So-net無料ブログ作成
台湾・香港映画 ブログトップ
前の5件 | -

湾生回家 [台湾・香港映画]

汐留FSにて「湾生回家」を観てきました。

以前「函館珈琲」を観る前にトークイベントの司会をした配給会社の人がまた今回も登場して、トークイベントの司会をしていました。この映画の日本側のプロデューサーと映画に実際に出たお二人(湾生と言われる台湾で生まれ育った日本人お二人)がゲストでお話をしていきました。

ポスター画像

映画公式サイト: http://www.wansei.com/

湾生とは戦前の台湾で生まれ育った日本人を指す言葉。約20万人もの湾生がいると言われています。下関条約の締結された1895年から1945年までの約50年間、台湾は日本の統治下でした。しかし敗戦後日本本土に強制的に送還されることとなり、わずかな食料と服、現金を持って日本に引き揚げてきました。この映画はこうした人々の台湾に思いを馳せる人々のドキュメンタリー映画です。

台湾が日本統治下にあったのが50年もの長きにわたっていたことにまずビックリです。統治下にあったことを知っていてもせいぜい10年くらいかと思っていました。また引揚者の話はいろんなところで見聞きしていますが(朝鮮半島だったり、中国だったり)、台湾の引き揚げの話を見聞きするのは今回が初めてでした。

朝鮮半島や中国からの引揚者たちが大変な苦労をして時には命からがら、時には自分たちの命を守るために自分の子供が泣き止まないと敵に居場所を知られて自分たちの命も危ないからと子供の首を絞めてしまった話など悲惨な話がたくさんありますが、この台湾からの引揚者の人たちは、そういったほかの地域の引揚者たちと比べたら比べ物にならないくらいとっても幸せだったのだなあと思いました。(もちろん、着の身着のままで引き揚げているのでその後の日本での苦労は大変だったと思いますが…)

その証拠に、この映画に出てくる湾生の人たちは、幼い頃過ごした台湾のいい思い出を語り、また実際に日本に移り住んでから何十年ぶりかに台湾に再訪するも、懐かしい気持ちになっていろいろ思い出し、その思い出がほとんど素敵な思い出ばかりなので、昔を懐かしむ、故郷を思う一般の人たちと何ら変わらないと思いました。普通に変わりなく台湾を故郷と思っている湾生の人たち。観ているこちらもノスタルジックな優しい気持ちになるような映画でした。

あまりドキュメンタリー映画好きではないのですが、この映画はよかったです。湾生という人たちの存在も知ることができて。そしてちょっといい映画だなあと思ったら、岩波ホールでやるとのことでした。なるほど!と思いました。 台湾でもヒットしている映画らしいです。


あの頃、君を追いかけた [台湾・香港映画]

東商ホールで「あの頃、君を追いかけた」を観てきました。

映画公式サイト:http://u-picc.com/anokoro/

あの頃、君を追いかけたの場面カット画像 

台湾映画。台湾や香港でメガヒットした映画。高校生のコートンは仲間と悪ふざけして授業を妨害。クラスのマドンナ的な優等生の女子学生がすぐ後ろに座って監視するということになり、それから何となく二人は惹かれあうようになる。その彼女とコートンは大学になってから付き合うも、あまりにも幼稚だと言われ結局は分かれることになる・・・。

ちょっとお下品でコミカルな映画でしたが、最後は男女間の誤解、擦れ違い、衝突、あの時ケンカしていなければ、ケンカしてもひとこと謝っていたならば、というパラレルワールド、もう一つのあり得た現実の映像も映し出されると胸がいっぱいになりました。それまで笑わせてくれた映画だっただけになおさらウルウルきました。私はこの手の映画(笑って泣かせる映画)に弱く、大好きな映画だと思いました。ただいただけなかったのは回想シーンが長すぎたこと、それだけは残念でした。

誰しも青春時代をもってますが、この映画のようにもっと破天荒にのびのびそして大馬鹿をやっても良かったんだよなあと、自分の青春時代を振りかえりました。映画を観終わったあとは青春時代の切なさが残り、最近忘れていた感情だなあと思いました。大馬鹿をできる青春時代は幸せな時代だともいえます。切ない、でも爽やかな気分で家に戻りました。


おまけ:スカイツリーのオリンピック招致カラーバージョン↓。

001.JPG 002.JPG


グランド・マスター [台湾・香港映画]

よみうりホールで、「グランド・マスター」を観てきました。

グランド・マスターの場面カット画像

映画公式サイト:http://grandmaster.gaga.ne.jp/

香港・中国・フランス合作映画。構想17年、撮影に3年。トニー・レオン、チャン・ツィイー、チャン・チェン出演。ブルース・リーの師として知られる伝説の武道家・葉問(イップマン)の物語。1930年代の中国。引退を決意した北の八卦掌の宗師(グランドマスター)・宮宝森(ゴン・バオセン)は、一番弟子の馬三(マーサン)と、南の詠春拳の宗師・葉門(イップ・マン)を後継者の候補と考えていたが、バオセンの奥義を受け継ぐ娘の宮若梅(ゴン・ルオメイ)も自ら名乗りを上げる。しかしマーサンはバオセンを殺害。ルオメイは、父の復讐を果たす。

40歳までは結婚して子供もできて武道家としても名を轟かし、裕福に暮らしていたイップマン(トニー・レオン)。しかし戦争がはじまり、財産のすべてを没収され、妻子とも離れ離れとなる。バオセンの娘であり、小さなときから武道を教えこまれたルオメイ(チャン・ツィイー)は、グランド・マスターの地位をイップマンと争いながらも、ひそかに彼に片思いをする。そして戦争に巻き込まれ、いつしか武道家の道を極めることを諦め、イップマンとの最後の逢瀬にルオメイはこう言う。

「自分を知ることは、できた。世間を知ることも、少しはできた。でも私は、人生を知ることはできなかった。あなたは武道を最後まで極めてください」

このシーンはステキでした。またルオメイがイップマンに、好きだったと告白するシーンもステキでした。

最後にさまざまな昔のシーンとともに、まるで死ぬ前に人生を振り返るときに見るという走馬灯のように、昔のシーンがパンパンと映し出され「ニューシネマパラダイス」の曲が流れるのですが、これがほろりとしました。「ニューシネマパラダイス」の曲は大好きですが、こういう回顧シーンとこの曲は本当によく合うのです。戦争に巻き込まれ、また立場の違いから、また状況から、いろんな人の人生が思い通りにならず、あっという間に人生の幕切れとなる。だからやりたいことは早くやり遂げないとダメだよ、と言われてるようでした。芸術は長く人生短しなのです。道は険しく達成することは難しいのです。この映画にニューシネマパラダイスの曲を使うとは監督さんはひょっとしてニューシネマパラダイスのファンなのかなと思いました。

この映画はカンフーの映画なのでカンフーでの戦いのシーンが目白押し。カンフー自体を何度も見るのはちょっと殴り合いのようであまり好きではなかったけれど、映像の取り方や色遣いなどが美しくてアート面では二重丸。雨の中だったり、雪の中であったり、重厚できらびやかな建物の中であったりのカンフー。単なるカンフーだけにとどめず、人生哲学のようなものを織り込み、こういった美術面での画像の美しさが加わって、そしてニューシネマパラダイスの素敵な曲も加わって、この映画を格調高いものにしていました。

トニー・レオン演じるイップマンの奥さん役の女優さんがきれいだったので、誰だろうと思って調べたら韓国の女優さんのソン・ヘギョでした。チャ・テヒョンが出た「僕の世界の中心は、君だ」(2006年)の女優さんであったことが判明(「世界の中心で、愛を叫ぶ」の韓国版)。この映画が香港、台湾、韓国、中国の俳優さんたちが集っての映画であることがわかりました。お勧め映画です。

おまけ: 懐かしいのでこの映画に使われてたニューシネマ・パラダイスのCinema Paradiso~YouTubeから拝借。

ついでに同じエンニオ・モリコーネ作曲のワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカのDeborah's Theme。

エンニオ・モリコーネの曲は心にしみます。何だか懐かしすぎて涙が出そうです。


レッドクリフ PartⅡ [台湾・香港映画]

「レッドクリフPartⅡ」を一ツ橋ホールで観てきました。

公式映画サイト:http://redcliff.jp/index.html

ジョン・ウー監督が仕掛ける歴史スペクタクルの「レッドクリフ」の後編です。前編は観ていないのでいきなり後編のPartⅡはどうかなあと思ったのですが、映画の最初に前編のまとめみたいなものがあり、映画を観ていずともわかるようになっていました。アメリカ、中国、日本、台湾、韓国が参加して作った映画。超大作です。

映画は、三国志の中でもメインとなる赤壁の戦い(=レッドクリフ)を描くその戦術が面白かったです。曹操軍の80万の兵と2000隻の戦艦、対する劉備と孫権の連合軍の5万の兵と200隻の戦艦。兵や戦艦の数では劣る連合軍側の智慧や信頼が試されるのでした。疫病が発生すると曹操は死者を舟に乗せ連合軍に送りつけてきます。その疫病で連合軍の兵士たちにも疫病を流行らせようとの魂胆ですが金城武演じる諸葛孔明はすぐにその人たちが疫病で亡くなってることを悟ります。また劉備軍が撤退することで連合軍側の矢が4万本も不足してしまいますが、孔明は自分の仕える劉備が去ったあとも連合軍に残り、トニーレオン演じる周瑜を助けます。10万本の矢を調達しようと言うのです。調達できない暁には自分の頭をはねてもいいと・・・。その調達の仕方が見事です。霧の発生するのを見越して人の乗ってない船を出し、相手にたくさんの矢を放たせ、そしてわざと一隻だけ相手の曹操軍に届けるように仕向け、曹操軍に矢を放ったのは徒労であったことを知らしめるのです。10万本の矢はやすやすと相手から頂くことに成功する連合軍でした。

最後の赤壁の戦いのクライマックスで、お互いの戦略が火を放つことで全てを焼き尽くすことに決まった時、孔明はまたも才能を発揮。今吹く風が方角を変え風向きが変わることを言い当てるのです。それは連合軍に有利なものでした。

この戦いでは男性ばかりが活躍するわけでなく女性も多いに活躍しています。孫権の妹の尚香が敵陣、曹操側に男装して乗り込み、敵陣の情報を鳩を使って送ってきます。その間相手の兵士との友情も芽生えます。周瑜の妻、小喬がまた敵陣、曹操側に一人で乗り込みます。夫のためでなく民のために戦いを止めて欲しいと曹操に迫ります。得意の茶の湯を使って迫るのです。

周瑜役演じるトニーレオンが「おくりびと」に出ていたもっくん、本木雅弘にすごく似ていてきりりとして格好良かったです。また金城武はこの映画でほとんど主役であったなあと思います。いまや彼は国際スターです。

武田信玄の「風林火山」は元々は中国古代の兵法「孫子」から出ていて、曹操がまとめ注釈をつけた「孫子の兵法」のものであったり、また邪馬台国の卑弥呼が書かれてる「魏志倭人伝」はこの「三国志」の中にあるものだし、この「三国志」から「三顧の礼」「水魚の交わり」「苦肉の策」「白眉」「老いてますます盛ん」「破竹の勢い」などたくさんのことわざが生まれました。

個人的には中国でも人気の高い劉備玄徳とその軍師の諸葛孔明、義兄弟のちぎりを結んだ関羽、張飛の個人像やその関係性をもっと知りたいなあと思いました。1990年代に中国を回っていたとき、特に成都では三国志の登場人物たちの作り物がここかしこに飾ってあり、三国志を読んだことのない私は、帰国したら絶対三国志を読もうと思っていたのですが、帰国しても結局すっかりそんなことは忘れて読まず仕舞いだったので、またもこの映画に出会いトホホな状態です。この映画を機に興味のあるうちさっさと読みたいと思いました。歴史、戦術、人間関係などなどこの三国志から学ぶことはたくさんありそうです。

レッドクリフ 公式ビジュアルBOOK

レッドクリフ 公式ビジュアルBOOK

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/10/15
  • メディア: 単行本
レッドクリフ Part2 公式ビジュアルガイドBOOK

レッドクリフ Part2 公式ビジュアルガイドBOOK

  • 作者: 『1週間』編集部
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03/03
  • メディア: 単行本
レッドクリフパーフェクトガイド 完全解剖!三国志~赤壁の戦い~ (TOKYO NEWS MOOK)

レッドクリフパーフェクトガイド 完全解剖!三国志~赤壁の戦い~ (TOKYO NEWS MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2008/10/16
  • メディア: ムック
小説レッドクリフ(上)

小説レッドクリフ(上)

  • 作者: カン・チャン (脚本)
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/10/02
  • メディア: 単行本
小説レッドクリフ(下)

小説レッドクリフ(下)

  • 作者: 高里 椎奈
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03/11
  • メディア: 単行本
レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • メディア: DVD
新装版 三国志〈1〉 (講談社文庫)

新装版 三国志〈1〉 (講談社文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/10/15
  • メディア: 文庫
新装版 三国志〈2〉 (講談社文庫)

新装版 三国志〈2〉 (講談社文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/10/15
  • メディア: 文庫
三国志が面白いほどわかる本

三国志が面白いほどわかる本

  • 作者: 三宅 崇広
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本

プロジェクトBBと生ユン・ピョウ [台湾・香港映画]



 映画公式サイト:http://www.projectbb.jp/top.html

「プロジェクトBB]観てきました。ジャッキー・チェン主演映画。コメディ映画ですごく笑ってきました。もちろんジャッキー・チェンお得意のアクションも健在で、この映画の公開日4月7日で53歳というのですから若い。驚きです。「プロジェクトA」から24年も経つというのですから、この映画を観てからそんなに経つのか、と愕然としました。年を取るはずです。

ジャッキー・チェンとルイス・クー、マイケル・ホイが泥棒一味で、大富豪の赤ちゃんを誘拐することになり、その誘拐した赤ちゃんの世話やら赤ちゃんをめぐってのてんやわんや。プロジェクトBBとはBabyのBBだったのです。それがすごく笑えます。警察官にはユン・ピョウが演じ、なんだかルパン三世と銭型警部の間柄みたいないい関係がジャキー・チェンとユン・ピョウの間に築かれてます。笑ってハラハラして、アクション、スピード感あって、ホロリとさせるところもありますが、ホロリは個人的にはあまりなかったのですが、予想外におもしろかったのが嬉しいです。

エンディングロールでの恒例のNG特集は必見です。こちらもおかしくて会場皆で笑いました。帰ろうとする人がいないのがこの映画の楽しさを物語ってました。いつものジャッキー・チェンのアクションか、と思ったら大間違い。そのアクション+笑いが加わってるのでこの映画は二重丸です。

 


 下の写真は1991年チベット・ラサに行ったとき、偶然会ったユン・ピョウ。もう16年も前なので若くて格好良いです。絶えずニコニコして、好青年って感じでした。握手してもらい、ツーショットでも写真を撮ってもらいました。映画の撮影のために壁絵が美しい安宿ヤクホテルに来ていて、中国語ができる留学生がスタッフに取り入り、スタッフが食べる食事までごちそうになりました。いい思い出です。ちなみに奥はミス香港で女優さん。

ユン・ピョウ


前の5件 | - 台湾・香港映画 ブログトップ
メッセージを送る