So-net無料ブログ作成
検索選択
日本映画 時代物 ブログトップ

柘榴坂の仇討 [日本映画 時代物]

一ツ橋ホールで「柘榴坂の仇討」を観てきました。

柘榴坂の仇討のポスター
公式映画サイト:http://zakurozaka.com/
浅田次郎原作。井伊直弼(中村吉右衛門)に仕えていた彦根藩士、志村金吾(中井貴一)は桜田門外の変で主君を亡くし、主君を暗殺した18人の刺客の生首を差し出すよう命ぜられます。13年もの月日を費やし、残るは最後の一人佐橋十兵衛(阿部寛)一人となったとき、時代は江戸から明治へと移り、仇討禁止令も出てしまいます。そしてその仇討禁止令発令の日、今は車引きとなり直吉と改名した佐橋と出会うことになります・・・・。
柘榴坂とは現在の品川駅西側に実際に存在する坂らしい。品川まで行く機会があったときにちょっと探して観ようかなと思いました。
クライマックスは雪が降る夜、金吾は佐橋と出会いいざ仇討するものかと思いきや、雪の中の一輪のツバキを見て、仇討を止めてしまいます。13年間の相手の思いを知り、また時代がもうすでに仇討どころではなくなってしまい、また仇討することの意味を問うたとき、お互い生きることを選択するのです。
夫が失業状態であるにもかかわらず健気に13年間も夫を支え続けた妻(広末涼子)の苦労はいかほどかと思うとちょっと泣けてきます。
ちょうどこの映画を観たとき、中井貴一主演のドラマ「風のガーデン」を観てる途中でもあったため、ちょっと変な感じでした。同じ役者さんが違った役をやっているとお互いの作品にかなり影響が出て良くないなと思いました。自分の中でちょっと消化できない感じです。最近ドラマをよく観るようになったので、尺の短い映画より尺の長いドラマのほうが人物なども良く描かれているため、何だか映画よりドラマと思うようになってしまってます。でもストーリーは良かったです。さすが浅田次郎作品です。ただ個人的には中井貴一は「最後から二番目の恋」とか最近観終わった「風のガーデン」とかのほうが、彼の本領発揮と言う感じだと思うし、阿部寛も「テルマエロマエ」のほうが断然合ってるなと思ってしまいましたが・・・。
滋賀へ旅行してまだ一年経っていないので、彦根城にあった井伊直弼の生まれた場所が記憶に新しいです。旅行に行ったときには映画「偉大なるしゅららぼん」のフライヤーがあちこちにありましたが、今はこの映画「柘榴坂の仇討」のフライヤーがあちこちにあるのかもな、と思いました。最近東京スカイツリー近くの浅草通りで、この映画の宣伝カーを観たばかり。また20日から映画公開なのでテレビでも宣伝してるのを観ました。意外に縁がある映画なのかも、と思いました。

柘榴坂の仇討 (中公文庫)

柘榴坂の仇討 (中公文庫)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • メディア: Kindle版

五郎治殿御始末 (中公文庫)

五郎治殿御始末 (中公文庫)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 文庫
柘榴坂の仇討 オリジナルサウンド・トラック

柘榴坂の仇討 オリジナルサウンド・トラック

  • アーティスト: 久石譲
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/09/17
  • メディア: CD


武士の献立 [日本映画 時代物]

先週、イイノホールで「武士の献立」も観てきました。

映画公式サイト:http://www.bushikon.jp/

武士の献立の場面カット画像 

御算用者(経理係)として藩に仕えた「武士の家計簿」(2010)に続き、江戸時代の加賀藩を舞台に描くシリーズ第2弾。料理で藩に仕えた包丁侍の物語。

夫(高良健吾)は包丁侍だが、未だに本当の侍に未練がタラタラで本業の料理人としてうだつが上がらない。一方嫁(上戸彩)は料理は天下一品だがかつて離縁され、姉さん女房。舅(西田敏行)や姑(余貴美子)には本当は包丁侍として腕もある長男がいたが急逝してしまい、頼りは残る次男のみ。そこに料理のうまい次男の嫁を見つけてきたのですが・・・。

かつて夫は剣の腕を磨きその剣の道場の娘さん(成海璃子)に初恋をし、一緒になるつもりでいましたが、剣で一番になった者がその娘さんとの結婚が約束されていて、結局幼馴染の友人(柄本祐)に剣の試合で敗れ、友人がその娘さんと結婚するのでした。代々包丁侍の料理人の一家に生まれ、しかも長男が亡くなってしまった以上次男が家を継がねばならず、次男の心は千々に乱れます。最初は包丁侍の職を忌み嫌う次男でしたが、嫁を迎えると、その嫁が大変な料理人であったため、いろいろ教えてもらいメキメキ腕を上げます。ある時加賀藩の藩主を倒す集まりにひそかに出ていて、藩主を打つというその早朝、それを悟った嫁は刀を持って遠くに逃げ、次男は結局その約束の時間に行くことができませんでした。謀反を起こした友人の家は取り壊され、友人もその妻でかつての恋人も遠いところへ行ってしまうのでした。時が経ち友人の妻だけがひそかに戻ったという噂が流れ、また自分の夫がずっとその彼女が好きで彼女からもらったかんざしを大切に持っている夫に気づくと、身を引いたほうがいいと考え置手紙をしたため、かつて夫と食材を求めて旅した能登へと旅経つのです。しかし、夫はそれからほどなくして妻を迎えに来ます。「妻はあなたしかいない」と言うために。

最初は夫婦でなかった男女が最終的に夫婦になっていく物語。ダメダメ夫に嫁いだ妻は本当に大変だったなあと思います。明るくてしっかり者の妻を上戸彩はしっかり演じていて、半沢直樹の妻役もやった上戸彩は良妻を続けて演じていて、それだけで株を上げているのではないかなあと思いました。堺雅人の「武士の家計簿」も観ましたが、こちらのほうがもっとほのぼのしていたかもしれません。いずれにしてもいつの世も生きていくのは大変だし、それと同じくらい喜びもあるなあと思いました。 

武士の献立 オリジナルサウンドトラック

武士の献立 オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: SMD itaku (music)
  • 発売日: 2013/12/04
  • メディア: CD

 
武士の献立 (小学館文庫)

武士の献立 (小学館文庫)

  • 作者: 大石 直紀
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: 文庫

武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [DVD]

武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD

山桜 [日本映画 時代物]

「山桜」をニッショーホールで観てきました。
映画公式サイト:http://www.yamazakura-movie.com/
藤沢周平原作の「山桜」。時代劇です。東山紀之、田中麗奈、篠田三郎、壇ふみ、冨司純子、村井国男などが出演してます。
最初の結婚で夫を亡くした野江が勧められるまま嫁いだ家は全くなじめずいて、義理の母親には半分いじめられ、夫には愛情を見出せずにいるようです。叔母の墓参りで実家に帰るその帰り道、たまたま山桜の下で手塚という武士に会います。手塚は以前結婚を申し込んできたのですが、母一人子一人の家だったため会うこともせずその結婚を断っていました。手塚は山桜を取ろうとして山桜に手が届かずにいた野江に山桜を手追って渡してくれます。「今はお幸せでござろうな」という言葉を残して手塚は格好良く去っていくのです。
その頃、農民の生活苦は酷いものでした。自分たちが食べる米さえも全て年貢として吸い上げられ、その上にまた年貢率が上がり、老人や子供は死んでいきました。それは諏訪という藩の重臣による政策によるもので、おまけに諏訪は豪農と手を組み私腹を肥やしているのでした。心あるものはそのことを良く思わず、江戸にいる藩主に手紙でその諏訪の傍若無人ぶりを知らせようとしますが、諏訪の取り巻きたちに刺され藩主まで手紙は届きません。それから程なくし手塚が諏訪に城中で刃傷沙汰を起こすのです。
その噂は野江の耳にも届き、夫の羽織を落としてしまったことで離縁されることになります。
実家にも戻る野江。牢獄で判決を待つ手塚のためにお百度参りをし、手塚の母に会いに山桜を持って出かけます。手塚の母は手塚から野江の話をよく聞いていたことを話します。以前手塚から剣術を習っていた弟にも野江の姿を手塚が見ていて周りに冷やかされていたというような話を聞いていました。優しい言葉をかけられ野江はやっと気づきます。自分の居場所はここだったのだと。
映画はここで終わってます。果たして手塚はどうなったのか!?野江はどうなったのか!?あとは想像しろというのか!?小説の中では結果が出てるのかさえわからないところですが、昔のことだから城中で刃傷沙汰を起こしては切腹なのだろうか、と思ったりもします。気になるので小説も読んでみたいと思いました。
たまには時代劇もいいものです。ほろりとします。
海坂藩大全 下 (3)

海坂藩大全 下 (3)

  • 作者: 藤沢 周平
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本
たそがれ清兵衛 (新潮文庫)

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)

  • 作者: 藤沢 周平
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1991/09
  • メディア: 文庫
蝉しぐれ

蝉しぐれ

  • 作者: 藤沢 周平
  • 出版社/メーカー: 文芸春秋
  • 発売日: 1991/07
  • メディア: 文庫
藤沢周平のツボ 至福の読書案内 (朝日文庫 あ 43-1) (朝日文庫 あ 43-1)

藤沢周平のツボ 至福の読書案内 (朝日文庫 あ 43-1) (朝日文庫 あ 43-1)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2007/12/07
  • メディア: 文庫

やじきた道中 てれすこ [日本映画 時代物]

やじきた道中 てれすこ

映画公式サイト:http://www.telesco-movie.com/

「やじきた道中 てれすこ」をイイノホールで観て来ました。

「ナゾの生物『てれすこ』を巡って、弥次喜多コンビと売れっ子花魁が繰り広げる笑いと涙の珍道中」というのが映画のコピー。弥次さんに中村勘三郎、喜多さんに柄本明、花魁に小泉今日子が扮し、笑わせます

花魁のお喜乃が江戸を脱出して病床の父に会いたいというところから、話がはじまります。お喜乃はその旅行資金集めに、自分の小指の模造品を何十も弥次さんに作らせ、贔屓の客に送ってその客だけが特別と思わせて資金調達し、そこに弥次さんが一緒に旅をしようと計画をたて、役者で大失敗して自殺を図ろうとした喜多さんも加わって、3人が一緒に江戸を脱出します。道中、人情家の弥次さんが人情話にのっかって見事お金を騙し取られ、酒癖の悪い喜多さんが大酒を飲んで大暴れして一文無しになり、お腹をすかしたところにたぬきを見つけて殺してたべようとしたけれども、逃がしてやることにしたら、そのたぬきが舞い戻ってきてたぬきの恩返しをしてくれ、賭け事で儲けさせてくれたり・・・と、まさに珍道中。逃げた花魁お喜乃を追って地頭がやってきて、その後をお喜乃の小指を渡された何十人もの騙された男たちが追ってきて、あわやお喜乃の危機一髪と思いきや、彼女の機転で問題を解決し、家に無事たどり着きます。後からやってきた弥次さん、喜多さんを家の人たちがお喜乃の追っ手の地頭だと思い込み、追い払うつもりでお喜乃が池で死んだことにすると、弥次さん喜多さんは池を救ってしゃれこうべを見つけ、即興で葬式も取り計らいます。そのあと生きていたことがわかりホッとして、そのままお喜乃と別れて弥次さん喜多さんが江戸の帰り道、今度は「てれすこあります」の看板をみつけ、店でてれすこと、てれすこを干したすてんきょうを頼みます。すると食べた弥次さんは死の淵をさまようことに。既に亡くしたお喜乃そっくりの奥さんと子供の夢を見て、気が付くと畑の土の中に埋まっている自分を発見する弥次さん。てれすこの毒を抜くためには土に埋めるのがいいと知っていた喜多さんの計らい何とか生き返りました。どうやらこの映画の中ではてれすことはフグのことだったみたいです。

またこの「てれすこ」というのは落語の演目にあるらしいのです。

話はこうです。ナゾの魚が上がると、お上がこの魚の名前を知ってるものに賞金を出すといいます。そしてその魚が「てれすこ」だと言う者が現れ、その賞金をその者に与えます。そして今度はそのてれすこを干したものの名前を知ってるものにまた賞金を出すとお上が言い、それは「すてれんきょう」だと言う者が現れると、お上は怒り、死刑を命じます。しかし「いかを干したものをするめという」と訴えると、それでお上も納得して無罪釈放となり、「女房が火物(干物)断ちをし、ものがいかだっただけにあたりめえってか」というものですが、映画の中でもこの一部の場面が出てきます。

映画の中にはこのてれすこのほかに「浮世床」「お茶汲み」「淀五郎」「たぬさい」「万金丹」などの落語ネタをちりばめているというのですが、落語に全然詳しくないので、これからちょっと調べてみたいです。

この映画の監督は同じように落語映画の「しゃべれども、しゃべれども」の監督、平山秀幸。「しゃべれども、しゃべれども」を観たときのようにもっと落語を聴きたくなりました。また江戸時代がこんなに毎日愉快ならちょっと江戸時代にタイムスリップしてみたいなあと思いました。騒ぎがいろいろ起き、大いに笑わせてよかったです。

東海道中膝栗毛―お江戸を沸かせたベストセラー (ビジュアル版日本の古典に親しむ (8))

東海道中膝栗毛―お江戸を沸かせたベストセラー (ビジュアル版日本の古典に親しむ (8))

  • 作者: 安岡 章太郎
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本
東海道中膝栗毛 上 (1) (岩波文庫 黄 227-1)

東海道中膝栗毛 上 (1) (岩波文庫 黄 227-1)

  • 作者: 麻生 磯次, 十返舎 一九
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1973/01
  • メディア: 文庫
しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)

しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2007/11/09
  • メディア: DVD

miffyさんから教えていただいたブログパーツで、今日からとんぼを飛ばせてみました。miffyさんありがとうございました

日本映画 時代物 ブログトップ
メッセージを送る