So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ボスベイビー、家(うち)へ帰ろう、ジュリアン [naonaoお勧め映画]

ブログをアップできないでいる間、観た映画です。

忘れないようにアップしたいと思います。

2018年3月~2019年2月までに私が観た映画です。




ボス・ベイビー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ボス・ベイビー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray

「ボスベイビー」

劇場招待券を頂いていたので、映画館で観ました。赤ちゃんがこの世に生まれてくる前に、どの両親の元に生まれてくるかを見ていたり、またあの世に戻って生まれ直して来たりなどとてもよく描かれていて、その上キュートだし小さい子の焼きもちやら何やらの大人になって既に忘れている感情も細やかで、親子で楽しめる映画だなあと思いました。実際親子連れもたくさん来ていました。大人が観ても楽しい映画。細かな描写は忘れましたが、動きもあり、色彩も豊かで楽しく、しかも可愛いって感じの映画です。



家(うち)へ帰ろう

(DVDはまだ出ていません)


「家(うち)へ帰ろう」

こちらはシネスイッチ銀座で観ました。


映画公式サイト:http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp/


ロードムービー。アルゼンチン、スペイン映画。

アルゼンチンで暮らす仕立て屋のアブラム。第二次世界大戦中、ユダヤ人であるアブラムを匿ってくれたポーランドに住む親友に自分が仕立てた最後のスーツを渡すために、ポーランドへと旅立つ。

ブエノスアイレスからマドリッド、パリと経由して、飛行機の隣にいた青年やマドリッドの宿の女亭主、自分の娘、ドイツ人の歴史学者の女性や、病院の看護婦にも親切に助けられ、何とか旅を続ける。途中宿に泥棒が入って全財産盗まれ、また倒れて入院するなど色んなことを経験しながらも、人に恵まれ最後は70年ぶりに親友の元へ。


ホロコーストがどれほど悲惨であったか、そして70年経っても一目でお互いを認識して親友と再会を果たせた時には、大粒の涙が知らぬ間に一筋頬に伝いました。秀逸な作品でした。



「ジュリアン」
この映画は中野ZEROで観ました。
映画公式サイト:https://julien-movie.com/#top
映画鑑賞後は、アイドルの戦慄かなのさん、映画ライターの新谷里映さんによるトークショーもありました。
(DVDはまだ出ていません)
ヴェネチア国際映画祭で最優秀監督賞受賞作品。フランス映画。フランス本国では40万人のヒット。
父と母の離婚で揺れ動く11歳の息子ジュリアンを描いています。
フランスでは父母両方に親権があるので、しかもたった20分で誰と共に暮らし、週末はどうするかを裁判官が決めるという現実があり、母と共に暮らすジュリアンも父と週末で過ごすという決定がなされます。しかし一体父母のどちらに非があり、こうなってしまったのか、20分の裁判を見ただけでは全然観ているものにはわからないのですが、徐々に徐々に、そして最後にははっきりと、父親に大いに非があり、DVがあったことがわかるのです。
ジュリアンが父親にうその新居を教えたり、いやいやな顔をしたり、変な言葉を発したり、その苦しみが全編に出ていますが、私は映画の途中でも父と母のどちらの言い分が真実なのかよくわからなくて、むしろ父親の肩を持って映画を観ていました。でも違うのです。
最後は衝撃的で戦慄が走ります。怖いです。もうサスペンス。
心臓に悪くてちょっといただけません。
アメリカのロッテントマトの評でも94%?とかいう高い満足度の映画だったので、内容をあまりチェックせずに観ましたが、衝撃度という点ではすごい映画でした。後味は悪いけれど…。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

極夜行、お別れの色、つれづれノートほか [本]

父が入院して亡くなる前に、本を読んでブログに書きアップせずにいました。また読んでもブログには書かずにいたので本の詳しい内容は半分くらい忘れてしまっています。そして父が亡くなった後も何冊か読んでいるので、やはり備忘録として残しておきたいと思い立ち今日アップします。以下、この1年くらいの間に読んだ本です。



こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

  • 作者: 阿川佐和子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/10/17
  • メディア: 単行本

村上春樹、吉本ばなな、湊かなえ、井上ひさし、寺田寅彦、向田邦子、森本哲郎、吉田健一、外山滋比古、團伊玖磨、畑正憲、阿川佐和子等々31人の珈琲にまつわるエッセイ。色んな場所の色んなお店、時代、珈琲の入れ方、種類など、多種多様に出てきて、珈琲を飲みながらあっという間に読んでしまいました。以前これと同じシリーズで「うっとり、チョコレート」というチョコレートにまつわるお話を読みましたが、このシリーズ楽しいなあと思います。



ワンダー Wonder

ワンダー Wonder

  • 作者: R・J・パラシオ
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 2015/07/18
  • メディア: 単行本
顔に障害がある男の子、オーガストが初めて11歳で学校に通うことになった話。児童書なのですが、アメリカでNYタイムズベストセラー1位になり、300万部売れた本です。主人公のオーガストのほかにも、お姉ちゃんのヴィア、ランチを一緒に食べてくれるサマー、クラスメートで仲良しのジャック、お姉ちゃんの友達のミランダ、お姉ちゃんの彼氏ジャスティンがそれぞれの心の内を語る方法で物語が進み、オーガストが大きく成長する物語になっています。


児童書なので本の厚さがあっても(字が大きくて振り仮名もたくさんついている!ので)すぐに読めます。子供は子供の世界がそれぞれあったことをすっかり忘れていたなあと思いました。また顔に障害を持つため、オーガストはいつも人からじろじろ見られたり、いじめられたり。でも最後は大きく彼も彼の周りの子供たちも成長し、ちょっと感動します。いじめっ子も傍観していた子もオーガストを助けてくれたりするわけです。子供がいる人は一緒に読んだらいい本かもしれません。



だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人

だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人

  • 作者: 水谷 竹秀
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/09/26
  • メディア: 単行本

「タイのバンコクで簡単に働ける場所があるよ。コールセンターなんだけど」と聞いたのは1,2年前の話。訳あってタイに行き来している知り合いが言っていたのを思い出させる副題の本。「バンコク、コールセンターで働く日本人」私もバックパッカーで何度も往復したタイにはそれなりに思い出もあり、タイになら住めるよなあと思っているので、こういう話はすぐに耳に入って来ます。コールセンターで仕事して給料も現地にしたらそこそこ(3万バーツ=9万円くらい)と聞いていたので、この本を読み始めるまでこんなにたくさんの闇を抱えている本だとは全く思いもしませんでした。

なぜって、このコールセンターに勤める日本人は現地の一般の日本人たちからは軽蔑されているというのです。日本語だけ使えればいい職場で、かつては非正規労働者であり、借金苦から逃げてきた人であり、LGBTの人たちであり、風俗にはまってゴーゴーバーの男の子を買いあさる日本人の女性だったり…。要は日本に馴染めない、日本で住めない人たちだからここにいるといったルポ。でも日本から逃げるといった格好になってもいいと思うのです。日本でなくてタイが居心地いいからタイにした、タイにいて幸せなんです、で十分だから。人生なんでもありなので、どんな生き方をしてもいいよなあと思ったのでした。この本の著者は「日本を捨てた男たちフィリピンに生きる『困窮邦人』」の著者でもあり、取材力あり読ませてくれます。


極夜行

極夜行

  • 作者: 角幡 唯介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/02/09
  • メディア: 単行本







この人は本当にすごい。いつも命がけの冒険。ハラハラドキドキです。今回は北極圏の太陽の出ない暗やみの世界を旅する角幡氏。GPSを使わずに旅することを決めていたのに初っ端から六分儀をダメにし、デポに置いてあった食料などを白クマに襲われて失くし、ハンティングもうまくいかなくなって餓死の危険まで頭にちらつき始め、一緒に旅してきた相棒の犬までも食べなければいけないかもしれないというところまで追い詰められる…。絶対に賞を取るよなと思っていましたが、やはり「本屋大賞ノンフィクション本大賞」を受賞しました。

以下の文春オンラインや集英社オンラインでも角幡氏のこの時の冒険のことを読むことができます。





お別れの色 どくだみちゃんとふしばな3

お別れの色 どくだみちゃんとふしばな3

  • 作者: 吉本 ばなな
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2018/11/22
  • メディア: 単行本

「違うこと」をしないこと

「違うこと」をしないこと

  • 作者: 吉本 ばなな
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/10/12
  • メディア: 単行本

にぎやかだけど、たったひとりで 人生が変わる、大富豪の33の教え

にぎやかだけど、たったひとりで 人生が変わる、大富豪の33の教え

  • 作者: 丸尾 孝俊
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2018/10/25
  • メディア: 単行本
吉本ばなな 奥平亜美衣 自分を愛すると夢は叶う

吉本ばなな 奥平亜美衣 自分を愛すると夢は叶う

  • 作者: 吉本 ばなな
  • 出版社/メーカー: マキノ出版
  • 発売日: 2018/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

大好きな吉本ばななの本。何冊か。いつも癒しになっています。事務所も畳んで若い時とはまた違う今のことなども書いていて、ずっと彼女の本と生きてきたので、もうそういう時期に来ているんだなあと思いました。すべてはどんどん変わっていく。当たり前だけど、そうなのだと気づかされました。


ぬるい生活 (朝日文庫)

ぬるい生活 (朝日文庫)

  • 作者: 群 ようこ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/02/05
  • メディア: 文庫
ゆるい生活 (朝日文庫)

ゆるい生活 (朝日文庫)

  • 作者: 群ようこ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2018/05/07
  • メディア: 文庫
しない。

しない。

  • 作者: 群 ようこ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/06/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
まあまあの日々 (角川文庫)

まあまあの日々 (角川文庫)

  • 作者: 群 ようこ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/10/24
  • メディア: 文庫

群よう子の本は久々。力の抜けた題名に惹かれました。年齢に伴う色んな不調の参考になったらと思い読んだのでした。やはり読みやすくて気軽に読めるのがいいです。



秘密の花園作り つれづれノート34 (角川文庫)

秘密の花園作り つれづれノート34 (角川文庫)

  • 作者: 銀色 夏生
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/10/24
  • メディア: 文庫
空へブーンと。 つれづれノート33 (角川文庫)

空へブーンと。 つれづれノート33 (角川文庫)

  • 作者: 銀色 夏生
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: 文庫
銀色夏生のつれづれノート。もうそろそろつれづれノート35が出るかもしれないなあ。彼女の日常。これからもつれづれノートだけは続けて読みたいです。


旅先のオバケ

旅先のオバケ

  • 作者: 椎名 誠
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/06/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

椎名誠も群よう子に同様、本当に久々だった。そしてやはり旅先の色んなことは楽しい。ほかの人より私もたくさん旅してきたけど、行ったことのない未知の世界がたくさんあって、また同じところに行っていても経験が違うので面白い。旅をしてはものを書き、また旅をしてものを書くという生き方の椎名誠に憧れていた時期があったけど、結局私はそうなれなかった。そうしなかった。でも今は旅をしなくてもこうやって読むことで楽しめるのだから、それはそれでいいことだなあと思う。


nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:

父の死 [雑感]

久々、10か月ぶりの更新です。


父が昨年の3月に入院、そしてあれよあれよという間に5月に亡くなり、私自身すべてにおいてやる気がなく、意気消沈の日々を送っていました。世の中がモノクロに見え、今までのカラフルな世の中はどこかに行ってしまいました。

父は、特発性間質性肺炎という治療薬もない難病での死でした。国指定の難病だそうです。

延命治療を望んでいなかったため、通常の酸素マスク15リットルでも苦しくなったときには人工呼吸器も拒否。実際人工呼吸器にしたとしても本人の呼吸は楽にはならないらしいことをいろんな情報で知っていました。だからもう、通常のマスクでもダメならば最後は安らかに逝ってほしいと願い、緩和ケアをお医者さんにお願いしました。つまりモルヒネです。その選択が正しかったのかどうか今でもわからないのですが、モルヒネを打ったその日のうちに息を引き取りました。

でも本人が一番息するのが苦しいと思うのですが、見ているこちらもとっても見ていられず、今でもそのことを思い出すと涙が出てきます。

82歳の生涯。世の中的にはまあまあの長生きと言えるのかもしれませんが、背中も曲がっていなかったし、歩き方もシャキシャキしていて、頭もしっかりしていて、見た目にも60~70歳代といってもいいくらい若く元気だったのに。狭心症で何度か手術したり心不全も起こしたり、不整脈ではありましたが、こんな難病にならなければもっと長生きできたのにと、本当に残念でなりません。あまりにも急だったので私自身が、がっくりきました。


特発性間質性肺炎になると、治らないのに大量のステロイドを体に入れます。

ステロイドはいろんな病気に使われていますが、長く使っていくとしかも大量に使うと、糖尿病やら骨が弱くなるやら、免疫力が落ちてすぐにいろんな病気になるやらの副作用が強く、何一ついいことがありません。それでもその難病を一時的にでも食い止めるためにステロイドの大量投与をするのです。案の定血糖値が高くなり毎回血糖値を測り高ければインシュリンの注射を打ち、治らないのに血液検査、レントゲンを取り…と、母が30年以上前に胃がんで亡くなりましたが、母の時と同じく、治らないのに、もう亡くなるしかないのに、そういった検査に次ぐ検査が今もなお、家族側からストップをかけなければどんどん続けられているのだなあと、見ていて苦しかったです。最後は止めてもらうようお願いしました。

また春ウコンが免疫力をアップし、末期のがん患者の人たちの希望になっているのを知り、がんではないけれど、もしかしたら父の病気にも何かしら影響があるのではないかと思い、入院中一時期父に春ウコンを水に溶いて、大量(一日に6gくらい)に一日かけて飲んでもらっていました。春ウコンは一般の食品なので、お医者さんから食品なら何をとってもいいと許可をもらってのことです。ただ肝臓の値が悪くなる時があったので、春ウコンが原因かどうか良くわからなくて中止しました。すると、一時期すごく良くなったと思ったのに、あれよあれよという間に何度も熱を出して寒さで震え、また熱を出し震えを繰り返し、酸素マスクも取り外せる状態に一時期なったのに、そこから3リットル、5リットル、8リットル…とどんどん増えて、最後はもう一気に悪くなったのです。

今となっては、ステロイドをやらずに春ウコンを大量に続けて飲んでもらったらもしかしたらそのまま良くなったのかも…と思ったり、でも病院に入っている以上は医者の言う通りの治療をするしかなく、そうかといって父を退院させて家に連れてくるわけにも行かず、今考えてもベストな方法は見出すことができません。


3月に入院するまでの間、前年の9月の健康診断で「肺に影がある」と近くのクリニックで指摘され、ただ父は心臓の専門クリニックのかかりつけ医がいたため、そこにその健診結果を持っていたはずですが、その時どのような検査が追加して行われたのか「何ともないみたい」と言っていたようでした。そして12月に風邪をひいたと思い町医者に行ったらやはり風邪と言われ、それでものどと鼻がおかしいと耳鼻科に行き(そこでは単なる老化と言われ)、そのうち胃がおかしいと胃カメラを飲んで(そこでも何ともないと言われ)、そして今度は心臓が苦しいといい出し、心臓専門病院(クリニック医の医師もそこでオペをする)に行ったら「これは心臓でなく肺です。相当ひどいのですぐに入院してください」と別の総合病院を紹介されてすぐ入院という経過を辿りました。

今考えると、健康診断のときの肺の影が怪しい。あの時発見されながら、適切に治療が受けられなかったこと。私ももっとしつこく父に言っていれば良かったのですが、本当に後の祭りです。

父が入院しているときには病気のことを調べ、少しでも助けになるようなサプリとか体にいいものはないかと探し、またちょっとでも良くなれば退院したときのことを考え、病院のソーシャルワーカーに相談して地域包括センターで要介護の申請を始めたり、その一方で医者から「難病なので治せない。治る見込みがない」と言われていたため、葬儀のことやら、父の預金のことやらいろんなことを心配し調べて、いくら時間があっても足りなかった。そのうち自分まで食べられなくてどんどん痩せていき、一時期具合が悪くなって自分まで病院にかかる様になったときは本当に苦しかったです。


父と私はとても仲が良かったし(母とも仲が良かった)、弟もいますが(所帯を持って別に住んでる)、家族が皆仲良かったので、本当に悲しすぎます。母が亡くなったときに、もう誰が無くなっても母の死ほど悲しいものはないだろうと勝手に思っていましたが、父が亡くなっても同じくらい、いや、もしかしたら自分が年を取った分余計に父の死が堪えているのかもしれません。私は父と二人暮らしだったので、一人暮らしになってしましました。自分でそうなるとは全く想像できなかった。若い時に自分から一人暮らしするならいいけれど、私は自ら望んで一人暮らしになったわけでもなく、一人取り残されてしまった感が強いです。だから余計に辛い。小さいけれど家と土地、そして少しだけどお金を残していってくれた父に、今は感謝しかないです。


父が亡くなってから、たぶん私がメソメソしてるためか、今まで5,6回父の夢を見ました。苦しいのでちゃんと思い出すことを意識的にしたりはしてこなかったので、たぶんそのまま苦しみが凝り固まってしまってるかもしれないのですが、一時期は仕事でどこかに行って歩いていても、父と思い出のある場所にふと出くわすと、突然涙が溢れてとめどもなく、本当に情緒不安定になっていました。

そして今まで散々精神世界の本を読んできて、あの世があり、魂は永遠だと知っていて、それを信じていても尚、父の死の何の慰めにもならず、飯田史彦氏の「生きがいの創造」シリーズを読み直しても、何の助けにもならずにいました。それでも食べて、働いて、生きていかなければならないので、もうなすがままに生きているのですが、先月、たまたま読んでいたブログの中に、「生きているだけで十分だから」という言葉を見つけ、大粒の涙を流しました。また吉本ばななの本を読んでいたら、オーラや亡くなった人を見ることができるCHIEという人の言葉に「よく亡くなった人が今何を言いたいか聞かれることが多いんですけど、言いたいことはないからただ笑ってということと、ただ生きててくれたらもう、それだけでいいから」という言葉を見つけて、またも涙しました。それが同時期で私にはシンクロニシティのように感じ、まさにその言葉が父の言いたい言葉のように心に響いて、とっても慰められました。


世の中にはもっと悲しい思いをしている人がたくさんいるのはわかっています。でもそれでも悲しい。寂しい。辛い。時が解決する、というのもわかっているけど、まだまだ時間がかかりそうです。




nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 [イギリス映画]

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」を一橋ホールで観てきました。

 



映画公式サイト:http://www.churchill-movie.jp/


今年のゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞(ゲイリー・オールドマン)、アカデミー賞主演男優賞受賞(ゲイリー・オールドマン)、メイクアップ&スタイリング賞受賞(辻一弘 他2名)


絶体絶命の第二次世界大戦時の中、イギリス首相に就任したチャーチルの27日間を描く物語。朝からスコッチウィスキーを飲み、風呂に入りながらも原稿をタイピングさせるチャーチル。Vサインを世に広め、電車に乗っては一般の人たちに今の状況をどう考えているか率直な意見を聞きに出かける型破りな行動に出て、ナチスドイツの侵略の手をどう扱うのか、判断を下します。


この映画を観ているだけで人間チャーチルが魅力ある人だと思わせる数々のエピソードが散りばめられていました。また主演でチャーチルを演じたゲイリー・オールドマンがやはり圧巻の演技力でした。さすがに賞を受賞しただけのことはある!またゲイリー・オールドマンから直接オファーを受けて、彼がメイクアップをしないのならこの役を降りるとまで言わしめさせた辻氏のメイクは確かにすごい。ゲイリー・オールドマンである片鱗が全くなくなってしまっているのですから。


ナチスドイツの侵略の勢いがすごくて、イギリスもヒトラーに屈するか、はたまた戦うかの決断に迫られ、結局は戦うほうを選び、結果的にイギリスは勝利したからこそ、今もチャーチルは伝説のリーダーと言われますが、これが負けていたら一体どうだったんだろうと思います。それこそこういう判断は紙一重。結果オーライだけど、もし反対の結果であったら!?と思ってしまいました。


この映画の鑑賞後、父親がイギリス人のハリー杉山と、東大・成城大名誉教授でイギリス現代史専門の木畑氏が出てのトークショーがありましたが、こちらは時間がなくてパスしてきました。「ウィンストン・チャーチル」の映画はチャーチルが首相就任してダンケルクの戦いまでを描いているのですが、今回アカデミー賞の編集、音響編集、録音の3部門を受賞した「ダンケルク」はフランス北部のダンケルクに取り残されたイギリス軍を救うというチャーチルの作戦を描いたものなので、この映画も一緒に観るとよりこの時代を理解できるといったようなことを木畑氏が述べている記事を後からネットで読みました。でも何日も前に同じようなことが書かれた映画評論家の記事を読んでいて、考えることはみんな一緒なんだなと思ってしまいました。

機会があれば「ダンケルク」を観るのもいいかもしれません。


nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

ダンガル きっと、つよくなる [インド映画]

インド映画「ダンガル きっと、つよくなる」をよみうりホールで観てきました。




映画公式サイト:http://gaga.ne.jp/dangal/


アーミル・カーン主演の映画。本国インドほか、世界でも大ヒットを飛ばしている実話を元に描かれたレスリング映画。レスリング一直線の熱血パパが二人の実の娘にコモンウェルスゲーム(かつての英国植民地の国々で今もなお4年に一度集まって行うスポーツの祭典=オリンピックみたいなもの)で金メダルを獲らせたいためにハッスルする物語。


結構うまくまとまっていました。音楽は色々映画の中でかかっていましたが、インド映画にあるお決まりの踊りは影を潜め、そうい意味ではインド映画らしくないインド映画でした。勿論、舞台はインドだし、インド人のオールスターキャストなので、インド色一色で観ていて楽しかったのですが、カラフルなサリーを着て、バンバン踊るようなインド映画ではなかったです。その点がちょっと期待はずれだったので残念でした。


アーミル・カーンはこの役のために体重を増やしたらしく、確かにとっても貫禄あり、ちょっと別人の様に見えました。何だか見ていて、ビリー・ジョエルに見えてくるから不思議。インド人は基本的に色を白くしたら白人、って誰かが言っていたけど本当にそうですね。目が大きくて彫が深くて。しかしこの映画がもっとコミカルな映画かと思っていましたが見事裏切られ結構正統派の映画でした。ちょっとうまくまとまりすぎてハリウッド映画を意識してるのだろうか。娘に自分の夢を託す父と、その夢を叶えようとする娘たち。ちょっとした感動映画になっていて悪くはないけれど、でも私はアーミル・カーンの映画なら「きっと、うまくいく」のほうが、好きだなと思いました。


nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -