So-net無料ブログ作成
検索選択
イギリス映画 ブログトップ
前の5件 | -

マイビューティフル・ガーデン [イギリス映画]

渋谷ユーロライブで「マイビューティフル・ガーデン」を観てきました。

ポスター画像

映画公式サイト:http://my-beautiful-garden.com/

イギリス映画。監督はポール・マッカートニーの娘婿(アパレルで有名な次女のステラの夫ではなかった。長女の夫)のサイモン・アバウド。

図書館で働きながら絵本作家を目指すベラ(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)が隣人の気難しい偏屈もののアルフィー(トム・ウィルキンソン)とそのお抱えの料理人でシングルファーザーのヴィーノン(アンドリュー・スコット)、図書館に調べ物に来るマイペースなビリー(ジェレミー・アーヴァイン)と関わりながら、庭造りや絵本作りを完成させる物語。そして恋の予感も。

まるで絵本を観ているような映画でした。主人公は絵本作家を目指しますが、ビリーと出会うことで絵本のストーリーを作り、着実に自分の夢へと突進します。また図書館を解雇されてしまっても、絵本の中のルナという生き物から励ましの言葉をもらい、自分も生きていこうとします。一か月以内に荒れた庭をきれいにできなければ家を出て行かなければならず、苦手な庭の手入れをすることをきっかけに、気難しい隣人との付き合いが始まります。途中挫折しそうになり、約束の日までに庭が完成しないかと思われたり、またビリーとのデートの約束のときに彼が他の女性と一緒のところを見てしまい、二股掛けられていると思いふさぎ込んでいましたが、最後は色んなことがハッピーエンド。途中でクスッと笑える箇所もあり、何とかピンチを乗り越えるその物語はまるでこのベラが描く絵本そのもの、物語の典型なのかもしれないなあと思いました。

気難しい隣のアルフィーはかつて世界を旅行してたくさんの国で植物の種子を集めた人であり、最後に彼が語る彼の人生もまた素敵でした。そして双子の父親であり、料理人のヴィーノンが作る料理はイギリスの食事=まずい、という方程式を覆すような料理に見えました。

この映画はきっと女性が大好きな映画だと思いました。現実にちゃんと根ざしているのにファンタジー的。「アメリ」とか「ペネロペ」「グランドブタペストホテル」なんかを思い出させてくれる要素を兼ね備えていました。鑑賞後の気分もとっても良くて、思いのほか大満足の映画でした。早くも私にとって今年一番の映画かも

ところで、料理人でシングルファーザーのヴィーノン役のアンドリュー・スコットは、「SHERLOCK/シャーロック」のジム・モリアーティ役の印象がとっても強くて、中々このシングルファーザーとして私自身が見ることができず、いつもの不気味なモリアーティ役をすぐに思い出してしまいました。それだけモリアーティ役が強烈だったという証で、本当にこの俳優さんの顔を観るともうモリアーティにしか見えないのです。はまり役もほどほどかもなあとこの時ほど思ったことはありません。またビリー役のジェレミー・アーヴァインは「戦火の馬」以来なのですが、何でもこの俳優さんは糖尿病らしく、「戦火の馬」で注目を浴びてからいろんな映画のオファーが来ていたけれどずいぶん断っていたという情報を、昔何かで読んだことがあります。眼鏡を掛けるだけで、また6年の歳月が過ぎて雰囲気がすごく変わっていたのに驚きでした。ちょっと気の弱そうでオタクっぽく優しい人柄の役は、大好きなエディ・レッドメインが演じたらいいなあと思える役柄でもありましたけど、ジェレミー・アーヴァインもうまく演じていました。また主役のベラを演じたジェシカ・ブラウン・フィンドレイは「ダウントン・アビー」でブレイクした女優さんらしいですが、「ダウントン・アビー」を観ていたらきっともっと楽しめたかもなあと思いました。「ダウントン・アビー」観てみようかなあ…。

庭はないのでせめていつもより多く花でも買って、家の中のあちこちに花でも飾りたい気分になりました。特に女性の方にはお勧め映画です。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ワン・ディ 23年のラブストーリー [イギリス映画]

「ワン・ディ 23年のラブストーリー」を観ました。

ワン・デイ  23年のラブストーリー [DVD]

ワン・デイ? 23年のラブストーリー [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD

2011年のイギリス映画。デビット・ニコルズの小説を映画化。1988年7月15日のエジンバラ大学の卒業式に初めて言葉を交わし、一夜を共にするもそのまま友達のまま時を重ねていくエマ(アン・ハサウェイ)とデクスター(ジム・スタージェス)。23年間の7月15日の一日だけを切り取った構成の映画で、二人にとって大切な卒業式の翌日のことが映画の最後にわかり、また冒頭の映像のその後が映画の最後で知らされる編集で、それらの編集のためにとっても切なく、素敵な余韻が残る映画になっていました。エジンバラ、ロンドン、パリを舞台に二人を切り取っていく手法が面白い映画でもありました。

卒業後メキシカンレストランで働き、教師になり、最後には詩人となるエマ。その間デクスターとは手紙や電話で連絡を取り、休暇があれば一緒に旅にも出るのですが、友人関係から抜け出すことができません。本当はエマはデクスターのことが大好きなのに。一方デクスターは大学卒業後すぐに人気テレビ司会者となって、派手な恋愛遍歴を重ねるのですが、母親(パトリシア・クラークソン~この人どこかで観たことあると思ったら「シャッターアイランド」に出ていた人だとわかりました。でも他にも「アンタッチャブル」「エデンより彼方に」「幸せのレシピ」「それでも恋するバロセロナ」などたくさん出ている)には「もっとまともに生きなさい」と諭されもします。またできちゃった結婚で一児の父となるも、その後は奥さん(ロモーラ・ガライ)とも離婚し、公私ともに全くダメになっていくのです。一方エマは好きでもない人と一緒に同棲をしていましたが、詩人となりパリに住み始めてから新しい恋人ができます。二人が何度もすれ違い、そしてやっと一緒になれて、二人の子供が欲しいと朝話し合って出かけたエマは、デクスターの待つ店に向かう途中、交通事故で帰らぬ人となるのです…。

デクスターの父親と二人でデクスターが泣きごとを言ったとき、父親は「(亡くなった彼女が)生きていると思って生きなさい。きっとできるよ。だって私はもう(デクスターの母親=自分の妻が亡くなってから)10年もそうしてくているから」と息子に言うのです。その場面がとっても泣けました。また卒業式の日に一夜を共にして、その翌日にデートをするエマとデクスターでしたが、デクスターの両親が約束の時間よりも早く訪ねてきてしまい、思うようにデートをすることができませんでした。ここでせめてデクスターの両親が約束通り、あるいはもっと遅くに訪ねて来たら物事は変わっていただろうに…と考えざるをえない場面が終わり近くに明かされます。それが何とも効果的でした。そして一人娘と二人でデクスターは丘に登るのですが、そこはかつてエマと一緒に登った丘でもありました。

大泣きはしませんでしたが、切なかったです。ワン・ディの題名通り、1日、1日が愛おしいと思いました。何年かしたらまた観てみたい映画だなあと思いました。


nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アンナ・カレーニナ [イギリス映画]

「アンナ・カレーニナ」を観ました。

アンナ・カレーニナ [DVD]

アンナ・カレーニナ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD

2012年イギリス映画。トルストイの小説を映画化。アカデミー賞衣装デザイン賞受賞作品。

ドーナル・グリーソンとアリシア・ヴィキャンデルが出ているので、観たいと思っていました。観れて良かったです。二人はそこそこ出演していて、主役のアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)とその相手役アレクセイ・ヴィロンスキー伯爵(アーロン・テイラー=ジョンソン)の激しい恋愛と対比すると静かな恋愛をして素敵な夫婦(コンスタンティンとキティ)になっていく役柄でした。その役もとっても良かったです。そしてこの映画は映画自体が芝居小屋での舞台を観ているようで、また絵画の枠に素敵な絵が収まっているような効果を狙ったシーンもあり良かったです。もちろん衣装も素敵です。

年の離れたアンナの夫アレクセイ・カレーニン伯爵にジュード・ロウ、アンナの兄スティーヴンにマシュー・マクファディン(この人どこかで顔を観たことあると思っていたら「ダーク・エイジロマン 大聖堂」での修道院長のフィリップ役を演じた人でした)、コンスタンティン・リョーヴィン(アンナの兄、スティーヴァの旧友)にドーナル・グリーソン、キティ(スティーヴァの妻ドリーの妹)にアリシア・ヴィキャンデル。

1870年代のロシア。兄夫婦のけんかの仲裁のためにモスクワにやってきたアンナは若い貴族の将校ヴィロンスキーに出会い、互いに惹かれあう。するとサンクトペテルブルグに戻ったアンナを追ってヴィロンスキーはやってくる。アンナはヴィロンスキーの子供を宿し生むが、寛大な夫はアンナを許すとまで言いだす。そしてそれが社交界に知れ渡ると、怪訝な顔でアンナは見られ彼女の居場所はなくなってしまいます。仕舞いにはうまくいっていた二人の仲もうまくいかなくなり、アンナは列車に身を投じるという悲劇。一方、キティに求婚して断られたコンスタンティンは失意の中、領地に戻り農業の仕事に精を出すが、ヴィロンスキーに夢中だったキティもまたヴィロンスキーに無視され失意のどん底へ。その二人は後に再会し結婚し、静かな農村での生活を送るのです。

アンナ役のキーラ・ナイトレイはいつも思うのですが、ちょっと痩せすぎ。そしてちょっとお人形さんみたい。最後は現実だか幻想だか、何が何だかわからないちょっと精神が病んだ人になっていて、その苦悩みたいなものが尺が短かったためかうまく演じきれなかった感がありました。またこの時代に不倫は大変な代償を強いられたでしょうが、18歳くらいで恋も愛も知らずに結婚して、本当にこの人だと思った時には既に自分は結婚し子供までいたら、大抵の人はそのまま諦めて生きていくしかないのでしょうが、アンナはその気持ちのままに好きな人の元へ突っ走ったのが天晴ですが悲劇の元でした。当時の人にはもちろん容認されず、彼女には自殺しか残っていませんでした。

純朴なコンスタンティンが「結婚はこの人と一生と思った人とすべきで、そうでなければ誰とでもとなると野獣(畜生)と一緒です」みたいなセリフがあったのですが、この言葉がとっても輝いていました。また妻の不貞を寛大に許してしまう夫という存在が本当に神様。でもきっとアンナにとってはそういうところがまたイヤなんだろうなあと思いました。私もそんな神様みたいな人は苦手かもしれません。これを機会にアンナ・カレーニナ読んでみようかなと思いました。

それにしてもドーナル・グリーソンとアリシア・ヴィキャンデルが「エクスマキナ」以前にもこの映画で共演しているなんて、もうびっくりでした。今一番注目している二人が出ている作品を観れたのはとっても楽しかったです。


nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

私を離さないで [イギリス映画]

「私を離さないで」を観ました。

わたしを離さないで [Blu-ray]

わたしを離さないで [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


2010年のイギリス映画。カズオ・イシグロの原作を映画化。同じ寄宿学校ヘールシャムで育ったキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)。そこで育った子供たちは大人になると臓器提供をしなければならない。そして臓器提供まではその提供者の介護者となって働いている。大人になってバラバラだった3人がまたある時に再会を果たします。淡い恋、三角関係であった3人の物語です。

寄宿舎のおかしな風景にも、臓器提供していずれは死が待っているというそのシステムにもかなり違和感を持って映画を観て、今も消化しきれずにいます。寄宿舎で育った子供たちはどうやら孤児たちで、社会に出たときに普通の人たちの臓器移植の提供者となることが最大の目的で育てられているようなのです。そんな社会って何なのだろう?すごい違和感以外何物でもありません。そして本当に愛し合っている者たちは臓器提供を延長し待ってもらえるという噂があり、実際に愛し合っていたキャシーとトミーはへーシャムの元学長のところへそのことを伝えに行くと、「これまでも臓器提供の延長をしたことがないし、これからもそれは同じ」ときっぱりと言われてしまうのです。何と酷い宣告。キャシーが愛するトミーも臓器提供で最後は若くして亡くなり、自分のもとにも臓器提供をしなければならない通知がやってきます。まるで戦時中の赤紙みたいだと、思ってしまいました。

ディカプリオ主演の「華麗なるギャッツビー」を観たとき、相手役の女優さんキャリー・マリガンが愛らしく彼女の出ていたこの映画を観たいと思いながら観る機会を長らく失っていました。キャリー・マリガンはかつてエディ・レッドメインのガールフレンドでもあった人だったので気になってもいたのです。しかし今回は気になっているドーナル・グリーソンが出ているということでこの映画を再発見し、出演者の中にドーナル・グリーソンやキャリー・マリガンが出てるだけでも嬉しかったのですが、インディペンド映画「BOY A」の主役だったアンドリュー・ガーフィールドもいることを知り二重三重と得をした気分になりました。「BOY A」の主役を演じたアンドリュー・ガーフィールドが間違いなく素晴らしい演技力だったので、その後どんな俳優さんになっているんだろうかと思っていました。だからこの映画で期せずして彼の演技も観れて大満足でした。

また近頃スコセッシ監督の新作映画「沈黙」にも彼が出ており、スコセッシ監督の映画も遠藤周作の「沈黙」も大好きなので、今この時期にまたいろいろ繋がった感じです。「沈黙」も是非観たいです。また好きな村上春樹がカズオ・イシグロの大ファンらしく、そういう意味でもこの映画を観れて良かったです。好きなものは磁力を持ち、皆集まってくるような感じがしましたが、私にとってはこの映画、ちょっとハードルが高かったです。本当に違和感だらけの映画。テーマがテーマだけに気分も落ち込み、辛すぎでした。カズオ・イシグロの世界は厳しすぎだと思いました。


nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アイ・イン・ザ・スカイ [イギリス映画]

ニッショーホールで「アイ・イン・ザ・スカイ」を観てきました。

 ポスター画像

映画公式サイト:http://eyesky.jp/

実際の戦場からは遠く離れた安全な会議室でドローンを見ながら決定を行う現代の戦争。その闇をリアルにあぶり出し、正義とは?モラルとは?を問うサスペンス映画。映画全編を通してハラハラして画面から目が離せませんでした。ロッテントマトの評価は95という驚異の満足度作品。私も大大満足の映画でした。

イギリスの諜報機関で働くパウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、大規模な自爆テロを事前に見つけます。ちょうどアメリカとイギリスのドローンを使った合同訓練を行っており、ドローンをカイロ上空まで飛ばしていたのです。テロリストで指名手配となっていた何人かが一気に一つ屋根の下に集まることがわかり、現地のスタッフに鳥型や、昆虫型(カナブンみたい)のドローンを操作させ、テロリストが集う部屋まで映像を映させています。さっそくアメリカネバダ州にいるドローン・パイロットのスティーブ(アーロン・ポール)に直接ドローン攻撃をさせるため、国防相のベンソン中将(アラン・リックマン)に連絡を取り許可を得ます。しかし爆破地近くの殺傷圏内にパン売りの女の子がパンが売り始めその場所を動かないのです。その女の子の命を取るか、はたまたこれから80人ほどの命を奪うであろうこのテロリストを即座に殺すのか。アメリカ、イギリス両政府の閣僚たちに次々に連絡を取りますが、まるで誰も責任を取らないようなたらい回しの状態…。

よく湾岸戦争の時に、「画面を見て爆弾を落とすのがまるでゲームのようだ」と聞いたことがありましたが、この映画にもそんなゲーム感覚があるのだろうと思ってましたが少し違ってました。今は技術の進歩で画像がはっきりくっきりと映り、爆弾が落とされる人たちの表情のひとつひとつまでわかり、さらにはコンピューターによってその人物の特定まで瞬時にされてしまいます。それだけに余計、ドローンを操縦して爆弾を落とすパイロットは、ボタンを押したその何十秒後かに、殺傷圏内に民間人が入り込むと気が気でありません。映画の中のパイロットが特にそうであったように心労が大変なものだとわかりました。こんな心労の伴う仕事は決してやりたくないなと私自身は思いました。

また現地のスタッフが危ない地域に入り込み、標的となる家の近くまで行って、小型の鳥や昆虫の型をしたドローンを駆使し、中の人にも気づかれないように家の中にドローンを侵入させ、その部屋の中で行われていることをはっきりと映し出します。その小型のドローン。今はここまですごくなっているのだとやはり感心してしまいました。それと同時に、こんなものを普通に誰でもが使えるようになったら怖いなとも思いました。プライベートも何もあったものではありません。また、偉い人たちは本当に完璧なほど安全な場所で命令を下すだけですが、現地のスタッフはそれこそ命がけで任務を遂行しなければなりません。実際映画の中でも、小型昆虫型ドローンを扱う現地スタッフは命からがらでした。そういったことがとっても不条理でやるせない感じでした。

そして一番重い選択。一人の女の子の命を救うか?はたまたこれから80人の人をテロに巻き込もうとしているテロリストたちを一気に殺すか?あなたならどうしますか?と迫るこの映画。映画の中では民間の女の子の殺傷率は本当は65%くらいだと出しているのに上部から50%以下(45%だったかな?)でなければ爆弾を落としてはいけないと言われたため、無理に50%以下と部下に言わせて、それを上部に報告して無理に爆弾を落とす命令を下すパウエル大佐。その結果女の子は亡くなり、テロリストは皆殺し。女の子の人命を犠牲にすることが良いことなのか、たぶん意見はいろいろ分かれると思います。この重いテーマはハーバード大の超人気なマイケル・サンデル先生の講座でも扱っているテーマだったなあと思い出しました。すべてがウィンウィンにならない重いテーマ。だからこそ永遠にこの問題にはこれといった答えが出ないのでしょう。考えさせられます。

それにしても空の目=ドローンがここまで既に来ているのか、と驚かされた映画でした。


nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - イギリス映画 ブログトップ
メッセージを送る