So-net無料ブログ作成
検索選択
イスラエル映画 ブログトップ

ハッピーエンドの選び方 [イスラエル映画]

「ハッピーエンドの選び方」を一ツ橋ホールで観てきました。

ポスター画像

映画公式サイト:http://happyend.asmik-ace.co.jp/

ヴェネチア国際映画祭観客賞受賞。イスラエル映画。エルサレムの老人ホームに住むヨヘスケルは、望まぬ延命治療に苦しみ、安らかに早く死なせてほしいと望む友人の頼みを聞き、自らスイッチを押して死ぬ装置を作り出す。秘密裏に事を進めていたはずだったか、いつの間にかその評判が立ち依頼が殺到。そのうちヨヘスケルの妻レバーナに認知症の症状が現れてきているのに気づく…。

イスラエル映画は初めてでした。この映画は安楽死を扱い、テーマがかなり重いにもかかわらず所々で笑わせてくれ、泣きそうなのに笑い、笑えるのに泣きそうでした。自らの意思で命を絶ってもいいのか本当はとっても奥深い永遠のテーマですが、個人的には最後の最後まで、どんなに苦しくても生を全うしないといけないだろうなあと思います。延命装置は必要ないですが、死も自然に任せる、神に任せるというのが一番なのではないかと思いました。去年29歳という若さで安楽死を選択したアメリカ人女性が話題になったことも思い出しました。


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
イスラエル映画 ブログトップ
メッセージを送る