So-net無料ブログ作成
検索選択

50年後のボクたちは [ドイツ映画]

東京ドイツ文化センターで「50年後のボクたちは」を観てきました。


公式映画サイト:http://www.bitters.co.jp/50nengo/





ドイツ国内で220万以上を売り上げ、26か国で翻訳されているなった小説「14歳、ぼくらの疾走」が原作。様々な賞を総なめにし、舞台も大人気になった作品を映画化。14歳のマイクと風変わりな転校生チックの夏休みの冒険物語。ロードムービーです。


マイク(トリスタン・ゲーベル)はクラスではみ出し者。父は浮気をし、母はアル中。好きなタチアナには見向きもされず、誕生会にも招待されず。そんな時、一風変わったチック(アナンド・バドビレグ・チョローンバードル)がロシアから転校してくる。夏休みに二人は急激に仲を縮め、チックが調達してきた車でチックの祖父が住むワラキアという街へ行くことになるのですが…。


風力発電の下に寝袋を敷きたくさんの星を見ながら寝たり、トウモロコシ畑に車が突っ込みあとからグーグルで見てわかるようにとtschick(チック)とスペルを綴り、スピードを出し過ぎて放牧している牛に取り囲まれる場所に出て牧場主に怒られたり。子だくさんの農家で食事をご馳走になりすいかまで頂き、警察官に未成年が運転しているのがバレて追いかけられるもマイクとチックが離れ離れとなり、また元の安全な風力発電のある場所へと戻り見事二人が再会したり。ガソリンが無くなりガソリンが未成年で買えないので停車してる車からガソリンを盗もうとホースを探しているときに、イザ(メルセデス・ミュラー)と出会い、マイクは淡い恋を経験したりと、本当に大冒険でした。最後は交通事故まで起こしてしまって、その後始末が大変だったと思いますが、こういう体験は本当に貴重で一生の財産だなあと思いました。


「2人に誰よりも会いたい」とマイクはその冒険を終えて思います。そして見晴らしのいい場所で50年後の何月何日にその場所での再会を約束しています。その後50年の月日が過ぎ、64歳になって出会う彼らは一体どんな人生を送っているのでしょうか。仲良くなって別れがたい人と出会った時、こんな約束を取り付けられたらどんなに素敵でしょう。そんな約束ができる彼らがちょぴり羨ましくも思えたロードムービーでした。


近くでドイツ人女性二人が鑑賞していたのですが、笑うポイントがずれていたのが何とも印象的でした。アメリカ人とかイギリス人、インド人、タイ人、ネパール人などともやはりちょっと見てる場所が違う、笑いのポイントも違うなあと感じたことがありますが、今回もそう思いました。

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る