So-net無料ブログ作成
検索選択
インド映画 ブログトップ
前の5件 | -

シャー・ルク・カーン [インド映画]

先日BBCニュースを聞いていたら、シャー・ルク・カーンが新しい映画のリリースでインタビューを受けていたので、どんな新作映画なのか気になって調べてみました。先週「恋の輪廻 オーム・シャンティ・オーム」を観てシャー・ルク・カーンを思い出していたばかりなので、私にはとってもタイムリーなちょっとシンクロしたニュースでした。

新作映画は「Dilwale」というタイトルで何と昨日が映画公開日。しかもシャー・ルク・カーンは私の大好きなカジョールとの共演ということで(このゴールデンコンビは本当にすごく好き)、この映画が日本に来たらいいのになあと思いました。トレーラーを観ると色彩がとっても鮮やかできれい!ラブコメでアクションも加わった映画のよう。映画の撮影はブルガリア、アイスランド、そしてハイダラバードの映画セットやムンバイの映画セットで撮られた模様。早くも評価されていて、陳腐だという声も上がっているのですが、一体どうなのでしょう?観たいです。

こちらがその「Dilwale」のトレーラー↓





また今年の10月にシャー・ルク・カーンはスコットランドのエジンバラ大学で博士号をもらい、その時のスピーチがYouTubeに載っていました(日本語訳のついたものもありました)すごくいいことを言っています。彼の出演した映画の題名に関連した人生訓のようなものを話しています。しゃれっ気もあり、すごくいいスピーチです。やはり只者ではありません。キング・オブ・ボリウッドと言われ、ボリウッド界では未だに人気もピカイチらしいのですが、その人気の裏にはやはりこういったしっかりした彼の考え方があるのだなあと感心しました。彼のスピーチを聞いていると身が引き締まる思いだし、身につまされる言葉で心に響きます。

以下、彼の言葉からの抜粋です。

「狂気は幸せと成功に溢れた人生に不可欠。あなたのちょっとした狂気を世間から秘さねばならない異常なこととは決して見なさないでください。認め、利用するのです。一度きりの人生を生き抜くあなた独自の方法を明確に定めるために。世界中の最高に美しい人々、最高にクリエイティブで、革命をリードし、物事を発見したり発明したりする人は皆そうしてます。彼らは自分の特異性を受け入れているからです。ノーマルなどというのは存在しません。それは死んでいるの言い換えにすぎないのです」

「もし全財産をだまし取られて墓石の上で寝ることになっても、恐れないこと。奇跡はすぐ近くだから。…言い換えれば人生にどんな悪いことが起きようとも、人生こそがあなたが探し求める奇跡です。…信頼を養って成り行きに任せ、あらゆる努力を払って美点を守れば、裏切られることは絶対にないでしょう。あらゆる資質を利用するのです。生来の理解力、周りのものへの感じ方、愛し方、健康、そして幸運。人生が与えてくれた数千の才能すべてのポテンシャルを最大にして。あなたの人生を讃えましょう。各才能を讃え、それらを無駄にせずに済んだ瞬間を讃えましょう。この社会での成功を測る真の尺度は、人生から与えられた才を有効に使う技量以外には存在しません」

「時々人生からの贈りものが、全くとんでもない包み紙で届くことがあります。その時に学び、すべきことは2つです。ありのまま認めること。そして災害かも、という恐れにかけること。…恐れを外に出し感じ取り、できる限りの最高の勇気に変えるのです。約束します。絶対に失敗しません。でももし不安に駆られて生きるなら、おそらく失敗するなと思うものはすべて失敗するでしょう…」

「この世のどんな計画も、望み通りには進まない。…うろたえて大丈夫。混乱することで全てが明確になるものです。気にしないこと。またシリアスに捉えすぎないこと。自分の考えに固執するあまり他人を尊ぶのを止めてしまわないこと。自分たちの価値観は自分たちのものです。それによって他人より優れる訳ではありません。…常に相手の真実を見ようとしてください。なぜならどの映画にもストーリーがあるように、どの人にもストーリーがあるからです。優劣をとやかく言う権利などありません」

「自分のものを他人に与えること。その時は必ず、親切が恩着せがましくなっていないかを確認すること。満足していても後ろめたい疼きを感じる羽目になってしまうからです。結局、あなたの親切や慈善から一番多くの利益を得るのは、いつだってあなたなのです。…単純な事実です。善行は価値を失ってしまいます、あなた自身がそのことで得点を稼いだ時点で。それがどんなに僅かであったとしても、です。…どんなに金持ちになり、成功を収め、有名になっても、親切を受けた人々が捧げてくれる優しさを見くびらないこと…」

「全力で猛威を振るってくる人生に打ちのめされたとき、慰めになるのはロールスロイスではありません。友人の慰めなのです。そしてもし、思うような解決法が見出せなくても、どうかうろたえないで。すべては事を進めるうちに発展していくもの。災害でさえ、いずれは自然に解決します。マイペースで動ける余地を人生に与えましょう。強引に前進するのは、自分をいたわるときだけでいいのです、傷ついたり、絶望したりするときに。…より賢明でいるには、受け入れることです、その時々で物事は一通りではないと。…自分でつけたり他人がつけたりする名前は単なる符号です。あなたを定義するものではないのです。あなたを定義するもの、それはいつも、心です。…」

「何かするときに調子が出ないなら、お腹の底から燃えてこないなら、よしましょう。時間の無駄です。更に重要なことに、あなたの努力を望む人たちの時間も無駄になります。自分自身を見直しましょう、必要とあらば。やるからには、自分なりになんとかやっていくこと。…忘れないでください、あなたがどこから来たのかを。あなたの出自、本来の姿を忘れないで。人生の苦難を乗り越えるコンパスになるはずですから。…あなたをひきずり戻すものはなんであれ、消え失せはしません。立ち上がり、全力で流れに逆らって、自ら道を築き始めない限りは。むずかるをやめて、動き始めること。…幸せと悲しみは、同じように移ろいやすいもの。お互いがバランスよく入れ替わるのが人生です。…どちらにも固執しないこと。二つはともに、確実に変化するのですから。それらを無常からなる泡沫のエキスとして飲みこみ、たっぷりの良質のユーモアで折り合っていきましょう。打ちひしがれたときには、自分を笑い飛ばすこと。そして、一粒、二粒、涙を流すことです。…時には幸せ、時には悲しみに浸ることこそが人生を十分に生きる妙味です。どうしてひとつの感情だけを望み、他を毛嫌いするのでしょう…」

「心から生きること、愛すること。人を愛しましょう。あなたを取り巻く世界を、動物や鳥たちを、大都市や、山々や、夢を愛しましょう。仕事を愛して、自分をずっと愛して、友人を愛して、敵を愛して。そして最も大事なのは、自分自身を愛することです。抱きしめましょう、この世が用意してくれたすべてを。心を深海並みに奥深く、最果ての水平線並みに幅広くして。知っていてください、果てなきものだと。愛は言い訳ではないのです、強奪したり、拘束したり、独占したり、または交換したりの。…そしてもし愛する人に裏切られても彼(彼女)を信用しなかった自分を責めないで。落ち度は相手の過ちを許せるだけのあなたの愛を、あなた自身が信用しなかったところにあるのですから」

「今、この瞬間を一生懸命生きなさい。今を生きること、今日を生きること。…その若い瞳にはそうは映らないかもしれないけれど、今だけが十分に手に入れられる時間なのです。私たちは明日には死ぬかもしれませんから。…ハードに学び、ハードに働き、よりハードに遊ぶことです。ルールに縛られないで、誰も傷づけることなく、そして絶対他人の夢で生きようとはしないこと。覚えていてください。どんなに道を誤っても、どれだけ失敗して、絶望して、この世が敵に回ったような気がしても、ボブ・マレーが言うように、『最後にはすべてがうまくいく』、のです。私のセリフではこうです。『ヒンディ映画と同様、人生も、最後には全てうまくいくもの。そうでなければ、終わりではないのです』映画はまだまだ続きますよ、みなさん」



こちら↓がシャー・ルク・カーンがエジンバラ大学で講演したものです。最後は踊りも披露してます。




















nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム [インド映画]

インド映画「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」を観ました。

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • メディア: Blu-ray

シャー・ルク・カーンの魅力最大の映画でした。ディーピカー・パードゥコーンという女優さんの出世映画でもあったようです。彼女も素敵でした。映画自体が華やかでキラキラしていて、しかもそこに輪廻転生物語があり、勧善懲悪の世界。「ハッピーエンドじゃないとエンドじゃない」といセリフが何度か出てきて、この映画もハッピーエンドですが、最後はちょっと怖いホラーも加わります。これぞインド映画って感じのすごく楽しい映画でした。

また「心から何かを望めば、世界が後押ししてくれる」というセリフも何度か出てくるのですが、本当にそうだなあと思いました。この言葉自体どこかで聞いたような言葉ですが、忘れていたかもしれません。何だか座右の銘にしたいくらいいい言葉だなあと思いました。

インド映画はせいぜい20本くらい?しか観ていないと思うのですが、そんな私でも映画「クチュクチュホタヘ(何かが起きている)」の音楽は今でも耳にメチャクチャこびりついていて(何故ならインドで2回この映画を観て、カセットテープを買ったからなのですが)この映画音楽がこの「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」の中にも使われていて、思わずニンマリとしてしまいました。そうかと思えばオースターキャストよろしくこの「クチュクチュホタヘ」に出演していたカジョール、ラーニー・ムケルジー、サルマーン・カーンなんかも出て踊っていて、思わずテンション上がりました。カジョールやサルマーン・カーンは他にも代表作がいくらでもあり、ちょっと贔屓にしている俳優さんたちなので余計でしたが、インド映画をもっとたくさん観てる人はもっといろんな仕掛けにテンション上がりまくりでしょう。とにかく色んなスターが踊ってましたから。大御所のアミターブ・バッチャンの顔もチラリと出てました(「スラムドッグミリオネアー」や「華麗なるギャッツビー」にも出演)

顔はサルマーン・カーンのほうが好きですが、映画はシャー・ルク・カーンが出ているもののほうが外れがない感じがします。女優さんではカジョールの顔が大好きで、もっといろいろ出てほしいなあと思います。新人の今回シャー・ルク・カーンの相手役をした女優さんが時々、加藤夏希さんや多岐川裕美さんに見えてしまいました。

実はちょうど三島由紀夫の「命売ります」という本が巷で話題になっているというので、読み終わったばかりなのですが(面白かったのでお勧めです)、三島といえば私にとっては「豊穣の海」の4部作で、読んだ人は知っているでしょうがこれは輪廻転生を扱った作品で、当時個人的にいろいろ経験した自分なりの出来事が重なったため余計に輪廻転生の不思議に想いを馳せたことがあるのですが、折しもまた何故か輪廻転生のことに想いを馳せる感じで、三島のこの作品を思い出してしまいました。輪廻転生ってあるんだろうなあ、と単純に思ってしまいます。インド人は自然と輪廻転生を信じている人たちなので、映画でもよく輪廻転生に関わったことが出てきます。インド映画が好きな要因はこういうところにもあるんだろうなあと自己分析してます。それと何といっても華やかな衣装とセットと踊りと音楽。この映画の美術面は本当にピカイチ。色使いがとっても良かった。サルマーン・カーンとアイシュワリア・ラ―イ主演の「ミモラ~心のままに」と同じくらい好きな映画だなと思いました(テイストは違いますが…)。


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マダム・イン・ニューヨーク [インド映画]

インド映画「マダム・イン・ニューヨーク」を観ました。

マダム・イン・ニューヨーク [Blu-ray]

マダム・イン・ニューヨーク [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

映画公式サイト: http://madame.ayapro.ne.jp/

家族から感謝もされず、敬意も払われなくなっている主婦シャシ(シャリデビ)が、姪の結婚式でニューヨークに行くことをきっかけに、一人で現地の語学スクール4週間のコースに通い、英語を学ぶことで自分の自身を取り戻す物語。

久々のインド映画に楽しくなりました。歌はふんだんに使われていたけれど、踊りは姪の結婚式でちょっと踊られただけで、たくさんの歌と踊りのある通常のインド映画とはまた違ったものになっていました。しかも134分と通常のインド映画よりかなり短い!完成度も高くて素晴らしかったです。インド映画が苦手な人でもこれならすーっと観られると思いました(私は歌も踊りもたくさんあるインド映画が大好きですが…)

語学学校での仲間の一人のフランス人に恋心を告白されるシャシ。フランス人、パキスタン人、インド人、メキシコ人、中国人、アフリカのどこかの国の人…と国際色豊かで授業でいろいろ学び、視野も広がり、英語も少しずつ身に着け、最後には姪の結婚式でスピーチをすることに。しかも姪の結婚式と重なり語学学校の卒業試験を受けられなかったシャシを気遣い、唯一シャシが語学学校に行っていることを知っている大学生の姪が電話で授業内容を聞けるように手配し、その後語学仲間を式に招待し、その場でシャシの英語力をチェックしてもらい卒業試験にしてしまうという粋な計らいもありました。

飛行機の隣の乗客に大御所のアミターブ・バッチャンが出演。映画の冒頭にインド映画100年の歴史とアミターブ・バッチャンの70年の俳優人生に敬意を表して…のような表現がなされていました。またパキスタン人の学生の名前がサルマーン・カーンだなんて!面白かった。サルマーン・カーンの映画また観たいです。

シャシ役のシャリデビはこの映画撮影時50歳とか。実に若々しくてそんな年に見えません。また70年代から90年代に活躍して結婚のために休業し15年ぶりの映画だそう。彼女が出てる映画って観たことないので初めて観る女優さんでした。代表作ってほかに何があるのかな。探して観てみたいです。


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スタンリーのお弁当箱 [インド映画]

インド映画「スタンリーのお弁当箱」を観ました。

この映画を観てレビューを書いたのは今年の夏くらいでしたが、カワイイ映画の裏にインドの辛い現実が投影されている社会派の映画なのでこのレビューもアップすることにしました。

スタンリーのお弁当箱 [DVD]

スタンリーのお弁当箱 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD

映画公式サイト:http://stanley-cinema.com/

歌あり踊りありのエンタメ映画が普通のインド映画ですが、これは歌もなく踊りもないインド映画には珍しい映画で(映画のシーンで踊りの練習をしてるシーンがありますがいつものインド映画の踊りとは違います)、子供たちがたくさん出てくる可愛らしい映画でした。しかし、実際には貧しいために家での働き手として期待され、両親がいず、おじさんに育てられている主人公の男の子スタンリーの厳しい現実がありました・・・。

学校には皆お弁当を持ってきますが、いつもスタンリーだけが持ってきません。それでも心優しき友達がお弁当を少しずつ恵んでくれ、それで何とかスタンリーはお腹を満たしています。そこへ太っちょの先生が自分でお弁当を持ってこず、あえてスタンリーたちの仲間のお金持ちのボンボンの生徒のお弁当目当てに昼食時につまみ食いにやってきます。太っちょ先生は自分のつまみ食い分がなくなると困るため、スタンリーに「弁当を持ってこないものは授業に出る資格はない」と言い放ちます。それまでもスタンリーは時には嘘をついて家で昼食を取ってくるといい、その実は水をがぶ飲みしてお腹を膨らせたりしていましたが、そう先生に言われてしまった以上、学校に行くことができません。そしてスタンリーは学校を長く休み始めます・・・。

ステンレスの三段重ねのお弁当箱の中にたくさんのおいしそうなおかず。そしてこの三段重ねのお弁当箱。とっても懐かしかったです。旅行中可愛いなあとこのお弁当箱を店で見てたこともありました。実際には荷物になるしお弁当箱として日本で使うには嵩張るので買いはしませんでしたが、今観ると本当懐かしいです。また、出てくるのは目のキラキラしたインドの子供たち。日本も貧しかった時代は学業よりも家の手伝いを期待されてた昔の子供たちと同じだと思うのですが、どうしてこう貧しい国の子供たちの目はキラキラしているのか、本当に不思議です。そして経済のテイクオフがないとなかなか子供をたくさん産んで子供を労働力として期待する社会から抜け出せませんが、どの国の子供たちも家の手伝いから解放されて、好きなだけ勉強できる環境ができる日が早く来るといいなあと思いました。好きなだけ勉強できる環境は恵まれていることなんだということが、日本の子供たちにもっと知ってほしいなあと思いました。


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

きっと、うまくいく [インド映画]

インド映画「きっと、うまくいく」を観ました。

きっと、うまくいくの場面カット

公式映画サイト:http://bollywood-4.com/index.html

インド映画歴代興行収入1位を記録した大ヒット2009年の映画。2010年インドアカデミー賞では作品賞をはじめ史上最多16部門を受賞。日本でも去年公開され、ぴあの映画生活での上映映画口コミ満足度が一位に今現在も輝いているのがこの映画です。またスピルバーグ監督が「好きで3回も観た」と大絶賛。

有名な工科大に入った優等生で型破りなランチョー(アーミル・カーン)、本当は動物カメラマンになりたいファルハーン、家が貧しくお祈りを欠かさないラージューは、大学でいろんな騒動を起こすことから3バカと言われていた。卒業するときにウガンダ出身のガリ勉チャトルから10年後のこの日に誰が一番出世し幸せになっているか確認し合おうと約束するも、ランチョーの行方がわからない。ランチョーがいるはずのシムラーには赤の他人が彼の名前を名乗り、実は金持ちのぼんぼんのこの人の身代わりに学位を獲り今はラダックにいると知らされる。またランチョーと恋仲にあった学長の娘ピア(カトリーナ・カプール)はお金でしか物事を計らない金持ちと結婚式を挙げる途中であったが、彼女を説得しランチョーのいるラダックに皆で向かうのでした・・・。

”All is well"(すべてはうまくいく。きっと、うまくいく)が合言葉。主人公ラージューはいつもこの言葉を言う。本当は動物カメラマンになりたいのに親の期待でエンジニアの勉強をし続ける友に、人生で本当にしたいことをしないといけない、親を説得しないと、と言い、戸惑う友に、"All is well"と言う。 好きな人ピアの妹がお産で大雨のため病院に連れていけなくなるところに遭遇。何もない場所で医者の卵のピアからネットで指示を仰ぎながら急遽産婆に徹する。停電になり皆が無理だと言っても"All is well"と鼓舞して皆で乗り切る。この映画にはたくさんのエピソードが満載。でもいつでもどんな時でもこの楽観的だけれど、そしてそう信じて疑わなければその言葉通りになるその言葉”All is well"を唱える。とっても力強いメッセージだなあと思いました。

この映画は観ていて元気をもらえます。ノリがいい。笑えるし泣けます。3時間近い長さをあまり気にしないくらい楽しい。青春時代のバカもいいものだし、友情も素晴らしいと再確認できる。ランチョーのひとつひとつの言葉や考え方がとっても素晴らしくてこんな風に自由に発想して生きていけたら何も自殺する必要もない。日本の自殺率も高いけれど今やインドの自殺率も高くなっているとかで、競争社会の弊害を風刺した映画にもなっています。思いのまま生きていったらいいよ、だって人生は"All is well"だから、と言ってくれるこの映画。下手な精神世界の本を読むよりもよほどこの映画を観たほうがためになります。是非たくさんの人にみてもらいたいです。

個人的には、シムラーやマナリー、ラダックなど行ったことのある場所、馴染みある場所、風景が出てきてうれしかったです。最後に出てきた湖はラダックの東にあるパンゴン湖らしく、映像が美しくて私の好きな映画でもある「落下の王国」にも出てくる湖ですが、ラダックに行ったときにはそんな湖があることさえ知りませんでした。いつかまたそこへ行けたらいいなあと思いました。ガリ勉のチャトルがウガンダ出身というのも、私がインド旅行してた時に実際にウガンダから来た留学生と部屋をシェアして住所交換までしたので妙に懐かしく、インドはウガンダをはじめアフリカからの留学先になっていたなあと思いだしました。

今や押しも押されぬインドを代表するくらい大活躍してる女優カリーナ・カプール。いい映画に出まくっています。またインドの男優さんと言えばシャールック・カーンとサルマーン・カーンとばかり思っていた私ですが、アーミル・カーンという男優さんもかなり有名だったようで(この映画の他にもいろいろ賞を獲った映画に出演)、オバマ大統領が大好きな俳優さんの一人であるというのも今回知ったし、俳優だけに留まらず社会事業にも積極的なことからビル・ゲーツがわざわざインドに行って会いたい人であるというのも知りました。しばらくこのアーミル・カーンの映画を観てみたいです。

脚本がとってもいいし、映画が素晴らしいことから世界中からリメイクしたいとオファーが殺到してるというこの映画。世界中のリメイク版が出たら是非観たい。楽しみが増えました。

   

きっと、うまくいく [DVD]

きっと、うまくいく [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - インド映画 ブログトップ
メッセージを送る