So-net無料ブログ作成

株がどんどん下がる [株]

新興株にほとんどのなけなしの財産つぎ込んでたら、このライブドアショックからずるずると下げて、今日もまた下げ、一体どこまで下げるやら・・トホホ。損きりができないことからくる含み損の拡大。日々含み損が拡大してる恐怖。そしてもうささやかな貯蓄が無くなりそう。でも今日明日すぐに必要なお金ではないし、買っているところだっていい業績を残しているのだから、いつかは上向きになると信じて、ここまできたらじっと耐えるしかない、と自分に言い聞かせている。未だに自分の株のトレードのスタンスを決めかねていて、いろいろ実験していたのに、中長期と決めた途端にこのザマです。でもこの30年間ずっと株を持ち続けた平均値は10%くらいというし、こんな嵐のあとはきっと暖かな太陽が差す日も来るでしょう。そう考えないとやってられないです。それと株で使える資金を全部投入してては駄目なんだと思い知らされました。こういった株の暴落時に安く株を合える人が結局は生き残っていけるのだろうなあと身をもって学習しました。ひとつひとつ経験しないとわからないんだなあ。さわかみファンドの澤上さんが資金の4分の1は現金にしておきこういった株の下げたときに拾う、というのを雑誌かなにかで読んでるはずなんだけど、それを実行できてない自分がここにあって、知識で知っていることと実際に実行することは大きな違いなんだ、とまた改めて思いました。知ってたら実行あるのみですね。


 [株]

去年の春から株を始めたんだけれど、当たり前ながら株価は毎日上がっては下がり下がっては上がりして、その中でいろいろ売買してたら、大して儲けることもできなかった。秋に急激にどの株も一斉に上がった際に、私はチマチマと売買していて、結果的には一度買ったら持ってる(buy&hold)が一番賢かった、という結果に終わりました。日本の景気はどの評論家も皆、デフレを脱却する段階にあり、これから良くなる、という話ばかりなので、このままやはりholdが一番なのかもしれないなあと思い、去年とは投資スタイルを変えて中長期にしています。今お騒がせのライブドアでライブドアの株を持たずとも私の含み益は16日と比べたら1/4にまで落ちてしまってがっかりだけど、投資方法を変えた矢先の事件だけに、私もかなり痛い目に遭いました。まあもっともマスコミに出てくるような一日に何千万とか何億の金を動かしてる人と違い、私の動かしてるお金なんてかわいいものですが・・。今年に入って銀行や証券会社で主催する講演会のようなものに行き、トレーダーのカリスマと言われる藤巻健史さんを始め、何人かのマスコミに良く出る株専門の人たちの話を聞く機会もあったので、これからも地道にこういうところにも足を運び、あとはまたこつこつ勉強して、それを実際に行動に移すのみだなあって今は思ってます。楽観的だけど、これから日本の景気はやはり良くなるだろうし、インフレも視野に入れて、株取引は外せない。


メッセージを送る