So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

しあわせはどこにある [イギリス映画]

「しあわせはどこにある」を観ました。


しあわせはどこにある [Blu-ray]

しあわせはどこにある [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray

2014年イギリス映画。フランス人の精神科医フランソワ・ルロールの著作「幸福はどこにある~精神科医ヘクトールの旅」が原作。何不自由なく生きてい入る精神科医のヘクタールは、ある時「しあわせと何か」と疑問を抱きます。恋人クララと一時的に離れ、精神科医の仕事も休み、上海、チベット、アフリカ、ロサンゼルスと旅の駒を進めます。そんな中様々な経験をして、幸せとはどんなことかを探ってノートに書き留め、自分の幸せを見出していくのです。


飛行機の中で出会った大金持ちの招待で中国ではディスコで会った中国の若い女性と恋に落ちそうになったり、チベットではスカイプを使ってるラマ僧に会ったり、またアフリカでは学生時代の親友マイケルに会い一緒に人々の治療にあたったり。またそこで裏世界の大物に会いペンを借りっぱなしにしていたことが幸いし、後に誘拐され匿われたときに解放してもらえることになったり。そして最後の地ロスでは学生時代の恋人であったアグネスと会い、幸せを研究する学者の講義を一緒に聞きに行き、頭にヘッドギアをつけて幸せの状態を診るのでした。


日常生活から非日常の世界、旅へ。この映画はジュリア・ロバーツ主演の「食べて、祈って、恋をして」やベン・スティラー主演の「Life!」を思い出させてくれる映画でした。旅している場所も違うし、目的も違うし、映画のテイストも違うのですが、共通して言えるのはどの映画にも出てくる旅の出来事は、こういうことはあるな、と思えることでした。日常生活と同じで旅先であれども、いいことも悪いことも色々あるし、でもそれがまた楽しいのだと。そして人は自分が一番納得できる地点にたどり着き、また新たなスタートを切るのです。旅はいいなあと思わせてくれる映画にまた出会えました。


「スター・トレック」シリーズのサイモン・ぺグ、「ゴーンガール」に出ていたロザムンド・パイクが出演してます。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

最強のふたり [フランス映画]

「最強のふたり」を観ました。


最強のふたり スペシャル・プライス [Blu-ray]

最強のふたり スペシャル・プライス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフト
  • メディア: Blu-ray








2011年のフランス映画。セザール賞主演男優賞(オマール・シー)受賞、リュミエール賞最優秀男優賞受賞、グローブ・ドゥ・クリスタル賞最優秀作品賞、最優秀男優賞受賞、フランス映画祭観客賞受賞、東京映画祭東京サクラグランプリ、最優秀男優賞(オマール・シー、フランソワ・クルゼ)受賞、日本アカデミー賞最優秀外国作品賞受賞。


重度の障害を持つフィリップ(フランソワ・クルゼ)とスラム街に住む無職のドリス(オマール・シー)の真実に基づく物語。同情されることにうんざりしていた障害者のフィリップは、自分の介護人に不作法で本音で生きるドリスを雇うことになる。雇ってみると思いのほか二人の相性が良く、フィリップにとってドリスはなくてはならない存在に。二人の世界はまるっきり違うがそれがまたお互いに新鮮で、絶えず笑いが絶えない生活になっていく…。


この映画の評判は知っていましたが、観る機会を失っていました。やっと観れて良かったです。フランスではこの年の観客動員数の1位の作品。日本でもフランス映画ではずっと1位だった「アメリ」を抜き、この映画が見事1位に。それだけ人気の高さを伺えます。


障害者とそれを看護する人の物語ですが、全然暗さがなく看護するドリスが陽気なので、その陽気さが映画に出ています。そしてドリスは障害者に対して何の偏見もなく障害者のフィリップにも普通に接するため、それが二人の関係をフィフティフィフティにして観ているこちらも気分いいです。アースウィンド&ファイアーのセプテンバーとかブギーワンダーランドなど、何だかとってもノリが良くてそして懐かしかったです。

評価の高い映画であることが、とっても良くわかる映画でした。観れて良かったです。

nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ
メッセージを送る