So-net無料ブログ作成
検索選択
日本映画 感動作 ブログトップ

くちびるに歌を [日本映画 感動作]

中野ZEROで「くちびるに歌を」を観てきました。

 くちびるに歌をのポスター

映画公式サイト:http://kuchibiru.jp/

アンジェラ・アキの「手紙~拝啓 十五の君へ~」をモチーフに書かれた中田永一のベストセラー小説の映画化。長崎県五島列島の中学校に新しく来た音楽教師と合唱部の子供たちとの交流を通じて、それぞれが抱える悩みがほわっと少し楽になり、お互いが一歩また前へ進む勇気をもらうヒューマンドラマ。監督は「陽だまりの彼女」の三木孝浩。

東京でピアニストとして活躍していた柏木(新垣結衣)は、友人(木村文乃)の産休で中学の音楽教師を引き受け長崎の五島列島に帰ってくる。そこで合唱部を引き受けることになるが、子供たちの興奮とは裏腹に柏木は全く子供たちに冷たい態度をとる。そして頑なにピアノを弾こうとしない。その理由は、ピアノの演奏会当日に付き合っていた彼が事故死しそのことを消化できずにいるからだった。

ある日、柏木は子供たちに合唱コンクールの課題曲「手紙 ~拝啓 十五歳の君へ~」の理解を深めるために”15年後の自分へ手紙を書く”という宿題を出す。すると、自閉症の兄を持つサトルは「まだ、兄ちゃんのそばにいますか?なぜなら僕はそのために生まれたからです」と書いているのを見つける。また自分が15歳のときに書いた文集に「私の夢はピアノで世界中の人を幸せにすることです。あなたのピアノは誰を幸せにしていますか?」と書いてあるのを見つけた…。

この映画、全く思いもしなかったのですが本当に泣けました。しかも3回くらいグッとくる箇所があり、その上とっても爽やかで心が揺さぶられる。人生の応援歌のような映画で素敵な映画を観たなあと思いました。早くも私の中では今年の映画のナンバー1だと思いました。考えてみれば、ガッキーの映画は「恋空」にしろ「ハナミズキ」にしろすごく泣けて(「トワイライト ささらさや」は私にとっては残念ながら今一つでしたが…)ガッキーの映画とは私自身結構相性がいいのかもしれません。しかもこの映画は去年観て大好きだった「陽だまりの彼女」を作った三木監督作品だし(もしかして三木監督作品とも相性がいいのかもしれません。他の映画もチェックしてみます)アンジェラ・アキの楽曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」を使っているところも本当に素晴らしく、長崎五島列島の美しさとも相まって言うことない映画でした。

お恥ずかしながらアンジェラ・アキのこの曲、よく知りませんでしたが、この曲を聴くとこの映画にとってもマッチしていたので泣けて泣けて仕方なかったです。

手紙~拝啓 十五の君へ~(2008年NHK全国合唱コンクール課題曲 作詞作曲:アンジェラ・アキ)

拝啓 この手紙 読んでいるあなたは

どこで何をしているのだろう

十五の僕には 誰にも話せない 悩みの種があるのです

未来の自分に 宛てて書く手紙なら

きっと素直に打ち明けられるだろう

今 負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は

誰の言葉を信じて歩けばいいの?

ひとつしかない この胸が 何度もばらばらに割れて

苦しい中で 今を生きている 今を生きている

(抜粋)

去年、嵐の「ふるさと」が2013年のNHK全国合唱コンクール課題曲であり、松潤主演の「はじまりの歌」がこの歌をモチーフに作られたドラマであることを知りましたが、今回のこの映画もこれに似ていて、アンジェラ・アキの曲をモチーフに作られた映画でした。歌の世界観ぴったりの映画だったので、この歌が好きな人はきっとこの映画も好きになるでしょう。そういえば「ハナミズキ」も歌と映画がマッチしていた映画だったなあと思います。

柏木がピアノが弾けるようになって最初に弾いた曲はベートーヴェンの悲愴で、私にとってはビリージョエルのThis Nightなのですが、それだけでも懐かしくて嬉しくなりました。サトルの兄が自閉症で、「マラソン」のニノや、「風のガーデン」の神木隆之介くんや「ギルバート・グレイプ」のディカプリオの演技も一緒に思い出し、去年観たドラマや映画を中心にたくさんのつながりがあり、縁を感じる映画でした。

今、このタイミングでこの映画を観れたことにとっても感激しています。縁あるものにやはり出会えるのだなあと改めて思いました。映画の最後にサトルの自閉症の兄が幼いときに、ナズナの母とナズナと同じ教会に居合わせて、ナズナの母親がナズナに向かって「ここにいてくれてありがとう」といった言葉やドのシャープの音をピアノで弾いて「これは汽笛の出発の音。もう泣かないの、ナズナ。前進、前進」と何度も言っていて、それをしっかり覚えていたサトルの兄が、今は両親に育てられていないナズナが合唱コンクールに家族の誰も来ていないのが寂しくて汽笛の音をピアノ音で弾くと、反射的にナズナの母親と同じ言葉をナズナに無意識にしゃべっているのが、この映画のハイライトでした。こんないいタイミングで、いろんなことが繋がること=シンクロニシティこそ、人生で嬉しく感激することはありません。この映画の中でのシンクロニシティ、とっても素晴らしかったです。そして更に私にとってのシンクロ、意味ある偶然はこの映画をこのタイミングで観れたことでした。今観れたから感慨深いのです。感謝です。

またアンジェラ・アキさんのことは歌を含めてあまり知りませんでしたが、日本で歌手として夢を叶えたのに、グラミー賞を獲るという次の夢のために日本での活動を休止してアメリカに行ったというのを知り、とっても元気をもらいました。人生の応援歌であり、夢を諦めないことの大切さがこの爽やかなYoutubeの映像からも伝わってきます。


この映画に出会えて良かった。この映画を通じてアンジェラ・アキさんのこの歌に出会えて良かった。魂が喜ぶ映画で、公開はこれから1か月先ですが本当に皆さん、お勧めです。

追記:自分がもし15歳の時に自分に手紙を書き、それを大人になったときに読んだら一体どうだっただろうと、考えました。私は中学生の時から海外旅行をしたいと強烈に思っていたので、「たくさんの海外旅行をしていますか?あちこち飛び回っていますか?行きたい国に行っていますか?」と書いていただろうし、それは大人になって実際に実現させたのでそのことでは満足しているんだなと思いました。中学生のときにどんな夢を抱いていたのか、ちょっと振り返ってみるのも面白いかもしれません。また、貼り付けたYoutubeのようにこれから10年先の自分に手紙を書くのもいいでしょう。久々に自分に真摯に向き合う時間を持つのも素敵ですから。


nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

歓喜の歌 [日本映画 感動作]

歓喜の歌
先週は「歓喜の歌」をサイエンスホールにて観てきました。
前回、この試写会が当たっても用事があって行けなかったことを書いたのですが、この試写会が再度当たり観に行けました。すごく嬉しいです。というのもこの映画は笑って泣いての音楽映画で、私好みの映画だなあと思っていたことと、この映画を観にいった友人の評がすごく良かったのでますます観にいきたいなあと思っていたからです。神様ありがとう
映画公式サイト:http://kankinouta.com/
原作は立川志の輔の新作落語。それを映画化したものです。 のらりくらりと仕事をしている地方の公民館のホールを担当してる小林薫演じる役人が、ママさんたちのコーラスグループの発表会をダブルブッキングすることから起こる、笑いと涙とほのぼのとさせる物語です。「コーラスなんて、どうせおばさんたちの暇つぶしだろう、(ダブルブッキングなんて)何とかなるさ」と高をくくってた彼でしたが、彼のやる気のなさやダメ役人ぶりに比べ、そのおばさんたちのコーラスにかける熱意はすさまじいものでした。それぞれのママさんたちの家庭の事情、人生も垣間見え、そこから刺激を受け、気づきがあり、ダメ役人がどんどん変わっていきます。タッチは違いますが、黒澤の「生きる」みたいです。ダメ役人が必至になってママさんたちの要求に応えようとし、万難を排して大晦日に行われるコーラスの発表会を成功させようと尽力を尽くします。ダメ役人の彼にはダブルブッキングの問題のほか、離婚の危機、飲み屋でのつけの金銭問題など年末になって一気に問題が浮上しますが、最後はハッピーエンドを迎えます。
安田成美、浅田美代子、由紀さおり・安田祥子姉妹、片桐はいり、藤田弓子、根岸季依など出演者も多彩。タクシーに乗客として原作者の立川志の輔も出演、寺の坊さん役でその師匠、立川談志も出演してます。安田成美のにこやかな笑顔と柔らかい物腰が印象的で、彼女が関係する人脈で問題をいくつか解決し、こういう何気ない人脈ってすごいなあと思いました。地域に密着して生きてる普通のおばさんたちにはこういう人脈が普通にあるのだろうなあと思いました。また映画に出てくるおばさんたちは誰も皆一生懸命生きていて、この一生懸命さはいいなあと改めて思いました。ダメ役人と対比されてるので余計にそれが目立ちます。特にその代表選手である、2つの仕事を掛け持ち、入院中の夫の世話をし、その忙しい合間をぬってコーラスに駆けつける藤田弓子が演じるおばさんの生き様は、主人公の小林薫が演じる役人でなくても胸を打ちます。また浅田美代子は小林薫の奥さん役で好演、いつものボケボケ振りとは全く違います。
「翼をください」「トルコ行進曲」「歓喜の歌」「デリー州の調べ」などなど馴染みの曲が次々と映画の中で聴けて素晴らしかったです。エンドロールに流れるのはクレージーケンバンドが歌う「あの鐘を鳴らすのはあなた」。映画を観ていて、コンサートにもちょっと行った気分にもなれます。
原作となった立川志の輔の落語も、チェックしてみたいなあと思った映画でした。
歓喜の歌 (角川文庫 ん 27-1)

歓喜の歌 (角川文庫 ん 27-1)

  • 作者: 立川 志の輔, 真辺 克彦, 松岡 錠司
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 文庫
歓喜の歌~レディース・コーラスBEST

歓喜の歌~レディース・コーラスBEST

  • アーティスト: 東京レディース・シンガーズ, 東由輝子, 前田二生
  • 出版社/メーカー: キング
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: CD
志の輔らくごのおもちかえりDVD 1 「歓喜の歌2007」

志の輔らくごのおもちかえりDVD 1 「歓喜の歌2007」

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2008/01/25
  • メディア: DVD
志の輔らくごのおもちかえりDVD 2 「ガラガラ」

志の輔らくごのおもちかえりDVD 2 「ガラガラ」

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2008/01/25
  • メディア: DVD
志の輔らくごのおもちかえりDVD 3 「メルシーひな祭り」

志の輔らくごのおもちかえりDVD 3 「メルシーひな祭り」

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2008/01/25
  • メディア: DVD
おまけ:
試写会でもらったチラシに「Yahoo!映画のユーザーレビューやブログに書いてください」とあったので、Yahoo!映画のユーザーレビューにアクセスしたところ、1月25日~31日23:59まで抽選で1000名がこの映画をネット上で観られるようです。この映画良かったので、興味ある方は観てくださいね。

nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

天国は待ってくれる [日本映画 感動作]

            天国は待ってくれる

映画公式サイト:http://tengoku.gyao.jp/

「天国は待ってくれる」観てきました。

この映画は何も語らない静かな間が多いためか、ゆっくりとしたものに感じられそしてそのスローさが心地よく、またやさしい気持ちになれて、自然と泣けたいい映画でした。後半はじわじわと胸に来てしまい、溢れる思いが自然と涙となって、何度も涙を流しました。映画を見て泣いたのは「ALWAYS三丁目の夕日」や韓国映画「春が来たら」を見て以来のこと。すごく良かった。しっとりさ加減が素敵でした。画像もきれいで、「大停電の夜に」を何故か思い出してました。

築地を舞台に小学校から仲良し組の3人が大人になり、その友情がどんな形を取るのか、「1人が2人を想い、2人が1人を想う。誰よりもお互いを想う3人が願った、ハッピーエンドを描いた」と脚本家岡田惠和氏が語ってます。この岡田氏はTVの「ちゅらさん」、映画「いま、会いにゆきます」を書いた”涙の脚本家”と言われているとか。

ストーリーを箇条書きにすると、突然薫にプロポーズする武志、とまどう宏樹、その後の薫と武志の結婚式当日に交通事故を起こす武志、3年間もの植物人間の武志、周りから押されて薫にプロポーズする宏樹、1ヶ月だけ記憶を無くして生き返る武志、薫と宏樹の結婚式を見届ける武志、という具合に確かに泣ける要素がこの映画の中にぎっしり詰まってるのですが、友情云々というより、この3人とその周りの人みんなの思いやり、暖かさのほうを強く感じました。武志の父親役の蟹江敬三がいい味出し、薫の母親役のいしだあゆみもよかった。一ヶ月だけ奇跡的に生還した武志のその意味の大切さや、本当に好き同士が一緒になれたこととかが、人生はうまくいくようになっていて、全ては収まるところに収まるのだと言われてるように思いました。

試写会場が朝日新聞本社の新館にある浜離宮朝日ホールでだったので、この映画のロケ地となった朝日新聞の出入り口など見れてこれたことと、試写主催が朝日新聞だったのでこの映画の冒頭に出てくる新聞記者役の現役記者の方から挨拶もあり、それがとても笑えたのはいいおまけでした。ロケ地となった聖路加病院や築地市場、はとば公園、勝鬨橋には寄れませんでしたが、帰りは銀座まで歩いて戻ってきたので薫が勤める鳩居堂の前も通り、大満足の一日でした。


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

椿山課長の七日間 [日本映画 感動作]

有楽町マリオンの朝日ホールにて、「椿山課長の七日間」を見てきました。浅田次郎原作のコメディタッチの映画で、泣き笑いする素晴らしい映画でした。

突然死した主人公が3日だけ今度は美女になって蘇り、生前には知らなかった事実を次々と知ることになるのですが、他にもやくざや子供も一緒に蘇って、それぞれの思いを果たして死の世界に戻るという筋書きです。

天国への旅先案内人のような天使役の和久井映見がはまり役彼女以外の天使は考えられないくらい妙に合ってました。ALWAYS三丁目の夕日に出演した須賀健太くんも好演。西田敏行もいつもの楽しいキャラでわかせてくれました。

観終わった後残るのは、やさしい気分。幸せ気分が漂います。それに本当に人生で大切なのは何かという根源的な問いを考えさせられる映画でした。思わず自分の人生を振り返ざるを得ない映画。愛するということが何より尊い、と思わずにいられない映画になってました。

会場はすすり泣く声で溢れ、エンドロールになっても誰も席を立とうとする人がいず、しばらく映画の余韻に誰もが酔ってました。私も久々に自然に涙を流しました。この映画は本当お勧め。泣き笑いするのが好きな人には特に。

あの世のことを書いているのに少しも怖くなく、むしろますます死ぬのが楽しみだなあと思えた映画でした。

椿山課長の七日間

椿山課長の七日間

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2005/09/15
  • メディア: 文庫


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ALWAYS三丁目の夕日 [日本映画 感動作]

昨日ALWAY三丁目の夕日の試写会に出かけてきた。すでにロードショーしてるが、今年のシネマ倶楽部の見事に第一位に輝いた作品がこの作品だったということで、表彰式に加えての試写会だった。この作品がこんなにも人を笑わせてほろりとさせる作品だとは思わなかったし、終わった後何ともいえない幸せな気持ちに包まれていて、本当素晴らしかった。昭和30年代に少しは引っかかって生まれたことが何だか自分で誇らしく思えたりもした。今日またALWAYSのHPにアクセスしてみたら沢山の賞を受賞していて、あまりにも好評だったので上映をどこも延長するとのこと。そうだなあ、これは感動作で、本当、元気のない人皆に見てもらいたい作品だ。出てくる人たちの一人ひとりの生き生きした表情、喜怒哀楽を前面に押し出して生きてる人々の活気。何だかインドとかネパール、タイなんかを思い出させた。アジアの活気って日本にもあったのね、って感じ。時空をワープしてこの30年代を旅行できたらアジアを回るみたいに珍道中できそう。映画を見た後の幸せ気分は、トムハンクス主演のターミナル以来のことだ。もちろん余韻はかなり違うけど、幸せ気分が残り、また明日も生きていかれると思えることでは一緒の作品で、私にとってはターミナル以来のいい作品でした。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
日本映画 感動作 ブログトップ
メッセージを送る