So-net無料ブログ作成

ヒアアフター [クリント・イーストウッド]

「ヒアアフター」を観ました。

ヒア アフター [Blu-ray]

ヒア アフター [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



2010年アメリカ映画。2011年3月11日の東日本大震災を受けて、津波のシーンがあることなどから日本では上映を中止した映画。イーストウッド監督作品。

フランス人のジャーナリスト、マリー(セシル・ドゥ・フランス)は休暇中津波に巻き込まれて臨死体験をし、その体験を本にまとめることにする。またイギリスの少年マーカスは、薬物中毒の母から離れて里親に出され、また双子の兄の急死を受け止めきれずにいた。サンフランシスコに住むアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)はかつて霊能者として死んだ人のメッセージを伝える仕事をしていたが、その能力が呪われていると言って毛嫌いし別の仕事を始めていた。この3人がロンドンで出会い、いい方向へと導かれていく。

ヘアアフター=来世の話の映画です。私は来世も信じているし、臨死体験も信じているので(立花隆やキューブラー・ロスの本なんかがとっても強烈でよく覚えています)この映画はすんなりと受け入れることができました。でもこの手の話が苦手な人にはこの映画の評価は低いでしょう。私はこの手の話が結構好きなので、いい映画だなと思えました。

マリーが臨死体験したその事実をフランスのジャーナリスト仲間では認めてくれないし、ただ本にしたときにはそれをわかってくれる人たちがいて、導かれるようにロンドンで霊能者のジョージと出会い、ジョージは二人の近未来までも見てこれから二人の未来が始まるという終わり方が素敵だったし、家庭環境に恵まれない上、双子の兄まで亡くしてしまったマーカスが亡くなった兄ともう一度話したいと願い、最後に霊能者のジョージと出会えて兄の話を聞けたのも、映画を観ていてそうなるべくしてなったのだろうなあと思わず思ってしまいました。求めていれば求まるし、すべてはいい方向に向かっているんだろうなあと改めてこの映画から学んだ感じです。

来世のことを考えれば今生をまたよりよく生きられると思います。死は決して恐ろしいものではないし、魂は永遠と考えたほうが、いろんなことが辻褄が合う。私がインドに行ったときに考えさせられたことは、まさにこのことでした。昔は死後の世界や臨死体験、生まれ変わりの子供の話やアカシックレコードのことなど、すごく興味を持っていろんな本を読んでました。でも今は全然読んでません。この映画がすんなり受け入れられるのもその時の読書とインドに行っていろいろ考えたことが大きいなあと思います。この映画を今またこのときに観ることができて、よかったなあと思いました。イーストウッドがこんな映画を作ったなんて驚きです。そしてこの映画の収益の一部が東日本大震災の被災者への寄付金にもなっているなんて、何だかちょっと不思議な感じがします。


nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る