So-net無料ブログ作成
検索選択
アメリカ映画 ドラマ ブログトップ
前の5件 | 次の5件

わたしに会うまでの1600キロ [アメリカ映画 ドラマ]

「わたしに会うまでの1600キロ」を観ました。

バッグパック一つで砂漠と山道を一人で歩く物語。私自身もかつてバッグパッカーだったので(観光目的だったので砂漠や野山をひたすら歩く目的のこの映画とは違ってはいますが)興味があり、観てみました。

わたしに会うまでの1600キロ [Blu-ray]

わたしに会うまでの1600キロ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

シェリル・ストレイドの自叙伝の映画化。母の死をきっかけに、自暴自棄になり誰彼構わず一緒に寝て、ドラッグに走り、離婚して二進も三進もいかなくなったとき、メキシコ国境からカナダ国境までアメリカ西海岸を南北に走るパシフィック・クレスト・トレイルを歩くことに決める。1600キロ、3か月にも渡る踏破。歩きながら自分自身を見直し、主人公の人生を振り返る映画になっています。

主役のシェリル役をリース・ウィザースプーン、シェリルの母親役をローラ・ダーンが演じています。リース・ウィザースプーンが実際に20キロ~30キロものバッグパックを背負って砂漠や山道を歩き、人生の立て直しを図るこの映画はなかなかいいところもありましたが(お母さんの優しさを振り返りながら大自然の中を歩くことなど)、セックスやドラッグ漬けの昔の日々を回想するその場面が何度も出てくるためヘビーで、辟易したりもしました。それでも観れて良かったです。

映画の中では、使える燃料を間違えておかゆを温められず冷たいまま食事をしたり、雪があるので迂回してヒッチハイクをすることになったり、水がなくなり泥水を吸い上げヨウ素剤を入れて飲んだり、知らない男2人組みに襲われそうになったり、あちこちで「女一人でこんなところを歩いているなんて初めて見た」と言われたりします。私が昔旅行であちこち廻っていたころ、白人の旅行者から「日本人の女の子が一人で旅行しているなんて初めて見た」と何度も言われたのを思い出しました。本当は、当時だって結構日本人の女性一人旅もあったのですが、全体数はやはり少なかったのでしょうね…。でも今はもっとたくさんの女性一人旅の人がいるんだろうなあと思います。また映画の中ではすごい重そうなバッグパックを背負っていて、途中でバッグパックの中身を点検して軽くした方がいいとアドバイスを受けていましたが、私は初めからこんな見るからに重いバッグパックを背負って歩くなんて正気の沙汰ではないなあと思って観ていました。当時の私のバッグパックはたぶん8キロくらい。10キロになると重く感じ、それでもお土産を持って帰国する時は10キロくらいになってはいたと思うのですが、極力荷物は軽くしようとしていました。白人のバッグパッカーはインスタントのコーヒー瓶をそのまま入れたりしていたので、だから重くなるんだよと思っていたのを思い出しました。でも20キロも30キロも平気で担いで歩いている白人の女性たちは逞しいんですけどね。

サイモン&ガーファンクルの「コンドルは飛んでいく」や「ボクサー」「早く家へ帰りたい」などの名曲が使われていたのはとっても良かったです。それと行ったことのないパシフィック・クレスト・トレイルの風光明媚な景色はすごく印象的でした。

私個人は朝から晩までひたすらバッグパック背負って歩くことにはあまり興味がないのですが(それでもネパールのジョムソントレックは1週間くらいかけて歩き、原風景が今でも目に焼き付いていて素晴らしい思い出になってはいますが)時にはやはり一人旅が絶対に必要だなあとこの映画を観て強く思うのでした。一人旅をすると自分の過去の思い出や思いが次から次へと沸き出てきて、この映画の主人公のように自分との対話になり自分の内なる声に耳を傾けることになります。そこから浄化が起こるのかもしれません。そしてその点こそが一人旅の良さだと思うのです。

こういう映画を観ると一人旅がまたしたくなります。

リース・ウィザースプーンはアカデミー賞主演女優賞を獲った「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」や出演だけでなくプロデュースも手掛けた「ペネロピ」などいい映画に関わっているので、他にもいろいろ観てもいいなあと思いました。でも「ゴーンガール」のプロデュースもしていると今回知ったので驚きでした。


nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウォールフラワー [アメリカ映画 ドラマ]

「ウォールフラワー」を観ました。

ウォールフラワー スペシャル・プライス [Blu-ray]

ウォールフラワー スペシャル・プライス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray

「ライ麦畑でつかまえて」の再来とも言われたベストセラー青春小説を映画化。小説家を志望する16歳の少年チャーリー(ローガン・ラーマン)は高校で自分の居場所がなく、いつも壁の花(ウォールフラワー)となってひっそりと目立たず生きてきたが、陽気な自由人のパトリック(エズラ・ミラー)とその妹で美少女のサム(エマ・ワトソン)に会い、友情を育み、恋愛を楽しみ、青春を謳歌し始める。思春期の揺れ動く時期を細やかに描いた映画でしたが、それだけでなく主人公が子供の時におばさんに性的虐待を受けていたという暗い過去を持っていたことも判明します…。セックス、ドラッグ、同性愛などを扱っている映画でもありました。

この3人がとっても美しかったです。エマ・ワトソンはキュートだったし、ローガン・ラーマンも好青年。エズラ・ミラーは自由な感じで伸び伸びしていて、何だかとっても良かった。思春期の微妙な時期はどこに向かって進んでいるのか、自分が自分で良くわからず、またちょっとしたことでご機嫌になったり機嫌を損ねたり、すぐに傷ついたりおちゃらけたり、と一筋縄ではいかなかったなあと、何だか忘れてしまっていたそんな微妙な時期を思い出させてくれました。主人公は好きでもない女の子に言い寄られ、傷つけたくないということから我慢して付き合ったりもします。自分の本心が中々言い表せず物事は自分の望まぬ方向へと進むのです…。

映画の中には、文学やら音楽やらもいろいろ出てきて、例えば文学ではアラバマ物語、ウォールデン森の生活、グレイト・ギャッツビー、ライ麦畑でつかまえてなど、小説家志望の主人公は教師からいろいろお勧めの本を借りて読んだりしています。また音楽もビートルズのSomethingを好きな彼女のクリスマスプレゼントとして送ったり、80年代に流行ったDexys Midnight RunnersのCome on EileenとかCrowded HouseのDon't Dream it's overなどがかかったりします。特にこの2曲は曲が流れた瞬間に思いっきり懐かしい気分になり、こんな音楽忘れていたな、その頃が本当に本当に懐かしいなと単純に思いました。Air Supplyの曲も使われていたけど何の曲だったか(彼らの曲はただただ爽やか。でもどの曲も同じ曲に聞こえてしまう)いずれにしても音楽の威力というのはすごいものだと今更ながら改めて感じました。

この映画の原作はアメリカ図書協会の2009年に推薦する本の第3位に選ばれていて、ちょっと読んでみたいなあとも思いました。またハーパー・リーが今年の初めに亡くなったときアラバマ物語を映画で観るか本を読もうと思っていたのに全然できずじまいであることをまた思い出しました。この機会に何とかアラバマ物語を観るか読むかしたいと思いました。

ハリーポッターで一躍有名になったエマ・ワトソンですが、そういえばエディ・レッドメインが出ていた「マリリン 7日間の恋」にも出ていたなあ。今は女優業を休業宣言しているとの報道を少し前に聞きました。キュートなのでまた戻って是非活躍してほしいです。


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

二ツ星の料理人 [アメリカ映画 ドラマ]

一橋ホールで「二ツ星の料理人」を観てきました。

ポスター画像

映画公式サイト:http://futatsuboshi-chef.jp/

ブラッドリー・クーパー主演作。美食の街パリを追われた天才シェフ(ブラッドリー・クーパー)が、舞台をロンドンに移し、人生を建て直し三ツ星レストランに挑む物語。

天才シェフを支えるシングルマザーの女性料理人にシエナ・ミラー。また料理評論家にユサ・サーマン、師匠の娘で全ての借金を返済してくれた昔の恋人にアリシア・ヴィキャンデル、アルコールとドラッグの治療担当医師にエマ・トンプソンと、脇を固めるキャストに至っても豪華なキャストでした。個人的にはアリシア・ヴィキャンデルがエディ・レッドメインと共演した「リリーのすべて」でアカデミー賞助演女優賞を獲ってから今一番注目している女優さんだったので、この映画を観れて得した気分になりました。少ししか出番がなかったのですが、英語のみならずフランス語のセリフも難なくこなし、このスウェーデンの女優さんはいつもながら可愛いくて素敵だなあと思いました。長らく観ていなかったユサ・サーマンやエマ・トンプソンは何だかとっても老けたなあと思いました。

主役のブラッドリー・クーパーは「世界に一つのプレイブック」や「アメリカンハッスル」くらいしか観ていないのですが、ちょっと変わったキャラが相変わらずピッタリだと思いました。この映画ではドラッグにアルコール、女性に借金で身を滅ぼし、天才シェフといわれる腕を持っていたのにダメダメ人間に身を落としたシェフ役でした。新しい環境で再起をかけますが、相変わらず気性が激しいので、調理場のメンバーとうまくいかず皿をバンバン放り投げたり、激しい言い争いになったりします。時々借金取りが職場にやってくるし、ドラッグとアルコールを絶つためドクターの元にも通っています。

映画自体は軽やかな音楽と共にテンポよく進み、レストランの厨房で次から次へと作られるお料理の数々がおいしそうというより、かなりアーティステックで、何だか素敵な芸術作品を観ているようでした。調理人たちの調理に対する真摯な姿勢が良く表われていて、ある意味調理場は戦場だなあと思いました。調理場が戦場だということでは、松潤主演のドラマ「バンビーノ!」を思い出しました。またシェフの物語の映画ではキャサリー・ゼタ・ジョーンズ主演の「幸せのレシピ」やドイツ映画の「マーサの幸せレシピ」、「レミーのおいしいレストラン」も思い出しましたが、前者2つのほうがもっと静謐でガチャガチャしていず幸せ気分が漂い、また後者は可愛らしくて楽しかったなあと思い出しました。

それにしてもミシュランの人たちが来るときは、必ず二人連れで、床にフォークを落とし、水とカクテルを頼み、そしてアラカルトとコースを頼むと決まっているなんて驚きです。昔裏切った同じ料理人の仲間に今度はこちらが裏切られて、三ツ星が獲れないと絶望し自殺するくらい危ない精神状態になったのに、実はその人たちがミシュランの人たちでなかったなんて、ちょっとキツネに化かされた感じの展開でしたが、実際にミシュランが来た時に、「やるべきことをやる」とシェフが言い切り、平常心で臨んだ最後は、結果がどうであれやはりそうでなければ三ツ星は獲れないだろうなあと思いました。最後はハッピーエンドを漂わせての終わりで良かったです。


nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

サウスポー [アメリカ映画 ドラマ]

一ツ橋ホールで「サウスポー」を観てきました。

ポスター画像

映画公式サイト:http://southpaw-movie.jp/

ジェイク・ギレンホール主演。ボクシングのチャンピオンであるビリー(ジェイク・ギレンホール)が相手の挑発にのって乱闘を起すと、そこにいた愛する妻モーリーン(レイチェル・マクアダムス)が銃で撃たれ亡くなってしまう。その上、その後行った試合でボクシングのライセンスを剥奪され、また親としての能力をも疑われ愛する娘は福祉に預けられてしまう。すべてを失ったビリーはかつて自分を苦しめた対戦相手を育てたトレーナー、ティック(フォレスト・ウィテカー)の元を訪れ、再起をはかる。

頂点を極めて、そこから真っ逆さまに底辺へ。その底辺から立ち上がって再びチャンピオンの地位を取り戻し、娘との信頼関係を築いて娘を取り戻すまでを描いています。短期間に人生こんなに見事に立ち直ることなどできないと思うのですが、真摯に物事に向き合い、やるべきことをやったら報われる、そういう風であってほしいとやはり心のどこかでは願っているので、この映画の結末がとりあえずはハッピーエンドで終わって良かったです。

愛する妻がマネージメントから体調管理などすべてをコントロールしていて、主人公のビリーは妻が亡くなって改めてその彼女の存在の大きさに気づかされます。ある意味妻と二人三脚で人生を歩んできたビリーにとっては、自分の気の短い性格から彼女を亡くしてしまったことは、悔いても悔いきれないほどに悔しかっただろうし、深く落ち込み、そのまま再起できなくてもおかしくなかったかもしれません。しかしそこからこつこつと一歩一歩這い上がっていく真摯な姿は感動的でした。

娘が「ママじゃなくてパパが死ねばよかったのに」というシーンには胸にグッときて泣けました。自分の愛する娘にそんなことを言われたら本当に親としたら自分自身が情けなくて泣けてくるでしょう。

それにしてもジェイク・ギレンホールのプロのボクサー並みの肉体改造とプロ顔負けのリング上での試合は本当に素晴らしかったです。プロの俳優根性を見せつけられた思いです。またそこに華を添えるレイチェル・マクアダムスはキュートで適役でした。何気にレイチェル・マクアダムスはいい映画に出ているなあといつも思ってしまいます。素晴らしい感動作でした。


nice!(19)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

オデッセイ [アメリカ映画 ドラマ]

「オデッセイ」観ました。

マット・デイモン主演の火星で一人取り残された宇宙飛行士のサバイバル映画です。ゴールデングローブ賞作品賞(コメディ・ミュージカル部門)受賞、主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門・マット・デイモン)受賞でリドリー・スコット監督作品でもあったので観たいと思っていました。原作はアンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」

 ポスター画像

映画公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/index.html

水なし、酸素ほとんどなし、通信手段が断たれ、食料は31日分。地球から火星までは2億2千万キロ以上あり、次の救出までは1400日(4年)かかる。たった一人、火星に取り残されてしまったワトニー(マット・デイモン)はそれでも希望を捨てなかった。自分の持てるすべての知恵、知識を駆使し、水がないなら水を作る。食料がないなら食料(じゃがいも)を作る。通信手段も昔取り残された器材を見つけ出し修理し、通信できるところまで直す。お腹に傷を負えば自分で簡単な手術もしてしまう…。

他のクルーたちはワトニーが既に死んでしまったものだと思っていて、大切な任務がまだ続くからとNASA本部から彼の生存に関しては秘密にされていた。彼の生存が濃厚となると他のクルーたちにかなり時間が経ってからそれを知らせ、地上ではワトニーの救出を何とか成功させようと一致団結する。しかし、急いで作ったロケットは打ち上げ失敗し、そんな中、中国がその新たな技術を持っていてその救出に一役買ってくれる話が舞い込み、また一方では今まだ帰還していない他のクルーたちに更に500日以上の宇宙旅行をさせてワトニーを救出してもらおうと計画が進んでいた…。

この映画で使われていた音楽、ドナ・サマーのホットスタッフやABBAのウォータールー、他にグロリア・ゲイナーのアイ・ウィル・サバイブ(この歌は知っていたが歌手や題名まで知らなかった)が何とも斬新で効果的に使われていて、この映画に欠かせないとっても大事な要素になっていました。70年代のポップスということになるのでしょうが、すごく良かったです。私にはこの3曲しかわからなかったのですが、70年代に青春を謳歌した人にとってはより意義ありより素敵な映画に思えたかもしれません。

マット・デイモンの演技も素晴らしかったです。個人的にはジェイソン・ボーンシリーズが好きで、マット・デイモンがこのシリーズの出演拒否をしていましたが、また復帰してボーンシリーズがこの秋に公開になるので、こちらもとても楽しみです。マット・デイモンはジェイソン・ボーンがはまり役ですが、このワトニー役もはまり役でした。

火星に一人取り残されるようなことはきっとないにしても、ワトニーのような人は格好いいなあと思いました。尊敬に値し脱帽です。そこにあるものを利用して水を作る、植物を育てる、通信手段を復活させる、自分の怪我を自分で治せるなど、自分の知恵と知識と、何より生き抜いてみせるという強い意志や、時にはユーモアのセンスをも持ち合わせなければ決して生き抜くことはできない火星で見事生き抜いてみせるのですからあっぱれです。この現代社会にあってサバイバル的なことはほとんど必要なくても、ワトニーみたいな人であれたらいい。とっても元気をもらえた映画でした。


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | 次の5件 アメリカ映画 ドラマ ブログトップ
メッセージを送る