So-net無料ブログ作成
検索選択

ビフォア・サンセット [アメリカ映画 ドラマ]

「ビフォア・サンセット」を観ました。



ビフォア・サンセット [DVD]

ビフォア・サンセット [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



2004年のアメリカ映画。1995年の「ビフォア・サンライズ 恋人たちの距離(ディスタンス)」の続編。その9年後を描く。ヨーロッパの長距離電車で知り合い、ウィーンで下車して朝まで一緒に街を歩き回った二人。そしてその半年後に再び会う約束をした二人。一体その後どうなったのか?半年後の約束は果たして果たせたのか?


ジェシー(イーサン・フォーク)はセリーヌ(ジュリー・デルピー)との出会いを描いた本を出版し、作家としてパリを訪れ、書店でイベントに出席します。その会場にセリーヌが現れ、9年ぶりの再会を果たすのです。祖母が約束の日に亡くなり、約束のウィーンに行けなかったセリーヌ。そして約束通り行ったジェシー。二人は電話も住所も苗字も聞かないで別れたばかりに、丸々この9年間は会えずじまいでした。


そして今や結婚し息子ができ、作家として生きているジェシー。また戦争写真家の彼を持ちほとんど家に戻らない彼を待ち、環境問題に取り組む仕事をしているセリーヌ。二人は話すうち同じ時期をニューヨークで過ごしていて、すれ違っていた可能性が高いことを知ります。そしてお互いがそれぞれ幸せでないことを知っていきます。


前作でも二人の息はピッタリでしたが、この作品でも二人の息は本当にピッタリでした。次から次へと話が止めどなく時には冗談めかし、笑い、時にはしんみりと涙が出そうになったりと。本当に自然で、全然演じてるという感じがなくて。ただ前作より9年の年月が経った分だけ人生が進んでもっと深みや重みが出て、勿論二人もそれなりに老けたけれど、それがとってもいい感じに熟成されていて。二人に残されたジェシーが出発する夕暮れまでのたった85分間、リアルタイムにパリの街を廻り、そして最後は「飛行機に乗り遅れるわよ」とセリーヌがジェシーに言って映画が終わってしまうので、その後の二人の行方がまたもや気になりました。ウィーンをパリに舞台を移しても、そして限定された時間内というやはり同じような条件での二人の話はつきませんでした。会ってから半年後にちゃんと再会できていたらきっと違った人生があり、また電話番号を交換でもしてたらきっと違った人生があったはずなのに、それをいっても詮無いけれどそれができていなかった2人の人生が切なくて、胸が痛かったです。あの時ああしていれば、こうしていれば、こうなっていたら、ということが、本当に切ないですね。


素敵な恋愛映画で、続編も観れて良かったです。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス) [アメリカ映画 恋愛]

「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」を観ました。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



1995年アメリカ映画。その年のベルリン国際映画祭監督賞(銀熊賞)を受賞。

スペインマドリッドにいるガールフレンドに会いに行って別れることにしたアメリカ人のジェシー(イーサン・フォーク)とブルガリアの祖母に会いに行った帰りのフランス人セリーヌ(ジュリー・デルピー)がヨーロッパの長距離列車に乗り合わせ、話をするうち意気投合。一緒にウィーンで降りてジェシーが出発する翌日の朝までウィーンの街を歩き回ります。そして半年後の12月6日に同じウィーンの駅のホームで待ち合わせの約束をし、そのまま別れるという物語です。

二人がずっと話を続けているのがとっても微笑ましかった。お互いが惹かれあって、だからこそお互いが自分のことを知ってもらいたいためずっと自分のことを話し、相手のことを知りたくて、ほぼ一晩寝ずに話しても全然時間が足りないくらいだけれど、ジェシーのフライトの時間が決まっていて、たった一晩しか彼らには時間がありません。役者さんたちの演技がとっても自然で、映画を観ているというより本当にこういう感じで旅をしている気分になってしまいました。また自分が若かったとき、バックパッカーで世界を廻っていた頃のこれに似たようなことや、色んなことを思い出しました。すぐに気軽に友達になって一緒に行動して、楽しい会話が弾んで、楽しくて楽しくてしかたなくて、本当に時間を目いっぱい使っていて、その日だけに精一杯生きていた頃。若いっていいなあ、若さの特権だなあと、思いました。何だかこういう感覚とか感情をすっかり忘れていて、でも確実に自分にもこういう時間があったなあと懐かしく感じました。こういう映画大好きです。そして観た後はちょっと胸が痛み、この2人の約束は果たして果たすことができたのか、とっても気になりました。

この映画には続編があり、9年後を描く「ビフォア・サンセット」(2004年)、また更にその9年後を描く「ビフォア・ミッドナイト」(2013年)があるらしいのでこちらもさっそくチェックしてみたいです。そして更にその9年後(2022年)も映画が作られる噂もあるみたいなので、ちょっと楽しみが増えたなあと思いました。


nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シンデレラ イタリア版 [イタリア映画]

「シンデレラ」(イタリア版)を観ました。

シンデレラ ≪2枚組/完全版≫ [DVD]

シンデレラ ≪2枚組/完全版≫ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アメイジングD.C.
  • メディア: DVD

2011年のイタリア作品。イタリア国営放送局製作。原作童話「シンデレラ」を基に、戦後のイタリアを舞台に描く。ピアニストを目指すオーロラ(ヴァネッサ・ヘスラー)は、父が亡くなると生活が一変。ピアノも弾くこともできなくなり、継母が経営し始めるホテルで召使のように働くようになりますが、いつでも夢を諦めずにいます。幼い時出会った隣の名前も知らない男の子に淡い恋心を描き、20歳になって隣の家のパーティーデリバリーで家に出入りするようになると、果たしてその人が恋心を描いてきたその初恋の人だったのか、疑心暗鬼になります。ある日、クーパーという富豪の老女がホテルのスイートルームに無期限で宿泊するようになると、彼女から隣の家の舞踏会の招待状を渡され、彼女の計らいでパーティーに参加することになります。これが前編です。

そして後編は、オーロラはパーティに参加して隣の家の息子セバスチャン(フラヴィオ・ヴァレンティ)の気を引くことになりますが、仮面舞踏会であり、12時まで急いで帰らなければならず、片方の靴を残したままその場を立ち去ります。その後セバスチャンは仕事上の付き合いから会社の令嬢と結婚するように事を進めなければならない状況でしたが、パーティで出会った名も知らぬ女性が忘れられず、靴を手掛かりに女性を探します。そしてオーロラは自分の正体をセバスチャンに明かそうとするもなかなか勇気がなくて明かせず、そのうちセバスチャンは社長令嬢と結婚を発表。一方傷心のオーロラはピアニストの夢を諦めきれずにピアノの学校に入りたいと願い、その試験を受け合格。初の公での演奏会に出席することになりますが、その日は奇しくもセバスチャンが社長令嬢との結婚式の日でありました。二人の運命やいかに!?…。

メチャクチャ素敵な映画でした。もちろん衣装や家、調度品も素敵。10億円を超える総製作費ですから頷けます。また次から次へと話の展開も速くてどんどんこの映画に引き込まれました。何よりオーロラ役のイタリアのスーパーモデルというヴァネッサ・ヘスラーが美しかった!彼女の出演する映画をもっと観たくなりました。そしてシンデレラのストーリーを現代版に仕立てているのも二重丸。王子様は現代の青年実業家で、魔法使いのおばあさんは財産家で実業家。しかもオーロラの実の祖母で亡くなった母を勘当してしまい孫がいることを会うまで知らずにいたという設定。二人の継母の娘たちはオーロラがせっかく自分で縫ったドレスを当日になって引き裂き着れないようにしてしまい、でも祖母がコネですぐにチネチッタ映画撮影所で彼女に合うドレスを見つけ出し、着れるようにしてくれ美しい靴も作ってくれるのです。またかぼちゃの馬車は乗っていた車が途中で故障し、たまたま通りにあった馬車に乗せてもらいことになり馬場に12時まで戻らなければならないという設定でした。

オーロラとセバスチャンの初めての出会いが緑濃い迷路の庭で、しかもオスカー・ワイルドの「幸福の王子」の本(この話個人的に大好きです)をセバスチャンがオーロラに貸してあげてキスして別れるという素敵なものでした。またオーロラは子供の時の夢のピアニストになることを諦めません。そしてセバスチャンも兄の亡きあと自分が父親の期待を一手に背負い実業家になろうと努力しますが、実は空想することが好きで、ものを書くことが好きで、それを大人になってすっかり忘れ、オーロラに再会し何度か会うことで、本当に好きだったことを思い出します。ついには父の期待する人物でなく自分がなりたい本当の自分になるという物語でもありました。

オーロラの弾くショパンの曲も素敵でしたし、オーロラとセバスチャンの二人がスクーターに乗ってローマの街をデートするシーンが「ローマの休日」を彷彿とさせるのも素敵でした。もちろん仮面舞踏会の華やかなパーティーも。そして極めつけは花婿(セバスチャン)が結婚式当日ドタキャンして花嫁を泣かせ、本当に好きな人(オーロラ)の元に走り、自分の生き方を選んだこと。それとこじれかけた祖母と孫の関係が最終的にはこちらも修復しますが、関係がぎくしゃくしてた時に祖母が孫(オーロラ)に「許してくれなくてもいい。でも私はあなたに幸せになってもらいたい」という言葉にはグッときました。

良くできていました。難を言えばセバスチャンのちょっと優柔不断さにイラッと来ましたが、まあそれでも素敵なハッピーエンドストーリーで、安定感のあるいい映画でした。時間を置いてもう一度観たいくらいに良かったです。

驚いたのは「大聖堂」に出ていたエディ・レッドメインが演じるジャックの母親エレンを演じてたナタリア・ヴォルナーが今回のこの映画では継母役ですごくはまっていたこと。どこかで観たことある顔と思っていて「大聖堂」に出ていたと思い出せてすっきりしました。こういうのも楽しかったです。

夢がある女性好みの物語でした。


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Life! [Sean Penn]

「Life!」を観ました。

LIFE!/ライフ [Blu-ray]

LIFE!/ライフ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



2013年アメリカ映画。ダニー・ケイ主演で映画化した「虹を掴む男」(1947)を、ベン・スティラーの監督・主演でリメイクした映画。原作はジェームズ・サーバーの短編小説。アメリカのグラフ誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター(ベン・スティラー)が、LIFE誌の最終号の表紙を飾る大切な写真がないことに気付き、その写真を撮ったカメラマンのショーン(ショーン・ペン)を探して、グリーンランド、アイスランド、アフガニスタンへと旅をする物語。

この映画を観たいと思っていましたが、観るのが今になってしまいました。素晴らしい映画で良かったです。生きているっていいなあ、と思えました。そして今またすごく海外旅行に出たくなりました。グリーンランド、アイスランド、アフガニスタン(アフガンからヒマラヤに行った設定)の広大な自然が素晴らしかったし、ストーリーも勇気をもらえるものでした。

雑誌Lifeのモットーが「世界を見よう 危険でも立ち向かおう 壁の裏側を覗こう お互いを知ろう そして感じよう」というものらしいのですが、空想癖のあるウォルターは、雁字搦めの現実を空想の中でついつい考える癖を持っています。初めはそれが観ていて一体何が現実で何が空想なのかわからなくなるんじゃないかと危惧して観ていましたが(いきなり彼の空想でビルを飛び降りたり、空中を舞ったりするわけですから…)、物語が進むにつれて現実の中で彼が生きていくようになり、そうした危惧は無用でした。平々凡々な彼の生活は、一枚の写真の紛失=カメラマンを探すということを機に、一変します。ヘリコプターからボートにジャンプし見事海に投げ出されサメに襲われそうになったり、自然の中を自転車で走り、スケボーで走り、シェルパのようなガイドを雇って雪山に登り珍しいヒョウを見たり、空港で捕まり取調室で尋問を受け電話で親しくなっていた出会い系サイトの主催者の人に助けてもらったり…。残りの写真を手掛かりに謎解きをするような感じも面白かったし、カメラマンのショーンが「大切な瞬間はカメラを通してでなく。今を楽しむこと」という言葉もそのシーンも印象に残るシーンでした。久々に観るショーン・ぺーンの演技はやっぱり格好良かった。また何とシャーリー・マクレーンがウォルターのお母さん役で出演しているのも、嬉しかったです。しわしわになっちゃったけど、シャーリー・マクレーンはいつ見てもチャーミングだなあと思います。昔彼女が書いたたくさんの精神世界の本を読んで感化されていたことを思い出します。

ネタバレをしてしまうと、実はウォーターが探し求めた写真はショーンからプレゼントされた財布に入っていて、それを不意に捨ててしまったわけですが、ウォルターのお母さんがちゃんと取っておいてくれてそれが無事最後のLife誌の表紙を飾ります。その写真がまた憎い!泣かせます。Life誌を支えてくれた普通の人々ということで、ウォルターが会社の外に座って仕事をしている写真でした。実際のLife誌を飾った最後の写真がどんなものが気になったので調べたら、実際はサウスダコタ州の公園にあるJFKの銅像の写真でした。この映画と同じだったら夢があったけれどやはり現実は違ってました。

そして会社で知り合ったシェリル(クリステン・ウィグ)ともこれから付き合いが始まることを予感させるところで映画は終わりました。好きな人ができると、ちょっとしたことがその好きな人に見えたりするように、この映画でも空に飛ぶ鳥が気になる彼女の顔に見えたり、いきなり彼女が異国のバーでギター片手に歌ったり、すべては空想の産物ですが、そういうシーンも結構楽しめました。最終的には二人はリストラされてしまったけれど、新たな人生がまた始まるという感じで、観終わって爽快感が残りました。この映画はこの映画で素晴らしかったけれど、スピルバーグ監督やロン・ハワード監督もこの映画を作ろうとしていたらしく、またウォルター役もジム・キャリーの可能性もあったとのこと。それも良かったかもなあと思いました。


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マイビューティフル・ガーデン [イギリス映画]

渋谷ユーロライブで「マイビューティフル・ガーデン」を観てきました。

ポスター画像

映画公式サイト:http://my-beautiful-garden.com/

イギリス映画。監督はポール・マッカートニーの娘婿(アパレルで有名な次女のステラの夫ではなかった。長女の夫)のサイモン・アバウド。

図書館で働きながら絵本作家を目指すベラ(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)が隣人の気難しい偏屈もののアルフィー(トム・ウィルキンソン)とそのお抱えの料理人でシングルファーザーのヴィーノン(アンドリュー・スコット)、図書館に調べ物に来るマイペースなビリー(ジェレミー・アーヴァイン)と関わりながら、庭造りや絵本作りを完成させる物語。そして恋の予感も。

まるで絵本を観ているような映画でした。主人公は絵本作家を目指しますが、ビリーと出会うことで絵本のストーリーを作り、着実に自分の夢へと突進します。また図書館を解雇されてしまっても、絵本の中のルナという生き物から励ましの言葉をもらい、自分も生きていこうとします。一か月以内に荒れた庭をきれいにできなければ家を出て行かなければならず、苦手な庭の手入れをすることをきっかけに、気難しい隣人との付き合いが始まります。途中挫折しそうになり、約束の日までに庭が完成しないかと思われたり、またビリーとのデートの約束のときに彼が他の女性と一緒のところを見てしまい、二股掛けられていると思いふさぎ込んでいましたが、最後は色んなことがハッピーエンド。途中でクスッと笑える箇所もあり、何とかピンチを乗り越えるその物語はまるでこのベラが描く絵本そのもの、物語の典型なのかもしれないなあと思いました。

気難しい隣のアルフィーはかつて世界を旅行してたくさんの国で植物の種子を集めた人であり、最後に彼が語る彼の人生もまた素敵でした。そして双子の父親であり、料理人のヴィーノンが作る料理はイギリスの食事=まずい、という方程式を覆すような料理に見えました。

この映画はきっと女性が大好きな映画だと思いました。現実にちゃんと根ざしているのにファンタジー的。「アメリ」とか「ペネロペ」「グランドブタペストホテル」なんかを思い出させてくれる要素を兼ね備えていました。鑑賞後の気分もとっても良くて、思いのほか大満足の映画でした。早くも私にとって今年一番の映画かも

ところで、料理人でシングルファーザーのヴィーノン役のアンドリュー・スコットは、「SHERLOCK/シャーロック」のジム・モリアーティ役の印象がとっても強くて、中々このシングルファーザーとして私自身が見ることができず、いつもの不気味なモリアーティ役をすぐに思い出してしまいました。それだけモリアーティ役が強烈だったという証で、本当にこの俳優さんの顔を観るともうモリアーティにしか見えないのです。はまり役もほどほどかもなあとこの時ほど思ったことはありません。またビリー役のジェレミー・アーヴァインは「戦火の馬」以来なのですが、何でもこの俳優さんは糖尿病らしく、「戦火の馬」で注目を浴びてからいろんな映画のオファーが来ていたけれどずいぶん断っていたという情報を、昔何かで読んだことがあります。眼鏡を掛けるだけで、また6年の歳月が過ぎて雰囲気がすごく変わっていたのに驚きでした。ちょっと気の弱そうでオタクっぽく優しい人柄の役は、大好きなエディ・レッドメインが演じたらいいなあと思える役柄でもありましたけど、ジェレミー・アーヴァインもうまく演じていました。また主役のベラを演じたジェシカ・ブラウン・フィンドレイは「ダウントン・アビー」でブレイクした女優さんらしいですが、「ダウントン・アビー」を観ていたらきっともっと楽しめたかもなあと思いました。「ダウントン・アビー」観てみようかなあ…。

庭はないのでせめていつもより多く花でも買って、家の中のあちこちに花でも飾りたい気分になりました。特に女性の方にはお勧め映画です。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る