So-net無料ブログ作成
ウディ・アレン ブログトップ

映画と恋とウッディアレン [ウディ・アレン]

かなり前に観た映画ですが、レビューをアップせずにいました。最近忙しく映画は観れていません。こんな時は前に書いていてアップせずにいたレビューをアップしたらいいかもなあと思い、アップしてみました。

「映画と恋とウッディアレン」。2011年のウッディ・アレンのドキュメンタリーです。

映画と恋とウディ・アレン 完全版 [DVD]

映画と恋とウディ・アレン 完全版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD


ギャグを書くライターとしてスタートし、そこからコメディアン、映画監督、俳優…と数々の多才ぶりを見せるわけですが、彼の元奥さんのダイアン・キートン、ミア・ファローのほか、スコセッシ監督やショーン・ペン、スカーレット・ヨハンソンやペネロペ・クルス、ナオミ・ワッツなど多彩なスターもウッディ・アレンのことを語っていました。

「アニー・ホール」「ハンナとその姉妹」「ボギー!俺も男だ」「マッチポイント」「それでも恋するバロセロナ」「ミッドナイト・イン・パリ」など観た映画のシーンも映り、やはりこの人の映画はすごく好きだなあと再確認したのでした。

コメディアンをやっていたというのは今回初めて知ったことで(道理で動きもコミカルです)、また養子にしてた女の子に手をつけ、ミア・ファローと離婚訴訟してたまでは知っていましたが、その後その養子の女の子と結婚し子供もいて今は落ち着いた生活を取り戻していたというのは今回初めて知りました。

「おいしい生活」「マッチポイント」「ミッド・ナイト・イン・パリ」「ブルージャスミン」がウッディアレン作品ではお気に入りですが、まだまだ観ていてない作品もあるのでチャレンジしお気に入りをもっと見つけたいです。また相変わらず新作もどんどん作っているので、観たいと思いました。

追伸:映画を観るには結構余裕がないと観れないことに気づきました。物理的にもそして精神的にも。だから映画を観れているというのは実はとっても恵まれていることでもあるのです。これからも観続けていける状態であり続けたい。それはとっても幸せなことです。


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブルージャスミン [ウディ・アレン]

「ブルージャスミン」を観ました。

ブルージャスミン [Blu-ray]

ブルージャスミン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



公式映画サイト:http://blue-jasmine.jp/

ウディ・アレン監督作品。2013年の作品。主演のケイト・ブランシェットはアカデミー賞主演女優賞受賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞など様々な賞を受賞しています。それだけに彼女の演技はとっても光っています。

ニューヨークで金持ちでハンサムな夫ハル(アレック・ボールドウィン)と華やかな生活を送っていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)でしたが、結婚生活が破たんし、夫も警察に捕まってしまいます。地位も名誉も財産もすべて失ったジャスミンは、サンフランシスコに住む妹の家に転がりこみ、新しい生活を始めようとするのですが…..。

贅沢三昧の生活から一気に地に落ちた生活を送らなければならないジャスミン。妹の家に来るにもお金がないといいつつ、ファーストクラスの飛行機でやってきます。妹はスーパーのレジで働いているのに、自分はそういう単純作業は似合わない、やりたくないと豪語します。それでも生活のために仕方なく紹介された歯医者のバイトを始めつつ、インテリアコーディネーターの資格をパソコンで取ろうとしますが、その前にパソコンを使いこなすためパソコン教室に通い始めます。そこで出会った友達紹介のパーティーに出席し、素敵な男性と出会うのです。しかし…。

以前の生活から抜け出せずにいる主人公のジャスミン。虚栄心の塊の人です。いつも昔を思い出しては独り言をいいます。周りの人はびっくりしてしまいます。精神状態が不安定なので薬が欠かせません。そして酒も気持ちを落ち着かせるために欠かせません。医者に行って治療のために、電気ショックを受けたというセリフもあり、気持ちが昂るといつも息ができなくなります。

映画は今と昔を行き来しつつ、話が進行していきます。虚栄心のために転落した人生を昔の友人に見せるのも屈辱なら、新しく出会った男性にも本当のことが言えず、嘘で塗り固めた人生を披露してしまいます。そして再婚か、という一歩手前で嘘がばれ(それはそれは絶妙なるタイミングでした。人生ってこんなもんだな、と思いました。ウディアレンの「マッチポイント」もこの絶妙なるタイミングが映画のスパイスになっていたような記憶があります…)妹にも最後の最後まで嘘をつき、本当は全然うまくいっていないのにうまくいってるから(妹の)家を出るといって、出てきてしまうのです。

ジャスミンの人生、とっても苦しい人生だなあと思いました。現実と夢のギャップが大きすぎると辛すぎます。現実すぎると成長もないし楽しくないですが、現実を見ずに夢ばかりだと現実にいざ引き戻されたときに自分がかなり辛くなる。人に平気で嘘をつくことに慣れてしまうと、大切なところでやはり物事はうまくいかなくなり、自分さえも欺く結果になるなあと思いました。でも本当は心底信じていた夫がたくさんの浮気をしていたということが許せなかったのかもしれません。自らFBIに通報して夫を逮捕させてしまい、その挙げ句に子供は家を飛び出し母の顔が二度と観たくないと言ってるのですから、いくら自分がやったこととはいえ、そのショックは計り知れません。彼女はこの先、一体どうなってしまうのでしょうか。

映画の中で使われている「ブルー・ムーン」という曲。知らなかったのですが、スタンダードナンバーらしくたくさんの歌手の人に歌われています。素敵な曲だなあと思いました。またウディ・アレンの映画はやはり好きだなあと思いました。セリフがイキイキしているし、嘘っぽさがありません。これぞ人生という一面を見せてくれます。そして映画に気品が漂っています。




nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

それでも恋するバルセロナ [ウディ・アレン]

画像1

「それでも恋するバルセロナ」を、ソニー・ピクチャーズ試写室で観てきました。今回DVD発売を記念しての試写会でした。

映画公式サイト:http://sore-koi.asmik-ace.co.jp/

監督・脚本ウッディ・アレン。この映画で第81回アカデミー賞助演女優賞を獲得したペネロピ・クルスとウッディ・アレンの作品に出演し続けてるスカーレット・ヨハンソンが出演。作品自体は第66回ゴールデン・グローブ賞も受賞してます。

「ボルベール(帰郷)」はもろスペイン映画でしたが、この作品もスペインのバルセロナとオビエドを舞台に、英語とスペイン語の映画なのでペネロペ・クルスの本領発揮という感じの映画になっていました。ペネロペ・クルスは自殺未遂を犯したりする気性の激しい芸術家でしかももて男の元妻、マリナ・エレーナ役を演じ、そのセクシーなもて男、ファン・アントニオ役にはハビエル・ダルデム。二人ともスペイン人なのでこのロケ地スペインの地や役にピッタリはまってました。

ファン・アントニオを見てすぐ恋に落ち、自由奔放な恋愛を楽しむクリスティーナ役にスカーレット・ヨハンソン。堅実で婚約者がいながらもファン・アントニオに恋するヴェッキー役にレベッカ・ホール。長い結婚生活でワクワクドキドキすることがなくなり同じ轍を踏んでほしくないとベッキーを応援するジュディ役にパトリシア・クラークソン。それぞれに皆いい味を出してました。

画像3

私自身バルセロナには2回行ったことがあり、2週間ほど滞在したことがあるのですが、ガウディのサグラダ・ファミリアやグエル公園など懐かしい気分で観てました。ウッディ・アレン自身がバルセロナが大好きらしくバルセロナに敬意を払う意味でこの映画を撮影したということです。この映画を観たらきっと誰もがバルセロナに行きたくなるだろうなあと思いました。やはりスペインはいいなあ~と思いました。

画像5

映画はファン・アントニオ中心に、クリスティーナ、ヴェッキー、マリナ・エレーナを巻き込んでのごちゃごちゃな恋愛事情へと展開。スペインという情熱的で開放的な場所なくしてはこんな展開はきっとなかっただろうなあと思える作品でした。人生を謳歌しようとするスペイン人の、ラテン的な生き方はいいよなあ~、見習いたいなあ~と思いました。

画像4

しかし激しくこんがらがった厄介な生き方、恋愛ゆえに決してそれは長続きはせず、結局はアバンチュールとして終わるのでした。

息が詰まったらスペインにレッツゴーだなあと思いました。この映画から伝わるスペインの空気がとても開放的でリラックスできるのを思い出しました。めちゃくちゃスペインに行きたくなった~!(スペインでなくてもラテンの国ならどこでも!)

それでも恋するバルセロナ [DVD]

それでも恋するバルセロナ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD
それでも恋するバルセロナ オリジナル・サウンドトラック

それでも恋するバルセロナ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: ミュリエル・アンダーソン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2009/05/27
  • メディア: CD

nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マッチ・ポイント [ウディ・アレン]

ウッディアレン監督脚本の「マッチポイント」見てきました。

運があるか、ないか、人生はそれによって決まる。そんな感じの映画でした。

投げた指輪が柵を越えて向こう側に落ちるか、こちら側に落ちるか。テニスでマッチポイント(最後の一点での勝負)の時、ボールがネットに引っかかって、ボールは向こう側に落ちるのか、こちら側に落ちるのか。それが人生ですべての決めて、という映画でした。

アカデミー賞の脚本賞にノミネートされてるだけあって、ストーリーがおもしろかった。またウッディアレン初のNYを脱出してのロンドンを舞台にした映画で、特に上流階級の物語なので、上流階級の生活が垣間見れ、また音楽もオペラが使われ、画面も上質な洗練された感じに仕上がってました。

ウッディアレンはもう72歳になるとか。彼のお気に入りの女優さんを今までにも彼の作品に使ってきましたが、今回はスカーレット・ヨハンソンを見出して、この映画が作られたとのこと。作品も若々しく、とても72歳の人が作った作品には思えませんね。

ストーリーの最後も私は大満足。結構人生そんなものよ、と思え、妙にリアリティがありました。

お勧めです。

 (追記:2006-09-14

この「マッチポイント」は「陽のあたる場所」に酷似してるため、今訴訟が起きてるらしいです。もともとこの「陽のあたる場所」という映画自体もセオドア・ドライサーによる小説『アメリカの悲劇』をベースに作られたもので、2度映画化されるも、最初の映画化の時には小説を歪めたとして訴訟が起きてます。2度目の「陽のあたる場所」(1951年)はエリザベス・テーラーやモンゴメリ・クリフト主演で大ヒットとなりました。

「マッチポイント」と「陽のあたる場所」やっぱり似てるでしょうかね!?)


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:映画
ウディ・アレン ブログトップ
メッセージを送る