So-net無料ブログ作成
日本映画 恋愛 ブログトップ

僕等がいた 前編・後編 [日本映画 恋愛]

「僕等がいた 前編・後編」を観ました。

映画公式サイト:http://bokura-movie.com/index.html

僕等がいた(前篇)スタンダード・エディション [Blu-ray]

僕等がいた(前篇)スタンダード・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray

 
僕等がいた(後篇)スタンダード・エディション [Blu-ray]

僕等がいた(後篇)スタンダード・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray

「陽だまりの彼女」「くちびるに歌を」「ホットロード」「アオハライド」と素敵な映画を作っている三木孝浩監督作品なので、「僕等がいた」も気になって観てみました。観れて良かったです。泣けました。切なかったです。二人はどうなるのか行く末が心配でした。すれ違ったまま、タイミングが合わないまま、結局別れ離れになるのかなあと、思いました。でも、高校時代の恋から、紆余曲折しつつ最終的にハッピーエンドでした。「愛している」という想いを貫いた最後にはこういうハッピーエンドが待ち構えているのだなあと思いました。良かったです。清々しく幸せ気分に包まれました。

累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画が原作。クラスの3分の2の女子が好きだという非の打ちどころのない男子高校生・矢野(生田斗真)は、過去に恋人を交通事故で失い心を閉ざしていたが、明るく前向きで無邪気な七美(吉高由里子)の存在に次第に心を寄せていく…。二人の恋模様を、矢野と七美の友人の竹内(高岡蒼甫)、山本(本仮屋ユイカ)千見寺(比嘉愛未)が絡み、また矢野の母(麻生佑未)の存在も絡ませて、話が展開。前編は北海道での高校時代の二人の恋愛。そして後半は遠距離恋愛から音信不通になってしまった矢野と七美が描かれます。矢野のもとにはたくさんの試練、不幸が訪れ、二人が別々の道を歩まざるを得ないかのような展開に、悲しくなります…。

ストーリーも良かったし、映画自体の完成度が高かったです。次はどうなるのか、先が知りたくて仕方がない映画でした。吉高由里子ちゃんも可愛らしくて応援したくなったし、吉高由里子ちゃんの演じる七美にいつも片思いでプロポーズして振られてしまう竹内役の高岡蒼甫くんも素晴らしい演技力でした。矢野の亡くなってしまった恋人の妹役の山本を演じる本仮屋ユイカちゃんがちょっと怖く、矢野に執拗に迫ってくる影ある存在役がはまり役でした。矢野を演じた生田斗真くんは、新垣結衣ちゃんと一緒に出た「ハナミズキ」の時の演技と同じに見えてしまいましたが、それでもやはり実力ある役者さんなのだなあと思いました。たくさんの不幸を一人で背負ってしまう役を見事に演じてました。

人生はタイミングで好きな人と一緒になれたりなれなかったりするものだし、それはそれとして仕方がない、思い通りにならないからこそ人生なのですが、この映画では、好きな矢野と別れることになっても「今日もあなたを愛しています」「そこだけは変わりません」とはっきり断言して、「君の全てを背負うから」「君を幸せにするから」と言ってくれる竹内のプロポーズを振り切って、時を待ち、矢野を待った七美の決断がキラキラと輝いていた映画でした。誘惑に負けて竹内からのプロポーズを受けてしまっても、仕方ありません。そういう人生だってたぶんありでしょう。そしてそれも人生でしょう。でもそうなったらこの映画にあるような結末には導かれませんでした。そして映画では幸せな結末へと導かれてめでたしめでたしでしたが、七美の決断が必ずしも幸せへと導かないこともあり得ます。そう考えると、一つ一つの選択は重く、でも何かを選び取っていかなければならず、それこそが人生なんだなあとあらためて思いました。

三木孝浩監督の映画、やはりいいなあと思いました。他もチェックします。


nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アオハライド [日本映画 恋愛]

「アオハライド」を観ました。

映画公式サイト:http://www.aoha-movie.com/

アオハライド DVD 通常版

アオハライド DVD 通常版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


咲坂伊緒による人気コミックを実写映画化した青春ラブストーリー。「アオハライド」とは青春(アオハル)にride(ライド=乗る)という造語で、一生に一度の青春に一生懸命乗れ!という意味合い。「陽だまりの彼女」「くちびるに歌を」「ホットロード」の三木孝浩監督作品。本田翼と東出昌大の共演。

三木孝浩監督の映画がどれを観てもいいので、この「アオハライド」も観てみました。本田翼ちゃんは可愛くて天真爛漫で一生懸命さが伝わってとっても良かったし、東出昌大くんは少し高校生役としては無理がややあるかもと思いつつ、それでもそれをカバーする演技があり、そして時々松潤に見えることがありなかなか良かったです。青春は熱くて一生懸命で、でもとっても爽やかで突き抜けていて、切なくて楽しくて苦しくて…。この映画、とっても素敵でした。

中学1年で同級生だった双葉(本田翼、田爪愛里)と洸(東出昌大、板垣瑞生)はお互いに淡い恋心を抱きながらも、突然の洸の引っ越しで別れ離れになります。しかしそれから4年経って高校2年の時、洸が転校生として双葉の高校へやってきます。洸は苗字が田中から馬淵に変わり、中学の時のような優しい彼ではなく、クールで影のある感じになり、双葉は戸惑います。しかし徐々に双葉は昔の洸を彼に見出し彼に惹かれるようになります…。

4年間の双葉が知らなかった洸。中学一年の時、双葉と夏祭りの約束をしながら洸は夏祭りに姿を現さず、そのまま長崎へと引っ越していたのでした。それは洸の両親が離婚して母親と暮らすためでしたが、その間洸は母をガンで亡くし、一人になってしまった洸は、高校の教師をしている兄と暮らすためにまた戻ったのでした。母を守れなかったことを悔い、同じように両親が離婚し父を亡くした鳴海(髙畑充希)に同情しいろいろ相談に乗る洸。お互い好き同士なのに、「俺、吉岡(双葉)とは付き合えない」と双葉に言ってしまう洸。そして「僕なら放したりしないから」「双葉が好き」と双葉に言い放つ菊池(千葉雄大)。

自分の本心を見せずに取り繕って友人と付き合っていた双葉は、洸の出現でそういったものを払拭しようとします。積極的にリーダー会のリーダーに名乗りを上げ、そこで友情を育み、友人と洸の恋のライバルになり、美しい朝日を仲間と眺めて「みんなで観たことを決して忘れない」と言い、また文化祭のコンサート会場でのアクシデントで洸とキス。そして別の部屋でちゃんとしたキスをして、長崎の恋のライバルの鳴海と連絡を頻繁にとっている洸にそのキスの意味を問いただし、そして「洸、好き」と告白をし、自分の気持ちにケリをつけようとする双葉。

胸キュンだったし、青春っていいなあと思う映画でした。

また洸の母親が自分の病気のことを祈りに教会に通っていたのではなく、子供の洸の幸せのことだけを祈りに来ていたことを、長崎に戻ったときに洸は知るのですが、そのシーンが泣けました。

三木孝浩監督の映画、私の感性にすごく合っています。映像の取り方とか、色とか、音とか、編集の仕方とか、流れとか、そういうものすべてひっくるめていいんだよなあ~。まだ見ていない彼の作品がありますが、また観ていきたいです。


nice!(19)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 [日本映画 恋愛]

「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」を観ました。

MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 Blu-ray 通常版

MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 Blu-ray 通常版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray

山下達郎の「クリスマス・イブ」の詞をモチーフにし、中村航の小説を映画化。クリスマス映画です。大好きなクリスマスのスタンダードナンバー”Christmas song”や”Have yourself a merry little Christmas”も使われていて観終わったあとはほんわかとした暖かい気持ちになりました。

光(相葉雅紀)と杏奈(榮倉奈々)とソヨン(ハン・ヒョジュ)と北山(生田斗真)の4人の恋物語。光は漫画家志望の書店の店員。サンタクロースの裏の顔を持つデビクロくんというキャラクターを使って定期的に本音を書いている。光の幼馴染の杏奈は光のそばに住んでいて、オブジェを作るアーティストの卵。杏奈は光に長年淡い恋心を抱いているのですが、ある日、光が思い描いていた運命の女性と出会ったというので、彼の恋の応援をすることに。しかも運命の女性とは杏奈の仕事仲間の照明アーティストのソヨンだった…。

時々デビクロくんの漫画が飛び出して、いろいろ光に忠告のような含蓄ある言葉を発するのが良かったし、デビクロくん自体がキュートで癒されました。また相葉くん演じる光が何とも心優しくお人よしでまっすぐなので、それが元々の相葉くんのイメージにダブっていてとっても好感が持てました。このキャラは相葉くんをおいて他に演じることができないでしょうと思えるくらいに彼にピッタリ。はまり役でした。杏奈の気持ちに鈍感すぎて光のセリフに笑えるシーンもあったし、小さな女の子に教わって運命の人が見つかるおまじないを光が真剣にやるシーンが何かとってもほのぼのしたし、ミスタードーナッツのロゴがクローズアップされて光がドーナッツを食べるシーンが笑えたし、いろいろ突っ込みどころも満載だったけど、この映画は光=相葉くんの性格の良さそれだけで、半分以上成功している映画だと思いました。相葉くん、結構やるじゃん、と思いました。彼のこういう心優しい役の映画ならまた観てみたいです。ほのぼのしていて癒される。ちょっとにわか相葉ファンになってます。

また相手役の奈々ちゃん演じる杏奈の片思いに、ずっとこちら側は感情移入してしまい、結構切なく胸がキュンキュンしてました。奈々ちゃんの自然な演技もなかなか良かったです。また好きな人が幸せになるために、自分が身を引いてその人を応援するという構図が杏奈と光の間に、そして光とソヨン(光と北山)の間に垣間見れ、そういうストーリーも二重丸でした。私はこの構図に弱いのです。

「泣いてもいいよ。僕が笑う。笑ってもいいよ。僕も笑う」

「転んでも飛び込んだらいい。でも僕は今転んでしまって飛び込めない」

「すべてがゼロになったら、大切なものだけが残る」

「僕はいる。昔も、今も、未来も」

他にもデビクロくんのいろんな名言がありました。原作には名言がいろいろ出てくるのでしょうか?名言知りたさに、原作も読んでみたくなりました。

デビクロくんの恋と魔法

デビクロくんの恋と魔法

  • 作者: 中村 航
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/11/27
  • メディア: 単行本

nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
日本映画 恋愛 ブログトップ
メッセージを送る