So-net無料ブログ作成

父の死 [雑感]

久々、10か月ぶりの更新です。


父が昨年の3月に入院、そしてあれよあれよという間に5月に亡くなり、私自身すべてにおいてやる気がなく、意気消沈の日々を送っていました。世の中がモノクロに見え、今までのカラフルな世の中はどこかに行ってしまいました。

父は、特発性間質性肺炎という治療薬もない難病での死でした。国指定の難病だそうです。

延命治療を望んでいなかったため、通常の酸素マスク15リットルでも苦しくなったときには人工呼吸器も拒否。実際人工呼吸器にしたとしても本人の呼吸は楽にはならないらしいことをいろんな情報で知っていました。だからもう、通常のマスクでもダメならば最後は安らかに逝ってほしいと願い、緩和ケアをお医者さんにお願いしました。つまりモルヒネです。その選択が正しかったのかどうか今でもわからないのですが、モルヒネを打ったその日のうちに息を引き取りました。

でも本人が一番息するのが苦しいと思うのですが、見ているこちらもとっても見ていられず、今でもそのことを思い出すと涙が出てきます。

82歳の生涯。世の中的にはまあまあの長生きと言えるのかもしれませんが、背中も曲がっていなかったし、歩き方もシャキシャキしていて、頭もしっかりしていて、見た目にも60~70歳代といってもいいくらい若く元気だったのに。狭心症で何度か手術したり心不全も起こしたり、不整脈ではありましたが、こんな難病にならなければもっと長生きできたのにと、本当に残念でなりません。あまりにも急だったので私自身が、がっくりきました。


特発性間質性肺炎になると、治らないのに大量のステロイドを体に入れます。

ステロイドはいろんな病気に使われていますが、長く使っていくとしかも大量に使うと、糖尿病やら骨が弱くなるやら、免疫力が落ちてすぐにいろんな病気になるやらの副作用が強く、何一ついいことがありません。それでもその難病を一時的にでも食い止めるためにステロイドの大量投与をするのです。案の定血糖値が高くなり毎回血糖値を測り高ければインシュリンの注射を打ち、治らないのに血液検査、レントゲンを取り…と、母が30年以上前に胃がんで亡くなりましたが、母の時と同じく、治らないのに、もう亡くなるしかないのに、そういった検査に次ぐ検査が今もなお、家族側からストップをかけなければどんどん続けられているのだなあと、見ていて苦しかったです。最後は止めてもらうようお願いしました。

また春ウコンが免疫力をアップし、末期のがん患者の人たちの希望になっているのを知り、がんではないけれど、もしかしたら父の病気にも何かしら影響があるのではないかと思い、入院中一時期父に春ウコンを水に溶いて、大量(一日に6gくらい)に一日かけて飲んでもらっていました。春ウコンは一般の食品なので、お医者さんから食品なら何をとってもいいと許可をもらってのことです。ただ肝臓の値が悪くなる時があったので、春ウコンが原因かどうか良くわからなくて中止しました。すると、一時期すごく良くなったと思ったのに、あれよあれよという間に何度も熱を出して寒さで震え、また熱を出し震えを繰り返し、酸素マスクも取り外せる状態に一時期なったのに、そこから3リットル、5リットル、8リットル…とどんどん増えて、最後はもう一気に悪くなったのです。

今となっては、ステロイドをやらずに春ウコンを大量に続けて飲んでもらったらもしかしたらそのまま良くなったのかも…と思ったり、でも病院に入っている以上は医者の言う通りの治療をするしかなく、そうかといって父を退院させて家に連れてくるわけにも行かず、今考えてもベストな方法は見出すことができません。


3月に入院するまでの間、前年の9月の健康診断で「肺に影がある」と近くのクリニックで指摘され、ただ父は心臓の専門クリニックのかかりつけ医がいたため、そこにその健診結果を持っていたはずですが、その時どのような検査が追加して行われたのか「何ともないみたい」と言っていたようでした。そして12月に風邪をひいたと思い町医者に行ったらやはり風邪と言われ、それでものどと鼻がおかしいと耳鼻科に行き(そこでは単なる老化と言われ)、そのうち胃がおかしいと胃カメラを飲んで(そこでも何ともないと言われ)、そして今度は心臓が苦しいといい出し、心臓専門病院(クリニック医の医師もそこでオペをする)に行ったら「これは心臓でなく肺です。相当ひどいのですぐに入院してください」と別の総合病院を紹介されてすぐ入院という経過を辿りました。

今考えると、健康診断のときの肺の影が怪しい。あの時発見されながら、適切に治療が受けられなかったこと。私ももっとしつこく父に言っていれば良かったのですが、本当に後の祭りです。

父が入院しているときには病気のことを調べ、少しでも助けになるようなサプリとか体にいいものはないかと探し、またちょっとでも良くなれば退院したときのことを考え、病院のソーシャルワーカーに相談して地域包括センターで要介護の申請を始めたり、その一方で医者から「難病なので治せない。治る見込みがない」と言われていたため、葬儀のことやら、父の預金のことやらいろんなことを心配し調べて、いくら時間があっても足りなかった。そのうち自分まで食べられなくてどんどん痩せていき、一時期具合が悪くなって自分まで病院にかかる様になったときは本当に苦しかったです。


父と私はとても仲が良かったし(母とも仲が良かった)、弟もいますが(所帯を持って別に住んでる)、家族が皆仲良かったので、本当に悲しすぎます。母が亡くなったときに、もう誰が無くなっても母の死ほど悲しいものはないだろうと勝手に思っていましたが、父が亡くなっても同じくらい、いや、もしかしたら自分が年を取った分余計に父の死が堪えているのかもしれません。私は父と二人暮らしだったので、一人暮らしになってしましました。自分でそうなるとは全く想像できなかった。若い時に自分から一人暮らしするならいいけれど、私は自ら望んで一人暮らしになったわけでもなく、一人取り残されてしまった感が強いです。だから余計に辛い。小さいけれど家と土地、そして少しだけどお金を残していってくれた父に、今は感謝しかないです。


父が亡くなってから、たぶん私がメソメソしてるためか、今まで5,6回父の夢を見ました。苦しいのでちゃんと思い出すことを意識的にしたりはしてこなかったので、たぶんそのまま苦しみが凝り固まってしまってるかもしれないのですが、一時期は仕事でどこかに行って歩いていても、父と思い出のある場所にふと出くわすと、突然涙が溢れてとめどもなく、本当に情緒不安定になっていました。

そして今まで散々精神世界の本を読んできて、あの世があり、魂は永遠だと知っていて、それを信じていても尚、父の死の何の慰めにもならず、飯田史彦氏の「生きがいの創造」シリーズを読み直しても、何の助けにもならずにいました。それでも食べて、働いて、生きていかなければならないので、もうなすがままに生きているのですが、先月、たまたま読んでいたブログの中に、「生きているだけで十分だから」という言葉を見つけ、大粒の涙を流しました。また吉本ばななの本を読んでいたら、オーラや亡くなった人を見ることができるCHIEという人の言葉に「よく亡くなった人が今何を言いたいか聞かれることが多いんですけど、言いたいことはないからただ笑ってということと、ただ生きててくれたらもう、それだけでいいから」という言葉を見つけて、またも涙しました。それが同時期で私にはシンクロニシティのように感じ、まさにその言葉が父の言いたい言葉のように心に響いて、とっても慰められました。


世の中にはもっと悲しい思いをしている人がたくさんいるのはわかっています。でもそれでも悲しい。寂しい。辛い。時が解決する、というのもわかっているけど、まだまだ時間がかかりそうです。




nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

パブリックコメントを政府に出そう [雑感]

以下、東京新聞の7月18日(水)付の抜粋です。

政府が8月中にきめる将来の原発比率について、誰もが意見表明できる方法として急速に広がっているパブリックコメント(意見公募)。どうやって出すのか?

方法はHP上の入力、ファックス郵便の3つ。電話やメールでは受け付けていない。

インターネットではエネルギー・環境会議のHP( http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive01.html )からパブリックコメントをクリックして入力。専用の用紙のダウンロードして印刷しファックス、郵送でも可。ネットを使わない人がファックスや郵送で意見を送る場合は、事務局=℡03‐5521‐8356に連絡して専用用紙を取り寄せる。

ほかにセブンイレブンのネットプリントサービス機能付きコピー機でも専用用紙(一枚20円)は入手できる。市民団体「原発ゼロ・パブコメの会」が設定したファックス用「42539332」、郵送用「79136866」の番号をコピー機の画面で入力すれば用紙が印刷される。この番号は24日まで有効。問い合わせは国際NGO FoE Japan ℡03‐69077217で受け付ける。

政府は2030年時点の原発比率について①0%②15%③20~25%の三選択肢を示しているが、パブコメの様式は選択肢をふまえた「意見とその理由」を自由に記入する形だ。氏名や住所、職業、連絡先なども必要。専用用紙以外で出してもまったく無効ではないが、事務局は「できれば専用の様式で出してほしい」と話す。

パブリックコメントの出し方:

ネットでパブコメを出す人は→ エネルギー・環境会議のHP http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive01.html

ファックスの人は→03‐6368‐9460

郵送の人は→〒100‐8779 東京都中央区銀座8-20-26 郵便事業株式会社 銀座支店留


私もさっそく出しました。もちろん原発0%で。

原発0%にする理由はいくらでもあると思う。原発のごみ処理ができない。この理由一つだけでも原発は使えないと思った。マンションでトイレがないのと同じと比喩しているが原発のごみ処理がまさにそうなんてびっくりだ。それも未来永劫的な時間が必要。また日本が地震国であってこれからも地震がある予想が次々専門家から出されているのに。所詮地震国日本で原発なんて無理な話なのだ。活断層の上にのってる原発があっても尚稼働しようとするなんてどうかしてる。

いままでほとんどのお金が原発に使われてきたからもっと安全な代替エネルギーにお金を使ったらいいものができるはず。太陽光、火力、水力、地熱、藻、風力・・・たぶん私が知らないエネルギーもどこかで開発されているはず・・。日本中(いや世界中)の智慧を総動員したらきっといいものができるはず。

今も福島の人たちは故郷に帰れない。土地を捨ててまで使わなければならない原発って一体何だろうと思う。こうしている時でも、放射能が垂れ流し状態であり、きっとここ東京にも放射能が飛んできてるんだろうなあと思う。土地も家も仕事も人もなくなっても尚、原発を使い続けるという人の気がしれません。原発がらみの利権ある人たちはたくさんの人の命や苦しみの上に成り立っているのだと思う。人の幸せを奪ってなお金儲けする人たちって一体何だろう。原発でお金をもらってる人たちは、麻薬がいけないと言われても尚吸い続けてのに似てる。麻薬ならその人、本人に返ってくるだけだけど、原発はたくさんの人を巻き込む。日本がまた原発を採択するようなら日本のレベルは本当に低いと思う。日本の現状を観て原発0を採択したドイツはまっとうだし、立派。羨ましい。

日本も早くまっとうな日本になってほしい。もう経済が第一の世は終わってる。たくさんの犠牲を出した今、ここから変わらなければ、日本の将来はないな。

ぜひ皆さんもパブコメを政府に出してください。


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東日本大震災 [雑感]

東日本大震災で被災された多くの皆様、心よりお見舞い申し上げます。

3月はまるっきりブログの更新をせずにいましたが、皆様お元気でしたか?

私自身3月11日に東日本大震災があってからというもの、気分も落ち込み何も手につかずにいました。東京にいるので直接被災したわけでもないのですが、この東京でさえ毎日2週間以上続いて地震がありました。東北の方々は地震がもっと大きく頻繁にあったわけですからどれほど心細く不安だったか容易に想像がつきます。毎日おびただしい情報を見聞きしながら福島や宮城の親戚、友人の安否確認をし、私の知り合いは何とか無事とわかりほっとしています。しかし今度は原発というどうしようもない問題がひき続き起こり今もまだ放射能が垂れ流し状態で、一体いつまでかかるのか気が気でなりません。

そしてまた今日になって、タイの南部のコサムイ島やスラタニなどが大洪水となり大変なことになっているというニュースを聞き、心を痛めてました。旅行に行って泊まったりして散々お世話になったタイ人の友人の家族がいるのですが、彼らは大丈夫なのだろうか?と心配です。一体この地球、どうなっているのだろう?と泣けてきます。

私が読んでいるブログ(RSS)の 「今日もいい日だなあ」を書いているはるかぜさんが読んでいるブログに、「伊勢ー白山 道」http://blog.goo.ne.jp/isehakusandouというブログがあります。このブログを書かれているリーマンさんというお方は生まれた時から特殊な能力をお持ちで、感謝の気持ち、思いやりの気持ちを広めていけばこういった震災を防げると言っておられます。「生かして頂いてありがとう御座います」という気持ちが大切だというのです。今回の地震ももっと南に起きても不思議ではなかったし、もし震源地が東京寄りであれば今の被害どころではすまなかったとも。これからも油断なりませんが、防災意識があれば大難は無難になるとのこと。シュミレーションとして、千葉沖で地震があったとき東京湾に津波が来ることが考えられるので、15分以内に4階以上の建物に避難できる場所を普段から探しておこうと警告を鳴らしています。

今回の地震で「生かして頂いてありがとう御座います」と思わなかった人はいないでしょう。是非皆さん、この気持ちを大切に日ごろから感謝の念を強く持ちましょう。そして防災意識を持って今この時に地震があったらどうするか、津波があったらどうするかを自分のこととして考え、事前にいろいろ用意しましょう。特に太平洋側は北海道から四国まではまだまだ予断を許さないようです。感謝をすることと防災意識で災害が避けられるというのですから、私のブログを読んでる皆さんには是非この考えに賛同して実行に移していただきたいと思っています。

詳しくは直接このリーマンさんのブログ「伊勢ー白山 道」で読んでいただきたいと思います。放射能の対策なども事細かに書かれていて一読の価値ありです。また注意報として①この時期は、太陽黒点が100個超える日が5日以上継続し、大きな大フレアーの発生を黒点情報サイト(http://swc.nict.go.jp/sunspot/)が示した翌日から要注意と言っています。 ②海抜20メートル図(http://flood.firetree.net/?ll=35.7643,140.2762&z=7&m=20を見て、自分の地域を確認しておくこと。15分以内に4階以上の建物に逃げられるように目星をつけておこう、と呼びかけています。


おまけ:

①中部大の武田邦彦教授のブログ→http://takedanet.com/cat5621932/   放射能に関してはいろいろ出てますが、比較的わかりやすい解説をしてくれています。

②全国の放射濃度一覧→http://atmc.jp/  水道の放射能、雨の放射能、ドイツやノルウェイの気象局による(風を考えた)放射能予報がわかります。

②「RCサクセション サマータイムブルース~LOVE ME TENDER」  1988年当時、原発問題を扱った歌詞が問題となり、急遽発売中止となった歌です。忌野清志郎は20年以上も前から警告していたと新聞に載っていたので、YouTubeから拾ってみました。

(歌詞)暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ、誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

寒い冬がそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い (悪かったな、何だよ)
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ
これが最後のサマータイム・ブルース

(原発という言い方も改めましょう。
何でも縮めるのは日本人の悪い癖です
正確に原子力発電所と呼ぼうではありませんか。
心配は要りません)

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえ内に漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース

電力は余ってる、
要らねえ、もう要らねえ

電力は余ってる、
要らねえ、欲しくない

原子力は要らねえ、
危ねえ、欲しくない

要らねえ、要らねえ、欲しくない
要らねえ、要らねえ、

電力は余っているよ
要らねえ、危ねえ、

(歌詞)何言ってんだー、ふざけんじゃねー
核などいらねー
何言ってんだー、よせよ
だませやしねぇ
何言ってんだー、やめときな
いくら理屈をこねても
ほんの少し考えりゃ俺にもわかるさ

放射能はいらねえ、牛乳を飲みてぇ
何言ってんだー、税金(かね)かえせ
目を覚ましな
たくみな言葉で一般庶民を
だまそうとしても
ほんの少しバレてる、その黒い腹

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

Love me tender, love me true
Never let me go
Oh my darling, I love you
だまされちゃいけねぇ

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな


nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京大神宮 [雑感]

引越しのごたごたで(今もまだ片付けが済まず、片付くのはいつのことやら・・・)初詣も行きそびれていたので、新年明けて2週間が過ぎ、今年は飯田橋の東京大神宮に行って来ました。

画像 055.jpg 画像 051.jpg 画像 054.jpg

昔は家族揃って浅草の浅草寺にお参りしていたのですが、ここのところはまったく行かなくなってしまいました。近くのスーパーで最近は京都の伏見稲荷のお守りをいただいていたのでそれで済ませているというかなりの横着振りでしたが、今年はそれさえ頂き損ねてしまいました。今年この神社にお参りした理由は、ずばり恋愛運。ここは恋愛や結婚に良いと噂されてる神社で、たまたま去年11月か12月にテレビを見ていたら、この神社にお参りしお守りを買ったら「彼氏ができた」「結婚した」といった話をしていたので、彼氏いない暦何年の私としては今年はちょっと恋愛運をアップさせたいなあ~と思い、年が新たまったら行こうと決めていたのでした。

年が明けて2週間も経つというのに、女性中心にたくさんの人がお参りしてました。お参りするにも長い列。お守りを買うにも長い列。おみくじ引くにも長い列ができていました。なるほど。知ってる人は知ってるというわけなのね~と思いました。

私が買ったのはこちらの鈴蘭守↓

画像 046.jpg 画像 045.jpg

友達の分もゲットして、さて一体このお守りの効果はいかに~!?

楽しみです。


集めてみました 開運 世界のお守り

集めてみました 開運 世界のお守り

  • 作者: 世界のお守り研究会
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/01/30
  • メディア: 単行本
恋に効く!えんむすびお守りと名所

恋に効く!えんむすびお守りと名所

  • 作者: 縁結び寺社研究会
  • 出版社/メーカー: 山と溪谷社
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: 単行本
にほんのかわいいおまもり

にほんのかわいいおまもり

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 白夜書房
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本
世界お守り・魔よけ文化図鑑―民族に受け継がれる神秘のパワー

世界お守り・魔よけ文化図鑑―民族に受け継がれる神秘のパワー

  • 作者: シーラ ペイン
  • 出版社/メーカー: 柊風舎
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 大型本

nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

明けましておめでとうございます [雑感]

明けまして[晴れ]おめでとうございます。今年もよろしく[ぴかぴか(新しい)]お願いします。

今年のラッキーカラーは真紅マリンブルーだとか。それで真紅とマリンブルーを使ってみました↑。

とうとう年も明け、2010年がスタートしました。住み慣れた家が古くなり、去年は家を建て替えする予定でしたが、結局建て替えするには4メートルセットバックして家を建てなければならないことがわかり(消防車が入れるように建て替え時には道に土地が取られます)、それならと近くの土地を探しそこに新しく家を建てることになりました。そして去年秋から工事が始まりこの年末やっと家が完成。急げば新年は新居で正月を迎えられましたが、物理的に無理があったので新年早々これから3日後に引越しと相成りました。

そのため、ここ最近はバタバタ状態。(ブログ更新を怠っていたのはこの引越しのため)何十年と住んできた我が家にはいろんなガラクタがあり、捨てても捨ててもいろいろ出てきます。普通のお宅よりは絶対に物が少ないはず、と自負していたのですが、結構物は知らないうちに集まるもの。なるべく身軽にあまり物を持たずに引越しするようにするため、かなり物を捨ててました。まずは「大草原の小さな家」のビデオ。大好きだったので全部録ってありましたが、録るだけでその後全然観ていず。思い切ってぜーんぶ捨てました。「カサブランカ」「眺めのいい部屋」・・・・たくさんの映画のビデオも同様。今はDVDだし、気軽にネットで観れる時代なので観たい時にはいつでも観れる。そう納得しての処分。それから毎年の手帳や日記類などの記録も、もういいかなあ、と。特に旅先での日記などはかなり大切にしてましたが、経験したことは自分の財産になっているはずだし記録として残したものでさえもういいのかもしれないと、こちらも思い切って処分。これだけ思い切り捨てると気分もハレバレです。唯一写真だけは残しておくことにしましたが・・・。

洋服も着ずにある服が結構出てきて、これじゃあ買わなくてもいいや~と思いました。クローゼットに多くの服をつりさげておけるようにしたので、これからは目にもつきやすいし、服を買うときは別の服を処分し服を増やさないようにしようと思いました。

バックパッカーとして世界を回っていたときにはたいして大きくないバックパックに自分の物の全てを入れて、それだけで旅行し生きることができたのに・・・。そして旅から戻った時にはなるべくシンプルに物を増やさず生活しようと思っていたのに・・・。いつの間にか便利だからと自覚のないままどんどん物が増えていきこの有様。この引越しを機にまたこの原点に戻りました。引越しと新年で気分を新たにしています。

ブログを見て[目]くださっている皆様。いつもありがとう[かわいい]ございます。今年も皆様にとって良き[手(チョキ)]お年となりますように[ハートたち(複数ハート)]


nice!(14)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感