So-net無料ブログ作成
検索選択
Eddie Redmayne ブログトップ
前の5件 | -

エリザベス:ゴールデンエイジ [Eddie Redmayne]

「エリザベス:ゴールデンエイジ」を観ました。

エリザベス:ゴールデン・エイジ [DVD]

エリザベス:ゴールデン・エイジ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD

2007年のイギリス映画で1998年製作された「エリザベス」のその後を同じスタッフとキャストで描く。アカデミー賞衣装デザイン賞受賞作品。エディ・レッドメイン観たさに、また「ブーリン家の姉妹」で描かれていたアン・ブーリンの子供エリザベス1世が描かれているため、続いてこちらを鑑賞してみました。女王には女王の苦悩がたくさんあり、人間はどんな立場にあっても大変なのだなあと思えました。スコットランド女王のメアリーステュアートがイングランドの王位継承を狙い、またスペインのフェリペ2世もイングランド制圧を虎視眈々と狙い、ついにはスペイン無敵艦隊で攻めてくる。その間、新世界を見てきた船乗りのローリーとの束の間の恋、そして傷心…。イギリスの女王ながらの苦労がわかる作品になっていました。スペイン人がたくさん出てくるので英語のほかたくさんのスペイン語も映画の中では使われていました。

エリザベス1世にケイト・ブランシェット、船乗りローリーにクレイヴ・オーエン、側近のフランシスにジェフリー・ラッシュ、侍女のベスにアビー・コーニッシュ、お目当てのエディ・レッドメインはスコットランド女王メアリーステュアートに仕えエリザベス1世の暗殺を試みたものの失敗した若者バビントンという役でした。

この時代の華やかな宮廷の衣装が素敵でした。今も残る肖像画の衣装そのままの衣装で、本当に素敵でした。世界をスペインが牛耳っていた時代。そしてイギリスがそのスペインを倒しイギリスが今度は輝かしい時代に突入するその切り替わる時代。この時代こそがこのエリザベス1世の時代、イギリスにとってのゴールデンエイジでした。政務に忙しいエリザベス1世に、ローリーとの淡い恋愛があり、でもそれは決して叶うことはなく、一生独身で終わった彼女の生涯。たくさんの求婚があったにも関わらずすべてを断り、政務に没頭しました。一番のお気に入りの侍女ベスがローリーと密かに結婚し、侍女ベスがローリーの子供を身ごもったことが分かると、エリザベス1世はベスを解任し、ローリーを牢屋に入れたのでした。

新大陸に行ったローリーがイギリスに持ち帰ったものに、ジャガイモ、たばこが紹介され、女王の前にはたくさんの当時としては珍しい動物がやってきたり、大道芸を披露するエンターテナーの人たちがやって来ました。古今東西の珍しいものが一同に集まりそれはそれは当時としたら華やかで楽しかっただろうなあと思います。

映画で歴史を観て学ぶのも悪くないなと思いました。ちょっといろいろ観てみようかなと思いました。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブーリン家の姉妹 [Eddie Redmayne]

「ブーリン家の姉妹」を観ました。

ブーリン家の姉妹 Blu-ray

ブーリン家の姉妹 Blu-ray

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray

BBCのSherlockを観て、ベネディクト・カンバーバッチのファンになったとき、彼がこの作品に出ているということで、以前一度チェックしている作品でもありますが、エディ・レッドメインが出ているのでもう一度観直したいとずっと思っていました。そして今回はエディの演技に注目しつつ、そしてレビューも書いてなかったのでこの機会にまとめてみようと思ったわけです。カンバーバッチよりもエディのほうがたくさん出番があり、さりげなく素敵な役を演じていて、カンバーバッチのにわかファンのときにはカンバーバッチが出番も少なくあまりいい役でなかったので残念な感じでしたが、エディのファンとなった今となってはこの映画は嬉しい作品でした。

2008年のイギリス映画。16世紀のイギリスを舞台にヘンリー8世の寵愛を受けるアンとメアリー姉妹の歴史劇で、フィリッパ・グレゴリーの同名小説を原作。史実とは異なる内容になっていると評判が当時からあった映画です。アンにナタリー・ポートマン、メアリーにスカーレット・ヨハンソン、ヘンリー8世にエリック・バナ、メアリーと最初に結婚したウィリアム・ケリーにベネディクト・カンバーバッチ、メアリーと最後に結婚したスタッフォードにエディ・レッドメイン、姉妹の父トーマス・ブーリンにマーク・ライランス。以前観た時には、「きみがぼくを見つけた日」に出ていたエリック・バナとか、「ブリッジ・オブ・スパイ」でアカデミー助演男優賞を獲ったマーク・ライランスとか全く知らなかったので、時間を置いてみてチェックするのもそれなりに得るものがあるなあと思いました。

また史実に異なるといっても、その時代の装飾品、衣装などはそれなりに鑑定しているでしょうし、また魔女狩りの時代であり、ローマ・カトリック教会と対立し破門に遭い、ヘンリー8世の時代にローマ・カトリック教会からイングランド国教会を分離したことや、トマス・クロムウェルが出てくるところなど、多少はこの映画によって学び直せるので、やはり映画はいいなあと思ったのでした。この時代の衣装も素敵だったし。

優しくて一歩引いていて田舎ののんびりした生活を望むメアリーとは対照的で、野心家で頭が切れ華やかな生き方を望む小悪魔的なアンの対比が面白かったです。そして嫡男が生まれないからと愛人を作るヘンリー8世の節操のなさ。メアリーが気に行ったからといって、結婚しているメアリーを愛人にしてしまい残ったそのメアリーの夫(カンバーバッチが演じた)は本当にどうしたらいいのでしょう?と身も蓋もなく気の毒でした。昔はどの王も殿様も嫡男のためにそうだったのでしょうが、嫡男を生む生まないでどれほどのお妃方や女性、そしてその夫たちまでも苦しみ、大変な思いをしてきたのか、そこにはドロドロとした愛憎劇が渦巻いていただろうなあと思いました。この映画では、王妃とブーリン家の姉妹のアンとメアリーの相互の憎しみ合いが映されていました。またアンは世継ぎを生みたいがために弟との近親相姦にまで手を染めようとし、結局その疑いは裁判で有罪。民衆の前で首をはねられるという悲しいことになるのでした。アンを演じたナタリー・ポートマンの演技が実に見事な映画でした。「ブラック・スワン」に通じる彼女の演技力がここにもあるなあと思いました。また肝心のエディはいい役どころでした。ブーリン家に、特にメアリーの世話などもして仕えたあと華やかな生活からは離れ、離れる時にメアリーに良かったら自分がこれから行く田舎へ来ないかと誘うのです。最後はメアリーも彼のもとに行って幸せな生活を送っているような感じでそれだけが救いでした。メアリーはヘンリー8世の寵愛を受けて男子を生みながら生んだ時にはすでに王の関心は彼女になく、彼女の姉のアンに関心が向いていたのですからひどいものです。そしていつでも野心家の姉にいろいろ憎まれていました。どんなに姉に憎まれてもそれでも最後の最後まで姉を救おうとする健気で性格のいい妹メアリーは、彼女だけがブーリン家にあって幸せをつかんだ人でした。

ヘンリー8世とアン・ブーリンを描いた映画は「わが命つきるとも」(1966年)「1000日のアン」(1969年)にも描かれているようで、機会があったらこちらも観てみたいと思いました。またヘンリー8世とアン・ブーリンの子供エリザベス1世の映画はたくさんあり、その中でも「エリザベス ゴールデンエイジ」はエディ・レッドメインも出ていてまだ観てないのでこれも観たいと思いました。


nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

リリーのすべて [Eddie Redmayne]

「リリーのすべて」を観ました。

ポスター画像

映画公式サイト:http://lili-movie.jp/

トム・フーパー監督作品。エディ・レッドメイン主演。アリシア・ヴィキャンデルはアカデミー賞助演女優賞を受賞。性同一性障害に苦しみ、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を描いた伝記ドラマ。1920年代デンマーク、コペンハーゲンで暮らしていた風景画家のアイナー(エディ・レッドメイン)はその妻で肖像画家のゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に頼まれ、女性モデルの代役を引き受けることに。そこからアイナーは自分の内にある女性性に気づき、アイナーからリリーとして過ごすことが多くなると、世界で初めての性別適合手術を2回受けることを決心する…。

エディ・レッドメイン主演なので観なくては!と思って観てきました。エディの性同一性障害に悩むその姿に胸が張り裂けそうでした。そしてずっーと息苦しかった。やっぱりエディ・レッドメインはうまいと思いました。女性の繊細な動きやその表情など良くとらえていると思いました。そして彼を支える妻役のアリシア・ヴィキャンデルがまたうまかった。奔放で大胆で明るくて気丈ではあったかもしれないけれど、彼女の立場(自分の夫が女性になることを希望していてそれを応援するという立場)を考えたらこちらもまた胸が痛みました。夫がどんどん女性になっていくとき(特に夫アイリーが自分が着ていた下着を褒め、それをその後着けてみたいと言って実際に身に着けていたのを目撃したときのショックといったらなかったと思うし、ゲーム感覚で女装させた夫がパーティで男性とキスしているところを目撃するなんてショックすぎです)、それを受け止められないでいる彼女の表情、戸惑いぶりが忘れられません。そして最後はそれを受け入れ応援する…。大きな愛を感じました。エディはインタビューでこの「リリーのすべて」は「愛を謳っている」と言っていましたが、本当にこの映画は全編愛がぎっしり詰まっていました。男女の性を越えた大きな愛そのものです。

また去年エディがアカデミー賞主演男優賞を獲った「博士と彼女のセオリー」の時も思ったことだけれど、主役のホーキング博士よりも一緒にいるその妻のほうが何倍も大変だし、その愛は強いんだろうなあということです。この「リリーのすべて」もこの映画の主役アイナー(リリー)よりも何倍もゲルダのほうが大変で愛もまた大きいのだろうなと。その愛の大きさに圧倒され続けました。

それにしてもこの時代の性同一性障害者はほとんど精神病者扱いで、治療も放射線治療でたくさんの放射線を浴びせたりして本当に酷かったと思います。初めてのオペに臨んだリリーは、一回目のオペはうまくいっても二回目のオペは失敗に終わります。命をかけてオペして女性になりたかったリリー。切なかったです。そしてそれを見守るゲルダはもっと切なく悲しい…。

この映画はデンマークのコペンハーゲン、そしてフランスのパリ、ドイツのドレスデンを舞台にしており、街並みが素敵でした。特にコペンハーゲンの川沿いの魚市場や黄色の家が並んだストリートなど印象に残りました。そしてゲルダとリリーが住んで使ってるアトリエや芸術家が集まる華やかなパーティー会場、パリに住んだときの部屋や絵画サロンなども。そして何といってもこの時代の衣装。彼らが身に着けていた服はどれもこれもオシャレ。2人とも画家なので絵もたくさん出てきますが、映画全部がまるで絵画を鑑賞しているようでした。格調高く、洗練されていて、上品で。芸術面だけでも抜きんでていて、どのシーンも絵になるような映画はそれだけでも観るに値するのに、その上この映画はキャストも、ストーリーも揃っていたのですから、本当に素晴らしいの一言に尽きる映画で大満足の映画でした( 考えたら監督も俳優も皆、アカデミー賞を受賞している人たちだらけ)

エディが気になり去年のアカデミー賞授賞式直後からすぐにエディがこの映画の撮影に入ったと、ファンブログで知って(コペンハーゲンの街並みやエディのリリー役の様子など写真もたくさん見ていました)それ以来ずっと彼の動きを追っていたので、この映画にはとても思い入れがありました。映画を観ていて、このシーンもこのシーンもファンの人のブログで見てたけど、ここで使ってたのね、と思ったりしました。

スウェーデン人のアリシア・ヴィキャンデル。これから注目すべき若手女優さんの一人だなあと思いました。本当に実力派女優さんという感じです。アカデミー賞助演女優賞を獲った晩、彼女はスウェーデン国王から直々にお祝いの電話を受けていたことをエディがインタビューで明かしていたので、スウェーデンでは今や国民的女優さんなんだろうなと思います。ハリウッド映画にもこれからどんどん出るのでしょう。

またリリーにキスをしたヘンリク役のベン・ウィショーはエディ・レッドメインが好きな俳優さんに名前を挙げている同世代の俳優さんですが、「パフューム ある人殺しの物語」を前に観ていたので覚えていました。でも今は役の中と同じように実生活でも同性愛者で同性婚していて、双子でもあると知ったのでびっくりです。


おまけ: 

デンマーク・コペンハーゲンにあるアーケン美術館で2015年11月7日から2016年5月16日まで行われているGerda Weger展のサイト↓

http://uk.arken.dk/exhibition/gerda_wegener/

ゲルダが描いたリリーの絵やゲルダとリリー(アイナー)と共に映った写真も載っています。

アーケン美術館のゲルダのカタログの一部↓

https://issuu.com/arken_museum/docs/kataloguddrag_til_web_uk/1?e=5419715/31841860

このカタログにはゲルダの絵が更に数点、ゲルダの写真、リリーの写真も載っています。そしてその絵や時代の解説が読めます。ゲルダは55歳で死亡、アイナー(リリー)がオペの翌年49歳で死亡。ゲルダはパリで実力を認められ、アイナー(リリー)と共に20年もパリで生活をしたこと、1925年のパリ万博の時に2つも金賞を受賞したこと、ゲルダはアイナー(リリー)が亡くなった後イタリア人と再婚し離婚するまでモロッコに住んでいたこと、ゲルダの絵はルーブル美術館とポンピドーセンターでしか買い取ってもらえず、デンマークでの買取は彼女の生存中には行われなかったこと、今はデンマーク国立美術館や王立図書館、デンマークデザイン美術館、ラドルフ・テグナー美術館、ティアター美術館などデンマーク国内にも作品があることなど、このカタログから知りました。 アーケン美術館でも何度かこれまでゲルダの展覧会が行われたようです。

コペンハーゲンに行ってみたい。またここにあるいろんな美術館にも行ってみたいです。

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~

  • 作者: 荒俣 宏
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2016/03/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

この本↑気になるので、後で読みたいと思います。ゲルダは現地の言葉ではゲアダというらしい。謎のモデルとはもちろん、リリーのことです。


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジュピター [Eddie Redmayne]

「ジュピター」を観ました。

ジュピター ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

ジュピター ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray

エディー・レッドメインが出ているということで鑑賞しました。SFアクション映画で「マトリックス」を作ったラナ・ウォシャウスキー姉弟による映画です。「マトリックス」は精神世界を描いていて奥が深い内容だったので観たとき結構衝撃を受けた映画でしたが、この映画はそこまで奥が深くなく、ただ圧倒的な映像美がありました。エディは悪役バレムを演じましたが、お腹に力がない喋りを普段はしているのに急に激昂して怒鳴り切れる様が迫力あり、彼の演技は群を抜いて素晴らしかったです。

普段は家族全員で大邸宅の掃除を仕事とするジュピター(ミラ・クニス)。お金がないので自分の卵子を売って望遠鏡を手に入れようとするのですが、病院に行って手術台に寝るといきなり異星人たちが取り囲み自分が殺害されかかります。そこで救ってくれたのが戦士ケイン(チャニング・テイタム)。ケインは狼と人間のハーフのような存在でジュピターを最後の最後まで守ってくれます。またジュピターは宇宙を支配する王族の娘で、既にバレム、タイタス(ダグラス・ブース)、カリークの3人がそれぞれ宇宙を支配したいがため動き回っています。特にバレムは地球を支配したいので、ジュピターに地球支配を放棄させ彼女を殺害しようとします…。

権力争いと二人の愛を描いたSFアクション。最後に正義は勝ち、二人の関係もうまくいってる感じでホッとし映画を観た後は清々しい気持ちになりました。スピード感があったのも良かった。でも戦いの部分がちょっと長くて、そこをもう少し短くできたら良かったかも。

ミラ・クニスって初めて見ると思ったら「テッド」や「ブラックスワン」に出ていたらしい。またダグラス・ブースも初めて見ると思ったら「ダークエイジロマン 大聖堂」にも出ていたらしい。どこに出てたのか、全然わからない始末。当然ですが、次から次へと知らない俳優さんたちが出てくるので、ついていくのが大変だなあと思うこのごろ。(エディー・レッドメインとダグラス・ブースは友達同士でもあるらしく、その後、エディのファンの人が書くブログにプライベート写真ぽいものが載っていました)


nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マリリン7日間の恋 [Eddie Redmayne]

エディー・レッドメインが出ている「マリリン7日間の恋」を観ました。

マリリン 7日間の恋 [Blu-ray]

マリリン 7日間の恋 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray

2011年のイギリス映画。1957年の映画「王子と踊り子」に出演したマリリンとその時駆け出しの助監督だったコリン・クラークの短い秘密の恋を彼の書いた著書を元に作られた映画です。

マリリン・モンロー役のミッシェル・ウィリアムズはゴールデングローブ賞主演女優賞受賞、ハリウッド映画賞主演女優賞受賞など様々な賞の女優賞を受賞しています。それだけ彼女のマリリン役が圧巻でした。

マリリン(ミッシェル・ウィリアムズ)は夫で作家のアーサー・ミラーを伴ってイギリス・ヒースロー空港に降り立ちます。ローエンス・オリビエ(ケネス・ブラナー)の監督、主演する「王子と踊り子」の映画に出演するためです。ローエンス・オリビエの奥さんで女優でもあるビビアン・リー(ジュリア・オーモオンド)も一緒に記者会見に臨みます。撮影が始まると情緒不安定なマリリンは部屋から出てこなかったり、遅刻したり、NGをたくさん出したりと波乱含みです。そんなマリリンにローレンスは冷たい言葉を吐き、なかなか撮影もうまくいきません。しかし駆け出しの助監督だったコリン・クラーク(エディー・レッドメイン)が彼女の世話役をすることになり、マリリンはコリンにだけは心を開くようになるのです…。(マリリンを応援する女優役でジュディ・ディンチも、衣装係で働くコリンのガールフレンド役でエマ・ワトソンも出てました)

1957年のローレンス・オリビエとマリリン・モンローが出演する「王子と踊り子」の撮影がどんな風に進められていったのか、そしてたった7日間という短い間だったけれど、恋多き女、当時30歳のマリリンが23、4歳の若いイギリス人の駆け出しの助監督のコリンとほんのつかぬ間の恋をしたというちょっと甘酸っぱい恋愛映画でした。コリンの目線で語られている映画なので、コリンの失恋が切なくてちょっと胸が痛かったです。それにしても情緒不安定で薬をたくさん飲んで、たくさんの恋をして、結婚と離婚を繰り返しそのことでまたやきもきして、だから36歳という若い年齢でマリリンは亡くなってしまったのかなあと思いました。ケネディ大統領との恋も噂されていたことは有名ですが、こういう恋もあったのだなあと。

お目当てのエディー・レッドメインは、フレッシュな折り目正しい好青年役で、いつものそばかすが余計に目立っていました。比較的等身大の彼をそのまま出して演技しても全く違和感ないような役だったので(「イエロー・ハンカチーフ」や「HICKルリ13歳の旅」の役とは大違いの正統派だった)とっても魅力的な素敵な役でした。また映画の中でマリリンを観光に連れて行ったのがウィンザー城やイートン校で、コリン本人がイートン校出身でもあり、その役をやったエディーも同じイートン校出身という偶然に、人ごとながら何だかワクワクしました。撮影も実際のイートン校が使われています。また先日観た「博士と彼女のセオリー」でも、ホーキング博士がケンブリッジ大学院出身でケンブリッジ大で教えていて、その役をやったエディーもケンブリッジ大卒業で、この映画もケンブリッジ大やその周辺で撮影していたため、俳優さんも縁ある映画にちゃんと出演できているんだなあと、何だか人生の不思議をここでも垣間見た感じがしました。

シェークスピアのテンペストの中のプロスペローの有名なセリフ、「余興はこれで終わりだ」「われわれ人間は夢と同じもので創られており、そしてねむりが我々のはかない一生の仕上げをする」というセリフをシェークスピア俳優で有名なローレンス・オリビエがコリンにつぶやき、映像の中のマリリンが試写室に一人残されたコリンに向かって「これからわたしたちがどうなるかわかる?」「私はあなたと恋に落ちる」「私はあなたと恋に落ちる」「私はそういう女なの」とつぶやくとき、何だかちょっと胸にグッときました。

大スターと一般の人の恋というとジュリア・ロバーツとヒュー・グラントの「ノッティングヒルの恋人」を思い出します。この映画結構好きでした。ただ「ノッティングヒル~」はフィクションで「マリリン~」はノンフィクションですが。

また本人になりきる映画というと、フーバーを演じたディカプリオ(「J・エドガー」)とか、サッチャーを演じたメリル・ストリープ(「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」、彼女はこの役でアカデミー賞主演女優賞受賞)、そしてホーキングを演じたこのエディー(「博士と彼女のセオリー」でエディはアカデミー賞主演男優賞を獲ったのは記憶に新しいところです)などを観ましたが、恋愛の話などあまりなかった前者2つの映画より、「博士~」や「マリリン~」の恋愛映画のほうが断然感情移入しやすく、特にこの「マリリン~」は純粋に胸キュンした映画だったので、とっても良かったです。

この「マリリン~」のコリン役とか、ドラマ「大聖堂」のジャック役とかドラマ「テス」のエンジェル役とか…、エディには恋愛映画にたくさん出てほしいなあと思いました。でも今公開してる映画「ジュピター(SFアクション映画)」では悪の親分みたいな役をやってるようだし、現在撮影が進んでいる「Danish Girl」では1930年代に史上初の(女性に)性転換したデンマーク人男性役をやっており、何だか普通の恋愛ものは遠い感じです…。まあ役者である以上、いろんな役に挑戦してみたいのでしょうけど。


nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - Eddie Redmayne ブログトップ
メッセージを送る