So-net無料ブログ作成
検索選択
フランス映画 ブログトップ
前の5件 | -

シークレット・オブ・モンスター [フランス映画]

ニッショーホールで「シークレット・オブ・モンスター」を観てきました。

イギリス、ハンガリー、フランス映画です。

ポスター画像

映画公式サイト:http://secret-monster.jp/

結構怖い映画でした。特に音楽が心臓に悪くて、音楽だけでも十分怖い映画でした。サルトルの短編小説「一指導者の幼年時代」から着想を得て、脚本を完成させたコーベットは監督業も兼任。ヒットラーの幼少期もこんな風に形成されていったのかと思わせるような映画でした。

第一次世界大戦終結後にアメリカからフランスへと送り込まれた政府高官の一家。数か国語を操る信心深い妻と息子がいたが、政府高官の夫は家庭の一切を妻に任せきりにしていた。家にはたくさんのお手伝いさんがいて、中の一人が息子を溺愛していたが、息子の教育にならないと母親はこのお手伝いを解雇。また息子にはフランス語を学ばせるために家庭教師を雇ていたが、そのうち息子は自分一人で学んでいけるといい出し、家庭教師も来なくなる。

息子はある時は教会で人々に石を投げつけたり、ベッドの上で飛び跳ねたり、また家に客をもてなしているときに裸で家の中をうろうろしたり、食事の前のお祈りを母親からお願いされると「そんなの信じてたことない」と大声で何度も何度も客の前で騒ぎ…、と色んな事件を起こします。よくある子供のさもない事件と思いがちですが、最終的にはヒットラーのような独裁者になってしまいましたとさ、という結末。ぞっとしました。

映像も古くて大きな由緒正しき家が舞台で、とっても荘厳な家が舞台ですが、 暗く重苦しい雰囲気がまるでこの子供の人生をがんじがらめにしているかのよう。重苦しさが映画全体を覆って、かなり気の滅入る映画でした。

また子育てはいったい何が正解で、一体何がダメなのか、難しいのだなあと思った作品です。 


おまけ:

久々の試写会でした。他にも「湯をわかすほどの熱い愛」「ぼくの妻と結婚してください」の試写会もありましたが、予定が合わず観に行けませんでした。両方とも涙なしには観れない映画らしいので、また泣きたい気分になったら観てみたいと思います。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ [フランス映画]

一ツ橋ホールで「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」を観てきました。

ポスター画像

映画公式サイト:http://kisekinokyoshitsu.jp/

フランス映画。世界中の映画祭の数々の賞を受賞しています。サンタバーバラ国際映画祭観客賞、トロントユダヤ映画祭最優秀作品賞、セントルイス国際映画祭最優秀作品賞、コルコアフランス映画祭特別観客賞、ボストンユダヤ映画祭観客賞、ワシントンユダヤ映画祭観客賞最優秀作品賞…。

フランスのある高校の落ちこぼれクラス。そこで一人の教師が全国歴史コンクールに参加するように呼び掛けます。テーマは「アウシュビッツ」。人種もいろいろ、肌の色もいろいろ、宗教もいろいろでまとまりのないクラスが、いつしかこの「アウシュビッツ」を調べるうちにまとまり、そして見事コンクールで優勝するのです。真実の物語です。

この映画はフランスがいかに多民族で多宗教でそれをまとめて学校で授業を行うことがいかに難しいかが良くわかる映画でした。イスラムの習わしから女生徒はスカーフを被ったまま授業に出席したい。けれどもそれは公的な場所に宗教を持ち込むことができないフランスでは、認められないのです。そのため学校側と生徒は争うことになります。また授業で教会の建築物の地獄のレリーフの説明がなされます。その地獄にはイスラムの予言者ムハンマドがいて、イスラム教徒の生徒たちはその説明に反発します。

これだけでも大変だなあと思いました。

また落ちこぼれと言われるそのクラスで、「アウシュビッツ」に関する研究をしていきますが、ガス室はフランスにもあったという事実。知りませんでした。ヨーロッパ全土にあったのですね。映画では生き残りの人の話を聞いたり、その当時の写真を見たり、それだけでもやはり気分は重くなります。「アウシュビッツ」に関しては色んな本や映画でさんざん観てはきましたが、やはりこのテーマは気分がかなり重くなります。

主役のゲゲ先生も生徒一人一人も、皆演技がうまく、良くできている映画でした。夏休みに子供たちが観るのにいい映画かもしれません。


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

エール! [フランス映画]

「エール!」をニッショーホールで観てきました。

ポスター画像

映画公式サイト:http://air-cinema.net/

フランス映画祭観客賞最高賞受賞、セザール賞、リュミエール賞の最優秀新人女優賞受賞(ルアンヌ・エメラ)、リュミエール賞最優秀女優賞受賞(カリン・ヴィアール)。フランスでは4週連続No.1で750万人が観たという映画です。

田舎暮らしの高校生のポーラ。彼女の家族は両親と弟でポーラを除く家族みんなが耳が聞こえません。耳の聞こえるポーラが、酪農一家の自家製チーズを売るのに一役買い、そして手話で家族の言いたいことや人の言っていることを通訳しています。父親が地元の村長に立候補し、そのためのテレビ撮影などのインタビューも彼女が通訳し、彼女はこの家族になくてはならない存在です。

高校では気になる男の子と同じ合唱部に入部し、その子と共に教師から才能を見出され、一緒にレッスンを受けることになります。そしてパリでのオーディションの話まで持ち上がるのですが…。

最後に家族が足手まといになり、パリでのオーディションも受けられなくなるかと思いましたが、何とか道が開けました。結構可笑しくて、笑えて、音楽がたくさん入っていて、なかなか良かったです。フランスのオーディション歌番組で一躍スターになったルアンヌ・エメラが高校生のポーラを等身大で演じています。音楽を扱った映画はいつも素敵だし、それだけでも感動ですが、そこに笑いがあって泣けるとなるとさらに心に響きます。お勧め映画です。


 おまけ:

東京国際映画祭が明日までやっています。コンペティション作品をどれでも観ることができる招待券をいただいたのですが、非常に残念なことに、朝の9時30分から当日券に引き換え、しかも席があればという酷い条件でしたので、観たい作品どころか観れる作品をネット上で探すのに一苦労で(席が全然残っていない!)最終的には面倒くさくなりこの権利を放棄しました。毎年このような招待券があるのか不明ですが、結構迷惑な招待券だったなあと思いました…。


nice!(15)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シェルブールの雨傘 [フランス映画]

「シェルブールの雨傘」を観ました。

シェルブールの雨傘 [Blu-ray]

シェルブールの雨傘 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray

今ならGYAOで無料で観られます。

1964年のフランス映画。カンヌ国際映画祭でグランプリ受賞。セリフすべてに音楽がついているミュージカル仕立てで、主演のカトリーヌ・ドヌーブの美しさが際立ち、また部屋の壁紙や衣装の色彩がポップで明るくまるでおとぎの世界のよう。この映画のタイトルと音楽は知っていましたが、初めて観ました。切なくて胸がいっぱいになる映画でした。

母の経営する傘屋で働くジュヌヴィエーヴ(カトリーヌ・ドヌーヴ)と、自動車修理工場で働くギイ(ニーノ・カステルヌオーボ)は16歳と20歳の恋人同士でした。しかしギイはアルジェリア戦争へ2年間徴兵され、二人は離れ離れになります。2年間待ってというギイに対し、2年間も待てないというジュヌヴィエーヴ。ジュヌヴィエーヴはギイの子供を身ごもったのですが、ギイは戦地に行ったままなので不安になるジュヌヴィエーヴ。その間、家に出入りし、母も気に入っている宝石商の男性からジュヌヴィエーヴは求婚されます。ギイの子供を身ごもっていても求婚しジュヌヴィエーヴを愛するという宝石商と、ついには結婚を決意するジュヌヴィエーヴ。

2年後ギイは戦地から戻ります。恋人が結婚してしまったとは知らされていなかったギイは、恋人の結婚に失望し荒れた生活を始めます。しかし同居していた叔母が亡くなり、その面倒を見てくれていたマドレーヌが家を去ろうとしたとき、ギイはマドレーヌに求婚し、二人は結婚するのです。

何年かして自らガソリンスタンドのオーナーとなったギイ。クリスマスが近い雪の降る日、ギイの奥さんのマドレーヌと子供は買い物に出かけました。その直後、ジュヌヴィエーヴが子供を乗せて運転する車が給油のためにギイのガソリンスタンドに偶然立ち寄ります。お互いがかつての恋人であったとすぐに悟る二人。お互い元気だったか確認し合い、(車の中にいるギイとの間の)子供に話をするか、ジュヌヴィエーヴが尋ねても首を振るギイ。そしてそのまま立ち去るジュヌヴィエーヴ。そのあとギイの奥さんのマドレーヌと子供が戻り、ギイの家族は何事もなかったように3人で楽しげに雪遊びをするのでした。

映画鑑賞後ふと、昔観た映画「草原の輝き」を思い出しました。ナタリー・ウッドとウォーレン・ベィティ主演の「草原の輝き」のほうが有名でスタンダードですが、私はドラマ「大草原の小さな家」でローラ役をやったメリッサ・ギルバート主演での映画「草原の輝き」を観ています。この映画もジーンとくる悲恋物語でした。あまりにも若くして恋人同士であった二人は最終的にはお互い別々の人と結ばれ、二人がある日再会し、言葉を交わすラストが、どちらの映画も同じ気持ちにさせるなあと思いました。どんなに愛し合ってもそのタイミングが合わなければ、結婚にまでは行きつかない。男女のすれ違いは、この2本の映画のテイストやディテールに大きく隔たりがあるにしても、何だか永遠のテーマのように思えました。久々に「草原の輝き」も観てみたくなりました(今度は本家のナタリー・ウッド版で観ようかな)

色彩のことに関して言えば、水色とピンク色などパステルカラーなどふんだんに使っていて、本当にオシャレで楽しかったです。部屋の壁紙と衣装の色がよくコーディネートされていて、芸術面で二重丸。素敵すぎでした。女性ならきっと好きな色使いだと思います。今年アカデミー賞で美術賞など獲った映画「グランド・ブタペスト・ホテル」とか、ジェームズ・マカボイが出てる映画「ペネロピ」、岡田将生くんが出たドラマ「フキデモノと妹」に共通する夢ある色使いで、こういう色に気を使った映画は私自身本当に大好きだと思いました。何だか今でもその色使いのためか、素敵なファンタジーを観た気がします。

この映画がもう50年以上経っているということが、驚きです。全く古さを感じさせません。不朽の名作と言われてますが、本当にその通り。上質でいい映画を観たなあと思いました。私の好きな映画のベストテンに入るくらいの好みの映画でした。


nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

幸せはシャンソニア劇場から [フランス映画]

映画「幸せはシャンソニア劇場から」を観ました。

幸せはシャンソニア劇場から [DVD]

幸せはシャンソニア劇場から [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

2008年フランス、ドイツ、チェコ映画。1930年代、パリのシャンソニア劇場が世界恐慌のため閉鎖となり、その劇場の裏方として働いていたピゴワルは仕事を失い、その上一人息子のジョジョが補導され子供を養育できないと見なされ、親権が母親に移ってしまいます。かつての活気あるシャンソニア劇場を再建させるため、仲間を集めて奮闘するのですが…。

時代が世界第二次大戦前で、ドイツ占領下にあり、ナチの集会があったりしてきな臭い雰囲気の中、歌姫が現れ、一人息子のジョジョを取り戻しジョジョもアコーディオンを弾いてメンバーに加わり、劇場もどんどん盛り返していきます。歌姫と裏方の若者の恋物語もあり、また歌姫が引き抜かれてはどんどんビッグになっていき、その後もう一度シャンソニア劇場を建て直したいということで、オーナーに金を出すことと引き換えに歌姫は体を要求されたり、またその歌姫をラジオで聞いてその母親を歌手として育て上げた今は家に閉じこもりのラジオ男が、俄然やる気を出し、彼女とのタッグを組みたいと願い、それが叶った時には、また更なる煌びやかな世界を見る復興の物語です。しかし、殺人事件が起き、お金が盗まれ、自分たちの劇場を建てる夢が一歩手前で果ててしまい、歌姫の恋人であった若者を守るために銃で人を殺してしまったピゴワルは、10年間の刑に服すこととなります。そして10年後刑を終えて娑婆に出てきてシャンソニア劇場の前まで来ると、息子のジュジュのポスターが張られ、劇場内ではジョジョのコンサートが行われている最中であると知るのです。父親のピゴワルはひっそりと劇場前で佇んでいるラストでした。

後半の劇場での音楽がとにかく素晴らしかったです。人生紆余曲折あったけれど、最後は子供ジョジョが立派に成長し、アコーディオン奏者になっている、しみじみとしたラストでした。こんな感じのストーリー展開の映画、どこかで観たなと思うのですが思い出せません。この映画の触れ込みが「ニューシネマパラダイスの感動をもう一度」というものだったのですが、まあまあ良かったです。そうはいっても「ニューシネマパラダイス」に代わるものはなかなかないことは確かですけどね…。


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - フランス映画 ブログトップ
メッセージを送る