So-net無料ブログ作成
アメリカ映画 サスペンス ブログトップ
前の5件 | -

誘拐の掟 [アメリカ映画 サスペンス]

「誘拐の掟」を中野ZEROホールで観てきました。

 ポスター画像

映画公式サイト:http://yukai-movie.com/

ローレンス・ブロックのミステリー小説を映画化。心に傷を負った元凄腕刑事の探偵(リーアム・ニーソン)が、猟奇殺人鬼との戦いに挑む、心理サスペンス映画。

「妻を誘拐した犯人を捜してほしい」と話を持ち掛けられる探偵。しかし犯人は残忍で身代金を払ったのに人質の奥さんは変わり果てた姿で返される。そのうちまた一人の少女が狙われ、新たに身代金を要求されるのだった…。

探偵は、かつてバーで酒を飲んでいた時に、突然銃の乱射事件に出くわす。バーの店主や客を撃って逃走した犯人を追うも誤って少女を撃ってしまい、それ以来きっぱりと刑事を辞めてしまった。それからアルコールを絶ち、アルコール依存症のグループの集まりで話をしたりしていた…。

探偵が依頼された事件のことで図書館で調べ物をしていると、黒人の男の子と知り合い、彼とはやがて友達になる。猟奇的な犯人は、最初のターゲットの女性をレイプし挙げ句は殺してしまい、その次のターゲットの少女は探偵の交渉により何とか助け出されるが、犯人の車に隠れ乗った黒人の男の子が犯人のアジトまで行ってしまう。そしてそのアジトに探偵が乗り込み、犯人をどうしても許せないという妻を殺された旦那さんが犯人を殺したいという。そこで、探偵が大雨の中外に出て、犯人と旦那さんを二人きりにして旦那さんの思いを果たさせようとするも、そのすきに旦那さんは犯人に殺されてしまう。何とも酷い展開でした。ハラハラドキドキ、しかも次から次への早い展開で殺しが行われるので、かなり心臓に悪い映画でした。そして観た後はちょっと気分が悪く、重い…。

主役のリーアム・ニーソンは62歳だといいます。最近たくさんの映画に出ていて大活躍。そしてこういう映画の役どころがとってもよく合ってる。心臓に悪いのであんまり観たくはない類の映画ですが、映画としての完成度は高く、心底怖い映画でした。


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ゴーン・ガール [アメリカ映画 サスペンス]

「ゴーン・ガール」を観ました。

ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]

ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」のデビッド・フィンチャー監督作品。ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化。

ハリウッド映画賞、ピープルズ・チョイス・アワード、ナショナル・ボード・オヴ・レビュー賞など作品の受賞。またノース・テキサス、オクラホマ映画批評家協会賞、英国アカデミー賞など主演女優賞(ロザムンド・バイク)受賞。

英語のニュースでも事件が起きたときに、「まるでゴーン・ガールのような事件」と形容していたこと、またたくさんの賞も獲っていたことから気になってこの映画を観てみました。

結婚5年目に妻のエイミー(ロザムンド・バイク)が失踪。夫のニック(ベン・アフラック)は、警察の取り調べによって自分の知らなかった妻の姿がどんどん浮き彫りにされ狐につままれた状態となります。マスコミにも注目され夫が妻を殺したのではないかと疑われる中、さらにニックに不利な彼の不倫を公表するのです。しかしエイミーが血だらけになって帰宅。高校生のときに付き合っていてストーカー被害を受けていた元彼に拘束されレイプされたというのですが、ニックはエイミーが信じられないでいます…。

メチャクチャ怖い映画でした。妻エイミーが失踪することで、夫ニックはいかに自分の妻のことを知らなったのか思い知らされます。妻が親しくしていた近所の人がいたことも、妻が妊娠していたということも全く初耳でした。しかしこれはエイミーがわざと仕組んだことだったのです。彼女が失踪してからと彼女が失踪する前の、様々な準備が着々と積み重ねられるその様子が交互に映し出されるのですが、それが何とも怖かったです。夫のカードで夫が派手にカードを使って買い物をしたようにし、その品物を今は使ってない小屋にしまいこみ、知らないうちに妻が死亡したら夫にたくさんの保険金が入るよう契約書にサインさせ、日記には夫の暴力、夫に殺されるのではないかという嘘の日記を書き、警察がうまく発見するようにいい場所に隠し…と、夫がいかにも妻を殺したようにでっち上げます。

彼女が失踪して身を隠していた場所で、お金を巻き上げられ、どうしようもなくなって以前高校の時につきあっていた男性を頼ります。彼女はこの彼のほかにも本当はレイプなどされていないのにレイプされたといって話をでっち上げ、刑務所送りにした男性がいますが、高校のときのその男性はたぶん彼女にひどいことをされているはずなのに、未だに彼女のことが好きで、呼ばれればすぐに飛んできて彼女を別荘にまで匿ったりします。その匿ってくれた彼を今度はセックスしている間に殺すのです…。

猟奇的。サイコパス。

夫ニックは妻の正体を見破り別れようとしますが…。最後の結末はまた怖さが倍増するものでした。

本当に久々に怖い映画を観た感じです。148分という長さが全然苦にならないほど、釘づけで観た映画でした。決してカップルでとか、夫婦で観てはいけない映画です。facebookで話題になった2014年の映画トップ10のうち第8位、ローリングストーン誌で選ばれた2014年の映画ベスト5位の映画でもありますが、衝撃性や話題性はぴか一だと思いました。しかしこの映画に似たような事件が本当に起きてしまっているというのも驚きで、やはり現実は小説の何歩も先を行っているのかもしれません。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ランナウェイ(逃亡者) [アメリカ映画 サスペンス]

先々週、「ランナウェイ(逃亡者)」をニッショーホールで観てきました。最近、岡田将生くんの映画やドラマに夢中になっていたので、すぐにブログをアップできずにいました。

公式映画サイト:http://www.runnaway.jp/

ランナウェイ 逃亡者の場面カット画像 

ロバート・レッドフォード監督、制作、主演作品。ほかにシャイア・ラブーフ、ジュリー・クリスティ、スーザン・サランドンが出演。

ベトナム戦争時に反対し、政府機関への爆破テロを繰り返す事件を起こしていた過激派”ウェザーマン”の一人が突然30年ぶりに逮捕され、新聞記者(シャイア・ラブーフ)はその事件を追ううち、愛娘を男手一人で育てている弁護士ジム(ロバート・レッドフォード)にたどり着く。危険を察知しすぐさま逃亡するジムだが、そこにはある秘密が隠されていた・・・。30年もの長きに渡って隠せられ続けた真実とは?最後の結末とは?・・・結構これがびっくりするものだった。真実は小説より奇なりとは言うけれど、これもそのひとつなのかもしれない。ロバート・レッドフォードが暴く社会派サスペンス映画。

ロバート・レッドフォードは今年77歳。さすがに逃げるときなどの走りが観ていて悲しくなるほど大変そうで、顔のしわしわも隠しても隠してもどうしようもないほどになってしまい、かつての美男子で格好いいイメージからは程遠いものでビジュアル的には本当にがっかりしてしまったけれど、この硬派な映画は内容的には結構渋くて良かったです。周りを固める人たちもシャイア・ラブーフを除けば皆年配の方ばかりでしたが、実力派揃いの俳優陣でした。

しかし、シュワちゃんにしろ、ハリソン・フォードにしろ、彼らのここ2年くらいの映画を観る機会があり、若い時の輝いてる姿を知っているだけに残念すぎて観なければ良かったなあと思ってしまったのですが、ロバート・レッドフォードも「スティング」とか「明日に向かって撃て」とか「追憶」とか格好いいハンサムなときの映像が目に残っているだけに、観ないほうが良かったのかもなとちょっと思いました。(クリント・イーストウッドはもともと若い時の西部劇など観てないし、まったくまっさらで観れるのでいいのですが)みんな年を取っていき仕方ないのですが、やはり主役を張るのは何とも難しいものがあるかなあと思いました。


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

デンジャラス・ラン [アメリカ映画 サスペンス]

イイノホールで「デンジャラス・ラン」を観てきました。

公式映画サイト:http://d-run.jp/

「デンジャラス・ラン」の画像3 

元CIAのエージェントで、伝説を数々持っている凄腕、36か国で指名手配中の国家機密売買人のトビン・フロスト役にデンゼル・ワシントン。CIAで隠れ家の管理人をして仕事にうんざりし始めた若手のマット役にライアン・レイノルズ。

次から次へといろんなことが起きて、スクリーンから目が離せず、これからどうなるのかストーリー展開にハラハラしっぱなしの映画でした。カーチェースや銃の乱射のドンパチ、殴り合い、ナイフでの格闘、殺しあい、血だらけが満載なのはちょっとイヤでしたが、映画がテンポよく、すごく引き付けられました。特にトビンとマットが最後には親しくなり、トビンの意思をマットが引き継ぎマットが正義をもってCIAやFBIなどの不正を世界へ発信するというエンディングになっていたのは何とも良かったです。最後には正義が勝つという王道のストーリーはステキです。またトビン役のデンゼル・ワシントンが何とも恰好よかった。静かに若造のマットにCIAの本質を語るトビン役はデンゼル・ワシントンにぴったりでした。マットはトビンをCIAの裏切り者として疑いの目を向け自分の任務を全うすることに夢中でいますが、トビンがはたして本当にCIAの裏切り者なのか、あるいはCIA側がおかしいのか途中わからなくなり、それは観ている私たち観客も同じで、いったいどう動けばいいんだろうか!?とマットと一緒に映画の中で考え、すっかりこの映画を夢中になって観てしましました。

「デンジャラス・ラン」の画像4 

舞台は南アフリカのケープタウンで街の中心地やワールドカップの試合などするスタジアム、駅、他にスラム街を映し、行ったことがないのでちょっと行ってみたくなりました。

CIAといえども不正はあるし、どんな組織も腐ってくると始末に負えないのかなあ。しかしCIAの一部の人間が殺したこともすべてトビンのせいにして、トビンを実在以上の悪者にでっち上げ、組織でトビンを殺そうとしてるのが何とも怖いと思ってしまいました。マット・デーモンのボーンシリーズもCIAの追っ手から逃げて逃げて逃げまくってますが、CIAの職に就いて失敗したり、不正をしたり、実際不正を行ってなくてもそう思われるだけで、命を狙われるのなら怖くてCIAなどの組織には入れないなあと単純に思いました。銃を持っているので人を簡単に殺してしまうし、殺人が簡単にできるのも怖すぎると思う映画でした。

ドンパチや殺し合いは苦手だけど、映画にのめりこめる点では100点満点の映画でした!


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブラインドネス [アメリカ映画 サスペンス]

「ブラインドネス」を御茶ノ水の全電通ホールで観てきました。

公式映画サイト:http://blindness.gyao.jp/

ジュリアン・ムーア主演。ノーベル賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」を、『シティ・オブ・ゴッド』『ナイロビの蜂』のフェルナンド・メイレレスが映画化した心理パニックサスペンス。

原因不明で人々は次々に突然目が見えなくなり、それが感染するため目の見えなくなった感染者は隔離され、その隔離された施設はしまいにはいっぱいになります。目が見えない人ばかりの施設にたった一人、目の見えるジュリアン・ムーア演じる女性が目の見えなくなった自分の夫と共に施設に入るのですが、そこで体験することになる光景は大変悲惨なものでした。どんどん人が溢れ、不衛生極まりなくなり、施設内での要望を外部に伝えようと管理する人へちょっと言うだけで突然銃で撃つと脅され、狂気じみた世界へと変貌していきます。そのうち部屋ごとで食料の奪い合いが始まり、食料の分配を牛耳ることになる独裁者のような男が出て、勝手なことを言い出します。金品、貴重品を食料と取り替える、そしてしまいには食料を得るために女性を差し出せとまで言い出す始末。

その施設の中で、夫の不倫を目撃し、食料のために自分を犠牲にし男と寝て、その独裁的な男をはさみを使って殺すというなんともおぞましいことを一気に体験するジュリアン・ムーア演じる女性。気も振れんばかりのおぞましい世界だと思うのですが、それでも彼女は気をしっかりと生きていきます。

大混乱のうちに火事も起き、そのうち監視してる人たちがいないことがわかると皆でその施設を脱出するのです。

木村佳乃と伊勢谷友介も出演。日本人の夫婦役として出ています。日本語と英語を使ったセリフをしゃべってます。

脱出してみても外の世界は荒れ放題。でも何とか自分の家までたどり着き、ほっとします。そのあとまた更なる話の展開があり、終わります・・・。

目の見えない世界に生きるっていうのは本当に大変なことだと思います。先日観たICHIも目の見えない世界。普通にこの世界を目で見ることのできることがどれほど有難いか身に沁みます。荒唐無稽な映画ではありましたが、人がパニックになったとき、また目が見えないという設定になったとき、本来の姿がよりはっきりと浮き彫りにされてしまう結果となりました。平和な時には本当の姿は見えないのかもしれません。

白の闇 新装版

白の闇 新装版

  • 作者: ジョゼ・サラマーゴ
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2008/05/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイロビの蜂

ナイロビの蜂

  • 出版社/メーカー: 日活
  • メディア: DVD
シティ・オブ・ゴッド【廉価版2500円】

シティ・オブ・ゴッド【廉価版2500円】

  • 出版社/メーカー: アスミック
  • メディア: DVD

nice!(18)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - アメリカ映画 サスペンス ブログトップ
メッセージを送る