So-net無料ブログ作成

ヘルプ~心がつなぐストーリー [アメリカ映画 賞受賞]

「ヘルプ~心がつなぐストーリー」を観ました。

(エディー・レッドメイン関連の映画ドラマは少しお休みします。彼のインタビュー記事や動画を観つつ、しばらくは気になっている映画など観たいと思います)

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [Blu-ray]

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray

キャサリン・ストケットの小説で、NYタイムズ紙書籍ランキングNo.1のベストセラー「ヘルプ~心がつなぐストーリー」を映画化。2011年の作品。オクタヴィア・スペンサーがアカデミー賞助演女優賞、ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞しています。 2015年のアカデミー賞では司会のニール・パトリック・ハリスに、透明なガラス箱に入ったバッグ(その中にはアカデミー賞受賞者の名前が書かれたものが入っている)を「ちゃんと見ててね」と何度も彼女に頼んでいて、彼女も真ん丸な大きな目で応えていたのが忘れられません。


1960年代のアメリカ南部で裕福な白人家庭で育ち、黒人メイドに育てられた作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は、新聞社の主婦向けのコラムを担当しつつ、黒人メイドのエイビリーン(ヴィオラ・デイヴィス)に取材を始めます。当時のアメリカでは裕福な白人家庭で黒人メイドを使うことが普通でしたが、差別的な扱いを受けていた黒人メイドに生の声を聞き取り、それを世に知らしめようと一冊の本にまとめようとしていたのです…。

今なお黒人差別の問題が根強くあるアメリカで、60年代のアメリカなら尚更、と想像に難くないのですが、この映画では、「同じトイレを黒人メイドが使うと病気が移る」と平気で女主人が言ってのけ、わざわざ家に黒人メイド用のトイレを作り、「気に行ったでしょう?」と女主人がメイドのエイビリーンにいう場面がとっても印象的でした。また我慢が出来ず女主人のトイレを使ったといって解雇されたメイド、ミニー(オクタヴィア・スペンサー)は、辞めるときに女主人にう〇こ入りのパイをご馳走したというエピソードには笑えましたが、その次に雇われた女主人シーリアが主人公スキーターと同じように人種差別をしない人で、こういう人たちがいることで、とってもほっとする映画でした。

メイドのエイビリーンにしても、スキーターが長い間育ててもらったメイドのコンスタンティンにしても、母親はほとんど育児放棄に近いのに、彼女たちメイドがいつもそばにいて白人の子供の面倒を見、「お嬢ちゃんは賢い」「お嬢ちゃんは親切」「お嬢ちゃんは誰からも好かれる」みたいな素敵な言葉をいつも言っては子供に繰り返し言わせていたのは、とっても胸を打ちました。子供たちが健全に育ったのは、特にスキーターが健全に育ったのも、こういう愛情深いメイドさんたちがいたからに他ならないなあと思いました。

またスキーターやメイドたちの勇気ある行動は本当に素晴らしいと思いました。メイドの暴露本を出したらスキーターもメイドも何をされるかわからない時代なのです。何もなくて本当に良かったと思います。またスキーターはこの町でデートをしボーイフレンドを作りますがうまくいかなくなり、そのうちニューヨークへの就職が決まり、メイドたちに「あなたはニューヨークに行って活躍する人だ」というようなことを言われ見送られます。白人女性のスキーターと黒人メイドのエイビリーンやミニーたちの友情物語にもなっていて、とっても心温まりました。また同時に自立する女性としてスキーターが描かれ、その点でも良かったです。

この映画には60年代のヒット曲も使われていて、先日観た映画「ジャージーボーイズ」で初めて知ったフォーシーズンズのシェリーとか、ジェイソン・ドノヴァンがカバーして90年ごろ旅先で良く聞いていた(元々はカスケーズというグループの曲らしいことがわかりました)Rythem of the Rainが使われていて、60年代も結構いい曲があるなあと思いました。

この映画を観たのは、ドラマ「大聖堂」を観て原書The Pillars on the Earthを読み、原書で読むのも楽しいかもと久々に思い、このパターンで映画を観て原書を読もうと思ったからです。この映画も素晴らしかった。そして今、この原書を読んでいます。こちらも素晴らしいです。

The Help

The Help

  • 作者: Kathryn Stockett
  • 出版社/メーカー: Berkley
  • 発売日: 2010/05/04
  • メディア: マスマーケット


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 1

naonao

>nice!をいただき、皆様ありがとうございます。
by naonao (2015-04-19 20:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0