So-net無料ブログ作成
アメリカ映画 賞受賞 ブログトップ
- | 次の5件

ジェシー・ジェームズの暗殺 [アメリカ映画 賞受賞]

映画公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/assassinationofjessejames/#

「ジェシー・ジェームズの暗殺」を東商ホールにて観てきました。

ブラッド・ピット主演映画ですが、ブラッド・ピット演じるアメリカ史上最も悪名高きアウトロー、ジェシー・ジェームズを暗殺するロバート・フォード役のケイシー・アフレックのほうが、主役に思えるくらい目立ってました。

25件以上の強盗や17件の殺人を犯した男でありながら、民衆からは英雄視されるジェシー・ジェームズ。本まで売られ、日本のねずみ小僧のように後から流行った歌には「金持ちから盗んで貧しいものに金銭を分け与える」とまで歌われた無法者の暗殺の物語です。

彼の運命が狂い始めたのは、幼い時からジェシー・ジェームズを誰よりも慕い憧れたロバート・フォードとの出会い。ジェシー・ジェームズはロバート・フォードを近くにおいて、その兄とともに一緒に銀行強盗に入る計画を立てるために、自分の家に招きます。

ロバート・フォードは背後から丸腰のジェシー・ジェームズを撃ち、アメリカ一卑怯な男として後に語り継がれます。破格の賞金をかけられたジェシー・ジェームズを最も信頼を置かれたロバート・フォードによって、しかも彼が背後から撃ったということに、民衆は怒り、非難します。ロバート・フォードは20歳という若さゆえにそこまで読みきれず、自分でジェシー・ジェームズを撃った瞬間の劇を兄と共に演じて、自分の手柄をふれ回るのです。

 ブラッド・ピットは既にこの映画で、ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞を獲りました。このジェシー・ジェームズになりきるためにいろいろジェシー・ジェームズのことを調べあげ研究をしたらしく、また自らもこの映画の制作に関わっています。ブラピの演技、存在感、見事でした。

またロバート・フォード役のケイシー・アフレックも素晴らしかった。アカデミー賞の呼び声も高く、まさに彼が獲ってもおかしくない位のいい演技でした。

この映画のストーリーはアメリカではかなり有名で、昔の映画で何回か撮られているようです。西部劇を懐かしんでみるような世代が見れば、懐かしく観られる映画かもしれません。160分という長い映画でしたけど、それほど長くは感じませんでした。ただジェシー・ジェームズが亡くなってからがちょっと長かったかも。ブラピはやはり格好良かったです。

ジェシー・ジェームズの暗殺 (集英社文庫 ハ 16-1)

ジェシー・ジェームズの暗殺 (集英社文庫 ハ 16-1)

  • 作者: ロン・ハンセン
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 文庫
The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford (P.S.)

The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford (P.S.)

  • 作者: Ron Hansen
  • 出版社/メーカー: Perennial
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: ペーパーバック
The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford

The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford

  • 作者: Ron Hansen
  • 出版社/メーカー: Harper Audio
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: CD

nice!(14)  コメント(11)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

リトル・ミス・サンシャイン [アメリカ映画 賞受賞]

映画公式サイト:http://movies.foxjapan.com/lms/

「リトルミスサンシャイン」のDVDを頂いたので、ワクワクしながら観ました。ずっと観たいと思ってた作品です。数々の国際映画祭で好評を博し、世界中で数々の賞を獲得し、2007年のアカデミー賞では作品賞など5部門にノミネートされ、結局、アカデミー賞では助演男優賞(アラン・アーキン)と脚本賞の2部門を獲りました。

崩壊寸前の負け組み家族が、妹のミスコンテストに出場するためアリゾナからロスまでおんぼろ車で移動するというロードムービーです。勝ち組になることを夢見るパパ、ニーチェに心奪われ全く話をしない(意思疎通するときは専ら筆談する)兄、老人ホームを追い出された不良エロおやじのグランパ、ミスコン優勝目指すおデブな妹、家族をまとめるのに大変なママ、それに失恋して自殺未遂のゲイでプルースト研究家の叔父さんが、それぞれに本当にいい味を出してます。皆ひとりひとりが問題を抱えて負け組みで落ち込むけれど、根が明るいので楽しいです。お互いが言い合ったり仲がうまくいかなかったりで、ちっとも幸せそうではないのですが、何故か素敵です。皮肉っぽいし、笑えるし、泣けるし。ドタバタな珍道中。いろんなことが起こります。物事がちっともうまくいかなくても、家族が明るいので救われます。人生何だかいいなあ、こんな風にうまくいかなくたって。それに何だかんだ言ってもいい家族だなあ、と思いました。最後の妹のミスコンでのダンスが爆笑ものです。

私が最近観た映画では一押し。こういう映画、大好きです。アカデミー賞の前にちゃんとこの映画を観てたら、「ドリームガールズ」(関連記事はこちらこちら)ばかりを応援せず、この映画をしっかり応援していたなあと思いました。数々の映画祭でスタンディング・オベーションを受け、いつまでも拍手が鳴り止まなかったというのがよくわかる気がしました。お勧めの一本。

リトル・ミス・サンシャイン

リトル・ミス・サンシャイン

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2007/06/02
  • メディア: DVD


nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

スニーク試写の正体は「ナイロビの蜂」 [アメリカ映画 賞受賞]

スニーク試写と題して、当日行ってみるまでどんな映画なのか、わからない企画の試写に行ってきました。上映されたのは「ナイロビの蜂」こんなにミステリー仕立てで、社会的な映画だとは思わなかったのですが、見ごたえありよかったです。主演の俳優たちの演技も光ってましたし、特にレイチェルワイズはアカデミー賞助演女優賞を獲得したとのことですので、そうだろうなと思える迫力ある演技で見事でした。アフリカで偽善に満ちた製薬会社の援助といい、それに関わる利権やら汚職やら話もリアルでしたし、そこに夫婦の愛みたいなものを絡ませてサスペンス仕立てに迫る手法がハラハラしました。これが最高の愛なのか、映画のちらしは夫婦のこの愛を尊いものとしてフォーカスしたもので紹介してますが、それ以上にちょっとしたスリルの映画になっていているのが楽しめましたし、アフリカの様子や金がらみのどろどろさみたいなものにより興味がありました。アカデミー賞ノミネート4部門で、実際には助演女優賞のみ受賞の映画でしたが、上質な映画でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
- | 次の5件 アメリカ映画 賞受賞 ブログトップ