So-net無料ブログ作成
検索選択
ベトナム映画 ブログトップ

草原に黄色い花を見つける [ベトナム映画]

ベトナム映画「草原に黄色い花を見つける」を渋谷ユーロライブで観てきました。


 



映画公式サイト:http://yellow-flowers.jp/


とっても可愛らしくて、まるでおとぎ話のような世界。とっても癒され、ベトナム版「小さな恋のメロディ」みたいでもありました。ベトナムの田舎、田園風景の緑が美しく、子供たちの無邪気でしかも初恋の切なさみたいなもの、忘れてしまっていた何かを思い出させてくれるような映画でした。


ビクター・ブー監督がベストセラー小説を原作に手がけ、ベトナムでは大ヒットした映画。西安シルクロード国際映画祭の最優秀作品賞受賞、トロント国際児童映画祭の審査員賞受賞、ハワイ国際映画祭やアカデミー賞外国映画部門の出品作品、ノミネート作品となっています。


兄ティエウ(ティン・ビン)と弟ティオン(チョン・カン)は大の仲良しでいつも一緒に遊んでいます。兄のティエウが幼なじみのムー(タイン・ミー)のことが気になり、その思いをうまく伝えられずにいる中、ムーの家が火事になり、一時ムーがティエウの家にやって来て身を寄せ、その後両親が迎えに来てどこか他の地へと引っ越してしまうのです。弟のティオンとムーがいつも一緒にいて笑っていて、ままごとごっこをしていているのに、自分に隠れて美味しいものを食べたと勘違いした兄ティエウはいきなり弟ティオンの背中に鞭打ちます。


弟が大事にしていたカエルが連れ去られて食べられてしまって弟ティオンは大泣きします。そして、背中をけがしてずっと寝ていた時、お姫様が来て少しずつ弟ティオンのカラダを良くしてくれ、ある日そのお姫様の住処を探すため、黄色い花が落ちたほうへと森の中へと進むと…。


子供たちが皆大人顔負けの演技をして、そして可愛かったです。何だか絵本を読んでいるような、独特の世界観がありました。ベトナムは行ったことがないのですが、いつか行ってみたいなあと思いました。


映画上映後、この映画を撮ったベトナムのビクター・ブ―監督のトークショーが予定されていましたが、急遽来日できなくなり、その代りにベトナムで映画を撮ってる落合賢監督がトークショーにピンチヒッターとして登壇。ベトナムの監督もこの落合監督も同じ年でそれぞれにアメリカの大学で映画を専攻して勉強したらしく、またこの落合監督はベトナムの役者さんを使ってアクションコメディ映画「サイゴン・ボディガード」をベトナムで撮影し近日公開とのこと。予告だけ見せてもらいましたが何だか香港映画みたい。ベトナムではアクションコメディ映画が大人気とのことで、この日観た「草原に黄色い花を見つける」はアクションでもコメディでもないので珍しいとのこと。



おまけ:友人と京橋駅と東京駅の近くにある南インド料理「ダバインディア」でランチをしました。インドカレーを不定期に食べようと言っている友人で(もう22,3年前にインドのムスリ―で会いマナリーまで一緒に旅行しました)、今回でこの企画は既に2回目(1回目は町屋駅の近くのカレー店で、名前はもう忘れてしまったのですが、インド帰りのご主人という感じの店でした)せっかくなのでこれからはそのインドカレーの写真を撮って記録に残そうと思いました。


「ダバインディアのランチ」

こちらが今日のランチ。いくつかあって選べます。


001.JPG 002.JPG



nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ベトナム映画 ブログトップ
メッセージを送る