So-net無料ブログ作成
日本映画 アクション ブログトップ

怪人二十面相・伝 [日本映画 アクション]

「怪人二十面相・伝」を虎ノ門ニッショーホールで観てきました。

公式映画サイト:http://www.k-20.jp/

 『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフが贈るアクション・エンターテイメント。金城武、松たか子、國村隼、高島礼子、鹿賀丈史、仲村トオルなどが出演。江戸川乱歩の怪人二十面相かと思いきや、原作者が違い、全く新しい面白いストーリー展開になっていました。もちろん明智小五郎や小林少年は出てくるのですが、どんでん返しに続くどんでん返しで、結構エンタメとして楽しめました。何だかスーパーマンとかスパイダーマン、インクレディブルハルクや最近見たアイアンマンみたいな感じのヒーロー者の映画でした。

金城武が本物の怪人二十面相にはめられ、怪人二十面相ではないのに怪人二十面相として逮捕され、お得意のサーカス芸で刑務所を脱出し、帰るところがないため泥棒一族の世話になりながら、怪人二十面相に負けず劣らぬその腕を磨くための特訓を始めます。それからまもなくして松たか子演じる明智小五郎の婚約者が怪人二十面相に追われるところを助けます。
ある謎解きをしながら仲村トオル演じる明智小五郎と、怪人二十面相と間違えられて一度は捕まった金城演じるサーカス団の団員の遠藤がタッグを組み、当時としては最先端で唯一の絵画の下絵をあぶりだすレントゲンがある国家の中枢部へと侵入を試みます。
そこからがどんでん返しの始まりです。
松たか子のお嬢様ぶりが笑いを誘い、金城武のサーカス芸並みの身のこなしの素晴らしさ、仲村トオルが演じる役柄の素性にあっと驚きました。面白かったです。エンタメとして十分楽しめるのでお勧めです。
K-20 怪人二十面相・伝 公式ガイドブック

K-20 怪人二十面相・伝 公式ガイドブック

  • 作者: K-20製作委員会
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/12/20
  • メディア: 単行本
怪人二十面相・伝 (小学館文庫)

怪人二十面相・伝 (小学館文庫)

  • 作者: 北村 想
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/09/05
  • メディア: 文庫
K-20 オリジナル・サウンドトラック

K-20 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: 佐藤直紀,サントラ
  • 出版社/メーカー: VAP =music=
  • 発売日: 2008/12/17
  • メディア: CD

nice!(13)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
日本映画 アクション ブログトップ
メッセージを送る