So-net無料ブログ作成
日本映画 コミック ブログトップ

ルパン三世 [日本映画 コミック]

「ルパン三世」を観ました。

ルパン三世 Blu-rayスタンダード・エディション

ルパン三世 Blu-rayスタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: エイベックス・ピクチャーズ
  • メディア: Blu-ray

映画公式サイト: http://www.lupin-the-movie.jp/

小学生のとき大好きでよく見ていたアニメですが、たくさんの人の評を読むとかなり酷いので、観るのをためらっていましたが、初めからあまり期待せずに観たせいか意外と楽しく鑑賞できました。ルパン三世役の小栗旬は結構ルパン三世になっている!と思いました。小栗旬はこの役のために8キロ減量したとあり、意外と「不二子ちゃ~ん」という声や、場面場面に見せる表情がすごく良くて、私にとってはかなりドンピシャなルパン三世でした。他の役者さんたちもそれなりに様になっていました。次元大介に玉山鉄二、石川五ェ門に綾野剛、峰不二子に黒木メイサ、銭形幸一に浅野忠信。ただ個人的には石川五エ門の綾野剛はちょっとないかなあと思いましたが…。(彼の演技はいいのですが、顔が違う。どうしても彼を見てるとちゃらんぽらんな感じの役のほうが似合うと思ってしまいます)

シンガポールに香港、タイと国際色豊かに、俳優さんたちもアジアの俳優さんたちがたくさん出ていました。難を言えば人間関係が分かりにくく、途中間延びして集中できない部分もあったので、もっと登場人物を絞ればよかったのになあと思います。ルパンをはじめ、主要な仲間たちをもっと早い時間から登場させればよかったのに、とも思いました。

そうは言っても、次元対五ェ門の銃対剣対決とか、飛んでくる弾を真っ二つに切ってしまう剣の達人の五ェ門とか、弾が2発しか残っていないところを相手に銃をやるよと言われてもクールに拒否し、落ちていた銃を利用してその銃を撃って弾が相手に当たるといういかにも射撃の名手の次元であったり、手錠を掛けられ捕まったのに、銭形と話をしていているうちにするりと手錠をかけてしまうルパンや、不二子ちゃんにデレデレのルパンとか、相変わらずルパンを何度も何度も裏切ってしまう不二子ちゃんとか、ニヤリとしてしまう定番の場面は数々あり、私としてはかなり楽しめました。

熱烈なルパン三世ファンからすると、この映画はガッカリなのかもなあ。それはやはりアニメを実写となるとそれぞれの姿かたちから声もキャラも同じにするのは難しいでしょうから。しかし私の中のルパン三世は基本的に小学生のときで大体止まっているので、映画の中にそれぞれのキャラが多少入っていたこの映画で十分でした。俳優さんたちは人気アニメの実写という大きなプレッシャーの中、すごく良く演じていたと思います。もし良くない点があるならば脚本とか編集かもな。また2時間を超えていたので1.5時間くらいに短くしたほうが良かったかも。娯楽としてはほかの人が酷評するほどでもなく、私としては満足でした。


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

笑う大天使(ミカエル) [日本映画 コミック]

「笑う大天使(ミカエル)」の試写会行ってきました。

もともとの原作がマンガなので、映画の中にも劇画タッチの表現があり、またなぞの犬やらなぜか怪力のある主人公やら、学園にひらひらと舞う花びらやら、格闘シーンも現実ではありえない部分がたくさんあって、魔法使いの世界に近い非現実世界かなと思えました。

セリフが早口ではっきりせず、聞き取りにくい部分も多かったのも、とても残念。ちょっとコミカルに描いている部分もゲラゲラ笑えず、苦笑程度でした。

全体的にお嬢様の世界で画像も美しい部分がありましたが、若い役者さんたちの歯に浮いた演技もいただけませんでした。

試写会とともに主題歌を歌ってるつじあやのさんがゲストに出て、熱唱してくれたのはとてもよかったですけどね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
日本映画 コミック ブログトップ
メッセージを送る