So-net無料ブログ作成
神木隆之介 ブログトップ

桐島、部活やめるってよ [神木隆之介]

「桐島、部活やめるってよ」を観ました。

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray

朝井リュウの原作を映画化。神木隆之介くんが出ているので観ました。2012年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞(吉田大八)、最優秀編集賞(日下部元孝)新人俳優賞優秀賞(橋本愛・東出昌大)など受賞。

高校のバレー部に入っている桐島が部活を辞めることで、それぞれの生徒たちの心情が微妙に揺れ動く様子を描いています。場面をまた別の角度から撮影した映画になっていて、同じ場面を2回の撮影でより立体的に見せています。初めはこの手法に戸惑いましたが、こういう映画の撮り方、編集の仕方もありだなあ、と思いました。高校生の揺れる気持ちを的確に見せ、それぞれが抱える問題や悩みを浮き上がらせる映画になっていました。

野球にもバスケにも才能があり、ルックスが良く彼女もいる宏樹(東出昌大)は何も部活に参加していません。バレー部で大活躍の桐島の大親友です。野球のキャプテンからは試合に出てくれと頼まれますが、その気は全くありません。また映画部で映画を作ることにエネルギーを注ぐ前田(神木隆之介)は、運動が苦手でバドミントン部のかすみ(橋本愛)をちょっと気にかけています。同じバドミントン部のくるみはバレー部の桐島がいなくなって一生懸命その代わりを務めようとする風助を気にかけます。桐島が部活を終えるのを待つのはその彼女の美人の梨沙(山本美月)と、宏樹たち男子3人で、宏樹たちはバスケで時間をつぶしています。

突然、桐島が部活を辞めることになったとき、彼女の梨沙のところには何の連絡もなく梨沙はいらいらしま す。宏樹たちはバスケで時間をつぶしていたのは桐島を待つためでしたが、今でもバスケを続けているのが何のためなのか仲間の一人が疑問を投げかけます。「俺はバスケが好きだから別にいい」というと、別の仲間は「それならバスケ部に入れば?」といいます。夜遅くまでバットを振って走る野球部の先輩は、「スカウトの人がたとえ来なくてもスカウトの時期が終わるまで野球を引退しない」と宏樹に話し、映画部の前田は「将来映画監督になれなくても、自分の知っている映画と自分が撮る映画に一瞬だけど繋がるときがあり、それがあるから映画部をやっている」というようなことを話します。そして、宏樹は自分を振り返り自分のふがいなさに涙します…。

女の子同士のつるんだり、男の子同士でつるんだり、密かに人を思ったり、それぞれの高校生を見せます。はるか昔のことですが、こんな感じあったかもなあと思いました。そして何かに打ち込んでいる人々はどこにあっても美しいと思いました。それは高校生とか大人とか関係なく。どんなことでも真剣に向き合う人たちは恰好いいなあと再確認させてくれる映画でした。

これが日本アカデミー賞の最優秀作品賞なのか!?と賛否両論分かれている映画のようで、確かに微妙なところがありますが、その見せ方の新しい映画でその部分は評価できると思いました。神木隆之介くんがちょっとダサい感じの高校生役でしたが、これもまたよし。でも主演は東出昌大さんみたいな感じの映画でした。


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

脳内ポイズンベリー [神木隆之介]

「脳内ポイズンベリー」を観ました。

ドラマ「失恋ショコラティエ」の原作者と同じ原作者の水城せとなの原作と知って、観てみたいと思っていました。しかも神木隆之介くんが出ていて、他にも役者さんが揃っていたので結構期待してみました。あれこれと脳内が暴走しながら恋愛が進んでいくのがとっても面白かったです。そして主人公いちこ(真木ようこ)が最後は好きな彼氏、早乙女(古川雄輝)を振って自分の道を進んでいく結末がとっても清々しかったです。

脳内会議が笑えました。ポジティブな石橋(神木隆之介)はどこまでもポジティヴで弾けていたし、ネガティブな池田(吉田羊)は嫌味な思考回路が冴え、瞬間にときめいたり嬉しかったりするハトコ(桜田ひより)は単純さが可愛く、書記係の岸(浅野和之)は銀行員みたいで、それらを取りまとめる議長吉田(西島秀俊)は眼鏡をかけた風見鶏で、そのキャラが強烈でした。

ラブコメなので肩の力を抜いて観ていられます。どの役者さんたちも芸達者。最後は結構シリアスに「誰が好きかでなく、自分が誰と一緒にいるのが好きなのか?(それが大切)」というフレーズが心に響きました。

神木隆之介くんの演技を久々に観ましたが、やっぱりいいなあと思いました。


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

時は立ちどまらない [神木隆之介]

2014年のドラマ「時は立ちどまらない」を観ました。

時は立ちどまらない [DVD]

時は立ちどまらない [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、東京ドラマアワード作品賞グランプリ、芸術祭賞大賞、アジアテレビジョン賞最優秀賞、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組優秀賞などたくさんの賞を受賞しています。

山田太一脚本。東北に住む2つの家族、高台に住む西郷家の長女(黒木メイサ)と浜に住む浜口家の長男(渡辺大)が結婚しようと話を進めていたとき、東日本大震災が起こります。結婚間近だったのに、そのフィアンセを失ってしまった西郷家の長女。そして家族の女性たちと息子を失い男3人の世帯になってしまった浜口家。本当ならば両家はもうすぐ親戚関係になっていたのですが、結婚する前に男性が亡くなってしまったのですから、もはや親戚ではありません。しかしせっかくの縁であると西郷家は避難所生活をする浜口家に、自分の家の部屋を使ってもらうようにします。しかし浜口家は世話になるばかりで何の恩返しもできないその歯がゆさから、その部屋で奇声を上げ、物を壊したりします。そういった暴挙で強引に縁を切ろうとしたのです…。

西郷家の父親に中井貴一、母親に樋口可南子、祖母に吉行和子、浜口家の父親に柳葉敏郎、母親に岸本加世子、祖母に倍賞美津子、祖父に橋爪功、次男に神木隆之介と役者も揃っていました。

中井貴一さんや黒木メイサさん、神木隆之くんが出ていたので、去年観たドラマ「虹のガーデン」を思わず思い出してしまい懐かしい気持ちになりました。このドラマでも中井貴一さんが父で黒木メイサさんが娘役でしたが、神木隆之介くんは黒木メイサさんの結婚で義理の弟になるはずでしたが、メイサさんのフィアンセが亡くなってしまうことで二人が付き合い始め、一時恋人になる感じの役柄でした。「虹のガーデン」のドラマがインパクト大だったのでちょっとその関係性に違和感があるのは仕方なかったです。

際立っていたのは柳葉敏郎さんの東北弁のうまさ。さすがです。東北出身ですからそのまま話せばいいわけですが、とてもうまくて印象に残る役でした。神木隆之介くんの演技観たさの鑑賞でしたが、ドラマの所々で涙が止まらず、心の琴線に響くセリフがたくさん詰まっていてまたもやいいドラマを観れたことに感謝です。また被災する人の中にも温度差があることがわかり、その細やかな感情などは本当に繊細に描かれていました。

東日本大震災が起きてからもうすでに4年。未だに家を失いプレハブで暮らす人々。地震により津波が起き、それによって家を失った人たちと、また原発によって家に戻れなくなった人たちとは全く違うと思うのですが(前者は自然災害によってもたらされたことなのである意味どうしようもないのですが、後者は原発という人的災害であります)全く問題が解決しないまますでに4年も時が経っています。報道も何故か岩手や宮城ばかり。本当は福島の原発で戻れない人たちをもっとフューチャーすべきなのになあと思うのは、私だけでしょうか?マスコミも取材のしやすい場所ばかりに集中していて、福島を避けている。おかしなことです…。


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

東野圭吾「変身」 [神木隆之介]

東野圭吾「変身」を観ました。

連続ドラマW 東野圭吾「変身」 DVD BOX

連続ドラマW 東野圭吾「変身」 DVD BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

東野圭吾の「変身」のドラマです。神木隆之介くんと二階堂ふみちゃんの演技にまずは脱帽でした。若いこの二人の演技力半端なかったです。今後もすごく楽しみな役者さんたちだなあと思いました。また刑事役の村上純さんも素晴らしかった。「オー、ファーザー!」で初めて観て今回で2回目ですが、日本にはたくさんの実力のある役者さんたちがいるのだなあと今更ながら感心です。またこのドラマは、ワンシーンワンシーン飽きさせず、本当にドラマ作りが素晴らしかった。優しい感じの音楽を使ってホンワカとさせ、恋人同士の愛情の深さについつい涙をそそられました。かなり重いテーマを扱っているため、生きていることなど根本的な問題も考えさせられました。秀逸なドラマでした。

純一(神木隆之介)は恵(二階堂ふみ)と知り合い、クリスマスイブにプロポーズのため注文した指輪を取りに宝石店を訪れていました。そこに強盗犯の京極(渡部豪太)が拳銃をもって現れ、子供をかばった純一の右脳をぶち抜くのです。京極は胸を自ら打ち死亡。その日、東和病院に純一と京極が運ばれましたが、純一は堂元医師(伊武雅刀)らのチームによって命が救われたものの、いつまで経っても退院させてはもらえません。またいつまで経っても面会させてもらえない恵はもぐりこみ、大変なことを耳にします…。

脳移植を扱っているドラマでした。京極という男の脳を純一に移植。その純一は以前の純一とは違って、物の音に敏感になり、喧嘩っ早くなり、すぐに切れてしまいます。いつも繰り返して見る夢があり、だんだん自分が自分でなくなっていくことに不安を感じてきます。医者からの説明は通り一遍のもので不安はますます募りますが、自分が誰かの脳を移植されたと気づき、その移植された脳の持ち主について知ろうとその人の親や兄弟のところを訪れます。しかし、京極の脳を移植されたと確信したと同時に、実は京極の脳を移植されたから凶暴になったのではなく、もともと自分の中にあった子供時代の抑えられていたトラウマのようなものが表に出てきて凶暴化したと、悟るのです。愕然とする純一。暴力事件から犬殺し、人殺し…とますます暴走しそれを止められないでいる純一。しかし、恵の存在が唯一それでも救いとなって、「自分がかつて恵を愛したことを記憶に留めておく」ために最後に恵の絵を描くのです。そして苦しんでもがいた後には自分の頭を拳銃で射抜き、亡くなるのでした…。

自分の愛しい人がどんどん違う人間になっていくのを目の当たりにしている恵。それでも彼女は最後まで純一を愛し、看取ります。一時実家に戻り自分の祖父が認知症になったと知ったとき、父が言う「それでもじいちゃんはじいちゃんだ」と聞いて、ハッとするのです。また頭ではわかっていても感情ではどうしようもコントロールできなくなっている純一。かつて昔の様々な場面がフラッシュバックし、優しい母親に抱かれ慰めてもらったことを恵のハグによって思い出します。その一歩前までは恵の首を絞めて殺そうとしていたのに。

残酷で苦しい筋書の割には、このドラマは結構優しく、穏やかで、静かで、涙が自然と流れました。たぶんそれは役者さんたちの演技力と共に、ドラマの脚本や音楽、構成などがいいからでしょう。刑事さんが医者に詰め寄って言う「彼が救ってもらった命は、一体誰のための命だったのですか?」「一つの臓器は一つの命なんじゃないですか?」というのも印象的でした。

神木隆之介くん、やはり素晴らしい~。これからいろいろ観ていくのが楽しみです。


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

風のガーデン [神木隆之介]

倉本聰脚本の富良野3部作、「北の国から」「優しい時間」に次ぐ最後の作品「風のガーデン」を観ました。

2008年のドラマです。

風のガーデン DVD-BOX

風のガーデン DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


今も新富良野プリンスホテルにある「風のガーデン」と呼ばれるドラマで使われたロケ地。とっても素敵な場所なので、「優しい時間」で使われた「森の時間」のカフェ同様、行きたくなりました。

ドラマは富良野で訪問医をする父親(緒方拳)から勘当されて長く故郷に戻れないでいた息子(中井貴一)が、末期のすい臓がんにかかったことで、子供のルイ(黒木メイサ)と岳(神木降之介)に会うために都内での麻酔科医を辞め、こっそり富良野に戻り、そして父親とも和解し自分の生まれ育った家で最期を迎えるというドラマでした。

ドラマの後半、舞台を完璧に富良野に移したころから、涙なしには観れない作品になっていて泣けました。

特に、長男の岳くんという男の子が知的障害を患っているのですが、父親が死んだとされていたことからまた普段から大天使ガブリエルに会いたいと思っていたことから、父親が花の咲き乱れるガーデンに現れたとき「あなたは大天使ガブリエル様ですか?」と聞くのです。父親は「はい、そうです」と即答してしまいます。それからというもの父親をガブ様と呼び、嬉々とし、ガーデンの花の名前とおじいさんが作った普通なら可笑しくて吹き出しそうな花言葉を、父親とは知らず本当に天使だと思って一生懸命教えてあげます。

父親は昔から女性関係で問題を起こしており、不倫を知った彼の妻は自殺してしまいます。そのため勘当されているのですが、子供の岳くんは父が勘当されているとは知らず既に死んでいるとしか聞かされていません。また母親も実際に死んでいるため、ガブに聴くのです。「お母さんは今天国で何をしていますか?元気ですか?お父さんはどうしてますか?」と。父親であるガブは答えます。「お母さんは花の手入れをおばあちゃんと一緒にして元気にしています。お父さんは天国に行く手続きに時間がかかり、まだ天国に到着していないようです。でもそのうちに到着します・・・」すると岳くんは深々と頭を下げて「お父さんをよろしくお願いします」と言うのです。このシーンは心にグッと来て泣けます。

また勘当した息子が富良野に戻っていることを偶然知り、息子が寝起きする医療器具を積んだキャンピングカーに行ってみると、息子は点滴をしながら中で寝ており、ガンの薬やレントゲンなど車内に散らかっています。そして札幌の病院の封筒を見つけるとわざわざ父親は札幌に赴き、息子の病状を聞きに行きます。そこは息子の親友がやってる病院で、息子は周りの人には全く自分の病状を伝えてはいなかったのですが、その親友だけには洗いざらい話していたのでした。そのショックさと言ったら言葉にできないくらいショックだと思うのですが、胸が詰まりました。自分の子供が自分より先に逝ってしまうその寂しさ、悲しみといったらないと思います。

また父と息子は長年の断絶から顔を合わせ、話を静かに始めます。「君が今やりたいことは何かな?どんなことをしたいのかな?」そう聞かれた息子は、「娘ルイの花嫁姿をエスコートしてバージンロードを歩きたかった」と答えます。すると、それは家族を巻き込み、周りの親戚や友人たちを巻き込み、嘘の結婚式をでっち上げ結婚式を本当にしてしまいます。実はそれが優しさから来ていた嘘だと嘘を知っていながら、その嘘に気づいていないふりをして精一杯して参加し続け、でもそれは最後には本当に感動的で涙が溢れたということを、つい最近まで不倫をしていた東京の病院の看護師長に手紙で告白しています。

また若い歌手志望の女性(平原綾香)と付き合ってもいたのですが、「「カンパネーラの恋」という曲がヒットしいつかどこかの町でふと耳にしてくれたら嬉しい」と言っていたのですが、実際に彼女の言葉通りに彼女の曲はヒットし彼はラジオからも町の大きなテレビ画面からもこの曲を見聞きます。そして自分の母親が作って家に残してあった「カンパネーラの押し花」をその歌手に自分が亡くなった後渡してほしいと娘ルイに託し、実際ルイはその歌手に会い、形見分けとして押し花を渡すのです。その日のステージは「大切な人が亡くなったため、一曲だけにさせてもらいます」と言ってこの「カンパネーラの恋」を歌うのです。

緒方拳や中井貴一がうまかったのはもちろんですが、学生の頃の恋人役の石田えりや岳くん役の神木隆之介くんがとっても良かった。神木隆之介くんの演技ももっと観てみたいなあと思いました。

「優しい時間」ほど音楽とドラマがマッチした感じがなかったのがちょっと残念な点で、この「風のガーデン」の主題歌の「ノクターン」という曲と「カンパネーラの恋」という曲が今一つ、好きになれなかったかなあと思いました。でもこのドラマのエピソードの一つ一つがとっても素敵で、いいドラマを観れたなと思いました。お勧めです。


nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
神木隆之介 ブログトップ
メッセージを送る