So-net無料ブログ作成
検索選択
デンマーク・スウェーデン映画 ブログトップ

おじいさんと草原の小学校・スカイライン・光のほうへ・戦火のナージャ [デンマーク・スウェーデン映画]

久々の更新になりました。

東日本大震災以降に観た試写会を、ここら辺でまとめておきたいと思いました。観たのは4本です。

①イギリス映画「おじいさんと草原の小学校」

「おじいさんと草原の小学校」の場面カット

公式映画サイト:http://84-guinness.com/

この映画はケニアを舞台に実話を元に作られました。イギリス植民地支配から独立を勝ち取った39年後の2003年、ケニア政府が全国民に向けて無償教育制度をスタートさせますが、それまで独立戦争で戦い、妻子を目の前で虐殺され、強制収容所で長い間拷問を受けた84歳のマルゲおじいさんが「私にとって自由とは学校に行き学ぶこと。もっともっと学びたい」と言って小学校で教育を受けたいと申し願います。しかし本来学ぶべき子供たちで小学校は溢れ、なかなか許可が下りません。しかしマルゲおじいさんの熱意が学校長を動かし、彼女の計らいで通学が叶うものの数々の嫌がらせが始まります・・・・。

世界最年長の小学生として実際にギネス記録を持つマルゲ。彼の勉強したいという熱意には心動かされます。そしてケニアの大地に生きるキラキラ光る眼を持つ子供たち、マルゲの熱意を汲む校長先生にも。熱意さえあれば何でも道が開かれるということをこの映画は語っていました。映画上映は岩波ホールにて。素晴らしい映画でお勧めです。

②ハリウッド映画「スカイライン 征服」

「スカイライン 征服」の画像1

公式映画サイト: http://skyline-movie.jp/

「2012」「アバター」のVFXチームによる映画。SF映画です。

ロスに住む友人宅を訪れたカップルが、早朝目にする薄気味悪い青白い光。その光を目にすると吸い込まれるように目が離せなくなり、たちまち光の中に消えてなくなってしまう・・・。得体の知れないものがロスの空を支配し、街は破壊され、人は吸い寄せられ、捕獲される。軍隊が出動するもなかなかその相手を倒せない・・・。

低予算と言われてる割には映像が良かったです。気楽に観るには楽しめます。残念だったのはストーリーがなんともまとまりがつかなかったこと。そのため印象がとても薄い映画となりました。

③デンマーク映画「光のほうへ」

「光のほうへ」の画像1 「光のほうへ」の画像2

「光のほうへ」オフィシャルサイト:http://www.bitters.co.jp/hikari/

第60回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、北欧映画賞受賞、ノルウェー国際映画祭批評家賞受賞、2011年デンマークアカデミー賞助演男優賞ほか5部門受賞作品。

アルコール依存症の母親に育てられた兄弟が、さらに幼い弟の世話をしているうちにその弟を死なせてしまいます。悲惨な子供時代を送った兄弟は成人しても兄は愛するすべを知らずに人間関係を築けず、そのうち無実であったけれど殺人罪で刑務所へ送り込まれ、また弟は離婚し子供を一人で育ててはいるものの、薬物中毒に溺れ、密売人となり、やはり刑務所へと送込まれます。二人が再会するのは残念ながら刑務所という場所でした・・・・。

全編がとても暗くてやりきれません。かなり重い映画です。最後の最後にちょっとだけ光が見えて終わりました。疲れているときにはお勧めできない映画です。元気があるときだけ観てください。

④ロシア映画「戦火のナージャ」

「戦火のナージャ」の場面カット

公式映画サイト:http://www.senka-nadja.com/

時代は第二次世界大戦中のソ連とナチスドイツの全面戦争の頃。スターリンの粛清の犠牲者となった父を持つ共産党員の娘ナージャは、ふとしたことから父が存命であることを知ります。過酷な父探しの旅に出て、たくさんの戦時中の不条理に出会いながら、父との再会を夢見てたくましく生きていくナージャの姿を描く映画です。

2時間30分という長い映画でしたがあまり長さを感じずに観終わりました。映画の最後に瀕死の兵士を助けようとしたナージャは、「生まれてから一度も女の人の胸を見たことがないんです。一生のお願いです。胸を見せてください」と頼まれ、ボタンをはずして胸を見せるシーンがありました。それはジュディ・ディンチ主演の実話を元に作ったイギリス映画「ヘンダーソン夫人の贈り物」を思い出させました。富豪のヘンダーソン夫人は戦争で息子を亡くし、その息子の部屋を整理したときにたくさんのポルノ雑誌が出てきたことで、イギリス初のヌード・レビューを開いた人でした。「戦火のナージャ」の映画の中には銃が乱射して泣け叫びながら逃げ惑う人々の姿もたくさん描かれてましたが、兵士のたった一言の「胸を見せてください」と言うセリフだけでも、戦争の酷さが集約されているようでした。

Soundtrack

Soundtrack

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Varese Sarabande
  • 発売日: 2011/06/14
  • メディア: CD
オリジナル・サウンドトラック 『スカイライン -征服-』

オリジナル・サウンドトラック 『スカイライン -征服-』

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2011/06/08
  • メディア: CD
戦火のナージャ [DVD]

戦火のナージャ [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD

ヘンダーソン夫人の贈り物 デラックス版 [DVD]

ヘンダーソン夫人の贈り物 デラックス版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ぼくたちと駐在さんの700日戦争/ 愛おしき隣人 [デンマーク・スウェーデン映画]

今週は2本の試写会に行ってきました。
まずは「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」。新宿厚生年金会館にて。
公式映画サイト:http://bokuchu.gyao.jp/
この映画、人気ブログ小説No1となり映画化されたものです。イタズラに次ぐイタズラ。田舎の高校生たちが新しく赴任してきた駐在さんとの取り締まりにいろいろ知恵を絞ってあれやこれやと対抗し、お互いがいっぱい食わせようとイタズラを仕掛けあいます。まるで漫画を見てるような映画でした。
これだけ思いきりイタズラをエンジョイできたなんてこれを実体験した人は本当に楽しかっただろうなあと思います。
時代は1979年頃の実話を元に書かれてるので、そのころ流行ったヒット曲などが映画のところどころに使われすごく懐かしい感じがしました。
例えば、魅せられて/ジュディ・オング、夢想花/円広志、愛の水中花/松坂慶子、私のハートはストップモーション/桑江知子、狼なんて怖くない/石野真子。
役者も脇役にその石野真子を使ったり、ガッツ石松、片桐はいりなんかが出てました。インベーダーゲームもちらりと出ていて、爆発的人気だったのを思い出しました。 
映画の終わりには主題歌を歌ってるファンキーモンキーベイビーが出演し、主題歌「旅立ち」を歌うおまけもついてましたが、次の日が早かったので映画だけにしてきました。
前半はちょっと軽すぎてついていけなくても、後半はなかなかよくまとまっていました。ほろりとするエピソードが良かったです。
ぼくたちと駐在さんの700日戦争 1 宣戦布告編―田舎町で繰り広げられたしょーもないイタズラ戦争 (1)

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 1 宣戦布告編―田舎町で繰り広げられたしょーもないイタズラ戦争 (1)

  • 作者: ママチャリ
  • 出版社/メーカー: 高陵社書店
  • 発売日: 2007/04/26
  • メディア: 単行本
ぼくたちと駐在さんの700日戦争 2 激闘編―田舎町で繰り広げられたしょーもないイタズラ戦争 (2)

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 2 激闘編―田舎町で繰り広げられたしょーもないイタズラ戦争 (2)

  • 作者: ママチャリ
  • 出版社/メーカー: 高陵社書店
  • 発売日: 2007/04/03
  • メディア: 単行本
ぼくたちと駐在さんの700日戦争~BEST HITS 1979

ぼくたちと駐在さんの700日戦争~BEST HITS 1979

  • アーティスト: サントラ,久保田早紀,ばんばひろふみ,YELLOW MAGIC ORCHESTRA,ジュディ・オング,円広志,松坂慶子,桑江知子,石野真子,クリスタルキング,西城秀樹
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2008/03/26
  • メディア: CD
旅立ち

旅立ち

  • アーティスト: FUNKY MONKEY BABYS,田中隼人,soundbreakers
  • 出版社/メーカー: DREAMUSIC( C)(M)
  • 発売日: 2008/03/26
  • メディア: CD

もう1本は「愛おしき隣人」。サイエンスホールにて観てきました。

公式映画サイト:http://www.bitters.co.jp/rinjin/

スウェーデン、フランス、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、日本合作映画。人々の嘆き、悲しみ、愚痴のようなものがたくさん出てきて、ちょっと見ていて辟易しました。ミュージシャンとの結婚を夢見る女の子はまだしも、お金を無心する息子を持つ老人、人々の悩みに耳を傾け自分も自分の人生が不幸と嘆く精神科医、「誰も私を理解してくれない」といつでもどこでも大声で叫ぶ女性などなど・・・・・・。たくさんの人の人生のひとこまなのですが、嘆き苦しみばかりで、観ているこちらのほうがストレスがたまりそうでした。何か脈絡あってストーリーがあればまだしもなのですが、ストーリーなど何もなく実にまとまりのないものだったので余計に面白くなかったです。残念。はずれでした。


おまけ:サイエンスホールが九段下の北の丸公園内、日本武道館の前を通っていくので、その前にちょっと千鳥ヶ淵の桜を見ました。さすがに綺麗。たくさんの人もお花見してました。

DSC00057.JPG

DSC00058.JPG

DSC00059.JPG

DSC00056.JPG


nice!(12)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

アフター・ウェディング [デンマーク・スウェーデン映画]

アフター・ウェディング
映画公式サイト:http://after-wedding.com/
「アフター・ウェディング」を神保町の一ツ橋ホールで観てきました。
デンマーク映画です。デンマーク映画を観るのは初めてでした。映画監督はスサンネ・ビア。女性の監督です。前作の「しあわせな孤独」「ある愛の風景」が既にハリウッドのリメイクが決まっているためこの映画も注目作と言われてます。そしてこの映画は2007年アカデミー賞外国語映画賞ノミネートもされています。
ストーリーは「007カジノロワイヤル」に出たマッツ・ミケルセン演じるヤコブが、インドの孤児で救済活動をしてるのですが、資金援助を申し出る実業家ヨルゲンと会い、偶然ヨルゲンの娘の結婚式に出席することからいろんな運命の歯車が動いていきます。
ヤコブは昔、ヨルゲンの妻と関係があり、ヨルゲンの結婚する娘は本当はヤコブの娘でした。そのことを知ってヤコブもヨルゲンもヨルゲンの娘も動揺します。もちろんヨルゲンの妻もヤコブが結婚式に出席して以来動揺しています。それからヨルゲンの娘は本当の父ヤコブに会いに出かけるようになり、その間結婚したばかりの夫が浮気に走ることで途端に不幸に陥ります。またヨルゲンは自分の死が近づいていることをそれまで誰にも話さずにいたのですが、妻にも娘にも知られることになり、そしてほとんどの財産や家族をヤコブに託そうと準備を始めます。またヤコブはインドに残してきた自分の子供同然に可愛がってきた子供をどうするか、インドに戻るかデンマークに残るかで悩み始めます。
会場内で試写会が始まるのを待っていたとき、デンマーク映画らしからぬインドか、はたまた中東辺りかと思わせる音楽がガンガンにかかっているなあと思っていて、どうしてインド音楽こんな音楽なのと思ったのですが、映画ではデンマークとインドが出てきて、その音楽は映画の最後にも流れるテーマ音楽でした。
映画冒頭から、インドの孤児院の様子、インドの可愛い孤児のインド英語、街の様子などが映し出され、私としては全て懐かしく、肯定のイエスなのに首を横に振ってイエスというのも(普通首を横に振ったら否定のノーという意味なのにインドではイエスで首を横に振るんですよね)、インド訛りの英語も健在、「ティケ(OK、わかった)」というヒンディ語も私の頭のどこかにちゃんと残っていて、すごく反応してしまいました
この映画自体はすごくリアリティあるタッチで描かれ、運命に翻弄される一家族を描いてます。亡くなって行くヨルゲンの生き方が立派でした。家族を愛し、愛するものたちに全てを残し、幸せを願って亡くなって行く。死に対して恐れ、慄き、「死にたくない」と妻の前で泣き叫ぶ姿は涙なしには見られませんでしたけれど・・・。
映画の最後にはヤコブがデンマークに残る決意をして、自分の子供同然に世話したインドの男の子はインドに残りたいと言っていたのでデンマークに連れて行けたのか定かではありませんが、これからまだまだ人生は続くのだ・・・という感じで終わっていました。
インドに始まりインドに終わったこの映画。最初も最後もインド音楽。途中のデンマークの結婚式の様子や葬式の様子も印象的。またインドの混沌とした世界と同様、北欧デンマークの美しい風景の中での家族の絆、愛の物語に惹きつけられました。感動作。涙が自然に溢れた静かで秀逸な作品でした。
ところで不思議なのですが、韓流スターのイ・ビョンホンに全然似てないにも係わらず、マッツ・ミケルセンの立ち振る舞いが何故かイ・ビョンホンを思い出させました。それと「007カジノロワイヤル」に出たマッツ・ミケルセンは悪役で端役でセリフも全くない役回りだったのですが、自国デンマークでのこの映画では主役で伸び伸び演じてる感じがしました。ペネロペ・クルスといい、マリオン・コティヤールといい、それぞれハリウッド映画に出るより自国の映画に出て主役を演じたほうが本来の持ち味が出て素晴らしいと感じたのですが、マッツ・ミケルセンも例外ではなくどんどん自国の映画に出たほうがいいなあと思いました。
アフター・ウェディング オリジナル・サウンドトラック

アフター・ウェディング オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2007/09/27
  • メディア: CD

nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
デンマーク・スウェーデン映画 ブログトップ
メッセージを送る