So-net無料ブログ作成

世界にひとつのプレイブック [アメリカ映画 賞受賞]

「世界にひとつのプレイブック」を観ました。

2012年の映画。マシュー・クイックの原作。たくさんの賞を獲った映画です。アカデミー賞では8部門にノミネートされ話題となり、ジェニファー・ローレンスが見事、主演女優賞を受賞しました。

ほかにもたくさんの賞を受賞しています。ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞、アメリカン・フィルム・インスティテュート ムービーオヴザイヤー受賞、英国アカデミー賞脚本賞受賞(デヴィッド・O・ラッセル)、放送映画批評家協会賞キャスト賞受賞、コメディ映画賞受賞、男優賞受賞(ブラッドレイ・クーパー)、女優賞受賞、デトロイト映画批評家協会賞作品賞受賞、監督賞受賞(デヴィッド・O・ラッセル)、主演女優賞受賞、助演男優賞受賞(ロバート・デ・ニーロ)脚本賞受賞、インディペンデント・スピリット賞作品賞受賞、監督賞受賞、主演女優賞受賞、脚本賞受賞などなど…。

良くできた映画だったのでしょうが、少なくとも自分の好みの映画ではなかったです。観る前に大きな期待を寄せていたので、それがいけなかったかも。ジェニファー・ローレンスの演技力が高く評価され、実際この映画でも素晴らしい演技力でした。気になったので彼女をちょっと調べたら映画「あの日、欲望の大地で」で既にベネツィア国際映画祭の新人賞を受賞していました。そしてこの映画は既に観ていました。(naonao のこの映画のレビューはこちら→http://naoazucar.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10)この映画は6年前のものですが、シャーリーズ・セロンしか覚えておらず、かなり複雑で悲しい物語だったなという印象の映画。彼女がシャーリーズ・セロンの幼い時を演じていたことを、自分のレビューを読みながら思い出しました。ジェニファー・ローレンスは14歳から女優になることを決めて親を説得してニューヨークに出てきたらしく、彼女のそのぶれない芯の通った女優としての決意、その上群を抜いた演技力は当然成功を収めるだろうなあと思いました。彼女は女優になるべくして生まれてきた人なのでしょう。

さて、この映画のあらすじですが、妻が浮気をしたことで精神状態が不安定になってしまったパット(ブラッドリー・クーパー)と、夫を亡くし自暴自棄になっているティファニー(ジェニファー・ローレンス)の二人がダンスコンテストに出場することで、人生を取り戻そうとする物語です…。

のっけから精神不安定なパットの言動のイライラに観ているこちらまでイライラが伝わってきました。社会復帰のリハビリ中のパットは親と同居しており、ヘミングウェイの「武器よさらば」を読んでは窓を割って本を外に投げ捨てる始末。夜中両親を起こしてまでべらべらと不平を言いまくり、そのあとも結婚式のビデオがどこに行ったのかと夜中に探し、親だけでなく近所にまで大迷惑をかけ警察が飛んでくるのです。スティービー・ワンダーの曲「マイ・シェリー・アモール」を聞くだけで結婚式を思い出し、精神がますます不安定になっていくパット。そして、未だに浮気をされた妻とやり直せると信じているのです。かたや夫を事故で亡くしたティファニーは、そのショックから自暴自棄になり会社の多くの男性と寝たりしています。そんな二人が友人、または姉を介して食事会で会い、その後何かと会うことになります。

ロバート・デ・ニーロがパットのお父さん役をしています。このお父さん、迷信を信じ、ゲンを担ぎ、ハンカチを握りしめ自分の息子が隣に座って一緒に応援さえすれば応援しているアメフトのチーム、イーグルスが勝つと信じ、またアメフトの試合とパットとティファニーのダンスコンテストでの出来まで賭けの対象にしてしまうというちょっといかれた役を演じてます。

何だか落着きない映画。その全体的にがちゃがちゃしていて、ドタバタ感が強い映画に、時々ふと笑えることがあり、笑ってはいけないかなあと思いながらも笑ってしまうところがありました。最後は少しは落ち着いた感じが出てきて、二人が華やかなダンスコンテスト会場で見事踊り上げ、賭けの対象になっていた得点5・0をクリアーし、そして二人の気持ちも重なり、ハッピーエンドというのは悪くなかったです。でも最初にも書いたように、観る前の期待値があまりにも高かったために、逆にちょっとガッカリした映画ではありました。またイライラ、ガチャガチャ感が私自身好きでないのかも。ティストの問題ですかね。しかし、これからもこの映画はジェニファー・ローレンスの代表作になることは間違いないでしょうし、彼女だけでなく、ブラッドリー・クーパーもデ・ニーロも皆演技が素晴らしかったので、何かと引き合いに出される映画になるんじゃないかなあと思いました。


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 1

naonao

>nice!をいただき、ありがとうございます。
by naonao (2015-06-09 20:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0