So-net無料ブログ作成

ボスベイビー、家(うち)へ帰ろう、ジュリアン [naonaoお勧め映画]

ブログをアップできないでいる間、観た映画です。忘れないようにアップしたいと思います。2018年3月~2019年2月までに私が観た映画です。



ボス・ベイビー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ボス・ベイビー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray

「ボスベイビー」

劇場招待券を頂いていたので、映画館で観ました。赤ちゃんがこの世に生まれてくる前に、どの両親の元に生まれてくるかを見ていたり、またあの世に戻って生まれ直して来たりなどとてもよく描かれていて、その上キュートだし小さい子の焼きもちやら何やらの大人になって既に忘れている感情も細やかで、親子で楽しめる映画だなあと思いました。実際親子連れもたくさん来ていました。大人が観ても楽しい映画。細かな描写は忘れましたが、動きもあり、色彩も豊かで楽しく、しかも可愛いって感じの映画です。



家(うち)へ帰ろう

(DVDはまだ出ていません)


「家(うち)へ帰ろう」

こちらはシネスイッチ銀座で観ました。

映画公式サイト:http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp/

ロードムービー。アルゼンチン、スペイン映画。アルゼンチンで暮らす仕立て屋のアブラム。第二次世界大戦中、ユダヤ人であるアブラムを匿ってくれたポーランドに住む親友に自分が仕立てた最後のスーツを渡すために、ポーランドへと旅立つ。ブエノスアイレスからマドリッド、パリと経由して、飛行機の隣にいた青年やマドリッドの宿の女亭主、自分の娘、ドイツ人の歴史学者の女性や、病院の看護婦にも親切に助けられ、何とか旅を続ける。途中宿に泥棒が入って全財産盗まれ、また倒れて入院するなど色んなことを経験しながらも、人に恵まれ最後は70年ぶりに親友の元へ。

ホロコーストがどれほど悲惨であったか、そして70年経っても一目でお互いを認識して親友と再会を果たせた時には、大粒の涙が知らぬ間に一筋頬に伝いました。秀逸な作品でした。



「ジュリアン」
この映画は中野ZEROで観ました。
映画公式サイト:https://julien-movie.com/#top
映画鑑賞後は、アイドルの戦慄かなのさん、映画ライターの新谷里映さんによるトークショーもありました。
(DVDはまだ出ていません)
ヴェネチア国際映画祭で最優秀監督賞受賞作品。フランス映画。フランス本国では40万人のヒット。
父と母の離婚で揺れ動く11歳の息子ジュリアンを描いています。
フランスでは父母両方に親権があるので、しかもたった20分で誰と共に暮らし、週末はどうするかを裁判官が決めるという現実があり、母と共に暮らすジュリアンも父と週末で過ごすという決定がなされます。しかし一体父母のどちらに非があり、こうなってしまったのか、20分の裁判を見ただけでは全然観ているものにはわからないのですが、徐々に徐々に、そして最後にははっきりと、父親に大いに非があり、DVがあったことがわかるのです。
ジュリアンが父親にうその新居を教えたり、いやいやな顔をしたり、変な言葉を発したり、その苦しみが全編に出ていますが、私は映画の途中でも父と母のどちらの言い分が真実なのかよくわからなくて、むしろ父親の肩を持って映画を観ていました。でも違うのです。
最後は衝撃的で戦慄が走ります。怖いです。もうサスペンス。
心臓に悪くてちょっといただけません。
アメリカのロッテントマトの評でも94%?とかいう高い満足度の映画だったので、内容をあまりチェックせずに観ましたが、衝撃度という点ではすごい映画でした。後味は悪いけれど…。



nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 1

naonao

>nice!をいただき、皆様ありがとうございます。


by naonao (2019-03-02 10:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。