So-net無料ブログ作成
アメリカ映画 賞受賞 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

ショートターム [アメリカ映画 賞受賞]

ニッショーホールで「ショートターム」を観てきました。

映画公式サイト:http://shortterm12.jp/

ショート・タームのポスター
この日、この映画の監督、ディスティン・クレットン監督が来日してるとのことで急遽、舞台挨拶がありました。写真も自由に撮っていい、というので写真も撮ってみましたが、私の席からはかなり離れていたので顔が全く映りませんでした。また監督自身もTシャツにジーンズのかなりラフな格好でラフな雰囲気。新人監督だと写真も自由に撮っていいだなんてガードもかなりゆるいんだなあと感じました。
この映画は世界の30の映画賞を受賞し、50の映画賞にノミネートされ、アメリカレビューサイト・ロッテントマトで満足度99%の映画。その上この監督の次回作はジェニファー・ローレンス主演の映画を撮るとの触れ込みです。映画が始まる前から期待大の映画でした。
親から虐待やネグレクト、いじめなどを経験したティーンネージャーをケアする施設、ショートタームが舞台です。突然、朝からダッシュで施設を抜け出そうとする男の子、小さな人形がいなくなってガッカリして誰とも口を利かずベッドの上でうずくまっている男の子、18歳になったので施設を出なければならずイライラし攻撃的になりドラッグを隠し持ちガラスで自分を切る男の子、父親に虐待を受けていながら一方で父の愛に飢え自傷行為に走る女の子・・・。そういった子供たちをケアする職員のグレイス(ブリー・ラーソン)とその同僚で恋人のメイソン(ジョン・ギャラッガーJr.)は、二人の間に子供ができ、何の問題もなく幸せになるのかと思えたのですが、グレイスは恋人にも言えない心の闇を抱え、子供を堕ろそうとまで思います。職員のグレイスもまた自分の父に虐待を受け、父の子を妊娠するという過酷な過去を持ち、父が刑務所から仮出所する日が近いためイライラしているのです。彼女はジェイデンという父の虐待を受け自傷行為を行う女の子と関わることで自分の過去をダブらせ、初めて女の子に自分の胸の内を語ります。恋人のメイソンもまた両親を亡くしていて、血の繋がりのないラテンの両親に育てられていたことが、映画の後半にわかります・・・・。
ケアされる子供だけでなく職員もまたつらい過去を持ち、だからこそその苦しみがわかり、子供にとことんつきあいケアするその毎日の様子が描かれています。施設内は戦場で、何が起こるか油断を許しません。それだけに毎日が真剣勝負で大変な日々。こんな施設に働く人たちにまず頭が下がります。
男の子の脱走から始まった映画が、男の子の脱走で終わる映画でした。必死になって生きる子供たちと職員の大人たちの日常が淡々と描かれ、その日常はまだ続いているという映画でした。テーマがとても重たいのですが、人と人が繋がることで生きにくくても何とか生きていける、打開の道はある、というメッセージをもらったような映画でした。インディーズ映画といえども本当に素晴らしく、たくさんの映画賞を獲り、レビューで高得点をつけてるのがわかりました。また、昔「少年A」というイギリスのインディーズ映画を観ましたが(刑務所から出てきた男の子が娑婆で必死になって生きようとする映画です)、その映画も素晴らしかったことを思い出しました。こういう映画を観ると、自分も一生懸命生きないといけないなあと思います。

nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

オール・イズ・ロスト~最後の手紙~ [アメリカ映画 賞受賞]

一ツ橋ホールで「オール・イズ・ロスト~最後の手紙~」を観てきました。

映画公式サイト:http://allislost.jp/

 オール・イズ・ロスト 最後の手紙のポスター

ゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート、作曲賞を受賞。カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門の出品に作品。ニューヨーク映画批評家協会賞主演男優賞を受賞。サテライト賞(作品賞、主演男優賞、視覚効果賞、録音&音響効果賞)、ゴッサム賞(男優賞)、インディペンデント・スピリット賞(作品賞、監督賞、主演男優賞、撮影賞)、ワシントンDC映画批評家協会賞(主演男優賞)、デトロイト映画批評家協会賞(主演男優賞)等で数々のノミネート作品。

出演ロバート・レッドフォード。彼一人しか出てこず、ほとんどセリフのない映画でした。スマトラ沖3150㎞で遭難。自分の乗っていたヨットを捨て、救難ボートに移ります。嵐のある日もあれば、燦燦と輝く太陽の日があり、どちらにしても遭難している彼にとっては大変です。生き残るためにサバイバルキットを使い、今現在いる場所を特定しようと器具を使ったり、通りかかった大きな船に自分の存在を知らせようと発煙筒を焚いたりしますが、まったく気づいてもらえません。食料が尽き、水も尽き、体力的にもいっぱいいっぱいの頃、また大型船が通り、最後の賭けにでます。自分の存在を知らせるために海水を蒸発させ飲み水を作っていたポリタンクの中で紙を破って火をつけ、そのままポリタンクもボートも炎上させてしまいます・・・・。

大海原では遭難したとたんに危険がいっぱい。嵐の日々やらサメやら、時には太陽でさえ危険になる。食料も水も無くなり、飢えや乾き、孤独に耐えなければならない。本当に命がけ。ロバート・レッドフォードは76歳とかで前回の映画「逃亡者」では走りのシーンがありあまりにもフラフラした感じだったので老いを感じてしまったけれど、この映画ではむしろそんな老いは全く感じさせないくらい力強かった。すごく自然な動きでやるべきことを粛々とする感じが演技を超えていて素晴らしかったです。いろんな賞を獲ったり、ノミネートされているのがわかる気がする映画でした。

All Is Lost [DVD] [Import]

All Is Lost [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

ALL IS LOST OST

ALL IS LOST OST

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Community Music
  • 発売日: 2013/10/01
  • メディア: CD

nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [アメリカ映画 賞受賞]

FS汐留で「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」を観てきました。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅のポスター

映画公式サイト:http://nebraska-movie.jp/

この映画は本年度アカデミー賞主要6部門ノミネート[作品賞、監督賞、主演男優賞(ブルース・ダン)、助演女優賞(ジューン・スキップ)、脚本賞、撮影賞)]、ゴールデングローブ賞主要5部門ノミネート[作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞]、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞受賞作品です。

ある日手紙が届きます。「100万ドルの賞金が当たりました!」誰が見てもインチキな手紙だとわかっていても、頑固な年老いたウッディ(ブルース・ダン)は違います。何をおいても賞金を取りに行く気満々でモンタナからネブラスカまで歩いて行こうとまでします。高速で歩いていたウッディが警察に補導され、息子は父親を迎えに行きます。そのあとも何度も賞金を取りに行くと言ってきかない父親。息子はそれを見かねて車に父を乗せ、ネブラスカまで旅に出かけます・・・。

途中立ち寄ったのはラシュモア山(アメリカ大統領の顔が刻まれてる観光地)や親戚の家、また父親の生家。あとから兄や母親も呼んで皆で久々の再会となります。また父親が若き日に仕事をしていた仕事仲間など懐かしい面々にも会いますが、100万ドルが当たったという父親とそれを打ち消す息子の様子を見ていて、周りの人はきっと本当に賞金が当たったに違いないと思い、「ここの飲み代はウッディにお願い」と言われたり、「昔実は相当な額のお金を立て替えていた」と言われ金を無心されます。最後は親戚のいとこに襲われ、当たりくじが奪われ嘘だとわかって酒場でいい笑いの種にされ・・・。途中で賞金を取り行くのを断念する場面もありますが、また思い直して最終地点までたどり着きます。そして最後にわかった父親の100万ドルのお金の使い道とは?そして実際には手に入らなかった100万ドルですが、帰りがけに息子は父親に粋なプレゼントを贈ります。それもとっても経済的で合理的な方法で・・・。

映画は白黒の画面にふんわりと仕上げてあり、そこに使われてる音楽もとっても映画によく合っていました。父と息子の双方の思いやりが最後に全面に出てホロッとくるハートフルな映画で素敵な余韻の残る映画でした。「リトルミスサンシャイン」と同じでロードムービーはやはりいいなあと思ったし、2,3年前にアカデミー賞を獲ったフランス映画「アーティスト」を観たときも白黒映画はいいなあと思いましたが、この映画の白黒映画も味があっていいなあと思いました。


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ゼロ・グラビティ [アメリカ映画 賞受賞]

先週よみうりホールで「ゼロ・グラビティ」を観てきました。

公式映画サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/

ゼロ・グラビティの場面カット画像 

サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー出演。宇宙飛行士の二人が船外作業をしていたところ、宇宙ゴミが襲い突然宇宙空間へと投げ出されてしまいます。乗ってきた宇宙船も壊されそこに乗っていた宇宙飛行士たちは既に死んでました。地球に戻るためには、宇宙空間に置き去りにされている宇宙船に乗り込むことしかありません。絶体絶命の中、地球帰還に向けて全力を注ぐのだが・・・・。

結構次から次へと困難が来て、ハラハラドキドキ。一難去ってまた一難。ジョージ・クルーニー演じる男性飛行士との会話からサンドラ・ブロックが演じる女性飛行士の人生もあぶりだされ、また山登りで遭難し、上の者と下の者がロープ一本で繋がっていたとき、下の者の体重があまりにも重すぎて上の者まで一緒に遭難してしまうときに「ロープを切ってくれ」と下の者が叫ぶのと同じように、この映画の宇宙空間でも似たような場面があり、かなり胸に堪えました。

3Dの映画ですが2Dで観ており、それでも何となく自分が宇宙旅行した気分。3Dならどれほどすごい臨場感でしょう。宇宙飛行士になる気分を味わえること間違いなしです。宇宙は美しい。けれど危険がいっぱい。特に宇宙ゴミが吹っ飛んできて凶器になるので怖いと思いました。映画の原題は”Gravity(グラビティ=重力)"ですが、邦題は「ゼロ・グラビティ=無重力」重力がないとあっちこっちと行ってしまい、それも結構怖いと思いました。

宇宙へ一緒に旅行できる気分になれる映画。そういった疑似体験のできる映画なのでお勧めです。

サンドラ・ブロックがこの映画のために来日し、レッドカーペットの招待券もいただきましたが、外で長く待つのが嫌いで人にあげてしまいました。サンドラ・ブロックは結構好きな女優さんですが、根性なしなのでレッドカーペットにはもう行かないだろうな。ジェームズ・マカヴォイが「ウォンテッド」の映画で来日したとき、レッドカーペットに行ったらかなり外で待たされてもう嫌になってしまいました。私は映画さえ観れればいいという感じになってます。

ゼロ・グラビティ [DVD]

ゼロ・グラビティ [DVD]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

ゼロ・グラビティ [Soundtrack]

ゼロ・グラビティ [Soundtrack]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rambling RECORDS
  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: CD

nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

プレシャス [アメリカ映画 賞受賞]

画像1

「プレシャス」をニッショーホールで観てきました。アカデミー賞の助演女優賞(モニーク)と脚本賞を受賞している作品です。

映画公式サイト:http://www.precious-movie.net/

見ていて主人公プレシャス(ガボディ・シディベ)の現実が苦しくて仕方なかったです。3歳から父親の性的虐待を受け、救いの手を伸べるどころかかえって自分の娘プレシャスをなじる母親(モニーク)がいる家庭で育ちます。まだ中学生だというのに食事の支度をし、後ろから容赦なくフライパンが投げられ、「おまえはバカだ」と言ったことを何度も言われます。父親の子供を出産。2度目の妊娠が判明すると学校は停学処分となります。そして別の誰でも学べる学校へと移り、そこでいい師とめぐり合うのです。

こんな現実があっていいのでしょうか?目を疑います。苦しくて何度も息が詰まりそうになり、映画の途中で席を立ちたくなるほどでした。最後に母親がもう一度一緒に暮らしたいと涙ながらに話しても、それを拒否し、自分がこれから高校大学へと進み、明るい未来を自分の手でつかもうとするところに救いがあります。

画像2

この映画の製作総指揮はオプラ・ウィンフィリー。テレビ司会者でプロデューサー。アメリカでは圧倒的な人気があり、彼女が番組で取り上げた本や商品はたちまちヒットすると言われてます。また億万長者で慈善家。タイム誌は「世界で最も影響力がある人の一人」として彼女をあげ、オバマを早くから推したことでオバマ旋風のきっかけを作ったとも。その彼女本人は実際子供の時親戚の人に性的虐待を受けており、そのためこの映画には並々ならぬ思い入れがあったようです。この映画の中でも「オプラの番組が~」といったようなセリフが出てきます。以前私は彼女の番組のポッドキャストを視聴していたのですが、最近は全然やっていないので視聴できないのがとても残念です。

またグラミー賞5回獲った世界の歌姫のマライア・キャリーが社会福祉局で働く女性を演じています。またプレシャスの良き師役は「最後の恋のはじめ方」のポーラ・パットンが、そして何と言ってもアカデミー賞助演女優賞を獲った母親役をモニークが、すごい迫力で演技してます。賞を獲った所以がわかる気がしました。

画像3

私的にはこの手の映画は苦手です。あまりにも酷い現実で、苦しすぎるから。でも実際にこのような人がいてそういった困難にも関わらず、それこそ前向きに、つらいことがあれば自分の楽しくなること、プレシャスの場合は、自分がきれいになって素敵なドレスを着て、歌ったり踊ったりすることを考えます。あれほど酷い母親なのに「実際は母親は私を愛しているんだ」と言ったりもします。何ともたくましい彼女の生き方。いわゆるポジティブシンキング。希望を持ち続け自らの力で道を開く彼女に、最後は励まされる思いの映画でした。それこそほとんどこれと同じようなことをオプラ・ウィンフリーがしているということ、そして他の誰よりも今現在も人の何倍もの生きかたをしているのが素晴らしいと思いました。

Precious: Based on the Novel

Precious: Based on the Novel

  • 作者: Sapphire
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2010/01/21
  • メディア: ペーパーバック
O'habits: 40 Success Habits of Oprah Winfrey and the One Bad Habit She Needs to Stop!

O'habits: 40 Success Habits of Oprah Winfrey and the One Bad Habit She Needs to Stop!

  • 作者: Warren Cassell
  • 出版社/メーカー: Morgan James Publishing
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: ペーパーバック
Oprah Winfrey (Remarkable People)

Oprah Winfrey (Remarkable People)

  • 作者: Heather C. Hudak
  • 出版社/メーカー: Weigl Pub Inc
  • 発売日: 2009/08
  • メディア: 図書館
The Oprah Winfrey Story (We Both Read)

The Oprah Winfrey Story (We Both Read)

  • 作者: Lisa Maria
  • 出版社/メーカー: Treasure Bay Inc
  • 発売日: 2009/12/15
  • メディア: ペーパーバック
カラーパープル [DVD]

カラーパープル [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | 次の5件 アメリカ映画 賞受賞 ブログトップ