So-net無料ブログ作成
検索選択

カプチーノはお熱いうちに [イタリア映画]

「カプチノーはお熱いうちに」を観ました。

カプチーノはお熱いうちに [DVD]

カプチーノはお熱いうちに [DVD]

  • 出版社/メーカー: オデッサ・エンタテインメント
  • メディア: DVD


2014年のイタリア映画。イタリア本国では大ヒットし、イタリア・アカデミー賞に全11部門にノミネートされた人気の作品。

カフェで働くエレナ(カシア・スムートニアック)は生き方も性格も全く違うアントニオ(フランチェスコ・アルカ)と出会い、恋に落ちる。13年後親友でゲイのファビオ(フィリッポ・シッキターノ)と共にカフェのオーナーとなって成功を収めてもいたが、乳がんの告知を受け、その治療の日々が始まる。

軽い気持ちで観始めました。内容を確かめず初めは軽いラブストーリーかなあと思って観てましたが、いきなり13年後に舞台が映り、そこからエレナとファビオがカフェを開いて成功を収め、またエレナとアントニオが結婚して二人の子供がいる家族になっていることがわかります。そして浮気を続けている夫アントニオとすれ違う倦怠期の夫婦が描かれます。しかし、そんなとき妻のエレナに乳がんが見つかるのです。それまでの軽いタッチの映画から一気にシリアスになり、まるで同じ映画とは思えない作りになっていました。その落差に最初はかなり戸惑いましたが、ラストに向かってかなり良かったです。最後は若き時の二人の様子が映し出され、海にデートに行ってバイクがぶつかりそうになった車が実は未来の自分たちであったり、またシルビアという親友の彼であったアントニオと恋に落ちたエレナはシルビアに謝るためにカフェに会いに出かけるのですが、実はシルビアもまたエレナの彼と恋に落ち、それを泣いて謝るという笑えるエピソードを混ぜたり、最後にエレナは亡くなってしまうのでしょうが、若き日々の輝かしい日々を見せることで、そしてそれは映画の前半では見せていなかったエピソードとして、とっても素敵な映画になっていました。人生はいいものだなあと思え、イタリアで大ヒットしたという理由がとってもよくわかりました。

エレナが病気になってから出会った、同じ病室の女性とのやり取りも微笑ましかったし、今は亡きエレナの弟と関係があったファビオが今はエレナの親友になっていて、病室にいる彼女と離れていても携帯でゲームをしていたり、またもう先のないエレナが見た未来が、夫が浮気をしていた理容店の女性と結婚して子供が生まれ、その子供に自分の名前エレナをつけているものでそれをエレナ本人が嫌がり、また母親が叔母さんと仲たがいしていることでさえ、すべてのエピソードが愛すべきものになっていました。

編集の仕方、見せ方ひとつでこんなにも気分よく映画を観終えられるのは「ワンディ 23年のラブストーリー」と似ています。人が亡くなってしまったところで終わってしまったら、未来に光も希望もないけれど、若き日の輝かしい日々を見せて終えれば、観ているこちらには素敵な余韻が残ります。「ワンディ~」同様、生きることの素晴らしさ、どんな楽しいことも酷いことも、何だかすべてが愛おしいと思えました。いい映画でした。

余談:エレナを演じたカシア・スムートニアックは一か月で8キロの減量、またアントニオを演じたフランチェスコ・アルカは一か月で13キロの増量をそれぞれ役のために行ったとのこと。デニーロやレネー・ゼルウィガー顔負けだなあと思いました。


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ワン・ディ 23年のラブストーリー [イギリス映画]

「ワン・ディ 23年のラブストーリー」を観ました。

ワン・デイ  23年のラブストーリー [DVD]

ワン・デイ? 23年のラブストーリー [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD

2011年のイギリス映画。デビット・ニコルズの小説を映画化。1988年7月15日のエジンバラ大学の卒業式に初めて言葉を交わし、一夜を共にするもそのまま友達のまま時を重ねていくエマ(アン・ハサウェイ)とデクスター(ジム・スタージェス)。23年間の7月15日の一日だけを切り取った構成の映画で、二人にとって大切な卒業式の翌日のことが映画の最後にわかり、また冒頭の映像のその後が映画の最後で知らされる編集で、それらの編集のためにとっても切なく、素敵な余韻が残る映画になっていました。エジンバラ、ロンドン、パリを舞台に二人を切り取っていく手法が面白い映画でもありました。

卒業後メキシカンレストランで働き、教師になり、最後には詩人となるエマ。その間デクスターとは手紙や電話で連絡を取り、休暇があれば一緒に旅にも出るのですが、友人関係から抜け出すことができません。本当はエマはデクスターのことが大好きなのに。一方デクスターは大学卒業後すぐに人気テレビ司会者となって、派手な恋愛遍歴を重ねるのですが、母親(パトリシア・クラークソン~この人どこかで観たことあると思ったら「シャッターアイランド」に出ていた人だとわかりました。でも他にも「アンタッチャブル」「エデンより彼方に」「幸せのレシピ」「それでも恋するバロセロナ」などたくさん出ている)には「もっとまともに生きなさい」と諭されもします。またできちゃった結婚で一児の父となるも、その後は奥さん(ロモーラ・ガライ)とも離婚し、公私ともに全くダメになっていくのです。一方エマは好きでもない人と一緒に同棲をしていましたが、詩人となりパリに住み始めてから新しい恋人ができます。二人が何度もすれ違い、そしてやっと一緒になれて、二人の子供が欲しいと朝話し合って出かけたエマは、デクスターの待つ店に向かう途中、交通事故で帰らぬ人となるのです…。

デクスターの父親と二人でデクスターが泣きごとを言ったとき、父親は「(亡くなった彼女が)生きていると思って生きなさい。きっとできるよ。だって私はもう(デクスターの母親=自分の妻が亡くなってから)10年もそうしてくているから」と息子に言うのです。その場面がとっても泣けました。また卒業式の日に一夜を共にして、その翌日にデートをするエマとデクスターでしたが、デクスターの両親が約束の時間よりも早く訪ねてきてしまい、思うようにデートをすることができませんでした。ここでせめてデクスターの両親が約束通り、あるいはもっと遅くに訪ねて来たら物事は変わっていただろうに…と考えざるをえない場面が終わり近くに明かされます。それが何とも効果的でした。そして一人娘と二人でデクスターは丘に登るのですが、そこはかつてエマと一緒に登った丘でもありました。

大泣きはしませんでしたが、切なかったです。ワン・ディの題名通り、1日、1日が愛おしいと思いました。何年かしたらまた観てみたい映画だなあと思いました。


nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アンナ・カレーニナ [イギリス映画]

「アンナ・カレーニナ」を観ました。

アンナ・カレーニナ [DVD]

アンナ・カレーニナ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD

2012年イギリス映画。トルストイの小説を映画化。アカデミー賞衣装デザイン賞受賞作品。

ドーナル・グリーソンとアリシア・ヴィキャンデルが出ているので、観たいと思っていました。観れて良かったです。二人はそこそこ出演していて、主役のアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)とその相手役アレクセイ・ヴィロンスキー伯爵(アーロン・テイラー=ジョンソン)の激しい恋愛と対比すると静かな恋愛をして素敵な夫婦(コンスタンティンとキティ)になっていく役柄でした。その役もとっても良かったです。そしてこの映画は映画自体が芝居小屋での舞台を観ているようで、また絵画の枠に素敵な絵が収まっているような効果を狙ったシーンもあり良かったです。もちろん衣装も素敵です。

年の離れたアンナの夫アレクセイ・カレーニン伯爵にジュード・ロウ、アンナの兄スティーヴンにマシュー・マクファディン(この人どこかで顔を観たことあると思っていたら「ダーク・エイジロマン 大聖堂」での修道院長のフィリップ役を演じた人でした)、コンスタンティン・リョーヴィン(アンナの兄、スティーヴァの旧友)にドーナル・グリーソン、キティ(スティーヴァの妻ドリーの妹)にアリシア・ヴィキャンデル。

1870年代のロシア。兄夫婦のけんかの仲裁のためにモスクワにやってきたアンナは若い貴族の将校ヴィロンスキーに出会い、互いに惹かれあう。するとサンクトペテルブルグに戻ったアンナを追ってヴィロンスキーはやってくる。アンナはヴィロンスキーの子供を宿し生むが、寛大な夫はアンナを許すとまで言いだす。そしてそれが社交界に知れ渡ると、怪訝な顔でアンナは見られ彼女の居場所はなくなってしまいます。仕舞いにはうまくいっていた二人の仲もうまくいかなくなり、アンナは列車に身を投じるという悲劇。一方、キティに求婚して断られたコンスタンティンは失意の中、領地に戻り農業の仕事に精を出すが、ヴィロンスキーに夢中だったキティもまたヴィロンスキーに無視され失意のどん底へ。その二人は後に再会し結婚し、静かな農村での生活を送るのです。

アンナ役のキーラ・ナイトレイはいつも思うのですが、ちょっと痩せすぎ。そしてちょっとお人形さんみたい。最後は現実だか幻想だか、何が何だかわからないちょっと精神が病んだ人になっていて、その苦悩みたいなものが尺が短かったためかうまく演じきれなかった感がありました。またこの時代に不倫は大変な代償を強いられたでしょうが、18歳くらいで恋も愛も知らずに結婚して、本当にこの人だと思った時には既に自分は結婚し子供までいたら、大抵の人はそのまま諦めて生きていくしかないのでしょうが、アンナはその気持ちのままに好きな人の元へ突っ走ったのが天晴ですが悲劇の元でした。当時の人にはもちろん容認されず、彼女には自殺しか残っていませんでした。

純朴なコンスタンティンが「結婚はこの人と一生と思った人とすべきで、そうでなければ誰とでもとなると野獣(畜生)と一緒です」みたいなセリフがあったのですが、この言葉がとっても輝いていました。また妻の不貞を寛大に許してしまう夫という存在が本当に神様。でもきっとアンナにとってはそういうところがまたイヤなんだろうなあと思いました。私もそんな神様みたいな人は苦手かもしれません。これを機会にアンナ・カレーニナ読んでみようかなと思いました。

それにしてもドーナル・グリーソンとアリシア・ヴィキャンデルが「エクスマキナ」以前にもこの映画で共演しているなんて、もうびっくりでした。今一番注目している二人が出ている作品を観れたのはとっても楽しかったです。


nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ヒアアフター [クリント・イーストウッド]

「ヒアアフター」を観ました。

ヒア アフター [Blu-ray]

ヒア アフター [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



2010年アメリカ映画。2011年3月11日の東日本大震災を受けて、津波のシーンがあることなどから日本では上映を中止した映画。イーストウッド監督作品。

フランス人のジャーナリスト、マリー(セシル・ドゥ・フランス)は休暇中津波に巻き込まれて臨死体験をし、その体験を本にまとめることにする。またイギリスの少年マーカスは、薬物中毒の母から離れて里親に出され、また双子の兄の急死を受け止めきれずにいた。サンフランシスコに住むアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)はかつて霊能者として死んだ人のメッセージを伝える仕事をしていたが、その能力が呪われていると言って毛嫌いし別の仕事を始めていた。この3人がロンドンで出会い、いい方向へと導かれていく。

ヘアアフター=来世の話の映画です。私は来世も信じているし、臨死体験も信じているので(立花隆やキューブラー・ロスの本なんかがとっても強烈でよく覚えています)この映画はすんなりと受け入れることができました。でもこの手の話が苦手な人にはこの映画の評価は低いでしょう。私はこの手の話が結構好きなので、いい映画だなと思えました。

マリーが臨死体験したその事実をフランスのジャーナリスト仲間では認めてくれないし、ただ本にしたときにはそれをわかってくれる人たちがいて、導かれるようにロンドンで霊能者のジョージと出会い、ジョージは二人の近未来までも見てこれから二人の未来が始まるという終わり方が素敵だったし、家庭環境に恵まれない上、双子の兄まで亡くしてしまったマーカスが亡くなった兄ともう一度話したいと願い、最後に霊能者のジョージと出会えて兄の話を聞けたのも、映画を観ていてそうなるべくしてなったのだろうなあと思わず思ってしまいました。求めていれば求まるし、すべてはいい方向に向かっているんだろうなあと改めてこの映画から学んだ感じです。

来世のことを考えれば今生をまたよりよく生きられると思います。死は決して恐ろしいものではないし、魂は永遠と考えたほうが、いろんなことが辻褄が合う。私がインドに行ったときに考えさせられたことは、まさにこのことでした。昔は死後の世界や臨死体験、生まれ変わりの子供の話やアカシックレコードのことなど、すごく興味を持っていろんな本を読んでました。でも今は全然読んでません。この映画がすんなり受け入れられるのもその時の読書とインドに行っていろいろ考えたことが大きいなあと思います。この映画を今またこのときに観ることができて、よかったなあと思いました。イーストウッドがこんな映画を作ったなんて驚きです。そしてこの映画の収益の一部が東日本大震災の被災者への寄付金にもなっているなんて、何だかちょっと不思議な感じがします。


nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

恋するショコラ [イタリア映画]

「恋するショコラ」を観ました。

恋するショコラ[DVD]

恋するショコラ[DVD]

  • 出版社/メーカー: ラインコミュニケーションズ
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: DVD



2007年のイタリア映画。

建設業を営むマッティア(ルカ・アルジェンテロ )はたくさんの収益を上げたいと考え、安い外国人労働者を使って工事を進めていたが、ある日エジプト人のカマル(ハッサニ・シャピ)が足組のない現場で手に怪我を負い、これは違法であり警察に訴えると声を上げた。そして自分の代わりにショコラティエの学校に通い、その術を学び自分の名前で卒業証書をもらわなければダメだとマッティアを脅す。マッティアはエジプト人カマルに成りすまし、ショコラティエの学校に通い始めるのだが・・・・。

B級映画でした。でも結構コミカルで笑えて楽しかった。こういう映画も結構好きだと思いました。タイトルからすごく素敵な恋愛ものを期待していましたが、笑ってしまうほど見事裏切られた!それよりも利益ばかりに執着していたイタリア人のマッティアがエジプト人のカマルに成りすますことで、イタリア社会にある移民たちの置かれた立場が分かり、またカマルと関わることでよりマッティアのものの考え方も大きく変わり人間として成長する成長物語って感じが強い映画でした。美人のショコラティエを目指すセシリア(ヴィオランテ・プラシド)とマッティアの恋は何だかドタバタで、素敵な恋愛映画では全くないのでこのDVDの写真ではこの映画の良さが出てないなと思いました。それよりもエジプト人のカマルを全面的に出した方がいい感じ♪。カマル役のハッサニ・シャピが実に良い味出していて、続けてこの手の映画を観たらちょっとファンになりそうでした。デーツとピスタチオのチョコレートって食べてみたいなあと思いました。


nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る