So-net無料ブログ作成
綾瀬はるか ブログトップ

今夜、ロマンス劇場で [綾瀬はるか]

よみうりホールで「今夜、ロマンス劇場で」を観てきました。


 




モノクロ映画の中の気の強いお姫様(綾瀬はるか)と映画監督を目指す青年(坂口健太郎)のファンタジーラブストーリー。


毎日毎日来る日も来る日も映画の中のお姫様に恋して同じ映画を繰り返して観ている映画監督の卵の健司。すると、ある日突然そのお姫様が現実世界に飛び出してきた!モノクロの世界で生きていたお姫様美雪に、カラフルな世界を案内する健司。二人の同居が始まって、色んな場所へと美しいものを見に行く。二人はお互い惹かれあうが、一緒になるにはある難題が。お姫様美雪にはある秘密があって、すんなりとは幸せには至らない。そして昭和35年のロマンス劇場ではボギーとイングリット・バーグマンの「カサブランカ」を見ながら、お姫様の美雪は涙を流していた…。


昭和の映画館や映画の撮影所の雰囲気は、何だか心が和みました。映画館が舞台でフィルムを観るという設定が私の大好きなイタリア映画「ニューシネマ・パラダイス」を思い出させたし、綾瀬はるかのお姫様姿が、「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーンを思い出させました。また気の強いお姫様ということでは、松潤と長澤まさみが出た「隠し砦の三悪人」(もともとは黒沢映画です)のお姫様を思い出し、何だか楽しくなりました。

また映画館の可愛いカラフルな色使い、雨の中の草の強い緑色、そのあとの大空にかかる虹の七色、藤棚の藤色、河辺の蛍の黄金色、またお姫様が着るドレスの白、ブルー、モスグリーン、エンジ、黒、クリーム、赤など、モノクロな世界から出てきたお姫様が色に感動しているシーンで余計に色を意識したせいか、この映画では色がとってもきれいだなあと思いました。お姫様の美雪が着ていた服もどれも素敵でした。


たぶん、この映画は多くの女性が好きな映画だろうな、と思いました。前半は気の強いお姫様と気の弱い青年のやり取りにくすくす笑い、そして後半は胸が一杯になるシーンがあって、会場内でもあちこちたくさんの人が涙していました。ファンタジーでふわっとした映画にしていますが、究極の愛みたいなものがこの映画にはありました。もう一度観てもいいなあと思えた映画でした。


また「映画は人々を楽しむために作られているけれど、そのほとんどが忘れられてしまう」という言葉や、チャップリンが言ったという「もし本当のロマンスとめぐり逢えたら、きっとこの世界も 映画みたいに輝いて見える」という言葉、健司が美雪に言った「あなたでないと意味がないんです」といった言葉に胸を打たれました。バレンタインにお勧め映画です。



今夜、ロマンス劇場で (集英社文庫)

今夜、ロマンス劇場で (集英社文庫)

  • 作者: 宇山 佳佑
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/12/14
  • メディア: 文庫

nice!(17)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

ICHI [綾瀬はるか]

「ICHI」を新宿厚生年金会館で観てきました。

公式映画サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/ichi/

出演は、綾瀬はるか、大沢たかお、中村獅童、窪塚洋介、柄本明、杉本哲太、横山めぐみ、渡辺えりなど。女版座頭市の話。三味線と唄で生計を立てる盲目の旅芸人のICHI(市)には綾瀬はるか。男たちに絡まれたところをある事情で剣を抜けない十馬(大沢たかお)に救ってもらい、といっても実際にはICHI(市)本人がバッサバッサと男たちを格好良く切り倒し、それからそれが縁でICHI(市)と十馬が次第に気になる存在になり、惹かれあうようになります。

自分の親を尋ね歩くICHI(市)は、悪事の限りをつくす万鬼(中村獅童)にさらわれ、そこで自分の親が亡くなったことを知り、その間、十馬はICHI(市)を救済にやってきます。町の2代目の長である虎次(窪塚洋介)の用心棒だった十馬は万鬼と戦い、最後は果てるのでした。

十馬を演じた大沢たかおが、優しくて、ちょっとぬけた感じで、刀を抜けないというとんまな侍役でなかなかピッタリでした。綾瀬はるかは「ぼくの彼女はサイボーグ」の印象が強かったのですが、こういう時代劇もかわいらしくてなかなか良かったです。バッサバッサと人を切るのはちょっとイヤでしたが、久々の時代劇と淡い恋愛の部分では楽しめました。

座頭市といえば、勝新太郎の座頭市、それに最近では北野武が撮ったタップの座頭市。見比べてみるのもおもしろいかもしれません。

ICHI公式ビジュアルBOOK

ICHI公式ビジュアルBOOK

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/10/11
  • メディア: 単行本

ノベライズICHI

ノベライズICHI

  • 作者: 子母澤 寛 (原作)
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/10/11
  • メディア: 単行本
ICHI

ICHI

  • アーティスト: サントラ,リサ・ジェラルド
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2008/10/15
  • メディア: CD
座頭市物語 DVD-BOX

座頭市物語 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • メディア: DVD
座頭市 <北野武監督作品>

座頭市 <北野武監督作品>

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD
僕の彼女はサイボーグ 通常版

僕の彼女はサイボーグ 通常版

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD

nice!(16)  コメント(11)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
綾瀬はるか ブログトップ
メッセージを送る