So-net無料ブログ作成

今夜、ロマンス劇場で [綾瀬はるか]

よみうりホールで「今夜、ロマンス劇場で」を観てきました。


 




モノクロ映画の中の気の強いお姫様(綾瀬はるか)と映画監督を目指す青年(坂口健太郎)のファンタジーラブストーリー。


毎日毎日来る日も来る日も映画の中のお姫様に恋して同じ映画を繰り返して観ている映画監督の卵の健司。すると、ある日突然そのお姫様が現実世界に飛び出してきた!モノクロの世界で生きていたお姫様美雪に、カラフルな世界を案内する健司。二人の同居が始まって、色んな場所へと美しいものを見に行く。二人はお互い惹かれあうが、一緒になるにはある難題が。お姫様美雪にはある秘密があって、すんなりとは幸せには至らない。そして昭和35年のロマンス劇場ではボギーとイングリット・バーグマンの「カサブランカ」を見ながら、お姫様の美雪は涙を流していた…。


昭和の映画館や映画の撮影所の雰囲気は、何だか心が和みました。映画館が舞台でフィルムを観るという設定が私の大好きなイタリア映画「ニューシネマ・パラダイス」を思い出させたし、綾瀬はるかのお姫様姿が、「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーンを思い出させました。また気の強いお姫様ということでは、松潤と長澤まさみが出た「隠し砦の三悪人」(もともとは黒沢映画です)のお姫様を思い出し、何だか楽しくなりました。

また映画館の可愛いカラフルな色使い、雨の中の草の強い緑色、そのあとの大空にかかる虹の七色、藤棚の藤色、河辺の蛍の黄金色、またお姫様が着るドレスの白、ブルー、モスグリーン、エンジ、黒、クリーム、赤など、モノクロな世界から出てきたお姫様が色に感動しているシーンで余計に色を意識したせいか、この映画では色がとってもきれいだなあと思いました。お姫様の美雪が着ていた服もどれも素敵でした。


たぶん、この映画は多くの女性が好きな映画だろうな、と思いました。前半は気の強いお姫様と気の弱い青年のやり取りにくすくす笑い、そして後半は胸が一杯になるシーンがあって、会場内でもあちこちたくさんの人が涙していました。ファンタジーでふわっとした映画にしていますが、究極の愛みたいなものがこの映画にはありました。もう一度観てもいいなあと思えた映画でした。


また「映画は人々を楽しむために作られているけれど、そのほとんどが忘れられてしまう」という言葉や、チャップリンが言ったという「もし本当のロマンスとめぐり逢えたら、きっとこの世界も 映画みたいに輝いて見える」という言葉、健司が美雪に言った「あなたでないと意味がないんです」といった言葉に胸を打たれました。バレンタインにお勧め映画です。



今夜、ロマンス劇場で (集英社文庫)

今夜、ロマンス劇場で (集英社文庫)

  • 作者: 宇山 佳佑
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/12/14
  • メディア: 文庫

nice!(17)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

nice! 17

コメント 1

naonao

>nice!をいただき、皆様ありがとうございます。
by naonao (2018-02-10 17:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る