So-net無料ブログ作成
インド映画 ブログトップ
前の5件 | -

シークレット・スーパースター [インド映画]

インド大使館で、インド映画「シークレット・スーパースター」を観てきました。

(インド大使館に行くのは18年ぶりでした。何度もインドに行っていた時期がありビザをよく取りに行ってたので、懐かしかったです)






公式映画サイト:http://secret-superstar.com/


アーミル・カーン製作、主演の最新作品。


「ダンカル、きっとつよくなる」で親子を演じた父役のアーミル・カーンは、今回は落ち目の音楽プロデューサー役に、そして娘役だったザイラー・ワシーム メヘル・ヴィシュは歌手を夢見る高校生役。彼女は、母親に暴力を振るうとんでもないDVの父親を持ち、そのために家の中はいつも父のご機嫌を伺っている感じです。娘のためなら何でもしようと応援してくれる優しい母親は隠れてパソコンを娘に買い、娘は父に音楽を反対されているので顔を隠し自分の歌を披露するYoutuberに。そしてあれよあれよと話題の人となっていくのです…。


シャー・ルク・カーンやアミターブ・バッチャンの名前が出てきたり、グラミー賞ならぬグラマー賞というのが出てきて、いろんなところでクスッと笑ってしまいました。

胡散臭い役のアーミル・カーンも良かったし、主役の高校生役のザイラーちゃんも良かったです。


この映画は、家庭内暴力を振るわれても経済的理由からなかなか離婚に踏み切ることができない女性のこと、そしてその子供、娘は特に親のいいなりのしたくもない結婚を強制的にさせられ、夢は諦めて当然の世界を見せつけます。かつての日本も相当ひどい男尊女卑の世界で、今もまだジェンダーギャップがある国として世界で110位の不名誉な国でもありますが、インドでもまだまだひどい状態があります。映画では運よく女の子は歌手への切符を手に入れ、母親も父との離婚を決意して新たな人生を歩むハッピーエンドで終わりましたが、現実世界ではジェンダーの問題は山積みで、不幸な女性たちがたくさんいるのだと思います。

女子高校生の夢実現物語の一面、社会派映画の一面もしっかり持ち合わせ、考えさせられた映画でもありました。


私はあまり泣けなかったけれど、一緒に行った友人は泣き周りでも泣いている人たちがいました。歌と踊りのボリウッド映画は、歌はたくさん挿入されてますが、今やほとんど踊りがない映画になってしまいちょっと寂しい限りです。最後にアーミル・カーンが女性たちと一緒に歌って踊ってますが、これがなきゃボリウッド映画じゃない。でももっと劇中にもっと華やかに歌って踊ってのシーンが欲しかったなあと思うのでした。





nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

パドマーワト 女神の誕生 [インド映画]

ニッショーホールでインド映画「パドマーワト 女神の誕生」を観てきました。


映画公式サイト:http://padmaavat.jp/




「500年の時を超え、インド映画史上最高の製作費で描く、究極の映像美」というのがキャッチコピー。久々のインド映画に期待も大きく、楽しみにして観に行きました。


野望に生きるスルタン、アラーウッディーン(ランビール・シン)彼は義理の父だか伯父だかを殺し卑劣な手段を使ってでもすべてを手に入れようとし、メーワール王国の王妃パドマーワト(ビーティカー・パードゥコーン)が絶世の美女だと噂を聞くと一目見たさにメーワール王国に兵を派遣します。しかしそれが叶わないとなると戦争をし始めるのです。いろんな駆け引きがあり、メーワール国王で義を重んじるラタン・シン(シャーヒド・カプール)がさらわれると王妃パドマーワトは自ら敵地へと乗り込み、国王を救おうとするのですが…。


思っていたほどの歌と踊りがなく、最近のインド映画は昔と比べると歌と踊りが少なくなっているのだなあと思いました。去年観たアーミル・カーン主演の「ダンガル きっと、つよくなる」でも感じたことですが。

また、映像は勿論美しかったのですが、戦争映画でもあるので、色が黒や灰色、赤、くすんだ赤など、ちょっとくすぶった感じで、押さえた統一感ある色使いでした。私としてはインド女性が着るサリーのカラフルな色合いを想像していったので、全く違った感じにびっくりしました。


戦争映画であり、昔の王国の物語であり、壮大なスケールということでは、「ナルニア国物語」やら「ロード・オブ・リング」、「300(スリーハンドレッド)」、「タイタンの戦い」、「蒼き狼~地果て海尽きるまで」、「レッド・クリフ」「千年医師物語~ペルシャの彼方へ」などいろいろな映画を次々に思い出しました。こういった戦争もので壮大なスケールで描かれているものは洋の東西を問わず何だか同じに見えるなあと思いました。


もちろん豪華絢爛。お金がかかっていることは間違いなく、大変目を楽しませてくれました。また正義対悪の戦いではありましたが、最後に現世で正義が勝つのではなく、その名前、誉だけが後世に残るという筋書きで、城に残された女たちが敵がやってくる前に火の中に飛び込み殉死する様子も、日本の戦国時代同様変わらないのだなあと思いました。


「ミモラ~心のままに」と同じ監督・脚本だと知っていたのでとっても期待してみましたが、「ミモラ~」のほうはイタリアロケで恋愛もの。カラフルな色彩でスタイリッシュな現代もの。それに対して「パドマーワト」は時代もの。戦争もの。色が黒や灰色、赤、くすんだ赤という感じだったので大きく違ったのがちょっと衝撃的でした。また主役パドマーワト役を演じたビーティカー・パードゥコーンは「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」でシャールク・カーンの相手役を演じた女優さんでした。後から調べてみてびっくり。そういえば同じ顔かもと思いました。そしてもっと驚いたのが、この映画の悪役スルタンのアラーウッディーンを演じたランビール・シンと彼女は私生活で2018年に結婚しており、夫婦でこの映画に共演していたんですね。


個人的にはもうちょっとお茶らけた、笑いのある、少しクオリティに問題のあるような!?いつもの!?インド映画のほうが、何だかインドらしくて、安心して観ていられるなあと思いました。


「パドマーワト」はどこにも非がなくて、むしろ完璧すぎてインド映画もここまでクオリティが高くなって世界のどこに出しても恥ずかしくないじゃん!と思いました。素晴らしすぎの映画でした。



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ダンガル きっと、つよくなる [インド映画]

インド映画「ダンガル きっと、つよくなる」をよみうりホールで観てきました。




映画公式サイト:http://gaga.ne.jp/dangal/


アーミル・カーン主演の映画。本国インドほか、世界でも大ヒットを飛ばしている実話を元に描かれたレスリング映画。レスリング一直線の熱血パパが二人の実の娘にコモンウェルスゲーム(かつての英国植民地の国々で今もなお4年に一度集まって行うスポーツの祭典=オリンピックみたいなもの)で金メダルを獲らせたいためにハッスルする物語。


結構うまくまとまっていました。音楽は色々映画の中でかかっていましたが、インド映画にあるお決まりの踊りは影を潜め、そうい意味ではインド映画らしくないインド映画でした。勿論、舞台はインドだし、インド人のオールスターキャストなので、インド色一色で観ていて楽しかったのですが、カラフルなサリーを着て、バンバン踊るようなインド映画ではなかったです。その点がちょっと期待はずれだったので残念でした。


アーミル・カーンはこの役のために体重を増やしたらしく、確かにとっても貫禄あり、ちょっと別人の様に見えました。何だか見ていて、ビリー・ジョエルに見えてくるから不思議。インド人は基本的に色を白くしたら白人、って誰かが言っていたけど本当にそうですね。目が大きくて彫が深くて。しかしこの映画がもっとコミカルな映画かと思っていましたが見事裏切られ結構正統派の映画でした。ちょっとうまくまとまりすぎてハリウッド映画を意識してるのだろうか。娘に自分の夢を託す父と、その夢を叶えようとする娘たち。ちょっとした感動映画になっていて悪くはないけれど、でも私はアーミル・カーンの映画なら「きっと、うまくいく」のほうが、好きだなと思いました。


nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

シャー・ルク・カーン [インド映画]

先日BBCニュースを聞いていたら、シャー・ルク・カーンが新しい映画のリリースでインタビューを受けていたので、どんな新作映画なのか気になって調べてみました。先週「恋の輪廻 オーム・シャンティ・オーム」を観てシャー・ルク・カーンを思い出していたばかりなので、私にはとってもタイムリーなちょっとシンクロしたニュースでした。

新作映画は「Dilwale」というタイトルで何と昨日が映画公開日。しかもシャー・ルク・カーンは私の大好きなカジョールとの共演ということで(このゴールデンコンビは本当にすごく好き)、この映画が日本に来たらいいのになあと思いました。トレーラーを観ると色彩がとっても鮮やかできれい!ラブコメでアクションも加わった映画のよう。映画の撮影はブルガリア、アイスランド、そしてハイダラバードの映画セットやムンバイの映画セットで撮られた模様。早くも評価されていて、陳腐だという声も上がっているのですが、一体どうなのでしょう?観たいです。

こちらがその「Dilwale」のトレーラー↓





また今年の10月にシャー・ルク・カーンはスコットランドのエジンバラ大学で博士号をもらい、その時のスピーチがYouTubeに載っていました(日本語訳のついたものもありました)すごくいいことを言っています。彼の出演した映画の題名に関連した人生訓のようなものを話しています。しゃれっ気もあり、すごくいいスピーチです。やはり只者ではありません。キング・オブ・ボリウッドと言われ、ボリウッド界では未だに人気もピカイチらしいのですが、その人気の裏にはやはりこういったしっかりした彼の考え方があるのだなあと感心しました。彼のスピーチを聞いていると身が引き締まる思いだし、身につまされる言葉で心に響きます。

以下、彼の言葉からの抜粋です。

「狂気は幸せと成功に溢れた人生に不可欠。あなたのちょっとした狂気を世間から秘さねばならない異常なこととは決して見なさないでください。認め、利用するのです。一度きりの人生を生き抜くあなた独自の方法を明確に定めるために。世界中の最高に美しい人々、最高にクリエイティブで、革命をリードし、物事を発見したり発明したりする人は皆そうしてます。彼らは自分の特異性を受け入れているからです。ノーマルなどというのは存在しません。それは死んでいるの言い換えにすぎないのです」

「もし全財産をだまし取られて墓石の上で寝ることになっても、恐れないこと。奇跡はすぐ近くだから。…言い換えれば人生にどんな悪いことが起きようとも、人生こそがあなたが探し求める奇跡です。…信頼を養って成り行きに任せ、あらゆる努力を払って美点を守れば、裏切られることは絶対にないでしょう。あらゆる資質を利用するのです。生来の理解力、周りのものへの感じ方、愛し方、健康、そして幸運。人生が与えてくれた数千の才能すべてのポテンシャルを最大にして。あなたの人生を讃えましょう。各才能を讃え、それらを無駄にせずに済んだ瞬間を讃えましょう。この社会での成功を測る真の尺度は、人生から与えられた才を有効に使う技量以外には存在しません」

「時々人生からの贈りものが、全くとんでもない包み紙で届くことがあります。その時に学び、すべきことは2つです。ありのまま認めること。そして災害かも、という恐れにかけること。…恐れを外に出し感じ取り、できる限りの最高の勇気に変えるのです。約束します。絶対に失敗しません。でももし不安に駆られて生きるなら、おそらく失敗するなと思うものはすべて失敗するでしょう…」

「この世のどんな計画も、望み通りには進まない。…うろたえて大丈夫。混乱することで全てが明確になるものです。気にしないこと。またシリアスに捉えすぎないこと。自分の考えに固執するあまり他人を尊ぶのを止めてしまわないこと。自分たちの価値観は自分たちのものです。それによって他人より優れる訳ではありません。…常に相手の真実を見ようとしてください。なぜならどの映画にもストーリーがあるように、どの人にもストーリーがあるからです。優劣をとやかく言う権利などありません」

「自分のものを他人に与えること。その時は必ず、親切が恩着せがましくなっていないかを確認すること。満足していても後ろめたい疼きを感じる羽目になってしまうからです。結局、あなたの親切や慈善から一番多くの利益を得るのは、いつだってあなたなのです。…単純な事実です。善行は価値を失ってしまいます、あなた自身がそのことで得点を稼いだ時点で。それがどんなに僅かであったとしても、です。…どんなに金持ちになり、成功を収め、有名になっても、親切を受けた人々が捧げてくれる優しさを見くびらないこと…」

「全力で猛威を振るってくる人生に打ちのめされたとき、慰めになるのはロールスロイスではありません。友人の慰めなのです。そしてもし、思うような解決法が見出せなくても、どうかうろたえないで。すべては事を進めるうちに発展していくもの。災害でさえ、いずれは自然に解決します。マイペースで動ける余地を人生に与えましょう。強引に前進するのは、自分をいたわるときだけでいいのです、傷ついたり、絶望したりするときに。…より賢明でいるには、受け入れることです、その時々で物事は一通りではないと。…自分でつけたり他人がつけたりする名前は単なる符号です。あなたを定義するものではないのです。あなたを定義するもの、それはいつも、心です。…」

「何かするときに調子が出ないなら、お腹の底から燃えてこないなら、よしましょう。時間の無駄です。更に重要なことに、あなたの努力を望む人たちの時間も無駄になります。自分自身を見直しましょう、必要とあらば。やるからには、自分なりになんとかやっていくこと。…忘れないでください、あなたがどこから来たのかを。あなたの出自、本来の姿を忘れないで。人生の苦難を乗り越えるコンパスになるはずですから。…あなたをひきずり戻すものはなんであれ、消え失せはしません。立ち上がり、全力で流れに逆らって、自ら道を築き始めない限りは。むずかるをやめて、動き始めること。…幸せと悲しみは、同じように移ろいやすいもの。お互いがバランスよく入れ替わるのが人生です。…どちらにも固執しないこと。二つはともに、確実に変化するのですから。それらを無常からなる泡沫のエキスとして飲みこみ、たっぷりの良質のユーモアで折り合っていきましょう。打ちひしがれたときには、自分を笑い飛ばすこと。そして、一粒、二粒、涙を流すことです。…時には幸せ、時には悲しみに浸ることこそが人生を十分に生きる妙味です。どうしてひとつの感情だけを望み、他を毛嫌いするのでしょう…」

「心から生きること、愛すること。人を愛しましょう。あなたを取り巻く世界を、動物や鳥たちを、大都市や、山々や、夢を愛しましょう。仕事を愛して、自分をずっと愛して、友人を愛して、敵を愛して。そして最も大事なのは、自分自身を愛することです。抱きしめましょう、この世が用意してくれたすべてを。心を深海並みに奥深く、最果ての水平線並みに幅広くして。知っていてください、果てなきものだと。愛は言い訳ではないのです、強奪したり、拘束したり、独占したり、または交換したりの。…そしてもし愛する人に裏切られても彼(彼女)を信用しなかった自分を責めないで。落ち度は相手の過ちを許せるだけのあなたの愛を、あなた自身が信用しなかったところにあるのですから」

「今、この瞬間を一生懸命生きなさい。今を生きること、今日を生きること。…その若い瞳にはそうは映らないかもしれないけれど、今だけが十分に手に入れられる時間なのです。私たちは明日には死ぬかもしれませんから。…ハードに学び、ハードに働き、よりハードに遊ぶことです。ルールに縛られないで、誰も傷づけることなく、そして絶対他人の夢で生きようとはしないこと。覚えていてください。どんなに道を誤っても、どれだけ失敗して、絶望して、この世が敵に回ったような気がしても、ボブ・マレーが言うように、『最後にはすべてがうまくいく』、のです。私のセリフではこうです。『ヒンディ映画と同様、人生も、最後には全てうまくいくもの。そうでなければ、終わりではないのです』映画はまだまだ続きますよ、みなさん」



こちら↓がシャー・ルク・カーンがエジンバラ大学で講演したものです。最後は踊りも披露してます。




















nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム [インド映画]

インド映画「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」を観ました。

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • メディア: Blu-ray

シャー・ルク・カーンの魅力最大の映画でした。ディーピカー・パードゥコーンという女優さんの出世映画でもあったようです。彼女も素敵でした。映画自体が華やかでキラキラしていて、しかもそこに輪廻転生物語があり、勧善懲悪の世界。「ハッピーエンドじゃないとエンドじゃない」といセリフが何度か出てきて、この映画もハッピーエンドですが、最後はちょっと怖いホラーも加わります。これぞインド映画って感じのすごく楽しい映画でした。

また「心から何かを望めば、世界が後押ししてくれる」というセリフも何度か出てくるのですが、本当にそうだなあと思いました。この言葉自体どこかで聞いたような言葉ですが、忘れていたかもしれません。何だか座右の銘にしたいくらいいい言葉だなあと思いました。

インド映画はせいぜい20本くらい?しか観ていないと思うのですが、そんな私でも映画「クチュクチュホタヘ(何かが起きている)」の音楽は今でも耳にメチャクチャこびりついていて(何故ならインドで2回この映画を観て、カセットテープを買ったからなのですが)この映画音楽がこの「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」の中にも使われていて、思わずニンマリとしてしまいました。そうかと思えばオースターキャストよろしくこの「クチュクチュホタヘ」に出演していたカジョール、ラーニー・ムケルジー、サルマーン・カーンなんかも出て踊っていて、思わずテンション上がりました。カジョールやサルマーン・カーンは他にも代表作がいくらでもあり、ちょっと贔屓にしている俳優さんたちなので余計でしたが、インド映画をもっとたくさん観てる人はもっといろんな仕掛けにテンション上がりまくりでしょう。とにかく色んなスターが踊ってましたから。大御所のアミターブ・バッチャンの顔もチラリと出てました(「スラムドッグミリオネアー」や「華麗なるギャッツビー」にも出演)

顔はサルマーン・カーンのほうが好きですが、映画はシャー・ルク・カーンが出ているもののほうが外れがない感じがします。女優さんではカジョールの顔が大好きで、もっといろいろ出てほしいなあと思います。新人の今回シャー・ルク・カーンの相手役をした女優さんが時々、加藤夏希さんや多岐川裕美さんに見えてしまいました。

実はちょうど三島由紀夫の「命売ります」という本が巷で話題になっているというので、読み終わったばかりなのですが(面白かったのでお勧めです)、三島といえば私にとっては「豊穣の海」の4部作で、読んだ人は知っているでしょうがこれは輪廻転生を扱った作品で、当時個人的にいろいろ経験した自分なりの出来事が重なったため余計に輪廻転生の不思議に想いを馳せたことがあるのですが、折しもまた何故か輪廻転生のことに想いを馳せる感じで、三島のこの作品を思い出してしまいました。輪廻転生ってあるんだろうなあ、と単純に思ってしまいます。インド人は自然と輪廻転生を信じている人たちなので、映画でもよく輪廻転生に関わったことが出てきます。インド映画が好きな要因はこういうところにもあるんだろうなあと自己分析してます。それと何といっても華やかな衣装とセットと踊りと音楽。この映画の美術面は本当にピカイチ。色使いがとっても良かった。サルマーン・カーンとアイシュワリア・ラ―イ主演の「ミモラ~心のままに」と同じくらい好きな映画だなと思いました(テイストは違いますが…)。


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - インド映画 ブログトップ