So-net無料ブログ作成

カプチーノはお熱いうちに [イタリア映画]

「カプチノーはお熱いうちに」を観ました。

カプチーノはお熱いうちに [DVD]

カプチーノはお熱いうちに [DVD]

  • 出版社/メーカー: オデッサ・エンタテインメント
  • メディア: DVD


2014年のイタリア映画。イタリア本国では大ヒットし、イタリア・アカデミー賞に全11部門にノミネートされた人気の作品。

カフェで働くエレナ(カシア・スムートニアック)は生き方も性格も全く違うアントニオ(フランチェスコ・アルカ)と出会い、恋に落ちる。13年後親友でゲイのファビオ(フィリッポ・シッキターノ)と共にカフェのオーナーとなって成功を収めてもいたが、乳がんの告知を受け、その治療の日々が始まる。

軽い気持ちで観始めました。内容を確かめず初めは軽いラブストーリーかなあと思って観てましたが、いきなり13年後に舞台が映り、そこからエレナとファビオがカフェを開いて成功を収め、またエレナとアントニオが結婚して二人の子供がいる家族になっていることがわかります。そして浮気を続けている夫アントニオとすれ違う倦怠期の夫婦が描かれます。しかし、そんなとき妻のエレナに乳がんが見つかるのです。それまでの軽いタッチの映画から一気にシリアスになり、まるで同じ映画とは思えない作りになっていました。その落差に最初はかなり戸惑いましたが、ラストに向かってかなり良かったです。最後は若き時の二人の様子が映し出され、海にデートに行ってバイクがぶつかりそうになった車が実は未来の自分たちであったり、またシルビアという親友の彼であったアントニオと恋に落ちたエレナはシルビアに謝るためにカフェに会いに出かけるのですが、実はシルビアもまたエレナの彼と恋に落ち、それを泣いて謝るという笑えるエピソードを混ぜたり、最後にエレナは亡くなってしまうのでしょうが、若き日々の輝かしい日々を見せることで、そしてそれは映画の前半では見せていなかったエピソードとして、とっても素敵な映画になっていました。人生はいいものだなあと思え、イタリアで大ヒットしたという理由がとってもよくわかりました。

エレナが病気になってから出会った、同じ病室の女性とのやり取りも微笑ましかったし、今は亡きエレナの弟と関係があったファビオが今はエレナの親友になっていて、病室にいる彼女と離れていても携帯でゲームをしていたり、またもう先のないエレナが見た未来が、夫が浮気をしていた理容店の女性と結婚して子供が生まれ、その子供に自分の名前エレナをつけているものでそれをエレナ本人が嫌がり、また母親が叔母さんと仲たがいしていることでさえ、すべてのエピソードが愛すべきものになっていました。

編集の仕方、見せ方ひとつでこんなにも気分よく映画を観終えられるのは「ワンディ 23年のラブストーリー」と似ています。人が亡くなってしまったところで終わってしまったら、未来に光も希望もないけれど、若き日の輝かしい日々を見せて終えれば、観ているこちらには素敵な余韻が残ります。「ワンディ~」同様、生きることの素晴らしさ、どんな楽しいことも酷いことも、何だかすべてが愛おしいと思えました。いい映画でした。

余談:エレナを演じたカシア・スムートニアックは一か月で8キロの減量、またアントニオを演じたフランチェスコ・アルカは一か月で13キロの増量をそれぞれ役のために行ったとのこと。デニーロやレネー・ゼルウィガー顔負けだなあと思いました。


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る