So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 [イギリス映画]

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」を一橋ホールで観てきました。

 



映画公式サイト:http://www.churchill-movie.jp/


今年のゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞(ゲイリー・オールドマン)、アカデミー賞主演男優賞受賞(ゲイリー・オールドマン)、メイクアップ&スタイリング賞受賞(辻一弘 他2名)


絶体絶命の第二次世界大戦時の中、イギリス首相に就任したチャーチルの27日間を描く物語。朝からスコッチウィスキーを飲み、風呂に入りながらも原稿をタイピングさせるチャーチル。Vサインを世に広め、電車に乗っては一般の人たちに今の状況をどう考えているか率直な意見を聞きに出かける型破りな行動に出て、ナチスドイツの侵略の手をどう扱うのか、判断を下します。


この映画を観ているだけで人間チャーチルが魅力ある人だと思わせる数々のエピソードが散りばめられていました。また主演でチャーチルを演じたゲイリー・オールドマンがやはり圧巻の演技力でした。さすがに賞を受賞しただけのことはある!またゲイリー・オールドマンから直接オファーを受けて、彼がメイクアップをしないのならこの役を降りるとまで言わしめさせた辻氏のメイクは確かにすごい。ゲイリー・オールドマンである片鱗が全くなくなってしまっているのですから。


ナチスドイツの侵略の勢いがすごくて、イギリスもヒトラーに屈するか、はたまた戦うかの決断に迫られ、結局は戦うほうを選び、結果的にイギリスは勝利したからこそ、今もチャーチルは伝説のリーダーと言われますが、これが負けていたら一体どうだったんだろうと思います。それこそこういう判断は紙一重。結果オーライだけど、もし反対の結果であったら!?と思ってしまいました。


この映画の鑑賞後、父親がイギリス人のハリー杉山と、東大・成城大名誉教授でイギリス現代史専門の木畑氏が出てのトークショーがありましたが、こちらは時間がなくてパスしてきました。「ウィンストン・チャーチル」の映画はチャーチルが首相就任してダンケルクの戦いまでを描いているのですが、今回アカデミー賞の編集、音響編集、録音の3部門を受賞した「ダンケルク」はフランス北部のダンケルクに取り残されたイギリス軍を救うというチャーチルの作戦を描いたものなので、この映画も一緒に観るとよりこの時代を理解できるといったようなことを木畑氏が述べている記事を後からネットで読みました。でも何日も前に同じようなことが書かれた映画評論家の記事を読んでいて、考えることはみんな一緒なんだなと思ってしまいました。

機会があれば「ダンケルク」を観るのもいいかもしれません。


nice!(21)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

nice! 21

コメント 3

U3

そもそもチャーチルが勝利したのはドーバー海峡があったればこそ。
V2ロケットが幾らロンドンまで届いても精度はそれほどない。これが陸続きだったらイギリスは負けていただろうと思う。
 最もソ連でナチスドイツは惨敗だったから、結果は歴史と同じだった可能性が高いとは思う。
by U3 (2018-04-19 16:43) 

naonao

>nice!をくださった皆様、ありがとうございます。

>U3さん、コメントありがとうございます。
そういう見解もあるのですね。映画を観ることで歴史を観直したり、興味があればさらに本を読んだり、またこうしてブログに書くことで、示唆を与えてくれるU3さんのような方がいるので、本当にためになります。
歴史で「~たら、~れば」はないとよく言われますが、結果はやはりどう転んでも一緒なのかもしれませんね。
by naonao (2018-04-29 11:11) 

Ujiki.oO

So-netブログ在籍中はお世話になりました。
So-netプロバイダーの解約によって、7月末にSo-netブログは削除されました。
Nice!を戴いたことを感謝して、
「 So-netブログ 転出 Movabletype 」の3ワードで Google検索しますと、わたしの fc2 や WP の記事がトップページに表示され、So-netプロバイダーをキャンセルする前に So-netブログを転出させる方法を解説しております。
色々とありがとうございました。
by Ujiki.oO (2018-08-09 23:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。