So-net無料ブログ作成
検索選択
アメリカ映画 ファンタジー ブログトップ

タイタンの戦い [アメリカ映画 ファンタジー]

画像1

「タイタンの戦い」の劇場招待券を頂いたのでTOHOシネマズ錦糸町で観てきました。

公式映画サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans/

ゴールデンウィーク中に出かけたのですごい人でした。1時間前に行ったにも関わらず席が前3列のわずかな席しか空いてなくて、仕方なく前から3列目で観てきました。こんなに前だとスクリーンがあまりにも迫りすぎて首もちょっと疲れました。本当は3Dでも上映されていたので3Dで観たいところでしたが、時間帯が合わず(朝10時からと夜8時からの2回しかやっていない)普通の2Dで観てきましたが、3Dで観た人のレビューを読むと、結構リアルすぎて気持ち悪いほどらしく、特に「メデューサの髪のヘビが、まるで自分の周りにまとわりつく感じだ」といったようなことも書かれていたので、そこまでリアルでなくてもいいかなあと思い、今回はパスしました。

画像2

ストーリーはある人間の王が神にはむかい、ゼウスの神の銅像を壊します。それをゼウスの神が怒り、冥界の神ハデスを解き放ち、人類を滅ぼそうとします。しかし、神ゼウスと人間の王女ダナエーの間に生まれた子ペルセウスがそれを阻止するために立ち上がり、三人でたったひとつの目しか持っていないグライアイ三姉妹のところで情報を聞き出し、目を合わせるとたちまち石になってしまうメデューサや巨大な海の生物クラーケンなどと戦うのです。

画像4

ギリシャ神話を元にしたこの映画は以前にも同じタイトルでの映画がありこちらはリメイク版で、描き方も全く違ったものになっているようです。ギリシャ神話は絵画鑑賞のときにもよく題材として使われるのでなるべく頭に入れたい知識だと思ってはいるのですが、あまりにもたくさんの神々がいすぎてどうも頭に入ってきません。それでもゼウスやダナエー、ペルセウス、メデューサなどはお馴染みでしたが、こういった映画で知らないうちに知識となってくれたらいいかもしれないなあと思いました。

画像10 

画像3

単純に娯楽作品としてとても楽しめました。ゼウスとハデスの兄弟でのいがみ合いもあり、神様たちの世界も人間世界と同様、なかなか大変なのね~と思いました。
タイタンの戦い [DVD]

タイタンの戦い [DVD]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD
「タイタンの戦い」オリジナル・サウンドトラック

「タイタンの戦い」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2010/04/21
  • メディア: CD

かいじゅうたちのいるところ [アメリカ映画 ファンタジー]

main_large.jpg

「かいじゅうたちのいるところ」を新宿厚生年金会館で観てきました。

映画公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare/

全米ナンバーワンとなり、「絵本の最高傑作が実写映画に!」という触れ込みで楽しみにしていたのですが、何だかセリフが硬く、内容がいまひとつ。子供に簡単に理解できる内容では全くなく、そうかと言って大人が楽しめる映画にもなっていずちょっと残念な映画でした。

もっとファンタジーで、わかりやすい楽しい映画だと期待が大きすぎたのかもしれません。映像そのものは、奇妙なかいじゅうたちと悪ガキの子供ひとりがとても絵になって、かわいい感じですが、セリフが退屈で、途中で映画観るのを何度も止めようと思ってしまったほどでした。
そして子供の妙に高いテンションやはしゃぎが始終うるさく感じ、映画を観ている間もそのテンションについていけず・・・・。疲れてしまいました。

subsg040907_large.jpg subsg070607_large.jpg

091113_kaijyu_sub10.jpg 090721_kaiju_main.jpg

こういう映像クリップだけを観てると何とも良さそうな映画なのですが、脚本が良くないのかもな~。それ以前に本当にこの絵本は最高傑作なのだろうか!?という疑問が・・・。あとでチェックしてみたいと思いました。また教訓めいたことが入っていてもダイレクトに伝わってこないのですっきりしない映画でした。

私は字幕で観たのですが、どうせなら日本語吹き替えの加藤清史郎くんの声のほうがいいのかも。残念でした。

かいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラック

かいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2009/12/23
  • メディア: CD
かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

  • 作者: モーリス・センダック
  • 出版社/メーカー: 冨山房
  • 発売日: 1975/01
  • メディア: 大型本
かいじゅうたちのいるところ ストーリーブック

かいじゅうたちのいるところ ストーリーブック

  • 作者: デイヴ・エガーズ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2009/12/04
  • メディア: 大型本


ナルニア国物語 第2章カスピアン王子の角笛 [アメリカ映画 ファンタジー]

「ナルニア国物語~第2章カスピアン王子の角笛」の劇場招待券を頂いたので、TOHOシネマズ錦糸町で公開2日目に観てきました。

公式映画サイト:http://www.disney.co.jp/narnia/

C・S・ルイスの名作ファンタジー小説をディズニーが映像化。イギリス人なら誰でも知っているファンタジーらしいのですが、その第2作目です。ペベンシー家の4人の子どもたちがロンドンの地下鉄の駅にいるとき、言葉を話す不思議な生きものたちが暮らす魔法の国“ナルニア”へ、角笛を吹いたカスピアン王子によって突然呼び出されます。実はこの4人の子供たちもかつてのどこぞの王子に王女であって、戦闘民族テルマール人からナルニアを取り戻そうとカスピアン王子を応援し一緒に戦います。1300年もの時を越えて、悪と戦い、そしてまた現代に舞い戻ってくる物語。戦争のシーンもたくさんあってアクションシーンが多く、目を離せないため2時間30分ほどの時間はあっという間でした。何となく指輪物語を思わせるファンタジーで大人も子供も楽しめる映画でした。

第1作を私自身観ていないし原作もちゃんと読んでいないので、話の流れもよくわかってませんが、この映画だけ観てもそれなりに楽しめました。しかしながらちゃんと第1章を観てこの第2章を観たほうがもっと楽しいに違いありません。このナルニア物語は第7章まであり、これからこのハンサムなベン・バーンズ演じるカスピアン王子が青年から大人へと成長して活躍する章へと話がどんどん進んでいくので、この映画もヒットしたらこの映画のシリーズも次々と作られていくでしょう。これを機会に面白そうなので本も読んでみたいと思います。

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 オリジナル・サウンドトラック

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,レジーナ・スペクター,オーレン・ラヴィー,スウィッチフット,ハンネ・ヒュッケルバーグ,ジョン・フォアマン,アンディ・ドッド,アダム・ワッツ
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2008/05/21
  • メディア: CD
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 オリジナル・サウンドトラック

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,イモージェン・ヒープ,アラニス・モリセット,ティム・フィン,リズ・スコット
  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • 発売日: 2006/03/01
  • メディア: CD
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

  • 作者: C.S. Lewis
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 文庫
ナルニア国物語―ポップアップ絵本

ナルニア国物語―ポップアップ絵本

  • 作者: C.S.ルイス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 大型本
カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)

カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)

  • 作者: C.S. ルイス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD
ナルニア国物語 VOL.1 第1章 ライオンと魔女

ナルニア国物語 VOL.1 第1章 ライオンと魔女

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD
ナルニア国物語 VOL.2 第2章 カスピアン王子のつのぶえ 第3章 朝びらき丸 東の海へ

ナルニア国物語 VOL.2 第2章 カスピアン王子のつのぶえ 第3章 朝びらき丸 東の海へ

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 [アメリカ映画 ファンタジー]

「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」を中野サンプラザで観てきました。

公式映画サイト:http://woman.excite.co.jp/cinema/magorium/

この映画、この週末からロードショーで既にテレビでCMもやってます。勝手に動く魔法にかかってるようなおもちゃがたくさん出てきて、華やかな画像は楽しめましたが、これほどビックリ箱をひっくり返したような楽しいはずのおもちゃ屋さんが舞台なのに、前半は退屈してしまうところもあり残念でした。子供向けかと思いきや意外に子供は退屈してしまう展開、セリフのやりとりだったかもしれません。その証拠に親子連れが途中で退席してました。大人が観るにはちょっと子供じみたテイストだし、子供が観るにはやや難しい、中途半端な位置にある映画だと思いました。でもちゃんと最後まで観ればそれなりにうまく盛り上げていて、後半かなり巻き返しました。

ダスティン・ホフマン演じる243歳のマゴリアムおじさんのおもちゃ屋は、彼の魔法によっておもちゃが生きていて、でもマゴリアムおじさんが死ぬことを決意してから、おもちゃ屋全体がおかしなことに。跡継ぎ候補にあがるナタリー・ポートマン演じるモリーと、友だちができない帽子のコレクションがすごい男の子、計算のことばかりしか頭にない会計マンが繰り広げます。

 「自分を信じ切れば、かけられなかった魔法もかけられる。自分を信じよう」といったメッセージの映画でした。この脚本・監督は「主人公は僕だった」(関連記事はこちら)の脚本を書いたザック・へレムで第2のスピルバーグとの声も高いらしいのですが、「主人公は僕だった」は結構良かったけれど、この作品はどうかなあ

ところでこの試写会、3枚も当たってしまいました。贅沢な悩みですけど、こんなに当たらなくてもいいのに。その分他のが当たってくれたら嬉しかったなあ・・・。

中野サンプラザ

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋―Magical Movie Novel

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋―Magical Movie Novel

  • 作者: スザンヌ・ウェイン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本
オリジナル・サウンドトラック「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」

オリジナル・サウンドトラック「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2008/02/06
  • メディア: CD

スターダスト [アメリカ映画 ファンタジー]

映画公式サイト:http://www.stardustmovie.jp/top.html

「スターダスト」イイノホールにて観てきました。

すごく夢があるファンタジー映画でした。流れ星を巡っての争奪合戦の物語で、あるひ弱な若者の冒険を通しての成長物語でもあります。「この物語の感動はまさしく宮崎映画の実写版をみてるようだ」というコピーもチラシに載ってましたが、確かにそういう一面もあるかもしれません。私自身それほどたくさん宮崎映画を観てないので何とも言えませんが、主人公が冒険を通して成長する物語という点では共通しています。

そして何よりすごく楽しかったのはキャラクター。

ルビーを手に入れたものだけが王位継承できると王様に言われたので、そのルビーのネックレスを胸につけた流れ星を追い、その過程でお互いを殺し合い次々と亡くなって幽霊になる王子たち↓とか。(ふてくされ具合とか投げやりな感じとか、おかしくてふきだしました

流れ星を400年も待ち続け、その心臓を手に入れれば若さと美貌を得られるので、やっきになって流れ星を追う三姉妹の魔女たち(真ん中はミシェル・ファイファー)↓とか。(魔法の数々を使うごとにしみができ、あっという間に老けてしまうのが見ものです)
表面的には残忍で怖いという評判があるけれど、実は心優しく人間味があって世間に恐れられるように演技し続ける海賊のキャプテン↓(ロバート・デ・ニーロ)とか。(実は個室にこもって女装して音楽に合わせて踊りまくってました。笑えます
もちろん最初は頼りなげだけれど、流れ星を守る旅を通してだんだんたくましくなって行く主人公の男の子↓(右)や、(こんな風にキャプテンと剣の練習を積んで頼もしい青年に成長します)
ルビーのペンダントと共に落ちてきたこの女の子(左)に姿を変えた流れ星↓も、
みんな欠かせない素敵な登場人物たちでした。
火を灯し行きたいところを願えばその場所にぴょんとひとっ飛びしてくれるろうそくとか、魔女の魔法をかわし守ってくれる白いガラスで出来た花などの小道具。海賊船は空を漂い、魔女の魔法でヤギは男に、男は女に、荒涼とした場所に一瞬で旅籠ができ、人形の足を折ればその人の足も折れ、死んだ男に剣を振らせるなどの、ミラクルワールド。
ストーリーは、主人公のひ弱な男の子が実は最終的には王位を継承する人であり、女の子の姿に変えた流れ星に真実の愛を見つけ、二人は結ばれるというハッピーエンド。そしてそれは決して冒険を通さなければ得られないものでした。
こういったおとぎ話には冒険がつきものだし、私たちの人生においても冒険することは成長するには必要不可欠なことです。
冒険を通して成長する物語はたくさんありますが、私はパウロ・コエーリョの「アルケミスト」を真っ先に思い出してしまいました。映画と共にこの本もお勧めです。
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

  • 作者: パウロ コエーリョ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1997/02
  • メディア: 文庫

アメリカ映画 ファンタジー ブログトップ
メッセージを送る