So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ダークエイジ・ロマン「大聖堂」 [Eddie Redmayne]

エディー・レッドメインが出ているドラマ。ダークエイジ・ロマン「大聖堂」を観ました。

公式サイト:http://daiseidou.net/?type=fc 

次から次へといろんなことが起こるので画面にくぎ付け。先が観たくて観てしまい、あっという間に観終わりました。それにしても面白かった。

血が飛び散る残酷な場面(ギロチンにかけて腕をもぐ、戦争で首を取る、国王殺しや夫殺し、母親殺しなど)が多かったのはちょっといただけませんでしたが、暗黒の中世と言われる12世紀のイギリスを、大聖堂を作ることを柱に、たくさんのエピソードを交えた壮大なドラマになっていました。

副司教ウィルラン(イアン・マクシェーン)や伯爵家を狙うハムリー一家のパーシー、リーガン、ウィリアム親子の権力への野望。そのためなら人も殺すし多くの人々を犠牲にしても何とも思わない悪の人々。また一方の石工トム(ルーファス・シーウェル)や僧侶のフィリップ(マシュー・マクファディン)は大聖堂を作りたいと願う善良なる人々。また国同士は戦争を繰り返し無政府状態が続き、次はどちらが勝利するかもわからず混乱が続く世の中。

石工トムの息子アルフレッドと義理の息子ジャック(エディ・レッドメイン)は仕事でも恋でもライバルで二人の間には確執も生まれる。その確執が大きくなり厄介な争いを起こすようになるとジャックはこの土地キングスブリッジを去るように言い渡されるが、修道士としてフィリップの下で働くなら残っていいと言い渡される。しかし好きになった元伯爵の娘のアリエナ(ヘイリー・アトウェル)が、弟リチャード(サム・クラフリン)と共に、亡くなった父の伯爵の地位と土地を奪還するために、好きでもないアルフレッドと結婚することを決めると、ジャックは失意のもとフランスに旅立つ。しかしそれは自分の父親探しの旅でもあり、石工としての技術を磨くための旅でもあった。しかしアリエナが生んだ子供はジャックの子供で、アリエナは子供を連れてジャックを探す旅に出かけついにジャックを見つけ出し、キングスブリッジの街に戻るのでした…。

魔女狩りをしていた時代でもあり、ジャックの母親(ナタリア・ヴェルナー)が魔女とレッテルを張られていたり、国王殺しや母親殺しのために殺した本人たちがその亡霊に悩まされていたり、「地獄の炎は永遠だ」と言って罪を犯した人々は死んだときのことを恐れその地獄の炎を免れるために先に司教に願い出てその罪をなきものにしてもらったり…と中世の時代がとってもよくわかるような話がゴロゴロしていました。いつの時代も権力や野望に取りつかれた人々がいて、そのためなら手段を選ばず陰でいろいろやっているのでしょうが、この物語の最後は正義が勝つという風になっていて、良かったです。正義を貫けば二転三転するようなことがあっても、最終的にはうまくいく。それぞれの人生がそうでした。うまくいかなくて方向転換させられたことは決して無駄ではなく、次なる飛躍の踏み台であると、ジャックの人生、アリエナの人生、フィリップの人生を観ていて思いました。この物語に出てくるたくさんの人物たちの人生がある種のモデルになっているように感じます。またお目当てのエディー・レッドメイン、恰好良かったです。このドラマではたくさんの人が主役のように見えます。(主役は悪役の司教の人のようですが…)エディーの出番もたくさんあって最初に観るには打ってつけでした。

8話のこのドラマは結構内容が詰めすぎで、原作ファンの中には不満の人もいるようですが、私は観れて良かったです。また原作(原書)にもトライしてみたいと久々に思いました。

それから僧侶の頭ですが、頭のてっぺんが剃ってありまるで河童のようなのですが、この髪形を観て真っ先にアッシジの聖フランチェスコを思い出しました。気になったので後から調べてみたら聖フランチェスコも12世紀の人だとわかり同じ世代の僧侶だからこのドラマに出てくる僧侶は皆この河童頭なのだとわかりました。

大聖堂 (上) (ソフトバンク文庫)

大聖堂 (上) (ソフトバンク文庫)

  • 作者: ケン・フォレット
  • 出版社/メーカー: ソフトバンク クリエイティブ
  • 発売日: 2005/12/17
  • メディア: 文庫

大聖堂 (中) (ソフトバンク文庫)

大聖堂 (中) (ソフトバンク文庫)

  • 作者: ケン・フォレット
  • 出版社/メーカー: ソフトバンク クリエイティブ
  • 発売日: 2005/12/17
  • メディア: 文庫

大聖堂 (下) (ソフトバンク文庫)

大聖堂 (下) (ソフトバンク文庫)

  • 作者: ケン・フォレット
  • 出版社/メーカー: ソフトバンク クリエイティブ
  • 発売日: 2005/12/17
  • メディア: 文庫

The Pillars of the Earth

The Pillars of the Earth

  • 出版社/メーカー: Signet
  • 発売日: 2010/06/29
  • メディア: Kindle版

nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 8

コメント 5

naonao

>nice!をいただき、皆様ありがとうございます。
by naonao (2015-03-07 13:43) 

りゅう

おぉ~、naonaoさんもご覧になられたのですね!
これ、面白いですよね、原作本(日本語版)も読みました♪
そして、続編(日本語版)も。
(いつか原書にも挑戦しようと思っています。)
是非是非、読んでみてください、おススメです。(≧▽≦)b
by りゅう (2015-03-16 23:43) 

naonao

>りゅうさん、ありがとうございます。
エディー・レッドメインがこの大作に出てて観れて良かったです。りゅうさんもブログで書いてるように、すご~く面白いドラマでした。
今、原書に挑戦中。1000ページくらいあるので、すごいボリュームですが、200ページくらい読みました。本のほうもさすがベストセラーなので面白いです!
by naonao (2015-03-17 23:07) 

やまさん

だいぶん昔のドラマだったんですね。今、ギャオでネット配信しているので見ていますが、面白い!ハリウッドの大作と比較しても近年にないいい時代劇です。

 このドラマを見てブログにしている人、いるかな、と探していてこのブログを読ませていただきました。

 今週が5話の配信で、次回見るのが楽しみです。
by やまさん (2018-04-19 15:02) 

naonao

>やまさん、コメントありがとうございます。
そうですか!今GYAOで配信中なのですね。
このドラマは本当に良くできていました。
また役者たちも素晴らしかった。そして原作も。
もう観てから3年経ちますが、このドラマが作られたのは2010年でもう8年も前のドラマです。
また観たくなりました。
by naonao (2018-04-29 11:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。