So-net無料ブログ作成

ゴールド 金塊の行方 [アメリカ映画 ドラマ]

「ゴールド 金塊の行方」を一ツ橋ホールで観てきました。




映画公式サイト:http://www.gold-movie.jp/


マシュー・マコノヒ―が製作にも関わり、主演を務める。1990年代のアメリカ株式市場に大混乱をもたらした実際にあった事件を映画化。親から引き継いだ鉱山事業会社は傾き、再起を願い地質学者マイケルと手を組み、一獲千金を狙ってインドネシアの山奥で金を掘り始めるケニー。お金の奔走に走り、マラリアに罹り、一命を留め、見事金脈を当て、一夜にして時の人となる。傾きかけた会社は見事復活。株価は上昇し、ニューヨークの会社からパートナーにならないかと誘われ、手を打つ。そこからまた二転三転、色んなことが起き、浮き沈みの激しい人生を送るケニー。そして170億ドル近い金塊が行方不明となる。一体どこへ消えたのか?ハラハラドキドキさせ、あっという間の2時間でした。


マシュー・マコノヒーというと軽い感じのラブコメにたくさん出ていた気がするのですが、「ダラス・バイヤーズクラブ」でアカデミー賞主演男優賞を獲ってから役者魂を感じさせるような路線の映画にいつの間にか出るようになっていたのね、という感じ。「ダラス~」では20キロの減量をしたのが話題になっていましたが、今回は逆に20キロの増量をしたというのだから、すごい。まるでデ・ニーロ。頭は禿げて、お腹が出て、でも人一倍野心に燃える探鉱家を見事に演じていました。


物語はジェットコースターのように上に昇っては下がり、下がっては昇るを何度も繰り返し。その揺さぶりが半端ない。そしてそれが何とも楽しかったのですが、ウォール街の巨大投資会社はフォード大統領とも繋がり、後ろでスハルト大統領とも繋がってインドネシアの軍をも動かし、ケニーの会社ワショー社から根こそぎすべてを持って行こうとするその卑劣さにも目を奪われました。ハゲタカ、まさにそんな感じだなあと。こういう会社は怖いなあと思いました。そして、ケニーは最初どん底の時に見た夢が、インドネシアの奥地に行って「まさにここの夢を見た」という場所に行くことになるのですが、人生にはこういうことがやはりあるものだなあと何か楽しくなりました。私自身も正夢のような夢をたくさん見てるので。そしてケニーのタフさ、機転の利き方に脱帽しました。失敗しても何度も何度もチャレンジするそのタフさ。投資会社に負けじとスハルト大統領の息子に接近し、彼に認められるために虎の頭をなで、彼の会社の取り分をたった15パーセントにし(スハルト大統領の息子の会社に85パーセントの権利を譲ることで花を持たせ)自分の会社独占にして利益を再びもたらす。中々の策略家でもあるのです。


そして物語の終盤、最も驚いたのは掘っていた金が実は品質がちゃんとしたものではなく、調査していた段階でサンプルにさらに金を振って金の品質をわざと良く見せていたということ。そのため会社の株は大暴落。ケニーはそのことを初めから知っていたのではないかとFBIの捜査を受けることになります。そして信頼していた地質学者のマイケルがいち早く会社の株を売り抜けており、そしていなくなり、170億ドルもの大金も無くなっていたと。しかしFBIの話ではマイケルがどうやらインドネシアの軍のヘリに乗せられてそこから飛び降り、命を絶ち、彼の死体らしきものも発見されたらしいということ。ケニーは大の親友でもあり、仕事仲間であったマイケルに裏切られ、そして亡くなったと知って意気消沈です。FBIの捜査でケニーに容疑はないと判明し釈放されると、ケニーは別れた元妻の家を訪ねます。そこでケニー宛ての手紙が渡されます。その手紙には…。

結構ネタバレしてますが、まだまだ続き、最後の最後でもまたも驚かされます。本当にいろいろあって、最後まで見逃せない面白い映画でした。これが、真実に基づいて描かれているなんて。事実は小説より奇なり、を地で行くお話。楽しかったです。


nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シェフ 三ツ星フードトラック始めました [アメリカ映画 ドラマ]

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」を観ました。


シェフ 三ツ星フードトラック始めました [SPE BEST] [Blu-ray]

シェフ 三ツ星フードトラック始めました [SPE BEST] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray







2013年のアメリカ映画。ジョン・ファブローが製作、監督、脚本、主演。


多くの人が絶賛していて、ロッテン・トマトでも86点の高スコアなので期待してみました。ちょっと笑わせてくれてロードムービーにもなっていて、おいしそうな食べ物や、ラテンのノリ、家族の物語にもなっていて結構楽しめました。


一流レストランの料理人カール(ジョン・ファブロー)は経営者(ダスティン・ホフマン)と対立。そのためレストラン評論家の酷評にさらされ、ついにはその評論家とのやりとりをツイッターしたものだからそれが拡散し、ついにはけんかまでがインターネット上をにぎわす騒ぎとなります。

カールは、離婚した元妻(ソフィア・ベルガラ)の提案を受けて、子供との時間を持つためにともにマイアミへ行くことに。そこで元妻やその元夫(ロバート・ダウニー・Jr)の支援を受けつつ、フードトラックでキューバのサンドウィッチを売ることを決意。子供の夏休みを利用して助手のマーティンも加わり、全米の都市を回ってサンドウィッチを売ります。子供がどんどんツイッターするので、行くとこ行くとこ大勢の人だかりでフードトラックは大盛況。そしてそこにかつて大喧嘩した評論家が現れ、素敵な申し出が…。そして離婚した元妻とも復縁。飛びっきりハッピーなエンディングに観ているこちらもにっこりです。


中南米を旅行していたときにたくさん街中で聞いたラテンポップスやおいしい食べ物を思い出し、キューバには行ったことがないけれどキューバ料理とやらも食べてみたくなりました。それにしてもロッテン・トマトの評価は結構正しく評価されているなあといつも思ってしまいます。高評価された作品にはずれはないです。




nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マリーゴールド・ホテルで会いましょう [イギリス映画]

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」を観ました。



マリーゴールド・ホテルで会いましょう [Blu-ray]

マリーゴールド・ホテルで会いましょう [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray






2013年のイギリス・アメリカ・UAE映画。イギリスからインドのジャイプールにやってきた年配の7人。様々な事情を抱えつつ、人生を前に進めていく物語。ジュディ・ディンチ主演。


イヴリン(ジュディ・ディンチ)は夫を亡くし、夫の借金を返済するため家を売却してインドに来て、インドで初めて仕事をしつつ、インドでの第二の人生を送ることにする。いつも文句ばかり言っている妻を持つダグラス(ビル・ナイ)は、退職金を娘の事業につぎ込み老後の計画が狂い、妻と共にインドへ。妻の文句に閉口しつつ徐々にイヴリンに心惹かれていく。また判事であったグレアム(トム・ウィルキンソン)は大学進学まで過ごしたインドでかつてゲイの恋人と強制的に離され、その後もずっと彼に会いたいと思い続けていた。そしてそのかつての恋人を探し再会を遂げると、安心したのか心臓発作を起こしインドの地で亡くなる。

また足の手術を早急に安くするためにインドに来たミュリエル(マギー・スミス)はかつてメイドであったがお払い箱にされ、人生の目的を失っていた。しかし、泊まったマリーゴールド・ホテルの再建を支援する目的を見出していく…。他にも女たらしの男性やら金持ちの男性を見つけるためにインドにやってきた女性など、事情は様々。またマリーゴールド・ホテルの経営の行方と、そのホテルの支配人のソニー(デーブ・パテール)とそのガールフレンドのステイナ(ティナ・デサイ)の恋愛も絡め、老いも若きもいくつになっても色んなことを抱えながら人間は生きていかねばならないんだなあと思いました。生きている限り、悩みがあり、これでいいという時がないのかもしれません。


かつて行ったことのあるインドのジャイプールやウダイプール。インドの喧騒や風、匂い、暑さや音楽、食べ物、トゥクトゥク(乗り物)、街並み、人々…といろいろ思い出されて懐かしい気持ちで観ました。やっぱりインドは好きだなあ。またいつかインドに行きたい。インドを舞台にした映画を観るとすぐ心はインドに飛んでしまいます…。インドに小旅行した気分になれる映画で、お勧めです。



nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 [Eddie Redmayne]


「ファンタスティク・ビーストと魔法使いの旅」を観ました。



ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


ハリーポッターのスピンオフ作品。魔法使いのニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)はニューヨークに立ち寄ると、たくさんの世界中の魔法動物の入ったトランクをノー・マジ(人間)のトランクと間違えてしまう。するとトランクに入った動物たちが逃げ出し、ニューヨーク中がパニックに…。


エディ・レッドメインが出演決まって撮影をしているころから、この作品は知っていました。そしてエディが主演なので観たいと思っていましたが、何せ子供映画という感じなので大手振っては映画館で観る気分にはなれず、DVDになるのをひたすら待っていました。観終わった感想は確かに夢があり、なかなか楽しかった。出てきたいろんな動物たちも愛嬌あって(特に光るものに目がないモグラみたいなニフラー、木の根っこみたいでニートのポケットにいつも収まって、闇の取引で売り飛ばされそうになるボウトラックルが印象的で、可愛らしかった)。でもSFXなどの特殊撮影が満載で、そういった映像が私自身あまり好きでなく、内容的にはちょっと薄っぺらなところもあり、やはり子供向けなのかなあと思いました。大人を満足させるには今一つだったかも。でも脇を固めるノー・マジ、ジェイコブ役のダン・フォグラーと、魔法世界の取締官ティナ役のキャサリン・ウォーターストーン、そしてその妹のクイニ―役の魔法使いアリソン・スドルがとってもチャーミングなのは良かったし、主役のエディは動物たちをこよなく愛して若き動物学者をうまく演じていたのは良かったですが。


そして子供を虐待している悪の権化のような魔法使いのコリン・ファレルの正体が最後に明かされるのですが、それが何とジョニー・デップというサプライズは楽しかったです。いわゆるカメオ出演はいつでも楽しいですね。最後はノー・マジの記憶をすべて無くし、スーツケースにパン屋を開くための資金をたくさん詰め込んでまたスーツケースをすり替えて、本来パン屋を開きたいと言っていたノー・マジのジェイコブの夢を叶え、ちょっと恋仲になっていたジェイコブとクイニ―がまた再会するというところで終わっていたのも粋でした。


まあ何だかんだと言っても、観れて楽しかったかな。エディ・レッドメインが出ていなければ観なかっただろうけど、まあ良かったです。




nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る