So-net無料ブログ作成
検索選択
アメリカ映画 賞受賞 ブログトップ
前の5件 | -

ウィンターズ・ボーン [アメリカ映画 賞受賞]

ウィンターズ・ボーンを観ました。

ウィンターズ・ボーン スペシャル・エディション [Blu-ray]

ウィンターズ・ボーン スペシャル・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray


ジェニファー・ローレンス主演。ダニエル・ウッドウェルの同名小説を映画化。サンダンス映画祭でグランプリと脚本賞2冠を受賞しています。また主要映画賞46部門でも受賞。ネット映画批評のRotten Tomatoではトマトメーター94%の高い満足度の評価とのことだったので、観たいと思いました。

ミズーリ州の山間部に住む17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は、精神の病んだ母親代わりに食事を作ったり洗濯をしたり、また小さな弟や妹の世話までも一人で請け負っています。そこに保安官がやって来て「(ドラッグディーラーの)父親が法廷に出廷しなければ、ここにある野山や家は全て人手に渡ることになる」と告げられるのです。そこで家を失っては大変だと、父親の居場所を訪ね歩くのですが、周りの大人たちはみんな危ない感じの人ばかりで、父を探しているうちに「周りを嗅ぎまわるな」と注意されそれでも止めなかった彼女はリンチに遭ったりします。そして自分の父親はどうやら捕まったときに仲間の秘密を漏らしたために仲間によって殺されたことがわかり、リンチに遭わせた女性のグループが父親の死んだ場所にまで案内し、そこで法廷に必要な父親の死体が川にあり水草に絡まって運び出せないため、父親の両手を電気のこぎりで切りだしたりするのです…。

17歳の少女が一人で、大人たちに立ち向かっていく姿はとっても心打たれました。こんな大変な状況をすべて投げ出したいだろうに、それをせず、音をあげることも言わず、黙々とただ物事に真摯に向かい合い、一つ一つを片付けていく姿がとっても強烈でした。そしてジェニファー・ローレンスの演技力はやはり半端ないなと思いました。彼女はこの映画によって注目を浴び始めたらしいのですが、この時まだ彼女は19歳くらいだったと思われます。すごいです。そして彼女を観ていたら「大草原の小さな家」のローラをやったメリッサ・ギルバートを思い出してしまいました。ちょっとした表情がとっても良く似ていました。でも「大草原~」のほうはほのぼのしてたし楽しかったし、全然内容が違いますが、自然の中で真摯に暮らす人の表情みたいなものはある種こんな感じで似ているのかもなあと思いました。

この映画を調べていたら、18世紀前半にスコットランドを元に辿れるアイルランド人、スコティッシュ・アイリッシュと言われる人たちがアメリカに移住しはじめ、人里離れた場所に住み着いたことからヒルビリー(丘のスコットランド人)と呼ばれていたらしいのです。彼らは血縁と婚姻関係で強い関係を持ち、閉鎖的な慣習と掟を持っていたとのことで、この映画はそのヒルビリーを描いているとのことでした。そしてカントリー・ミュージックの基となったがこのヒルビリーの人たちの音楽で、この映画の中でも何曲かのカントリーが歌われています。アメリカがたくさんの人種で成り立っていると一言でいいますが、白人の中にもいろんなとこから移民した白人がいて、細かく分かれていることをあらためて教えてもらえた映画でした。


スポットライト~世紀のスクープ [アメリカ映画 賞受賞]

「スポットライト~世紀のスクープ」を渋谷ユーロライブで観てきました。

ポスター画像

映画公式サイト:http://spotlight-scoop.com/

アカデミー賞作品賞、脚本賞W受賞。世界の様々な賞の受賞、ノミネートが実に211個と宣伝されています。アメリカの新聞ボストン・グローブ社がスポットライトという欄に載せる特ダネを追った真実の物語。カソリック教会の神父による児童の性的虐待を長らく放置し、教会が問題ある神父を何度も異動だけさせ組織的に見て見ぬふりをしていた事実を暴き、そういった問題ある神父とその被害者たちの証言を600回にもわたって記事にした精鋭の4人の新聞記者たちのドラマ。

観ていて胸が痛かったです。純粋無垢な子供たちが町で誰からも尊敬を集めている神父によって性的虐待を受け、それも小さな新聞社に何度か記事が掲載されても、1970年代の敬虔な信者たちがほとんどの社会では全く相手にもされず、また裁判も教会の権力でもみ消しにされその記録もありませんでした。それは弁護士を立て被害者と教会の直接のやり取りだけの示談で終わっていたからでした。そして大手の新聞社ボストン・グローブ社にもその問題ある神父のリストが弁護士によって送られてきても無視され長い間放置されていました。当時から問題ある神父たちはただ異動を繰り返すのみで、また新天地でも同じような事件を繰り返すといったことが続き、問題解決には至らず長年秘密にされていたのです。

それが2002年の1月に90人近い神父たちの児童への性的虐待としてボストン・グローブ社の一面に掲載され、ようやく明るみに出ることになりました。記事が出ると朝から新聞社の電話は鳴りっぱなしでした。多くの被害者たちが名乗りを挙げたのです。記者たちは2001年の9・11をはさみ、大変な忙しさの中で取材を続けてやっと記事にしたのです。実に全体の神父の6パーセントが問題ある神父で、ボストンのみならず全米各地にそういった神父と被害にあった子供たちがいました。最後にその都市名が羅列されて出てくるのですが、読み切れないほどたくさんの都市名が並び、胸が張り裂けそうでした。

教会という大きな権力を持ち、それなりに尊敬も受けている人たちの信頼が揺らぎ、またそれによってお金を稼いでいた弁護士やら、情報をもみ消してしまった70年代の新聞記者など、真実に向かい合わなかった人々が浮かび上がります。また何より被害にあった子供たち、そして加害者の神父たち、そして衝撃的なのは問題を起した神父の中にも子供のころ性的虐待を受けていたという事実。

映画のテーマがテーマだけに本当に気分悪くなりますが、その一方で使命感に燃えて教会や社会を敵に回しても真実を暴こうとした新聞記者に頭が下がる思いです。

映画はテンポが良く、新聞記者の健闘ぶりがよくわかる映画でした。好きな女優さん、レイチェル・マクアダムスも出ていたので観れて良かったです。


アメリカン・ハッスル [アメリカ映画 賞受賞]

「アメリカン・ハッスル」を観ました。

アメリカン・ハッスル スペシャル・プライス [Blu-ray]

アメリカン・ハッスル スペシャル・プライス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray


1970年代にアメリカで実際に起きた収賄事件を元にしたサスペンス映画。「世界にひとつのプレイブック」のデヴィット・O・ラッセル監督作品で、出演者も「世界にひとつのプレイブック」の出たブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロが出演。他に同監督の「ファイター」に出たクリスチャン・ベール、エイミー・アダムスが出演。ジェレミー・レナー出演。

アカデミー賞には10部門でノミネートされるも無冠で終わりましたが、ゴールデングローブ賞では最優秀作品賞、最優秀主演女優賞(エイミー・アダムス)、最優秀助演女優賞(ジェニファー・ローレンス)を受賞。ニューヨーク批評家協会賞では作品賞、脚本賞、助演女優賞(ジェニファー・ローレンス)を受賞しています。「世界にひとつのプレイブック」の同じ監督さんと同じ俳優さん3人がこの映画に出てるのでそれだけでも興味深かったのですが、私はデ・ニーロが出ているのとジェニファー・ローレンスが出ているのでその演技力に注目して観ました。その結果、この映画に出ている俳優さんたちすべてが素晴らしく、そしてやはりその中でもジェニファー・ローレンスの演技力は圧巻で、今後がますます楽しみな女優さんだなあと思いました。そしてこの映画は詐欺師とFBIと議員(市長)とマフィアのだましだまされあいの世界なので、純粋に面白くて楽しかった!落ちも良かったです。

1970年代の髪型やファッション、調度品、それに70年代のヒット曲が詰まっている映画でもありました。正直、70年代の曲はあんまりよく知らないのですが、どこかで聞いたことある曲がちらほら。唯一はっきりわかったのは、ポール・マッカートニー&ウィングスの”Live and Let Die"だけで、その曲だけはすごく懐かしかったです。弟がポールの大ファンで、ウィングスのベストヒットのアルバムを遅れて80年代に買い、私もウィングスの曲を80年代に聞いていました。この映画の70年代のポップスを全部知っていたらよりこの映画は愛おしいものになっていただろうなと思います。それこそ私が先日観た映画「踊るアイラブユー」で感じた懐かしい青春時代が蘇るかも。でも音楽を知らなくても、この映画はとっても良くできているので十分楽しめます。

ストーリーは、はげでおデブな天才詐欺師のアーヴィン(クリスチャン・ベール)がセクシーな美女シドニー(エイミー・アダムス)に出会い、恋に落ち二人が手を携えて詐欺を次から次へと働くところからスタート。そこに髪の毛をわざとくりくりにしてるFBIのリッチー(ブラッドリークーパー)が出てきて二人を逮捕。刑を軽くする代わりにおとり捜査に協力しないか、話を持ち掛けるのです。二人はおとり捜査に協力します。そして引っかかったのはリーゼントで決めている市民思いのカーマイン市長(ジェレミー・レナー)。市民のために闇資金を使おうとしているのです。そしてその延長上にマフィアのボス(ロバート・デ・ニーロ)が出てきて、FBI捜査官のリッチーは大物を逮捕できるのではと大喜びします。しかし、FBIのボスの待ったがかかったり、アーヴィンの妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)が、マフィアの手下に恋をしてベラベラと夫アーヴィンの手の内を話したり、架空のアラブの大富豪の正体がバレそうになったり、いろいろハラハラしながらストーリーが展開していきます。最後は、大見事なお手並み!ブラボーと言いたくなるような詐欺のお手並みと、市民思いのカーマイン市長が良心の呵責に耐えかねてすべてを暴露したアーヴィンによって少しは救われた感があったことで終わります。ホッとしました。

詐欺師の映画「スティング」ほどの爽快感はなかったけれど、この映画も悪くなかった。すごく面白かったです。一人一人のキャラが冴え、髪型とかファッションとか笑えて可笑しかったし。出てくる人たちは至って真剣ですが、滑稽に見えてくるのは良かった。何だかコメディでもありました。観ていない方はお勧めです。


世界にひとつのプレイブック [アメリカ映画 賞受賞]

「世界にひとつのプレイブック」を観ました。

2012年の映画。マシュー・クイックの原作。たくさんの賞を獲った映画です。アカデミー賞では8部門にノミネートされ話題となり、ジェニファー・ローレンスが見事、主演女優賞を受賞しました。

ほかにもたくさんの賞を受賞しています。ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞、アメリカン・フィルム・インスティテュート ムービーオヴザイヤー受賞、英国アカデミー賞脚本賞受賞(デヴィッド・O・ラッセル)、放送映画批評家協会賞キャスト賞受賞、コメディ映画賞受賞、男優賞受賞(ブラッドレイ・クーパー)、女優賞受賞、デトロイト映画批評家協会賞作品賞受賞、監督賞受賞(デヴィッド・O・ラッセル)、主演女優賞受賞、助演男優賞受賞(ロバート・デ・ニーロ)脚本賞受賞、インディペンデント・スピリット賞作品賞受賞、監督賞受賞、主演女優賞受賞、脚本賞受賞などなど…。

良くできた映画だったのでしょうが、少なくとも自分の好みの映画ではなかったです。観る前に大きな期待を寄せていたので、それがいけなかったかも。ジェニファー・ローレンスの演技力が高く評価され、実際この映画でも素晴らしい演技力でした。気になったので彼女をちょっと調べたら映画「あの日、欲望の大地で」で既にベネツィア国際映画祭の新人賞を受賞していました。そしてこの映画は既に観ていました。(naonao のこの映画のレビューはこちら→http://naoazucar.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10)この映画は6年前のものですが、シャーリーズ・セロンしか覚えておらず、かなり複雑で悲しい物語だったなという印象の映画。彼女がシャーリーズ・セロンの幼い時を演じていたことを、自分のレビューを読みながら思い出しました。ジェニファー・ローレンスは14歳から女優になることを決めて親を説得してニューヨークに出てきたらしく、彼女のそのぶれない芯の通った女優としての決意、その上群を抜いた演技力は当然成功を収めるだろうなあと思いました。彼女は女優になるべくして生まれてきた人なのでしょう。

さて、この映画のあらすじですが、妻が浮気をしたことで精神状態が不安定になってしまったパット(ブラッドリー・クーパー)と、夫を亡くし自暴自棄になっているティファニー(ジェニファー・ローレンス)の二人がダンスコンテストに出場することで、人生を取り戻そうとする物語です…。

のっけから精神不安定なパットの言動のイライラに観ているこちらまでイライラが伝わってきました。社会復帰のリハビリ中のパットは親と同居しており、ヘミングウェイの「武器よさらば」を読んでは窓を割って本を外に投げ捨てる始末。夜中両親を起こしてまでべらべらと不平を言いまくり、そのあとも結婚式のビデオがどこに行ったのかと夜中に探し、親だけでなく近所にまで大迷惑をかけ警察が飛んでくるのです。スティービー・ワンダーの曲「マイ・シェリー・アモール」を聞くだけで結婚式を思い出し、精神がますます不安定になっていくパット。そして、未だに浮気をされた妻とやり直せると信じているのです。かたや夫を事故で亡くしたティファニーは、そのショックから自暴自棄になり会社の多くの男性と寝たりしています。そんな二人が友人、または姉を介して食事会で会い、その後何かと会うことになります。

ロバート・デ・ニーロがパットのお父さん役をしています。このお父さん、迷信を信じ、ゲンを担ぎ、ハンカチを握りしめ自分の息子が隣に座って一緒に応援さえすれば応援しているアメフトのチーム、イーグルスが勝つと信じ、またアメフトの試合とパットとティファニーのダンスコンテストでの出来まで賭けの対象にしてしまうというちょっといかれた役を演じてます。

何だか落着きない映画。その全体的にがちゃがちゃしていて、ドタバタ感が強い映画に、時々ふと笑えることがあり、笑ってはいけないかなあと思いながらも笑ってしまうところがありました。最後は少しは落ち着いた感じが出てきて、二人が華やかなダンスコンテスト会場で見事踊り上げ、賭けの対象になっていた得点5・0をクリアーし、そして二人の気持ちも重なり、ハッピーエンドというのは悪くなかったです。でも最初にも書いたように、観る前の期待値があまりにも高かったために、逆にちょっとガッカリした映画ではありました。またイライラ、ガチャガチャ感が私自身好きでないのかも。ティストの問題ですかね。しかし、これからもこの映画はジェニファー・ローレンスの代表作になることは間違いないでしょうし、彼女だけでなく、ブラッドリー・クーパーもデ・ニーロも皆演技が素晴らしかったので、何かと引き合いに出される映画になるんじゃないかなあと思いました。


ヘルプ~心がつなぐストーリー [アメリカ映画 賞受賞]

「ヘルプ~心がつなぐストーリー」を観ました。

(エディー・レッドメイン関連の映画ドラマは少しお休みします。彼のインタビュー記事や動画を観つつ、しばらくは気になっている映画など観たいと思います)

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [Blu-ray]

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray

キャサリン・ストケットの小説で、NYタイムズ紙書籍ランキングNo.1のベストセラー「ヘルプ~心がつなぐストーリー」を映画化。2011年の作品。オクタヴィア・スペンサーがアカデミー賞助演女優賞、ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞しています。 2015年のアカデミー賞では司会のニール・パトリック・ハリスに、透明なガラス箱に入ったバッグ(その中にはアカデミー賞受賞者の名前が書かれたものが入っている)を「ちゃんと見ててね」と何度も彼女に頼んでいて、彼女も真ん丸な大きな目で応えていたのが忘れられません。


1960年代のアメリカ南部で裕福な白人家庭で育ち、黒人メイドに育てられた作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は、新聞社の主婦向けのコラムを担当しつつ、黒人メイドのエイビリーン(ヴィオラ・デイヴィス)に取材を始めます。当時のアメリカでは裕福な白人家庭で黒人メイドを使うことが普通でしたが、差別的な扱いを受けていた黒人メイドに生の声を聞き取り、それを世に知らしめようと一冊の本にまとめようとしていたのです…。

今なお黒人差別の問題が根強くあるアメリカで、60年代のアメリカなら尚更、と想像に難くないのですが、この映画では、「同じトイレを黒人メイドが使うと病気が移る」と平気で女主人が言ってのけ、わざわざ家に黒人メイド用のトイレを作り、「気に行ったでしょう?」と女主人がメイドのエイビリーンにいう場面がとっても印象的でした。また我慢が出来ず女主人のトイレを使ったといって解雇されたメイド、ミニー(オクタヴィア・スペンサー)は、辞めるときに女主人にう〇こ入りのパイをご馳走したというエピソードには笑えましたが、その次に雇われた女主人シーリアが主人公スキーターと同じように人種差別をしない人で、こういう人たちがいることで、とってもほっとする映画でした。

メイドのエイビリーンにしても、スキーターが長い間育ててもらったメイドのコンスタンティンにしても、母親はほとんど育児放棄に近いのに、彼女たちメイドがいつもそばにいて白人の子供の面倒を見、「お嬢ちゃんは賢い」「お嬢ちゃんは親切」「お嬢ちゃんは誰からも好かれる」みたいな素敵な言葉をいつも言っては子供に繰り返し言わせていたのは、とっても胸を打ちました。子供たちが健全に育ったのは、特にスキーターが健全に育ったのも、こういう愛情深いメイドさんたちがいたからに他ならないなあと思いました。

またスキーターやメイドたちの勇気ある行動は本当に素晴らしいと思いました。メイドの暴露本を出したらスキーターもメイドも何をされるかわからない時代なのです。何もなくて本当に良かったと思います。またスキーターはこの町でデートをしボーイフレンドを作りますがうまくいかなくなり、そのうちニューヨークへの就職が決まり、メイドたちに「あなたはニューヨークに行って活躍する人だ」というようなことを言われ見送られます。白人女性のスキーターと黒人メイドのエイビリーンやミニーたちの友情物語にもなっていて、とっても心温まりました。また同時に自立する女性としてスキーターが描かれ、その点でも良かったです。

この映画には60年代のヒット曲も使われていて、先日観た映画「ジャージーボーイズ」で初めて知ったフォーシーズンズのシェリーとか、ジェイソン・ドノヴァンがカバーして90年ごろ旅先で良く聞いていた(元々はカスケーズというグループの曲らしいことがわかりました)Rythem of the Rainが使われていて、60年代も結構いい曲があるなあと思いました。

この映画を観たのは、ドラマ「大聖堂」を観て原書The Pillars on the Earthを読み、原書で読むのも楽しいかもと久々に思い、このパターンで映画を観て原書を読もうと思ったからです。この映画も素晴らしかった。そして今、この原書を読んでいます。こちらも素晴らしいです。

The Help

The Help

  • 作者: Kathryn Stockett
  • 出版社/メーカー: Berkley
  • 発売日: 2010/05/04
  • メディア: マスマーケット


前の5件 | - アメリカ映画 賞受賞 ブログトップ
メッセージを送る