So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ヒンディー・ミディアム [インド映画]

インド大使館でインド映画「ヒンディー・ミディアム」を観てきました。


5月から立て続けに3本、インド映画を観ましたがすごい時代になったもんだと(こんなにインド映画が公開されるなんて!!)夢のようです。


ポスター画像 



映画公式サイト:http://hindi-medium.jp/



今回は、映画の後にインド大使館にメチャクチャ近いインドレストラン・ムンバイが出張で来て、サモサとマンゴラッシーを振る舞うおまけもついていました。クミンの味が効いたサモサが懐かしく、マンゴラッシーも激ウマでした。でもサモサは現地インドでいつも食べていたサモサよりもとっても上品で油もいいものを使ってる感じで、ギトギト、パリパリ感が全然なく、何だか高級な感じに思えてしましました。


さて「ヒンディー・ミディアム」ですが、このタイトルの意味することはヒンディ語で授業を行う公立校のこと。映画では、英語で授業をする「イングリッシュ・ミディアム」という私立校に自分の子供を入れさせたい親の悪戦苦闘ぶりが描かれています。英語を話すことは将来の出世に関わると、子供を英語を使う私立校に入学させたいのです。


デリーの下町で洋品店を営むラージ(イルファーン・カーン)とその妻ミータ(サバ―・カマル)は愛する我が子のために高級住宅街に引っ越しをし、親子でお受験の用意をし受験するのですが、ことごとく落ちてしまいます。どうしたものかと思っているときに低所得層のための優先枠があると知ります。そして住所、年収を偽ってその枠を利用することにするのです。ところがその枠に富裕層までが偽って入学しているとの噂が大きくなり学校側がその枠で応募した家庭訪問をすると発表。慌てた親子はスラム街へと引っ越し、家庭訪問も何とかクリア。そして念願の私立校に我が子を入学させることができ、また高級住宅街へ舞い戻るのです。


しかしスラム街で仲の良くなった本当に貧しい親子もまた同じように受験しながら最後の抽選で落ちてしまい、ラージとミータは低所得層の枠を奪った呵責から公立校の寄付をし始めます。そこにスラム街で仲の良かった親が現れ、ラージたちが本当は金持ちでそのために自分の子供の将来を奪われたと知ってしまうのです。そして…。


最後は人として立派な行動に出たラージ。インド映画はこうでなくちゃね。正しいことは正しくすべき。最後、気分はすっきりしました。


映画の中で、真ん丸の黄色いお菓子が出てきた時には懐かしく(激甘。ねっとりして蜜につけてある感じ。たぶんインドの伝統菓子で、私も食べたよなあと思い出しました。他のお菓子もいろいろ食べたけどどれも激甘)、スラム街でミーナがサンダルで牛のふんを踏んで叫んでいましたが、それもメチャクチャ懐かしく(私もよくサンダルで歩いていて聖なる牛のふんを踏んでました。お店にかかってる美しいサリーなんかに見とれながら歩いていると、全然下に目が行かず。でもふんを踏むのが日常茶飯だったので、ふんを踏んじゃっても運がついたと思ってラッキーと笑って旅行してました)、また「カリーナみたいにスタイルが良くて…」みたいなセリフはカリーナ・カプールのことだなあと思い出しました。今もカリーナ・カプールは活躍しているのでしょうか?そしてリンガ(男性根)にお祈りしたり、リキシャーだったり、サリーの華やかさだったり、ハヌマンを猿神と訳して字幕に載っていたり…。いろんなことがインドを思い出させてくれて楽しい時間でした。またいつかインドに行きたいです。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

きみに微笑む雨 [韓国映画]

「きみに微笑む雨」を観ました。



きみに微笑む雨 [DVD]

きみに微笑む雨 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフト
  • メディア: DVD

2009年の映画。韓国人のドンハは出張で中国成都を訪れる。成都の観光地、杜甫草堂で働いている留学時代の中国人の友人メイと再会。二人は当時の淡い気持ちを持ちながらも再会を楽しむが、メイは心に大きな傷を抱えていた…。


ドンハ役の美男子はチョン・ウソン。「サッド・ストーリー」や「私の頭の中の消しゴム」にも出演していて観ているはずなのですが、「サッド・ストーリー」ではひょうきんな三枚目の役回りのチャン・テヒョンに夢中だったし、「私の頭の中の消しゴム」では女優のソン・イェジン目当てで観た映画だったので、全く眼中にありませんでした。でもチョン・ウソンが中々いい味出していて、この映画にぴったりでした。

またメイ役はカオ・ユアンユアンという中国人の女優さんで初めて見ましたが、線が細すぎでした。モデルさんなので仕方ないのかもしれません。

韓国人と中国人の二人が英語をやり取りしながら会話をして、舞台は中国の成都という今までには全くない設定が新しい感じで良かったです。映画もしっとりしていて落ち着いていて、いつもの韓国映画でないみたい。四川大地震を絡ませたストーリーでした。


四川省辺りは実際地震が多く、私自身も四川を含めて中国の旅行を3か月+1か月くらいしたので中国で地震がある度に気になってきました。特に四川省に近い雲南省がチベット自治区に並んで好きだし、麗江(リージャン)の街並みが地震によって大きく破壊された時にはとってもショックでした。旧市街とか今はもう復興したのでしょうか?映画で成都が出てきて、成都では三国志の舞台だったのでその作り物みたいなもの(劉備や諸葛孔明などの人形)がたくさんあってそれらが見世物になっていて、日本に戻ったら三国志を勉強しないとなあと思って当時帰ってきたのに未だに何もしていず、また小吃(シャオチ―)=ちょっとした食べ物の食べ歩きを留学生の女の子と朝から晩まで一緒にした思い出があり、そのことを思い出したりしていました。一個5円くらい?のものを一個買って、二人でシェアしちょっと食べてはまた違うものを買って食べるということを朝から晩まで繰り返してました。おいしかったし、面白かったなあ。


話は脱線しましたが、映画は様々な記憶を引き出し懐かしさをも運んでくれるからいいです。



nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

ドニー・ダーコ [タイムスリップ映画]

ジェイク・ギレンホール主演の「ドニー・ダーコ」を観ました。



ドニー・ダーコ Blu-ray

ドニー・ダーコ Blu-ray

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


2001年の映画。ドリュー・バリモアやパトリック・スウェイジ、マギー・ギレンホール(姉、弟で出ているのにびっくり)も出演。ドリュー・バリモアが製作総監督をしています。ジェイクのガールフレンド役の女の子はジェナ・マーロンで、「イン・トゥー・ザ・ワイルド」に出てた女の子であることもわかりました。


この映画、観始めると精神分裂者の話とオカルトがミックスして怖いと思ったのですが、私が好きなタイムスリップの話だということでとにかく最後まで見ました。最後の15分くらいから今まで起こったことが逆回しになり時間が巻き戻って、そして主人公は一度経験したことをチャラにし、悲しいかな死を選び取りました。それで終わった映画なので、かなり気が重たい映画です。


飛行機のエンジンが主人公ドニーの留守中に彼の部屋に落ち、命拾いします。その飛行機がどの飛行機と特定できなかったのですが、母親と妹が踊りの大会に出演した帰りの飛行機に乗っていたときのエンジンだったことが後からわかります。飛行機に乗っていた母と妹は一体どうなったのか?でも飛行機のエンジンが落下したとき最初は母と妹は外に出て、家に落下したエンジンを眺めながら避難してます…。


ウサギ男はいろいろと言ってきて、主人公のドニーに学校の水道を破裂させたり、有名人の家に火を放たせたりします。ウサギ男の目はつぶれていてそれはドニーが銃で撃ったからでした。ガールフレンドと共にハロウィーンのパーティを抜け出し、タイムトラベルの本を書いたおばあさんの家に向かいそこでチンピラの同級生に襲われると、ウサギ男が駆けつけて助けれくれたと思ったのですが、ガールフレンドは死んでしまったのか全然動かなくなってしまい、咄嗟にドニーはウサギ男を撃ってしまうのです。ガールフレンドを車に乗せ逃げるのですが、警察が家にたくさん来ていて家族が不安な様子で外に出ています。そこから時間が巻き戻って元にもどり、部屋にいなかったドニーは部屋にいて、飛行機の落下物の下敷きになり即死ということになりました。


ティアーズ・フォー・ティアーズのヘッド・オーバー・ヒールズの曲が映画の中でかかり懐かしすぎました。途中までなんだかB級映画じゃないの?と思いながら観ていて、タイムトラベルの話でなければ最後まで観ませんでしたが、結果的によくまとまっている映画で、この映画のコアなファンがいるというのがわかる気がしました。

続編も作られていて(妹の話らしい)続編も賛否両論らしいのですが、私はちょっとオカルトっぽい感じが怖く苦手なのでもう続編はパスだなあと思います。村上春樹の羊男ならいいけど、この映画のウサギ男は怖かった。でもジェイク・ギレンホールはやはりいい作品に出ているんだなあと思いました。




nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

シークレット・スーパースター [インド映画]

インド大使館で、インド映画「シークレット・スーパースター」を観てきました。

(インド大使館に行くのは18年ぶりでした。何度もインドに行っていた時期がありビザをよく取りに行ってたので、懐かしかったです)






公式映画サイト:http://secret-superstar.com/


アーミル・カーン製作、主演の最新作品。


「ダンカル、きっとつよくなる」で親子を演じた父役のアーミル・カーンは、今回は落ち目の音楽プロデューサー役に、そして娘役だったザイラー・ワシーム メヘル・ヴィシュは歌手を夢見る高校生役。彼女は、母親に暴力を振るうとんでもないDVの父親を持ち、そのために家の中はいつも父のご機嫌を伺っている感じです。娘のためなら何でもしようと応援してくれる優しい母親は隠れてパソコンを娘に買い、娘は父に音楽を反対されているので顔を隠し自分の歌を披露するYoutuberに。そしてあれよあれよと話題の人となっていくのです…。


シャー・ルク・カーンやアミターブ・バッチャンの名前が出てきたり、グラミー賞ならぬグラマー賞というのが出てきて、いろんなところでクスッと笑ってしまいました。

胡散臭い役のアーミル・カーンも良かったし、主役の高校生役のザイラーちゃんも良かったです。


この映画は、家庭内暴力を振るわれても経済的理由からなかなか離婚に踏み切ることができない女性のこと、そしてその子供、娘は特に親のいいなりのしたくもない結婚を強制的にさせられ、夢は諦めて当然の世界を見せつけます。かつての日本も相当ひどい男尊女卑の世界で、今もまだジェンダーギャップがある国として世界で110位の不名誉な国でもありますが、インドでもまだまだひどい状態があります。映画では運よく女の子は歌手への切符を手に入れ、母親も父との離婚を決意して新たな人生を歩むハッピーエンドで終わりましたが、現実世界ではジェンダーの問題は山積みで、不幸な女性たちがたくさんいるのだと思います。

女子高校生の夢実現物語の一面、社会派映画の一面もしっかり持ち合わせ、考えさせられた映画でもありました。


私はあまり泣けなかったけれど、一緒に行った友人は泣き周りでも泣いている人たちがいました。歌と踊りのボリウッド映画は、歌はたくさん挿入されてますが、今やほとんど踊りがない映画になってしまいちょっと寂しい限りです。最後にアーミル・カーンが女性たちと一緒に歌って踊ってますが、これがなきゃボリウッド映画じゃない。でももっと劇中にもっと華やかに歌って踊ってのシーンが欲しかったなあと思うのでした。





nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

変わったタイプ、ぼくはお金を使わずに生きることにした [本]


変わったタイプ (新潮クレスト・ブックス)

変わったタイプ (新潮クレスト・ブックス)

  • 作者: トム ハンクス
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/08/24
  • メディア: 単行本

新聞の書評でとても褒めてあり、あのハリウッド映画の大スターのトム・ハンクスが書いたなんて一体どんな話を書いているのだろうと思って読んだ本。いや、結構素晴らしかった。結構どころでなくかなり素晴らしかった。短編と、脚本のようなものと、新聞のコラムに書かれてるような話を載せ、短編の中にはタイプライターが登場してくるという共通項もあり、タイプライターの写真が話と話の間に挿絵のように使われてもいます。結構粋でおしゃれ。


3週間無理して付き合った女性との話、帰還した兵士のクリスマスの話、端役の役者がパリに取り残され空いた時間をパリ観光に充てる話、祖国を追われた移民がニューヨークに降り立ち新しい仕事を手に入れる話、男と別れた女がタイプライターを手に入れ新たな一歩を始める話、過去へタイムスリップして素敵な女性を見つけ約束の時間までに戻らずにその過去の時代にいる男の話…。

日常の一コマを切り取って丁寧描き、どの話も素敵でその続きが思わず気になるものばかりでした。

オー・ヘンリーほど古めかしくはないけれど、何かそれに近い余韻があって、なかなかやるじゃん!と思えました。


トム・ハンクスはかなりの読書家であり、タイプライターのコレクターとしても知られているとのこと。映画でいろんな役をこなし、仮想の世界を生きその実感があるからこその小説、といったようなことが翻訳した小川氏が書いています。映画の中の役になりきり疑似体験できたからこそ、こんなにもうまくこの小説に表すこともできたとも言えるのかもしれません。本当、感心しました。


哲学の自然 (atプラス叢書03)

哲学の自然 (atプラス叢書03)

  • 作者: 中沢新一
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2013/03/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

久々に中沢新一の本を読みました。同じ哲学者の國分功一郎との対話からなっている本です。3・11後の哲学者のあり方、原発問題をどうとらえるか、人間と自然との関わり方を語っています。人間が「贈与」がなくても生きていける、それが原発とか、ハイデッカーこそ原発の問題を深く考察した最初の哲学者とか、最適解、休暇が大切などなど。最後は小平市の道路計画に住民の意思を反映させること、そこから民主主義を考えることが話題となります。哲学の基礎みたいなものがないので、難しかったです。理解できるところもあるけど理解できないところもたくさん。でもたまにはこういう難しい本も読んで刺激を受けないと。本の中で紹介されてた「ぼくはお金を使わず生きることにした」を読んでみたいなあと思いました。


10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

  • 作者: 堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2018/04/05
  • メディア: 単行本


今やAIが従来ある仕事にとって代わろうとする時代。10年後は一体どんな仕事が残っているのかを堀江貴文と落合陽一が語っています。

AIに代わってしまう仕事は何となく予想してたような感じでまとまっていました。高い賃金の仕事、専門性の高い仕事でさえもAIに代わる。もちろん単純作業も。だからこそ、「好きなことに没頭し、仕事になるまで遊びつくす」「好きなことを掛け合わせて100万分の1を目指す(=100人の中で1番になることを3分野探してそれぞれ1番になる)」「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」と本書では言ってます。やりたいことが見つかれば今やクラウドファンディングでも何でも資金を調達して夢を実現できる時代。要はどんなことをしたいのか?ただそれだけなのでしょう。そしてそれを実行に移すこと。お金のこと、日本の幸せと社会についてなど多岐にわたって語ってもいますが、やはり二人とも実業家としても成功しているので発想が並みではないと思いました。


ぼくはお金を使わずに生きることにした

ぼくはお金を使わずに生きることにした

  • 作者: マーク ボイル
  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 2011/11/26
  • メディア: 単行本

「哲学の自然」の中にあった紹介により実際この本を読んでみました。一年間お金を使わずに生きると宣言し、お金を使わずに盛大にパーティーを開くことを計画して、見事パーティも成功させ、その後実際にお金を使わない生活に入った著者はイギリスのマスコミにも大きく取り上げられ、一時は時の人となったようです。

イギリスに住む29歳のアイルランド人の男性が、不用品で手に入れたトレーラーハウスに住み、食料採集をして手作りのロケットストーブで調理。キノコで紙とインクを作ったり、天然の石鹸サボンソウを使ったり、花粉症対策に西洋オオバコを使ったり、リンゴ酒を作ったり。またただでものを手に入れる方法をいろいろ駆使し、本にはただの宿泊、ただのファッションなど色々なヒントも載っています。

そして究極のところは人とのつながりがとっても大切だと。人とのつながりによってそれぞれが持つものをシェアしてお金を介在させずとも生きていける世界の豊かさを謳っています。本の著作料などお金が入ったにも関わらず、一年が経ったあともしばらくお金を使わない生活を続けているようです。そのお金はお金が介在しないコミュニティを作るための土地購入することに充てたとか。そこではお金を介在させずに学びあう場所を提供しているようです。

彼の実験は一年間だけだったけれど(実際はその後も続いているみたいですが)世界には彼の上を行く人がいるみたいで、お金を使わずにもうすでに何十年も生きているドイツ人女性のことなども書いてあり、世界は広いなあと思いました。お金を全く使わない生活はちょっと途方もないですが、少しだけ自分で作ってみたり、人から譲り受けてみたり、その結果としてお金やものの節約ができたらいいなあと思うのでした。



nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:
前の5件 | -