーンに行けなかったセリーヌ。そして約束通り行ったジェシー。二人は電話も住所も苗字も聞かないで別れたばかりに、丸々この9年間は会えずじまいでした。


そして今や結婚し息子ができ、作家として生きているジェシー。また戦争写真家の彼を持ちほとんど家に戻らない彼を待ち、環境問題に取り組む仕事をしているセリーヌ。二人は話すうち同じ時期をニューヨークで過ごしていて、すれ違っていた可能性が高いことを知ります。そしてお互いがそれぞれ幸せでないことを知っていきます。


前作でも二人の息はピッタリでしたが、この作品でも二人の息は本当にピッタリでした。次から次へと話が止めどなく時には冗談めかし、笑い、時にはしんみりと涙が出そうになったりと。本当に自然で、全然演じてるという感じがなくて。ただ前作より9年の年月が経った分だけ人生が進んでもっと深みや重みが出て、勿論二人もそれなりに老けたけれど、それがとってもいい感じに熟成されていて。二人に残されたジェシーが出発する夕暮れまでのたった85分間、リアルタイムにパリの街を廻り、そして最後は「飛行機に乗り遅れるわよ」とセリーヌがジェシーに言って映画が終わってしまうので、その後の二人の行方がまたもや気になりました。ウィーンをパリに舞台を移しても、そして限定された時間内というやはり同じような条件での二人の話はつきませんでした。会ってから半年後にちゃんと再会できていたらきっと違った人生があり、また電話番号を交換でもしてたらきっと違った人生があったはずなのに、それをいっても詮無いけれどそれができていなかった2人の人生が切なくて、胸が痛かったです。あの時ああしていれば、こうしていれば、こうなっていたら、ということが、本当に切ないですね。


素敵な恋愛映画で、続編も観れて良かったです。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 1

naonao

>nice!をいただき、皆様ありがとうございます。
by naonao (2017-04-29 10:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る